タレントの加藤浩次さんは、吉本興業所属でテレビに初めて出演したのは「ビレッジ吉本」。吉本の若手が出演してネタを披露するネタ番組でチームゼロのほかに、友野英俊さんも出演していた。それでほぼ同期で知り合いなのだ。

2009年07月24日放送の金曜深夜のTBSラジオ番組、「加藤浩次の吠え魂」で、友野英俊さんのことを語った。

最近、友野さんが、突然日テレ「スッキリ!!」の終了後楽屋に現れたそうだ。「友野でございます~」
加藤さん「友野どうしたんだよ?」
友野「いやぁ、最近、結婚しまして」と言う。

加藤さん「そうか、おめでとう。相手は誰?一般の人?」
友野「実は、桜庭一樹って知ってます?」
加藤さんはびっくり。実は大好きで、ほとんど読んでる。『赤朽葉家の伝説』、『私の男』とか。

そこから、変な話が展開する。

友野「実は、桜庭の方から、『読んで欲しい』ということで、本を渡すように言われたんです。それで、最新刊を今日、持ってきてるんですよ『ファミリーポートレート』」と、友野さんが本を渡そうとする。

ところがもう読んでいるから、「もう、それ買って読んだよ」
友野「そうですか…でも、桜庭は、是非、加藤さんにサイン入りの本を渡して欲しい、ということだったんで」といいながら、本を渡される。
加藤さん「サイン入りか!」って、ファンだから嬉しくって。でも、その本を見ると、普通の字で、桜庭一樹って書いてあるだけ。サインでも何でもない。どう考えても、桜庭さんが書いてない。友野さんの字。
それで、「テメェ!これ自分で書いたろ!」って言ったら、
友野「いえ、違います。桜庭が書いてるんです。桜庭が書いたってことにしておいてください」って言い出して、ニセサイン本を渡された、そうだ。

 ここら当たりは本当に異様な話。

 加藤さんは、「夫婦なんだから、書いてもらえばいいのにって思った」そうだが、「友野さんは、全然収入ないみたいなんだよ。さんま御殿の前説とかは、やらせてもらってるみたいだけど、お金が無くなったら、桜庭一樹にお小遣いをもらうんだって。2万円。困ったときもらうんだってさ。」
「はい、頑張って」と。

 どうもかなり屈折したものを感じてしまう。親しい同期に結婚報告をしに来て、おみやげに妻の本を自分でサインして持ってくる。何か奥様にサインを頼めない?????

 はたして今をときめく直木賞作家桜庭一樹さんと売れない吉本芸人友野英俊さんの夫婦関係はうまくいくか。何か前途多難だなあ。でも桜庭一樹さんは心から友野英俊さんを愛しているようなのだからうまくいってほしい。

加藤浩次 「作家・桜庭一樹と、遠くて近い不思議な関係」
http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-572.html

 こんなのは、プライバシー侵害ではないか、と思うが、友野さんが加藤さんに言ってブログにもアップされている。吉本の芸人と言うことで、お互い取り上げる意味があるのだろうと思う。
関連記事

FC2blog テーマ:桜庭一樹 - ジャンル:小説・文学

【2009/08/17 18:31】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック