脱原発の運動を長い間やっていて困っています。たとえば関西運動でも縮小が続き、新しい世代の参加者がなかなかできないのです。

 このままでは、みんな老化して死んでしまい終わりだなんていう人もいます。困っています。どうしたらいいのでしょう。

こんなことを書いてみました。別にこれだけではないと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
 上関のことはその周囲に任せて、私たちはもんじゅの周囲なのですから、もんじゅの問題に全力を集中すべきだと思っています。

 全体の運動や広報活動では、原発の運動が知っている運動周囲のこと。マスコミに取り上げてもらい、政府官僚と交渉するというのは、全て様変わりしているのに、私たちが認識と対応ができていないのです。

民主党の政務三役が役所を動かす体制になっています。とにかく原発推進派に乗っ取られたのではという民主党ですが、働きかけもせずそんなことを言っていても仕方ないのであらゆる手を使って民主党に働きかけるべきです。

 マスコミは第四連力から第一権力となったといわれるくらい反動化が進んでいます。新聞も載せない。テレビもひどい。5月12日(水)放送 クローズアップ現代「検証 もんじゅ運転再開」も宣伝番組みたいでした。

 ところが、それを嘆くことはなくて、新聞もテレビも購読視聴者が若者中心に減っています。それでブログ論壇や動画サイトなどの存在が大きくなりつつあります。後5年くらいで社会的な議題設定機能がネット上に移るのではいう観測があります
。これも正負あって韓国で女優がネットのうわさで自殺しましたが、もともと韓国では新聞への不信が強くて社会的な議題設定機能がネット上に移ったことでネット情報の影響が甚大で起こりました。

 私もブログ論壇の参加者ですが、政治・社会派ブログはあっても原発のことを書くのは、「きっこのブログ」
http://kikko.cocolog-nifty.com/

と私の「生きてるしるし」しかありません。

 原発のブログ記事を書いたら集めるトラックバックピープルもありません。
トラックバックピープルはその新記事の表題をブログサイドで表示でき、今何が問題なのか一瞬で全国に広めることができます。
 ネットで、脱原発版ブログ論壇を作るべきだと思います。

http://tbp.jp/

 だいたい講演したらなぜ了解を得て動画サイトに載せて広めないのでしょう。

それと、ネットの市民ニュース新聞があるのだからきちんと投稿すべきだと思います。
http://www.janjanblog.com/

また、ツイッターの影響も大きくなりつつあります。なにかあったら実況中継してもいいと思うのです。
私のtwitterページ
https://twitter.com/naratakasi

スラッシュタグで、もんじゅ脱原発のtwitter投稿を集めてもいい。

 そのうえで、ワーキングプアの運動のようにデモや集会で社会的な認知を行う。

 運動をやる側に現場で声をあげて体を動かさないとだめと決めつけ、ネット軽視が沁みついているように思うのです。それもおかしくて、私たちは都市部での宣伝戦を中心にした運動のはずです。
関連記事

FC2blog テーマ:原子力発電 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/17 20:33】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック