警察と検察を信じきっている方とは違い、植草一秀さんが8月3日に収監されたことに厳重に抗議する。

 私は陰謀論者ではないが、時たまはどう考えてもおかしいことが起きる。

 たとえばロッキード事件の黒幕にしてロッキード社の代理人児玉誉士夫の臨床尋問の直前に右翼青年の飛行機が家に飛び込み死んでしまった。それ以来いっさいが語られるとなく児玉もやがて病死した。

 植草さんの事件もそういう一つなのだ。

 この政権交代の総選挙の直前の収監を残念に思う。いろいろと語ってほしいことがあった。私は植草さんを信じる。そして彼を取り戻さねばと思っている。

 
関連記事

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/08/05 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック