月刊「紙の爆弾」5、6月号を買いました。「エコノミスト植草一秀が語る日本の知られざる真実」が載っていたからです。

 まとめて読むとほとんど私たちと意見が同じであることが分かります。だから買わない、ブログでも読めるし。という方も多いのでは。
 小沢民主党の勝利を政権交代を目前にして検察ファッショで民主党と小沢一郎の勢いが揺らいでいます。それをみごとに日本全体の状況を押さえて分析している。

 でも500円払って買ってあげてほしいのです。そしてぜひ、添付の愛読者ハガキに50円切手を貼って「氏名欄」の下の「特におもしろかった記事を4つあげてください。」と「取り上げて欲しい企画」に植草さんのことを書いて出してほしいのです。
 なぜかいうと植草さんは、口封じの冤罪とみられるトラブルに巻き込まれ、ブログの外ここ以外書く場が他にありません。ぜひ書く場を維持して広げていきたいのです。

 昔は学者専門家たちがもっと発言していました。いまや植草さんと郷原信郎さんだけになりました。金子勝さんでも小沢一郎はやめるよう言いました。

 検察とマスコミの権力一体化の中で学者の発言は大きいのです。それに植草さんほどキチンと発言してくれる方はなかなかいません。ぜひお願いしたいのです。

 ところで、ラストにどのような政治システムが好ましいかというので「廃県置藩」しかなりの権限を地方に渡すべきだと書いておられます。これをもう少しきちんと書いていただけたらと思っています。もちろん「紙の爆弾」で。これだけでは賛成しかねるので。 
関連記事

【2009/04/14 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック