今日は広島に原爆が投下された日である。午前8時15分、あの殺戮が起こった。これはどのように政府やメディアが無視しようとしても無視できないことである。

 日本政府は被爆者がすべて死に絶えてしまうのを待っているのだろう。絞りにしぼる被爆の認定のやり方を見ていたらそうとしか思えない。やっと裁判で何とかこじ開けた。

 昨年の漫画「夕凪の街 桜の国」こうの史代原作を見ていると決して直接体験していない私たちにも経験は伝わると思う。伝えていかねば。それが生き続けている私たちの使命だと感じている。
関連記事

FC2blog テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

【2008/08/06 00:01】 | 戦争と平和
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック