先ほど、東京都青少年健全育成条例の弾圧に角川書店以外の出版社に動きがないと書いたが、漫画出版の大手社で結成している「コミック10社会」、参加社、秋田書店、角川書店、講談社、集英社、小学館、少年画報社、新潮社、白泉社、双葉社、リイド社が、角川書店と同様に「東京国際アニメフェア2011」への出展をボイコットすると発表した。だいぶ見直した。

東京国際アニメフェア参加拒否=都の漫画規制案に抗議-出版10社

http://www.jiji.com/jc/c?g=
soc_30&k=2010121000797

 講談社、小学館、角川書店などの出版社で構成するコミック10社会は10日、過激な性描写のある漫画の販売規制を盛り込んだ東京都青少年健全育成条例改正の動きに抗議して、石原慎太郎都知事が実行委員長を務める「東京国際アニメフェア2011」への出展をボイコットすると発表した。
 10社会は声明で、改正案を「これまでの出版界と都当局の話し合いの歴史を踏みにじるもので、規制対象は依然あいまい」と指摘。石原知事らの対応についても「事実誤認に満ちた不誠実な発言を繰り返している」と批判した。
 改正案は6月都議会で否決後、一部修正の上12月議会に再提出された。今回は最大会派の民主党が賛成に回ったため可決の公算が大きくなっている。東京国際アニメフェアは来年3月下旬に開催予定。

関連記事

FC2blog テーマ:青少年健全育成条例改正案 - ジャンル:政治・経済

【2010/12/10 22:01】 | 漫画・アニメ
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック