naratakasi

RT @johokokai_ch: 米兵起訴は「法相指揮」と規定 法務省の54年内規で | 2019/1/28 - 共同通信 https://t.co/fG4Vn3hiWR
01-28 09:29

(1)白衣の裾幅が狭く、両脚の太もも、膝、足元が密着しているため両足が動かしにくく、とっさの時にブレーキ操作を的確にできない恐れがあった(2)布袍の両袖が垂れ下がっており、袖がシフトレバーやハンドル周辺の各種レバーに引っかかる恐れがあった、と説明している。
01-28 01:28

男性が着ていた「布袍」が、身動きしやすい「略装」で他宗派では改良服と呼ぶ普段着で、京都の僧衣販売店「 阿育苑」は「最近の布袍は伸縮性もあり、通常の和服とは違う」と述べている。県警交通指導課は、男性はくるぶしまでの白衣の上に、両袖の袖丈が約30センチの布袍を着用し、
01-28 01:28

ところ、証拠が十分に確保できず違反事実が確認できなかった」と曖昧なままだ。この問題では全国の僧侶が一斉に反発「#僧衣でできるもん」のハッシュタグ付きで、僧衣で大道芸などを披露する動画をツイッターに投稿し、英BBCなど海外メディアも取り上げた。もう一つ、各地の僧侶の反発は、
01-28 01:28

だが、取り消しを伝えられた際に、僧侶は警察官に「今後僧衣での運転はどうなるのか」と尋ねたが、明確な返答はない。男性は「違反を取り消されても、僧衣で運転していいのかどうかはっきり言ってくれない限り、これから運転できない」と不満。福井県警のコメントは「当時の状況などを改めて精査した
01-28 01:28

福井市の浄土真宗本願寺派の40歳代の男性僧侶が、僧衣で軽自動車を運転し法事へと向かい、「運転操作に支障のある和服で運転」したと福井県警に交通反則切符(青切符)6千円を切られ支払いを拒否していた問題。1月26日県警が反則切符を取消、書類送検しない方針を決めた。https://t.co/UyxGMggdvd
01-28 01:28

関連記事

【2019/01/29 04:07】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック