原発の全面停止と廃炉を目指す超党派の脱原発をめざす県議会議連が8月発足する。会派を超えて10人以上が参加する見通し。地方議会からの動きとして注目される。

呼びかけ人は山本のぶあき(自民党改革) @y4905 阪口保(無所属) @_8269625101752 和田恵治(なら元気クラブ)

「(仮称)脱原発をめざす奈良県議会議員連盟」の設立について

下記の趣意書を作成し各議員に配布しました。

平成23年3月11日に発生した東京電力福島第1原子力発電所の事故は、国家の根底を揺るがしかねない未曾有の被害をもたらし、日本社会に多大な影響を与えました。
今回の事故を教訓に二度と原子力災害を繰り返してはなりません。
福島では、今なお、多くの方々が家族と離ればなれの生活を余儀なくされ、復旧・復興も長期化する状況であります。
にもかかわらず、未だ福島第1原子力発電所の事故の実態及び原因が究明されていない中にあって、国は電力の需給が極めて厳しい見通しから暫定的な安全基準に基づき関西電力に対し、大飯原子力発電所3号機、4号機の再稼働を決定しました。
これは到底国民の理解を得られるものではありません。
現在、政府では2030年を目指しての原発依存率に関する公聴会を全国で開催されておりますが、当然我々は原発依存率ゼロを目指して、それに代わる再生可能エネルギーを模索しながら、原発による電気に頼らないライフスタイルを目指していきたいと考えています。
以上のことから、原子力発電所の再稼働に反対し、廃炉を求めるとともに、原子力に頼らない社会を目指す活動を行うため、本議員連盟を設立しようとするものです。
何卒、この趣旨にご賛同賜り、本議員連盟に加入いただきますようお願い申し上げます。
つきましては、下記の日程により設立総会を開催いたしますので、ご出席いただきますよう併せてお願い申し上げます。

平成24年7月19日
世話人 山本進章 阪口保 和田恵治



設立総会
1. 日 時 平成24年8月9日 午前11時~

2. 場 所 県議会理事者控室


7月31日締め切りで何人の議員が賛同していただけるかわかりませんが、8月9日から決意を込めて活動していきます。
どうか皆様のご協力をお願い申し上げます。

関連記事

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/07/20 13:11】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック