派遣村には3日午後も失業者らが次々と訪れ、この4日間で400人を突破。うち約250人が宿泊している東京・霞が関の厚生労働省の講堂は、仕事始めに当たる5日から使用できなくなるため、派遣村の実行委員会は厚労省に、5日以降の衣食住の確保など六項目にわたる要望書を昨日3日提出した。

要 望 書


厚生労働大臣 舛添要一殿

2009年1月3日

派遣村実行委員会

村長 湯浅誠

事務局 全国ユニオン

臨時携帯番号 090-3499-2153



 昨日は、貴省講堂の開放による派遣村村民の受入れ、ありがとうございました。ご英断に感謝します。講堂の開放により、焦点は1月5日以降の村民生活の安定をいかに確保するかに移りました。昨日の「緊急申入書」第2項を踏まえつつ、改めて以下の要望を行います。

1 厚生労働省の責任において、1月5日以降の村民希望者全員の衣食住を確保すること。その保障なく、5日に退去させないこと。

2 村民の多くが、居所のみならず、仕事・所持金を失った貧困状態にある実態を踏まえ、生活・労働・住宅・借金等の包括的な相談窓口を設置すること。

3 生活分野については、少なからぬ村民が生活保護申請を行ったにもかかわらず、生活保護水準以下の状態に置かれ続けている。5日に直ちに開始決定すべきである。また、すみやかな居宅移行のためには迅速な敷金等一時金の支給が必要である。最低生活および居宅確保のため、自区内処理に走りがちな自治体任せにせず、厚生労働省がイニシアチブを発揮していただきたい。

4 労働分野については、少なからぬ村民がいわゆる「派遣切り」「期間工などの有期雇用切り」の被害者である実態を踏まえ、安定的な就労先を確保すべきである。なお、当面の生活保障のための就労安定資金貸付制度の利用に際しては「離職・住宅喪失証明書」や「入居予定証明書」が必要となるなど依然として要件が厳しく、安定就労に向けた支援が現実には得られない、という実態がある。この点を改善し、派遣切り被害者が再び同様の被害を受ける立場に追い込まれないようにすべきである。

5 住宅分野については、都内には利用できる雇用促進住宅がほとんど存在していない現実を踏まえ、公務員住宅や旧公団住宅をはじめ、安定的な居所の確保を行うべきである。また「派遣切り」によって空き室となった企業の寮を拠出させる、あるいは借り上げることも要請すべきである。なお、入居時の連帯保証人が存在していない村民への対策も必要となる。

6 そもそも今回の事態は、企業に安易な「派遣切り」などを許してしまう労働法制・労働者派遣法の制度上の不備にある。年度末にはさらに大規模の「派遣切り」が行われるとも言われている。同じ惨劇を繰り返さないため、今回の教訓に学び、早急に「労働者派遣法」の抜本的な改正などの労働法制の見直しを行うとともに、「派遣切り」「期間工切り」を認めない緊急特別立法および諸政策を実施すべきである。



1月4日厚労省講堂宿泊1月4日厚労省講堂宿泊 Copyright © 2009 年越し派遣村

 厚労省に対しては民主、共産、社民、国民新の野党四党も3日、「東京以外でも同様の状況が起きており、本格的な対応を求める」などと申し入れた。

 実行委によると、要望書提出の際、厚労省社会・援護局の幹部は「雇用政策の結果による“災害”だという認識か」との問いかけに「そういう気持ちです」と答えた、そうだ。

厚生労働省案内図厚生労働省案内図(C)2005 Ministry of Health

 実は、1月5日で日比谷公園の年越し派遣村も閉まることになっている。これ以上ボランティアのめどが立たない、と言っている。これは言ってないが、また費用もこれが限度なのだと思う。民間団体の持ち寄りでできることはこれが限界だ。

 それで講堂から退去させないでくれと言っている。ごく当然の話である。まだ今の時点で回答がない。
 何か他人ごとである。これは本来は国と自治体のやることなのだ。

それならすぐどこかあいている場所を提供すべきなのだ。災害と同じ緊急事態だと認識していると言うのならば。
 三宅島の噴火の時東京都はすぐ用意した。たとえば、厚労省が東京都に借りてもいいわけだ。つまりはやる気があればすぐできるのだ。

 さらに、3日、日比谷公園のある千代田区に対し、ファクスで112人分の生活保護の申請をした。
週明けの5日も多くの人が申請する予定である。

年越し派遣村サイト
http://hakenmura.alt-server.org/

1月3日付けTBSニュース動画
http://www.rkb.ne.jp/jnn_news/media/DT20090103_020011/
asx/news4030006_12.asf.asx

関連記事

【2009/01/04 17:21】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック