中部電力の取締役会は、浜岡原発の停止について先送りしてしまった。なにかいろいろの影響が広範囲にあると、言っているが、燃料費が高騰して年2,500億円の損失が出てしまうという点に論点があったように感じる。

浜岡停止の結論先送り 中部電力「広範囲に影響」
2011年5月7日 23時13分 中日新聞

http://www.chunichi.co.jp/s/
article/2011050790231349.html

中部電力は7日、臨時取締役会を開き、菅直人首相が要請した浜岡原発(静岡県御前崎市)の全面停止を協議したが、停止の影響が広範囲にわたることから、受け入れについて結論に至らず、継続審議を決めた。9日以降にあらためて取締役会を開き最終決定する。

 浜岡原発を停止した場合、夏場に電力不足に陥る恐れがあることや、火力発電で代替すると発電コストが膨らんで業績悪化を免れないことなどから、停止受け入れにはさらに検討が必要とみて、取締役会を再度開いて議論を重ねることとなったとみられる。約1時間半に及ぶこの日の議論では、出席者から多岐にわたる課題が提起され、意見がまとまらなかった。

 中電は取締役会終了後、コメントを発表。夏場の電力供給力や火力発電用の燃料調達の見通し、収支、津波対策への対応などを議論したことを明らかにした。その上で結論先送りの理由を「検討内容が重要で広い範囲にわたっており、顧客や原発の地元住民、株主などに大きな影響を与えるため」と説明。次回の取締役会の時期は未定と発表した。(以下略)

関連記事

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/05/07 23:58】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック