naratakasi

と変えた可能性とし、日中研究者で、日本の王朝での地位の八階級の姓(かばね)の第二位の「朝臣」とあり、真備の書いた可能性が高いと判断した。長さ35センチ、幅36センチ、厚さ8・9センチの石製。
12-26 02:37

下級官人家の出生で、717年~734年遣唐使で留学し文物を多く持ち帰る。帰国後は聖武天皇らに重用され、政権に顧問格として参画。遣唐副使として、再度渡唐。帰国後、称徳天皇下で右大臣で高位を極め、81歳死去。日本人研究者は、遣唐使で、現地で中国風に名前を変えるケースが多く、吉備真備も「真備」
12-26 02:37

計328字の漢字が刻まれていた。開元22(734)年6月20日に死去し、同年6月25日に埋葬された。末尾1行に「秘書丞褚思光(ちょしこう)文」と「日本国朝臣(あそん)備書」とあり、墓誌の文章の作成者が中国人「褚思光」で、その文章を筆記したのは日本国の「備」と呼ばれる人物。吉備真備は、学者政治家で、
12-26 02:37

【日本国の「朝臣備」吉備真備が筆記の墓誌か、中国で発見 留学中書かれた可能性】中国の墓誌は、文章の作成者とそれを筆で書いた人も記されることが多い。今回発見は、唐王朝で外国使節の接待を担当した「鴻臚寺(こうろじ)」という役所の中級官僚の「李訓」の墓誌で、計19行https://t.co/PSQuGVEH2F
12-26 02:37

関連記事

【2019/12/27 04:07】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック