近鉄桜井駅構内で同級生に殺された関西中央高等学校の浜田知哉さんの葬儀が8日に執り行われた。知哉さんのお父さんの言葉から、なにかあったのだが問題は置き去りにされていたようだ。

 今のところ関西中央高校の側は、学校名をメディアから消すのに必死で、フジサンケイ系のネットサイト「iza」などからも当初学校名が出ていたのに消えてしまった。学校の問題点を洗い出すとか教育的配慮をするとかいうよりは、経営サイドの対応ばかりである。

WEB停止中の学園経営者と校長の冒頭文も末尾に掲載しておく。たしかに私立学校でつぶれるのは嫌なのかもしれないが、学校として最悪のことが起こったのだから、どうしていくかもっと考えてほしい。
 経営トップの冬木理事長は行政とも近しい存在だからそういう力で抑え込もうという発想になる。しかし逃げ回るばかりでは何もならない。
 


桜井の同級生刺殺:浜田さん葬儀 同級生ら抱き合い涙 /奈良

http://mainichi.jp/area/nara/news/
20090709ddlk29040560000c.html


◇父親「時々思い出して」
 桜井市の近鉄桜井駅で私立高校3年の浜田知哉さん(18)が同級生の男子生徒(17)に刺殺された事件で、浜田さんの葬儀が8日、同市内の葬祭場で営まれ、親族や同校の生徒ら約160人が参列した。浜田さんと家族が収まった写真が飾られ、生徒たちは順番に焼香し、抱き合って涙を流す姿も見られた。

 父光市郎さんは「事件が起こった根本的な原因が明かされず、昨年以来、このようなことが起こってしまうまで、問題が置き去りにされていたことに到底納得がいきません」と話した。

 また、浜田さんの事件当日の様子について「母に手を振り、にこっとして学校に出かけた」と振り返り、「一番残念なのは本人だと思う。知哉の命は戻らないが、時々思い出してやって下さい」と締めくくった。

 県警によると、男子生徒は通夜があった7日夜、正座して葬祭場の方向を向いてうなだれていたという。【上野宏人】



  教え子の熱い願いに応えて、自宅において歩みを開始して以来、早や学園は62年の年月を重ねて参りました。
その間、女学院、高校、短期大学、幼稚園そして大学とひたすら教育の道一筋の歩みを続けて今日に至っております。
  関西中央高校も昭和39年女子高校として創立以来、多数の有為な女子を輩出しつつ、更なる発展を期して平成11年度より男女共学校として、新しい夢と希望を抱いて充実した道を歩み続けている今日であります。
「徳をのばす・知をみがく・美をつくる」の建学の精神は、本学園の教育の理念であり、幼児教育から高等教育迄の一貫した道標として遵守して参りたく存じます。
  万葉の息吹漂うこの緑の丘に位置する関西中央高校での出会いが、生徒達の人生にとりまして輝かしい出発でありますことを心より願っております。

学校法人 冬木学園
理事長 冬木智子


高校創立45周年を迎え、関西中央高等学校は、従来よりの特別進学コース・スタンダ-ドコース・アスリ-トコ-スに加え、新たに畿央大学コ-スと、情報・表現コ-スを設け、学園の理念である社会に役立つ人材の育成を目指し一層発展することになりました。
  畿央大学コ-スは、本学園畿央大学と高大連携を強化し、7年一貫教育を実施し、将来、小学校・幼稚園・保育所の先生や看護師のスペシャリストを目指す目的意識を明確にしたキャリア意識の高いコ-スです。
 また、表現・情報コ-スは、今社会で最も必要とされているコミュニケ-ション能力を育成するコ-スで、情報社会にも対応できる確かな力も身につけます。
 本校の生徒たちは今、それぞれの夢に向かって学習に部活動に励んでおり、力強いエネルギ-で満ち溢れています。この頑張りが、国立大学や畿央大学はじめ難関私立大学への合格、野球部の春季奈良県大会準優勝・ソフトテニス部・剣道部・バトン部等の輝かしい活躍へと繋がってまいりました。
 冬木学園は、創設者冬木智子理事長が「徳をのばす」「知をみがく」「美をつくる」を建学の精神とし、個々に敬愛の念を持ち、お互いの幸せを願える人格の形成こそが教育の根本であるという強い信念のもとに創立されました。
  目指すべき教育の目標は、「建学の精神のもと、好奇心、探求心、創造性を持った自立と社会に貢献出来る人材を育成する」ことです。
  さあ皆さん、1000日の高校生活を満喫しながら、未来への確かな展望のもてる高校生活を送りませんか。私たちは全力で君のサポ-トをしていきます。
関西中央高等学校
学校長 藤本眞喜子

関連記事

FC2blog テーマ:殺人事件 - ジャンル:ニュース

【2009/07/09 23:55】 | 社会、考えたこと
トラックバック(0) |  ]

事件を風化させてはいけないと思います
通りがかり
この学園の理事長一族の方に聞いた話ですが、この一見おとなしそうに見える理事長さんは、権力争いで内外問わず人を死に追い込んできた、奈良の大変な権力者なのだそうです。
そういえば、理事長のご親族にも、この加害少年のように逆切れして~という人を存じております。
そういう教育方針の学園という事でしょうか。
被害者とそのご遺族の方の無念が報われるよう願っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
事件を風化させてはいけないと思います
この学園の理事長一族の方に聞いた話ですが、この一見おとなしそうに見える理事長さんは、権力争いで内外問わず人を死に追い込んできた、奈良の大変な権力者なのだそうです。
そういえば、理事長のご親族にも、この加害少年のように逆切れして~という人を存じております。
そういう教育方針の学園という事でしょうか。
被害者とそのご遺族の方の無念が報われるよう願っています。
2010/11/20(Sat) 21:02 | URL  | 通りがかり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック