福島原発事故は、(もう、そう読んでもいいのでは)格納容器に海水注入すると言っただけで多くが非公開なままとなっています。

 ご好評をいただき、何万人もの人にご覧いただいた福島原発に関する専門家による共同記者会見第2回の開催を連絡します。もちろん、Uストリームで中継するそうです。



(第2回)福島原発に関する原子力資料情報室 記者会見

福島原発に関する記者会見(第2回)を3月13日17:00より行います。ぜひご取材ください。

★ビデオニュース・ドットコム( http://www.videonews.com/

および岩上チャンネル( http://iwakamiyasumi.com/ )で
Ustream中継で記者会見をご覧いただけます。

※12日に行いました会見の中で、次回記者会見を13日12:00とご案内しましたが、
変更になっております。お詫びして訂正いたします。

【発言者】(予定)
上澤 千尋(原子力資料情報室・原子力安全問題担当)
後藤 政志(柴田 宏行) 東芝・元原子炉格納容器設計者
海渡 雄一(弁護士・浜岡原子力発電所運転差止弁護団)
伴  英幸(原子力資料情報室・共同代表)

【記者会見会場】
原子力資料情報室
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B

http://www.cnic.jp/map.html

【主催】
特定非営利活動法人原子力資料情報室
関連記事

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/03/13 02:55】 | 原子力
トラックバック(1) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
おしゃべりしている時間はない.簡単に要点だけ記そう. ■長時間・無人・連続注水しかない.そこで,「お釈迦さまの蜘蛛の糸」作戦: 「水で冷却する」というのがほとんど唯一の手段となっているが,すでに放射線濃度が高くなり過ぎて有人で必要量の放水(100~...
2011/03/18(Fri) 06:59:28 |  静かなる革命2009