いよいよイスラエルはパレスチナ人追放政策を本格化したようです。

[CMLから転載]
パレスチナで個人的に平和活動しているめぐみさんから
昨日、4月13日からイスラエル国防軍が「新たなる軍令」
を発効させ、「パレスチナ人追放」に 本格的な段階に
突入した! との緊急メールが届きました。

それに寄れば、
  「イスラエル軍の滞在許可証を持たずに
     パレスチナ・エリアにいる者は、
     其れがイスラエル人でも
     パレスチナで生まれ、育った者でも、
     NGOのボランティアであろうとも
 例外なく、逮捕し、3年から7年間牢屋にぶち込む」とある。

 さらに、今後一切、「イスラエル軍は滞在許可証は発行しない」
 そんな「軍令:1650号」を執行し、取締りをはじめた。

現地のパレスチナの人々の人権が強制的に破壊されています。

友人・めぐみからのメールを転送します。
転送・転載、歓迎。
関連記事

FC2blog テーマ:イスラエル・ユダヤ - ジャンル:政治・経済

【2010/04/14 22:56】 | 中東、ユダヤ、パレスチナ
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック