鳩山総理はやめて当然だ。アメリカという手ごわい相手とその味方ばかりするマスコミはいた。でも政治は結果が全てである。鳩山首相は沖縄と国民を裏切ってしまったのだ。
 しかも今週の「週刊朝日」6月11日号によると、3月頃には県外移設が行き詰っていたことが田原総一朗が鳩山首相から直接聞いている。だのになぜ動かない。鳩山総理は沖縄へお詫びとお願いに行きたかったが、周りが沖縄へ行かなくていいと言ったからだそうだ。
 鳩山総理よ。あんたは指導者であり子供ではないのだ。これほど頼りなかったら辞職は無理もない。

 だがなぜ小沢一郎がやめねばならない。議員総会で鳩山首相が金の問題で辞めてほしいと言ったが、そもそも金って小沢一郎には何も問題がないじゃないか。2カ月間政治資金報告の期日がずれていただけだ。土地の登記日に合わせただけなのだ。検察が3カ月間調べても何もなかった。それでやめたら悪例になってしまう。

 次の総理は、菅直人副総理らしいが、このままアメリカは首相が変わっても政府としての合意だと辺野古移転をすすめろと早くも打ち上げている。
 残る手は日米安全保障条約をいったん解消を通告してゼロベースですべてを始める以外ない。交渉し残すものは残して新たに決めるべきものは交渉して作り直すのだ。沖縄もそれでほとんどの基地と訓練施設を廃止する。グアムを米軍のアジア中東作戦基地の基本とすればいいのだ。

 日本防衛は、自主防衛が基本で、思いやり予算はやめて自主防衛をその分増額する。
 日米間の新条約で米軍は第7艦隊と横須賀基地だけを基本として必要なものだけを配置する。これしかない。
 しかし民主党にはそんなことできっこないと思う。結局は下駄の雪のようにアメリカについていくしかないのか。
関連記事

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 22:55】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ある程度は予想はされていたが、やはりこの時期に鳩山首相が退陣するとは思わなかったというのが正直なところである。  そして重要な事は、 主権者たる国民が自らの意志で選んだ政権を、米軍・売国官僚・売国マスゴミ・犬察が徒党を組んで引き摺り下ろしたという事実
2010/06/03(Thu) 00:15:37 |  ステイメンの雑記帖