8月11日の静岡県の地震で東名高速道路が崩壊して15日まで復旧せずにえらく時間がかかった。それで構造基準を全体を見直すべきだとかいう声があるが私は反対である。

 新幹線がびくともしなかったのは、基準以上の耐震工事をしていたからだ。それも盛り土部分に1m毎に鉄板を垂直に入れ込むというすごいものでそれで耐えたそうだ。

 そうすると東名高速にも同じ事をせよという声も出るだろう。専門家はたたかれるのを恐れて発言しない。
 でもだ。道路と高速鉄道は違う。ある程度崩れるのは仕方ない。完璧に崩れない道路など造れば莫大なコストがかかりすぎるのだ。

 今回も谷を埋めたと思われる特定部分しか崩れなかった。道路を築造するための基準である道路構造令はそれなりの役割を果たしていたわけだ。

 今回の崩壊した箇所はもともと谷間で、そこは堆積土砂が溜まってできたもので当然軟弱な地盤だ。そういう崩れやすいところに対してどの程度コストをかけるか対策を研究すべきだとは思う。
 それと、長雨で水分が盛り土内に溜まったので耐久力が弱まり崩壊しやすくなっていたのではないか。これについては十分な調査が必要で、そういう地形の盛り土部分に対しては排水対策を検討する必要がある。

 それと復旧の応急処置に時間がかかったのは、問題が多い。一回目は崩壊面にH鋼を打ち込んで土砂投入しようという簡便な応急対策をしようとした。でもたちまち崩壊した。
 この時点で地盤が軟弱だと見ているのに、ここからおかしくてH鋼を二重に囲むことで対応しようとした。
 地方では困難な場合はただちに国土交通省のベテラン技官に現場に来てもらい判断を求める。なぜそれをしなかったのか。どうやら中日本高速道路株式会社だけで判断して対応できなかったらしい。
 高速道路を造り管理しているという矜持があるのかもわからない。しかし軟弱地盤の崩壊斜面部に何をしても無駄でありたちまちまた崩壊して時間とそれまでの労力が無駄になってしまった。豆腐の上に構造物を造る馬鹿はいないだろう。
 こんな愚かなことをしていて正直まともな技師がいないのか疑わざるを得ない。

 最後にこういう場合の基本的な応急処置である、斜面の一番下にH鋼を打ち込んでいき、そこから土のうを積み上げる。そしてアンカー、鉄棒を打ち込んでそれなりの安定した箇所を作り出す。その上に土砂を投入して基盤を造り、そこに道路を施工する。
 しかし、こんなのは災害対策の基本であり、道路協会のハンドブックや本にも載っている当たり前のことである。

 以上を整理する。

 金ばかりかかる重構造の道路を目指さない。業者が喜ぶだけだ。

 もともとの谷間の盛り土部やそういう箇所のポイントの排水対策を研究する。

 緊急時の高速道路会社への技術援助できる体制をつくる。

 高速道路会社の技術体制のアップとチェックできる法と体制を作る。

高速道路株式会社法 国交省の一般的な監督権限はうたわれているものの、技術面について明記はない。
http://www.ron.gr.jp/law/law/kosoku_d.htm
関連記事

FC2blog テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

【2009/08/18 18:52】 | 災害
トラックバック(0) |  ]

でもダメでしょ
高速yarou
埋めた地盤に高さがあれば崩れる高速道路を認めちゃダメでしょ、あの程度の地震では、設計レベル800ガルならともかく。
コスト削減なら交際費だと思いますよwwww


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
でもダメでしょ
埋めた地盤に高さがあれば崩れる高速道路を認めちゃダメでしょ、あの程度の地震では、設計レベル800ガルならともかく。
コスト削減なら交際費だと思いますよwwww
2009/08/30(Sun) 02:28 | URL  | 高速yarou #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック