naratakasi

郵便番号、住所、筆名、本名(ふりがな)、電話番号を明記。〒102-0071 東京都千代田区富士見1の12の15 角川文化振興財団『短歌』編集部「令和万葉集作品公募」係。7月10日消印有効。問い合わせは、はがきかメール(reiman.kadokawa@gmail.com)で。応募作品は不返却。
06-19 16:52

近現代の秀歌800首選定、公募の100首を加えて1千首を収録する。国文学者の中西進と歌人で細胞生物学者の永田和宏が監修し、小島ゆかり、内藤明ら歌人12人が近現代の秀歌と公募作品の選歌を行う。うまくいけばいいなと思う。未発表の自作。二重投稿は不可。はがき1枚に2首まで。何枚でも応募可。
06-19 16:52

【『令和万葉集』2021年春刊行予定で、歌を公募】よく『万葉集』を口にする。坂の上郎女を偉大なる歌人だと思う。奈良時代編纂の様々の階級階層の歌4500首余収録で人々の暮らしが匂う。今回、『令和万葉集』が編まれ、2021年春刊行予定で、歌を公募。本編?「万葉集」から100首https://t.co/ZuCOMhd75K
06-19 16:52

天然痘で亡くなった藤原4兄弟の、藤原麻呂の邸宅からの使用人の主人の疫病退散を祈る呪符木簡を二条大路のごみ捨て穴で発見。奈文研神野恵室長「先人たちも繰り返し疫病と戦ってきた。当時の人たちも頑張っていたと共感してもらえれば」入館無料、9:00~16:30-入館は16時まで、月曜休館(祝日翌平日)
06-19 01:16

通して、天然痘が流行した当時の人々の祈り、対策を解説する。私たちはコロナ感染症と闘っているが、奈良時代の人々も天然痘の疫病と闘っていました。発掘調査で、古代の人々はこの大災禍に、まじないや人形、土馬などを用いて立ち向かった。また、現代にも通じる汚染食器をまとめて捨てた状況も確認。
06-19 01:15

【ミニ展示「古代のいのりー疫病退散!」風習で見る“疫病対策”-木製の人形など平城宮出土資料50点|平城宮跡資料館で7月19日まで展示中、無料】奈良市佐紀町の奈良文化財研究所平城宮跡資料館で、奈良時代の疫病へのミニ展示「古代のいのり-疫病退散!」開催。平城京出土遺物をhttps://t.co/xrlDiodITa
06-19 01:15

関連記事

【2020/06/20 04:07】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック