naratakasi

海のシルクロードの重要な結節点で海の交流の歴史を探る重要な遺跡だと確認した。鑑真が海に出て渡航に失敗したのは2回目と5回目で後は通報で検挙されて、出られず。2回目は湾口付近で座礁。大洋に出たのは5回目で10月16日東シナ海に出たが荒天で14日間も漂流し海南島の南端に漂着し目を傷めたのです。
06-27 22:36

へと漂着し鑑真を奈良平城京に招へいできたのです。ちなみに依頼したのに下した第1船は天罰なのかベトナムに吹き流されてしまい帰国できませんでした。遺跡は2008年に発見、範囲面積120万平方メートルで三国時代の呉などの六朝時代から唐、宋代にかけての遺構で、唐・宋代には、賑やかな港町で、
06-27 22:36

そして、出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ていて研究者も驚いたそうです。6回目に当時の遣唐使の藤原清河が寺で懇請して第1船に密航させたのに怯えて鑑真一行を下船させ義憤を感じた副使の大伴古麻呂が密かに自船第2船に乗せて4船とも、この黄泗浦から出航し、第2船は薩摩
06-27 22:36

【中国で鑑真6度目の渡航の出発地点の黄泗浦が判明 寺院遺構は唐招提寺に酷似、鑑真の果てしない信念を思う】中国南京博物院考古研究所は6月3日、江蘇省の蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であると概ね確定した事を明らかにした。https://t.co/C4W1W8dA4G
06-27 22:36

関連記事

【2019/06/28 04:07】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック