ジュリーも、この時代の中で闘っているよ。凄い。


◆ジュリー「アッカン、アベー!!」 危なっかしい時代にメッセージ
 (2014年7月14日 中日スポーツ)

 歌手の沢田研二(66)が13日、東京・渋谷公会堂で、毎年恒例の夏の全国ツアー(全37公演)の初日を迎えた。

 今年は東日本大震災から丸3年後の3月11日、新作アルバム「三年想いよ」を発売。同作の中から、脱原発のメッセージを盛り込んだ「一握り人の罪」や「櫻舗道」を披露したほか、2008年に発表した憲法9条が題材の「我が窮状」など全24曲を披露した。

 5月までは音楽劇の公演で全国を走り回った沢田。冒頭のあいさつで「このまま(活動を)やめようかと思ったけど、危なっかしい時代になってきたから歌わないといけないと思った。アッカン、アベー!!」と、安倍政権に対するアッカンベーと掛け合わせた言葉で皮肉った。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014071402000164.html

◆ジュリー、震災復興へ24曲熱唱 「あっかん アベ~」
 (2014年7月14日 デイリースポーツ )

 歌手・沢田研二(66)が13日、東京・渋谷公会堂で、毎年恒例の夏の全国ツアーをスタートさせた。11年3月の東日本大震災以降、震災復興へのメッセージ曲や反原発曲を発表してきたジュリーは、MCで「危なっかしい世の中になってきた」と危機感を募らせ、「あっかん アベ~」と安倍政権への批判を思わせるメッセージを発信。憲法第9条を歌った曲「我が窮状」などを熱唱した。

 3曲を歌い終えてのトークだった。「5月以降は休んでいた。このまま辞めてしまおうと考えた」。ジュリーは冗談交じりに近況を明かしたが、本題はここからだった。

 「だけど、危なっかしい世の中になってきたから、ちゃんと歌わなきゃ!と思った」。そう訴えると、アカンベーとばかりに「あっかん アベ~」と一段と大きな声で叫んだ。

 「麻布十番の『あべちゃん』(居酒屋)は好きだけどね」。オチを付けて笑いをとりながらも、それらの言葉からは、集団的自衛権の行使容認など、“暴走”する安倍政権への批判メッセージが受け取れた。

 この思いをさらにアピールするかのように、ライブの9曲目には、「戦争の放棄」などを定めた日本国憲法第9条を歌った自身の楽曲「我が窮状」を熱唱。“第9条が守られなければ、真の平和が来ない”という内容の歌詞を歌い上げ、歌手として、自身の思いを観客に訴えた。

 11年の東日本大震災以降、毎年3月11日には、被災地への祈り、復興、脱原発の思いを込めたCDを発売してきた。この日も「3年がたっても何も変わっていない。忘れてはいけない」と震災について語り、今年発売したCD「三年想いよ」の収録曲も熱唱。ほかにも「勝手にしやがれ」など代表曲を交え全24曲を歌唱した。

 「最近歌うのがまた好きになってきた」というジュリー。これからも、歌うことで、自身のメッセージを伝えていく覚悟のようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9039058/

関連記事

FC2blog テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/03 12:19】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック