原発の全面停止と廃炉を目指す超党派の脱原発をめざす県議会議連が8月発足する。会派を超えて10人以上が参加する見通し。地方議会からの動きとして注目される。

呼びかけ人は山本のぶあき(自民党改革) @y4905 阪口保(無所属) @_8269625101752 和田恵治(なら元気クラブ)

「(仮称)脱原発をめざす奈良県議会議員連盟」の設立について

下記の趣意書を作成し各議員に配布しました。

平成23年3月11日に発生した東京電力福島第1原子力発電所の事故は、国家の根底を揺るがしかねない未曾有の被害をもたらし、日本社会に多大な影響を与えました。
今回の事故を教訓に二度と原子力災害を繰り返してはなりません。
福島では、今なお、多くの方々が家族と離ればなれの生活を余儀なくされ、復旧・復興も長期化する状況であります。
にもかかわらず、未だ福島第1原子力発電所の事故の実態及び原因が究明されていない中にあって、国は電力の需給が極めて厳しい見通しから暫定的な安全基準に基づき関西電力に対し、大飯原子力発電所3号機、4号機の再稼働を決定しました。
これは到底国民の理解を得られるものではありません。
現在、政府では2030年を目指しての原発依存率に関する公聴会を全国で開催されておりますが、当然我々は原発依存率ゼロを目指して、それに代わる再生可能エネルギーを模索しながら、原発による電気に頼らないライフスタイルを目指していきたいと考えています。
以上のことから、原子力発電所の再稼働に反対し、廃炉を求めるとともに、原子力に頼らない社会を目指す活動を行うため、本議員連盟を設立しようとするものです。
何卒、この趣旨にご賛同賜り、本議員連盟に加入いただきますようお願い申し上げます。
つきましては、下記の日程により設立総会を開催いたしますので、ご出席いただきますよう併せてお願い申し上げます。

平成24年7月19日
世話人 山本進章 阪口保 和田恵治



設立総会
1. 日 時 平成24年8月9日 午前11時~

2. 場 所 県議会理事者控室


7月31日締め切りで何人の議員が賛同していただけるかわかりませんが、8月9日から決意を込めて活動していきます。
どうか皆様のご協力をお願い申し上げます。


FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/07/20 13:11】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
 使用済み核燃料中間施設を断念したのはいい。しかし荒井奈良県知事は「鉄道を通すために造ったトンネルに詰め込んでおけば大丈夫」と意見を持っていたというがきわめて異状な話でそれが選んで呼んだ専門家に説明を受ければすぐ理解できる、という現奈良県の幹部執務執行体制なのか。
 しかも、これは明らかな西吉野地区の旧五新鉄道トンネルのことでどうしてそんなことを思うのか。大変なものは何でも山の中に置いとけばいいという態度で、吉野山間地区に対しての差別ではないか。

 それに運搬が大変で断念と言うがこんなのは当たり前のことで、本一冊調べたり、ネットで見てもわかる話だ。

 荒井奈良県政が、幼稚かつ極めて危険な独裁的な発想と思い付きでできていることを改めて示した。

 これでは今後何を言い出すか、不安に思わざるを得ない。非常に怖い。もう少しまともな思考力を持ったらどうか。正統で正常な行政運営ではなく、今の奈良県政は「荒井知事独善」という一種の狂気に支配された状態ではないか。まず、この狂気からの解放を願いたい。


奈良での中間貯蔵断念 使用済み核燃料で荒井知事

http://sankei.jp.msn.com/life/news/
120613/trd12061312490010-n1.htm


 奈良県荒井正吾知事は13日の記者会見で、前向きに検討するとしていた使用済み核燃料の中間貯蔵について「大変に大きなもので移動も大変だと分かった。奈良は適地ではない」と検討を断念したことを明らかにした。

 荒井知事は福井県の西川一誠知事が大飯原発の再稼働問題に絡み、中間貯蔵を電力消費地に求めたことを受け、4月に「前向きに考えないといけない」と発言。5月には職員を美浜原発(福井県美浜町)に派遣し、貯蔵方法について調査を行った。その結果、使用済み核燃料は重量と大きさから陸送が難しく、美浜原発では専用の船で運搬していることから「(海に面していない)奈良は適地でない」と結論付けた。

 荒井知事は「鉄道を通すために造ったトンネルに詰め込んでおけば大丈夫と素人の意見を持っていたが、そのようなものではないと報告を受けた。今は可能性が低い」と話した。


FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 18:29】 | 原子力
トラックバック(1) |  ]
緊急&署名拡大集会
再稼働再考を求める緊急集会
参加呼びかけ
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

■日時:6月13日(水)17:30~18:30
■会場:衆議院第一議員会館B1F「大会議室」
■問い合わせ:荒井聰事務所(TEL03-3508-7114)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大飯原発再稼働問題は、現在国民の最大関心事となっています。私たちは、先般6月5日に「大飯原発3、4号機の再稼働に関し、なお一層慎重に判断することの要請」として、野田総理宛てに117名分の国会議員署名を提出しました。
しかし、総理をはじめとする関係4閣僚から正式な説明や回答もないまま、8日の記者会見において「実質的な安全は確保されている」として、野田総理が再稼働判断を表明しました。

私たちは、原発事故収束対策PTとして、4月10日付で再稼働の最低条件を提示しましたが、これらの5条件は、いまだ一つも実現されておりません。党内の合意と国民全体の理解が不十分な現状および約16万人の被災者の心情を察し、拙速な再稼働判断の撤回を求める緊急院内集会を開催するとともに、党内国会議員に対する署名賛同への呼びかけの徹底を行って参ります。
直前のご案内となりまして恐縮でございますが、ご参加の程を宜しくお願い申し上げます。どなたでもご参加いただけます。

         呼びかけ人 荒井 聰、増子 輝彦、川内 博史、谷岡 郁子
                首藤 信彦、平 智之、舟山 康江、徳永 エリ
---------------------------------------------------------------------------
1 再稼働再考を求める緊急院内集会
6月13日(水)17:30~18:30 衆議院第一議員会館B1F 「大会議室」

呼びかけ人代表 荒井 聰(衆)、増子輝彦(参)

呼びかけ人

《衆議院議員》
相原 史乃、東 祥三、荒井 聰、石森 久嗣、生方 幸夫、太田 和美、大谷 啓、岡島 一正、岡本 英子、奥野 総一郎、小野塚 勝俊、加藤 学、川内 博史、 京野 公子、工藤 仁美、黒田 雄、小泉 俊明、小宮山 泰子、
近藤 昭一、阪口 直人、佐々木隆博、篠原 孝、杉本かずみ、菅川 洋、 瑞慶覧 長敏、鈴木 克昌、首藤 信彦、平 智之、橘 秀徳、玉置 公良、 玉城 デニー、辻 恵、中川 治、橋本 勉、畑 浩治、初鹿 明博、樋高 剛、 福嶋健一郎、牧 義夫、皆吉 稲生、三宅 雪子、宮崎 岳志、柳田 和己、 山口 和之、山崎 誠、山崎 摩耶、山田 正彦
以上、47 名

《参議院議員》
相原 久美子、有田 芳生、石橋 通宏、大河原 雅子、大島 九州男、金子 恵美、今野 東、田城 郁、谷岡 郁子、徳永 エリ、中村 哲治、難波 奨二、 はたともこ、藤谷 光信、舟山 康江、増子 輝彦、松野 信夫、森 ゆうこ、 米長 晴信
以上、19 名

◎呼びかけ人 合計 66名

《衆議院議員》
石井 章、石原 洋三郎、石山 敬貴、稲見 哲男、今井 雅人、逢坂 誠二、 大山 昌宏、小沢 一郎、笠原 多見子、梶原 康弘、川島 智太郎、黄川田 徹、 菊池 長右エ門、櫛渕 万里、古賀 敬章、小林 興起、斉藤 進、階 猛、高野 守、田中 美絵子、道休 誠一郎、中野 譲、永江 孝子、野田 国義、萩原 仁、 羽田 孜、鳩山 由紀夫、福島 伸享、松崎 公昭、松崎 哲久、馬淵 澄夫、 水野 智彦、村上 史好、室井 秀子、吉川 政重、渡部 恒三
以上、36 名

《参議院議員》
江崎 孝、江田 五月、大久保 潔重、岡崎トミ子、小見山 幸治、行田 邦子、 佐藤 公治、斉藤 嘉隆、主濱 了、武内 則男、ツルネン・マルテイ、外山 斎、 那谷屋 正義、西村 まさみ、姫井 由美子、福山 哲郎、藤原 良信
以上、17 名

署名 合計 53名

署名呼びかけ人合計 : 119名
(2012/6/11 現在)

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 09:38】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
アイリーンです。
福井の佐分利さんからのメールを転送します。


サヨナラ原発福井ネットワークの佐分利です

福井県議会の全員協議会について、僕が得た情報をお伝えします。

(1)6月14日(木)10;00~
   知事が説明
   それに対して会派ごとに質問
   質問時間は、自民党県政会(40分)、民主・みらい会派(20分)
   公明党・希望ふくい・共産党・無所属(各10分)
   ★「この1回で終わりと決めたわけではないが…」とのことです。

(2)傍聴は認めない。
   インターネット中継は行う。

(3)メディア情報
福井県議会 14日に知事に意向伝える(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20120612/k10015783561000.html


(4)それぞれの立場から知事や県議に要望や意見をお伝えいただければと思います。
少なくとも、知事は県外のみならず、県内の住民にも全く説明の機会を設けていません。

知事へのお便り
http://www.pref.fukui.jp/

福井県議会一覧
http://info.pref.fukui.jp/gikai/member/mem05.html

なお、僕たち「ふくいにあつまろう」実行委員会は、「住民と県会議員の意見を聞きあう会」を要望していました。
それに応えてくれたのは、
公明党・共産党・無所属の一人会派と、
民主・みらい会派でした。


以上です。

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 06:20】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
グリーンアクションのアイリーン・美緒子・スミスさんからの呼びかけです。
要請文案は「避難の権利ブログ」をごらんください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/dear-friends-th.html

***********************************

お知り合いの外国のNGOの方、原発に反対している外国の市民、外国にお住まいの友達などに以下をお送りして頂けると嬉しいです。
海外の方がお住まいの日本大使館に日本の原発の運転再開をしないで下さい!の要請行動をして頂く、運転再開に対して抗議をして頂くお願いです。

「出来れば今週の13日(水)~15日(金)の間に行って欲しい」と書いてあります。

連絡先:<info@greenaction-japan.org>

☆☆転送転載歓迎☆☆

Dear Friends,

The Japanese Prime Minister Noda has announced his decision to order
the restart two nuclear reactors in the town of Ohi in the prefecture
of Fukui in Western Japan. He also claimed that nuclear energy will
remain an important source of energy for Japan also in the future,
thereby reconfirming Japans nuclear energy policy.

Despite all our efforts, despite the strong resistance in the region of
Western Japan surrounding Ohi, and despite the fact that a majority of
the Japanese people is against nuclear power, the Japanese government
is bowing to pressures of the nuclear lobby in Japan. We have tried
hard on our own, but now we believe that coordinated international
pressure on the Japan government is essential to bring on real and
substantial change. We believe that the Japanese government and the
Japanese public will react very sensitively to international pressure,
so we wish to ask you for your support to initiate and coordinate
international protest against the Japanese government.

Specifically we suggest the following action within the following days
(preferably on Wednesday to Friday this week / June 13~15, 2012):

1. Please assemble in front of the Japanese embassies in your capital
to voice your protest against the decision and policy of Prime Minister
Noda

2. Please try to submit a letter of protest -addressed to Prime
Minister Noda- to the Japanese Ambassador in your country and request
the Japanese Ambassador to forward this letter of protest to the
Japanese Prime Minister

3. Please try to seek coverage of this action by your local and
international media, especially Japanese media, as well as on the
Internet

4. Please give us notice about your planned action, so we can organize
a press event in Japan to reinforce your message to the Japanese
government.

Please note that we wish these protests to be absolutely civil and
peaceful, and to fully observe the sovereign rights of the Japanese
embassies abroad.

A draft letter of protest is attached, so you just need to sign it.

We thank you for your support.

Japan, June 11th, 2012

Hideyuki BAN, Citizens’ Nuclear Information Center (CNIC)
Kanna MITSUTA, FoE Japan
Aileen Mioko SMITH, Green Action
Daisuke SATO, No Nukes Asia Forum
Akira KAWASAKI, Peace Boat
Kaori IZUMI, Shut Tomari

Contact: <info@greenaction-japan.org>

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 06:13】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]