上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅官房長官は昨日16日の記者会見で、イスラム国の壊滅に向け米国が有志連合の結成を呼びかけていることに関し、「日本としては軍事貢献は出来ないから、人道援助するしかない」と発言した。

これはすごい発言で、日本が軍事的な協力を行う可能性を否定したのだ。このままの意味なら、イラク戦争の時の様な、給油のような後方支援もしないということになる。本当なのだろうか。菅官房長官は、ぜひこの言葉をきっちりと守ってほしい。

イスラム国パリ国際会議で日本側として出席した梨田和也駐イラク大使は、会議後に「日本が欧米のような軍事支援に参加することはない。国内避難民の支援を強化し、中長期的資金供与や技術移転などで経済発展を支援する。」というコメントをしたが、これがほぼ日本政府の意志ということになる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140916/plc14091622320006-n1.htm
関連記事

FC2blog テーマ:中東情勢 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/17 13:53】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。