藤井裕久財務相は、この不況の中で緊縮財政論者で財務省官僚のいうとおり短期成果主義と効率で切ろうとする政治家で好ましい人物ではありません。しかし、PAC3追加配備に難色と、むやみな軍備拡大には財政的に反対のようです。岡田克也外相も反対です。
 以下は、「 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン」からの呼びかけです。


【緊急要請!】           [転送・転載歓迎/重複失礼]

<「岡田外相がPAC3追加配備に難色」報道!>

◆岡田外相と藤井財務相に「発言支持」の声を大至急届けてください!

 ~PAC3追加配備経費944億円の予算案からの削除を!~

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。

11月24日午前に開かれた2010年度防衛予算に関する閣僚委員会の場で、岡田克也外相が「ミサイル防衛」(MD)用の迎撃ミサイルPAC3の追加配備経費(944億円/北海道、青森、沖縄へ)の来年度予算への計上に難色を示しました。岡田外相は「PAC3は防衛予算のかなりの部分を占める。有効性について国民に理解される説明が求められる。(「平成」)22年度中に十分に検討すればいいのではないか」と述べたと報じられています。この発言に藤井裕久財務相も「その通りだと思う」と賛同したとのことです。

<岡田外相がPAC3追加配備に慎重論 防衛予算の新指針づくりで>
(2009・11・24 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
091124/plc0911242153023-n1.htm


<外相、PAC3追加配備に難色 12月中旬に防衛力指針>
(2009・11・24 共同通信)
http://www.kyodonews.jp/feature/
seikenkoutai/2009/11/post-1159.html


<PAC3の効果説明を=岡田外相>
(2009・11・24 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2009112400863


 *11月24日の朝日新聞夕刊でも報じられています。

PAC3追加配備経費の削除を求めてきた私たちは、この岡田発言を歓迎します。民主党自体が、政策集でMDについて「費用対効果、技術的可能性等の観点から総合的検討を加える」としていました。政権交代を機に、守屋武昌元事務次官ら防衛省官僚が主導してきたMDを抜本的に見直すべきです。MDは真っ先に事業仕分けの対象となるべき「無駄の本丸」です。

一年先送りされた「防衛計画の大綱」の空白を埋める防衛予算策定の基本指針は12月中旬までに決定されます。PAC3追加配備経費の削除を実現するために、あと二週間ほどが勝負です。

◆まずは大至急、岡田外相と藤井財務相に「発言支持」「PAC3追加配備経費の削除を」の声を届けてください。短いものでも構いません。一人でも多くの声が届くことに意味があります。予想されるMD推進派の反発に対抗することが必要です!

◇また、追加配備候補地の北海道、青森、沖縄在住の方は、地元の民主党議員にも「PAC3追加配備反対」「経費削除を」の声を届けて下さい。地元紙などへの投書も有効です。

【要請先】

岡田克也外相   (FAX)03-3502-5047
          (E-mail) webmaster (at) katsuya.net

藤井裕久財務相  (FAX)03-3508-342

          (E-mail) info (at) fujii-hirohisa.jp


【呼びかけ】 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

 (TEL・FAX)03-5711-6478 (E-mail) kojis (at) agate.plala.or.jp
関連記事

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/27 23:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック