「奈良こどもの未来をまもる会」主催の山本節子さん講演会のご案内します。

2週間程前に、関西7府県(大阪、奈良、京都、兵庫、滋賀、三重、和歌山)で山本節子さんによるキャラバン講演会が開催されることが決まり、神奈川から小さいお子さんを二人連れて奈良に避難して来られた方が、奈良での開催の発起人に手を挙げられました。

 彼女の子どもを守りたいという必死の思いに打たれ、我々もお手伝いをすることになりまして、今は奈良ママの皆さんで手分けして広報をしている最中です。

【以下拡散希望】
*************************************
震災がれき広域処理の真実」山本節子さん講演会

http://naramama.blogspot.jp/

環境省は「災害廃棄物は安全で、燃やしても問題はない」とアピールしていますが、それは本当でしょうか。ゴミ焼却炉は私たちの税金で建設・運営されています。
また、災害廃棄物には肉眼で見えない放射性物質や有害物質が含まれる可能性があるのに、町のゴミ焼却炉で処理しても本当にいいのでしょうか。

長年廃棄物問題に関わり、豊富な経験をもつ山本節子さんから、広域処理の真実について学びます。ぜひご参加ください。

日時:7月6日(金)18:30~20:40(開場18:10)

場所:奈良県社会福祉総合センター 5F B、C研修室
    橿原市大久保町320番11 TEL 0744-29-0111 (代表)
    
◎近鉄畝傍御陵前駅 東出口から北東へ徒歩約3分

    http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-5836.htm

講師:山本節子さん(調査報道ジャーナリスト)

資料代:500円(避難者の方は無料)

託児はございませんがキッズスペースを設けております。お子様連れでお越しください。

主催:奈良 こどもの未来をまもる会   http://naramama.blogspot.jp/

問い合わせ: 090-1404-6688 go_nara55 at yahoo.co.jp

【講師の紹介】

山本節子:立命館大学文学部英米文学科卒、神奈川県在住

住民運動をベースに環境汚染、焼却炉・処分場問題、
人権問題など、さまざまな行政問題に取り組んでいる。
著作に「ごみ処理広域化計画」「ごみを燃やす社会」
「ラブキャナル産廃処分場跡地に住んで」(訳書)など。
東京電力福島第一原発事故をきっかけに6年近く滞在した
中国から帰国。
2012年1月30日、神奈川県での住民説明会に於いて、環境省にがれき広域処理に法的根拠がないことを認めさせた。

【参考資料】
・山本節子さんは1月30日に神奈川県で行われた広域処理説明会で、環境省に広域処理の根拠法はない(=違法)と言わせた方です。その時の動画です。(01:17:41頃より)
県側(国側)は都合が悪いらしく、この時の動画をすぐに削除しました。

http://www.ustream.tv/recorded/20147611

・山本節子さんブログ
上記1月30日広域処理説明会の記事

http://wonderful-ww.jugem.jp/?day=20120201
関連記事

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/06 02:44】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック