オバマがはっきりとおかしい。昨日陸軍士官学校で3万人の増派とNATOなど各国首長にも追加派遣を依頼している。米軍司令部によると作戦に必要な軍隊は後4万人。1万人足りないがそれは各国にお願いする形だ。そのうえで2011年7月には撤退するという。つまりはタリバンに大きな打撃を与え、カルザイ政権を盤石のものにしてから、国内治安を完全に任せてから撤退するという戦略なのだ。増派には1年で約300億ドル(約2兆6千億円)の費用が必要となる。

 しかし、オバマはすでにイラク撤退を決めてアフガニスタンで増加派兵して米軍だけで6万8000人、NATO加盟国など42カ国から5万人が駐留しているのに、アフガニスタンが少しでも安定したのか。タリバンの勢いが止まらない。

 最初にアフガニスタン派兵したときは、タリバンから解放してくれた米軍をイラクとは違い解放者として歓迎したのに、あまりにし烈な攻撃で次々と国民の中に犠牲者が出てどんどん敵に回していった。そしてやがて国内は反米へと傾きタリバンも復活してきたのだ。これを何ら再検討することなく再増派したら勝てると考えること自体おかしい。

 しかもあれほど犠牲者が出て米国への反発が高まっているパキスタンのトライバル地域への無人機攻撃を逆に拡大する方針だ。
 これは同国南西部バルチスタン州に拡大すると米紙が報じているのだ。パキスタンでは「事実ならパキスタン国内が騒乱状態になり、内政、治安は極度に混乱する」という懸念が高まっている。米国に協力的なザルダリ大統領と、攻撃に反発する軍トップのキヤニ陸軍参謀長との対立が決定的となり、同州での反米、反政府蜂起が確実視される。オバマ大統領は「アフガニスタン安定にはパキスタンの協力が不可欠」というが、むしろ、パキスタン情勢の混乱がひろがりアフガン情勢もさらに泥沼化させ、かぎりなく戦いと困難が広がっていく。

 これまではまだ「ブッシュの戦争」が残っていたが、これで、全面的に、「オバマの戦争」と化した。

 古くはベトナム戦争でもジョンソン大統領は増派と北爆の開始と攻撃の何回もの拡大で、何万ものアメリカ軍兵士の死、約60倍のベトナム人の死泥沼の中批判と反戦運動の拡大ま中で再選に立候補しなかった。

 そこまでさかのぼらなくとも前任のブッシュ大統領は、イラクに攻め入り、占領したのはいいが、治安の悪化で死者が続出し、安定のためだと追加派遣していっそうの泥沼に陥った。撤退方針を決めたのはオバマ大統領自身だ。
 そういう戦略だといって追加してもいっそう泥沼化するのは明らかではないのか。

軍事産業と政治の密接に結びついた軍産複合体の中でオバマのできることはこういう事しかないのだろうか。またもや多くの人が死にアフガニスタンの国土が荒れる。
多くの人が暮らしているのだ。戦場化した大地の中で子供は学校にも行けない。
アフガニスタンは戦争をやるためのシミュレーションの場ではない。人が生き生活している大地なのだ。それを完全に忘れている。

 中国やインドなど派遣してない国にもオバマは連絡すると述べたのに日本は入っていない。普天間名基地移転で日本が要求しているのでくだらない意趣返しだと思う。どんなにアメリカ寄りの新聞などのマスゴミが言っても日本は戦争に加担しないことだ。民生支援をどうするか難しいがやりぬくことだ。

 アフガニスタンの人々はまさしく毎日を戦場の中で傷つきながらやっと生きている。それを思い起こすことだ。
関連記事

FC2blog テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/12/06 23:22】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック