[ソマリア沖海賊とは]
 ソマリアの海賊たちとは、どんなものか。日本政府も報道以外何もつかんでいないが、その実情が分かってきた。

 それは、崩壊国家の中で、自治政府と名乗った地域支配集団と海洋警備会社が合作した末にフランケンシュタインのように生み出された超犯罪集団だった。

 まず、ソマリア海賊はこれまで伝えられたような元漁民ではない。母船を用意し、ソマリア海岸から沖合数百キロのインド洋やアデン湾で海賊行為を行う。母船にはGPSと衛星電話、小型レーザーを用意している。強い季節風が周囲から吹き付け荒波の中で使いこなすのは素人ではできない。母船には20人前後の小グループに分かれ、自動小銃AK-47などで武装して銃撃しながら船を襲い乗っ取る。そして乗員を人質にとり身代金交渉。その受け取り方法も、ソマリア付近へ誘導した船からヘリコプターで回収したり、飛行機で来させて海上のポイントに投下させたりする。
 これは、腕っこきのプロの仕事なのだ。
-------------------------------------------------------------
[ハート・セキュリティ社の意図せざる関与]
 2008年10月に海賊被害が世界的に増える中、民間の海上安全保障コンサルタント会社と保険ブローカーが合弁して海賊保険が誕生した。海賊の襲撃から守るノウハウと、商船に元軍人のガードマンを用意し、しかも海賊の襲撃による被害額補償をパッケージにした総合商品だ。
 これを売り出したのが英国民間安全保障コンサルタント会社のハート・セキュリティ社と、同国の保険ブローカーのスィングルハースト社だ。
 ところがこのハート・セキュリティ社がソマリア沖海賊の誕生に偶発的に関与していることが分かってきた。

 ハート・セキュリティ社は、総合安全保障プログラムを提供するが最も得意とするのは海洋安全保障である。同社は英国を中心にして元軍人を大量に採用して全世界の紛争地に派遣する。とりわけ特殊部隊隊員の将校クラスを雇用してきた。イギリス以外ではオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなど旧イギリス連邦国の元特殊部隊隊員を雇い入れ、民間版イギリス連邦防衛システムを作り上げようとしてきたようだ。

 その設立後の第一に手掛けたのがなんとソマリアでの仕事なのだ。同国のプントランド地方の有力者が内戦下で一方的に「自治政府」として独立を宣言。これでは私的な占領集団だ。ところが莫大な金をかけて沿岸警備隊設立をこの有力者と人脈のあったハート・セキュリティ社に依頼したのだ。

 ソマリア沖で中国、台湾、ロシアなどのトロール船が遠洋漁業を行っており、それを「自治政府」が、密漁船として取り締まることで高額の罰金を米ドルで取り、ていのいい資金源とするものだった。
 これら密猟や違法操業を摘発し、漁船員を事情聴取して逮捕する一連のノウハウを50~70人のソマリア人に教えたのがハートセキュリティ社だったのだ。
------------------------------------------------------------
[犯罪集団化と密輸ネットワーク参加]
 どうやらこれらの沿岸警備隊がやがて身代金をとる海賊稼業へと、密輸シンジケートなどの犯罪集団と結びつく形で、拡大し海賊化したのが現状のようだ。アフガニスタンの麻薬アヘンとパキスタンで大量に作られる小型武器がパキスタン南部の国際貿易港カラチから国家崩壊して税関も警察もないソマリアへ運ばれ、各地へ流されている。そのソマリア間の密輸に加担しているのがソマリア沖の海賊らしい。

 ソマリア沖海賊は、50人の精鋭部隊を中核に、末端も含めると1,000人規模の大規模な集団へと拡大しているようだ。そして関係者は数万人に上る。

 簡単に軍隊を送って撃沈破壊だ捕して逮捕しても、新たな海賊船が用意され人はいくらでも補充がきく。それは困難で長い戦いとなるのだ。ことは即効性しかできない軍隊派遣で済むことではない。
 やはり、ソマリア国内の安定化をすること。そしてイエメン、オマーン、ケニアなどと協力して海上保安協力体制を日本を中心とする先進国と築き上げることだ。

 かつて海賊の頻発していたマラッカ、シンガポール、インドネシア多島海では、日本を中心としたアジア地域の海上保安協力と海上保安外交により、今や安定した。これは協力体制を確立し、情報共有センター設置やODAによる巡視艇提供、共同訓練・哨戒などで海賊を摘発した成果なのだ。日本は海上保安では世界でも有数で、しかもこの地域ですぐれたモデルを作り上げた。

 今回もぜひ、自衛隊派遣などという見当違いのことをせず、このモデルを生かすべきなのだ。


◎参考資料
「世界」2009年3月号岩波書店刊”ソマリア沖自衛艦派遣への疑問”
「ソマリア海賊の真相に迫る」竹田いさみ(獨協大学国語学部教授)

「海賊対策にはソフトパワーを」前田哲男(軍事史研究家・評論家)
関連記事

FC2blog テーマ:自衛隊/JSDF - ジャンル:政治・経済

【2009/02/09 23:59】 | 戦争と平和
トラックバック(0) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、みなさん、こんばんは

資本主義は地益を求めて、行き着くところ、死の商人と化すのでしょうね。
海賊は非合法ですが、合法でも戦争ビジネスのように、あくどいことは行われます。
こういう質の悪い資本主義は、世界で規制すべきと思います。

ソマリア沖は海賊です。これは警察の範疇であって、軍隊の出番ではないと思います。
被害は特定の国ではなく、航行する多くの国が狙われています。
個々の国が対処するのではなく、連帯して、連携して、対処すべきです。
国際的な組織は国連しか無く、こういうときこそ、国連が各国を組織して、取り締まるのが筋だと思います。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
奈良さん、みなさん、こんばんは

資本主義は地益を求めて、行き着くところ、死の商人と化すのでしょうね。
海賊は非合法ですが、合法でも戦争ビジネスのように、あくどいことは行われます。
こういう質の悪い資本主義は、世界で規制すべきと思います。

ソマリア沖は海賊です。これは警察の範疇であって、軍隊の出番ではないと思います。
被害は特定の国ではなく、航行する多くの国が狙われています。
個々の国が対処するのではなく、連帯して、連携して、対処すべきです。
国際的な組織は国連しか無く、こういうときこそ、国連が各国を組織して、取り締まるのが筋だと思います。

2009/02/10(Tue) 22:02 | URL  | 愛てんぐ #PARia3Ic[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック