鳩山総理大臣は、普天間基地の移設問題で社民党の連立離脱を招いて国民の政権への信頼を損ねたとして総理大臣を辞職すると民主党幹部に伝えた。手続きはまもなく開かれる民主党の両院議員総会で行う。総会で進退について発言し協議する。

 昨日までの小沢幹事長との協議では辞任拒否をして続投への強い意向を示していた。
関連記事

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 09:45】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今年最大の政治決戦である参院選を控え、終盤国会は鳩山首相の進退問題で一気に流動化している。   「母子加算」の復活や「子ども手当」や「高校授業料無償化」、「水俣病未認定患者との和解」さらには「国労組合員のJR不採用問題和解」など僅か8ヶ月でこれだけの実績
2010/06/02(Wed) 09:54:22 |  ステイメンの雑記帖