2008年ベスト映画

◎日本映画
1.母べえ
 その情念の濃さと、静かな戦争への怒りで比類がない。普通
の人ががこんなにも苦しむ。
 吉永小百合の存在感がしっかりと刻み込まれました。

2.おくりびと
 きらめく極寒の中の清涼な思い。人の死を看取ることをこれ
ほど迫って描いた映画はないでしょう。死をみとることで差別
される。その激しい現実と周囲の覚醒。本木雅弘さんが執念の
映画化でそれも感心しました。

3.三本木農業高校馬術部~盲目の馬と少女の実話~
 始めは、高校の敷地からほとんど出ないしかも馬術の映画な
ので危惧しましてたが、見ていて人と馬とのふれあいとその描
写のみごとさに感服しました。

4.西の魔女が死んだ
 いじめにあい、クラスの女子グループたちからシカトされた
女の子。その強い立ち直りにとても感激しました。

5.ICAHI
 何しろ女版座頭市を綾瀬はるかが演じるというので、予告編
の時から馬鹿にしていたのに、綾瀬はるかの汚れ役部分も含め
たみごとな演技と殺陣にこちらの方が開眼しました。 

6.天然コケコッコー
 山の中の小学校の子供たちの何気ない生活を追う。でも子供
たちの演技がすばらしく、いつまでも続けと思いました。

番外 風花
 相米慎二監督の遺作ですが、今年テレビで初めて見て小泉今
日子のみごとな演技と、相米監督の演出に心の中にしみこんで
消えません
 小泉今日子がコメントして、この撮影のときもずいぶん怒ら
れたが、それで本当の演技ができるようになった。実は今も現
場で見守られ怒られていると感じるそうです。これも感じまし
たね。

◎外国映画
1.ドレスデン 運命の日
 そのドレスデン爆撃シーンの再現は、みごとの一語に尽き、
都市爆撃が、その破壊と死が正面から描かれる稀有な映画。戦
争を負けた側からしか描けない反戦映画。

2.魔法にかけられて
 ディズニーのお姫様アニメのパロディ実写版、でもすばらし
い出来映えで楽しさが増す。アニメ世界では、森で歌うと動物
の友達がくるのに現実にニューヨークで歌うとやってくるのは
ハエやゴキブリ、ネズミたち。でも手伝ってくれお友達になる
。とてもおもしろかった。

3.あなたにしか言えない秘密のこと
 古い話でなく今からわずか10数年前の出来事でしかない 、
すぐそこでやっていたサラエボ戦争の話、サラ・ポリー演じる
被害者の女性の体と心の傷、そして集団レイプされ拷問を受け
、妊娠し堕胎されたと思う子供の声に激しい衝撃を受けました
。最後は少し明るく終わる。それは私たちがそういう世の中を
作らねばということだと思いました。 

4.サラエボの花
 サラエボの戦争で集団レイプされ、生まれた娘。人はそれで
も生きていく。その思いに打ちのめされました。

5.善き人のためのソナタ
 舞台は、1984年の東ベルリン。少し前なのだ。国家保安省(
シュタージ)の局員ヴィースラー大尉は冷酷な盗聴者で国家に
忠誠を誓っていた。東ドイツ全体に監視社会で網が張り巡らさ
れていた。しかし反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその
同棲相手の女優クリスタを監視するよう命じられ盗聴する中彼
らを理解し最後に嘘をついて彼らを守る。でも嘘だよね。実際
は実体が資料・記録で明らかになると夫婦が親子が裏切ってい
た。人は弱いものなのだ。だからこんな社会にしてはならない
ということなのだ。

6.アウェイフロムハー 君を想う
 本当に愛する夫婦でも認知症は全ての愛も壊してしまう。奥
さんは愛する旦那様を施設に入って一月会わないと忘れ果て、
旦那様は新しい相手を見つける。私も50代なので何か身につ
まされる。
関連記事

FC2blog テーマ:2008年映画感想 - ジャンル:映画

【2008/12/30 02:00】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック