naratakasi

@ryomichicoきょうの料理、故小林カツ代さんの特集は「小林家のごちそう」。これで終了とは悲しい。生前「私が死んじゃっても、美味しい私のレシピは永遠にそこの家の家庭料理として残るのが嬉しいわね」とスタッフに話していて、カツ代さんらしい言葉。永遠に残ってほしい多くの物がある。
07-31 23:15

きょうの料理の故・小林 カツ代さんの特集放送は「小林家のごちそう」。アッという間のうなずし、夏の重ねステーキ、なす入りラザニア。これで終了とは悲しい。生前、「私が死んじゃっても、美味しい私のレシピは永遠にそこの家の家庭料理として残るのが嬉しいわね」とスタッフに話していたそうです。
07-31 22:17

RT @midoriSW19: 避難民であふれていたUN学校へのイスラエル軍による早朝の爆撃。カメラの前で泣き崩れるUNRWAガザ職員。「実際のところ我々には心があり、時には壊れる」@thei100 http://t.co/49Bkb8ti7i http://t.co/M
07-31 19:16

RT @daddysirart: 防衛省のホームページには「集団的自衛権は違憲」と明記されています。コッソリ変えられる前に拡散してください!防衛省HP→防衛省の取組→憲法と自衛権2.(4)で見られます。 http://t.co/TcwlA7WvWc
07-31 18:11

RT @kikko_no_blog: 「東京新聞によると、集団的自衛権の賛否、全国紙で賛成してるのは読売と産経、反対してるのは毎日と朝日、これだと「2対2」で賛否が拮抗してるように見えるが、全国の地方紙を見ると、賛成は3紙だけで、39紙が反対している」(文化放送「ゴールデンラジ…
07-31 18:11

RT @ihayoichi: シュワブの山型鉄板をかつて刑事裁判官を務めた釜井弁護士は「危険性を指摘されているのに放置し、けが人が出た場合、過失犯の成立はあり得る」と指摘。防衛局は早急に撤去すべきだ。国道事務所は危険な「泥落とし」を公道上に設置させてはいけない。 http://…
07-31 18:07

RT @emmacho_131206: 【ご注目】本日7月24日から8月24日まで、内閣官房が特定秘密保護法の政令や運用基準についてパブリックコメントの募集を開始。そもそも希代の悪法に運用基準?しかし黙っていたら彼らはますます好き放題です。意見を送ろう!→ http://t.c
07-31 18:06

RT @sarukame999: あと、鶯塚古墳北側通路の完全開放もできれば、「若草山」的には言うことなしなんだけど、問題はそれでは「山麓」の連中が納得しないだろうというところだな。「若草山に乗り物」というのは、あの人達の「悲願」らしいし、県も無下にはできなさそうだし。
07-31 15:46

RT @sarukame999: 若草山について、あの管理用通路をマジで活用するんなら、バスはドライブウェイから少し入ったところにある「広場」までにして、そこで客を降ろす。あとは、二重目への「通路」や一重目への「尾根道」のバリアフリー改修を行って利用してもらうというのが正しいだ…
07-31 15:33

RT @hiramatu50: @sarukame999 @naraphoto2010 なるほどね。ありがとうございます😄何回も行きましたが、また行きたくなりました。今度は、転げ落ちないようにしないと。
07-31 14:38

FC2ブログランキングに参加しています。どうかクリックをお願いします。

RT @sarukame999: 5)-2 山頂へ車で来たり、春日山遊歩道を上がってきたりした場合は、このボックスで入山料150円を払って、二重目や一重目に入ることができます。バスだと、そのまま山麓まで降りることができますが、車の場合はまた駐車場まで戻らねばなりません。
07-31 14:37

RT @sarukame999: 5)二重目側から見た山頂方面ですが、白いボックスが「山頂側入山ゲート」で山頂から降りてくる道は急な階段ですが、左手の「鶯塚古墳北側通路」なら、階段はありません。手前の二重目方向の道も、斜面の緩急はあっても、階段はありません。 http://t.…
07-31 14:37

RT @sarukame999: 4)この辺り、山頂側入山ゲートからみた「鶯塚古墳北側通路」ですね。そんなに傾斜もなく、段差もありませんから、さっきの柵が開いていれば、車イスでも通れる通路です。 http://t.co/V5WxAYwzz7
07-31 14:37

RT @sarukame999: 3)先の続きの通路はこういう良い道が整備されています。所々に、山火事対策のドラム缶がおかれています。これも右手が鶯塚古墳、手前が山頂側入山ゲートです。 http://t.co/TpIVkVGOGW
07-31 14:37

RT @sarukame999: 2)さっきの柵のところ、実は山頂側から一度、入山ゲートに来て「あそこ通れないんですか」と聞いたら、「知ってる方は皆、柵の外側を通っておられますね」と言う答えが返ってきます。で、さっきと反対側から。右手が鶯塚古墳の斜面。 http://t.co/
07-31 14:37

RT @sarukame999: じゃあついでに、山頂から階段無しで、二重目>一重目に下りるルートの写真を。1)山頂駐車場から、左へ曲がる山頂への道ではなく、まっすぐ来るとこの柵があります。「立入禁止」の看板がありますが、柵の外側の斜面を迂回すれば、中に入れます。 http:/…
07-31 14:37

RT @sarukame999: .@hiramatu50 なので、@naraphoto2010 さんも主張するように、山頂の駐車場から階段無しで山頂ゲートや二重目>一重目に行ける「鶯塚古墳北側通路」をちゃんと開放する(併せて山頂までの定期バス運行)が、若草山を楽しんでもらうた…
07-31 14:36

RT @sarukame999: .@hiramatu50 いえ、この道の先は通行禁止の「行き止まり」になっています。たぶん、入江さんの古い写真にも出てくる「十国峠からの道」の一部かもしれません。若草山のネックは、山麓から一重目トップまでの急な坂(階段道)ですが、それ以外は楽し…
07-31 14:36

RT @hiramatu50: @sarukame999 @naratakasi 絶好のハイキングコース❗️こんな道が有るんですね。歩いて登る方が良い感じ。こどもの頃、正面から直登して転げ落ちるのが楽しかった。
07-31 14:36

RT @sarukame999: 6)そして、二重目の「尾根道」を下って、一重目へ。 http://t.co/NmBTNPFO5t
07-31 13:36

RT @sarukame999: 5)-3 この立て札が二重目のトップです。管理用通路からバスを入れるなら、ここで右に曲がることになります。 http://t.co/l4iEwpy1YY
07-31 13:36

RT @sarukame999: 5)-2 その反対側はこんな「道」です。上り坂の先が二重目のトップで、右へ曲がると一重目に下るスロープ、左へ行くと山頂側入山ゲートを経て頂上&鶯塚古墳へ。 http://t.co/mTrWDCL2JG
07-31 13:32

RT @sarukame999: 5)報道では、管理用通路>二重目>一重目とバスでとなってますので、一応、その先も辿ってみましょう。この写真の向こうが管理通路の出口、右手にはナラノヤエザクラが植わっています。 http://t.co/rK94jW6jD5
07-31 13:31

RT @sarukame999: 4)ということで、こちらが若草山二重目の側の「管理用通路」の入り口。これ、今通ってるのは軽トラックなどですが、バス通すの? http://t.co/AlsTl2FJZo
07-31 13:25

RT @sarukame999: 3)その反対側の、若草山の側から見るとこんな感じのようです。「狭いところで4m」って、そもそもそれ以下じゃないかな。この辺りは、現在立ち入り禁止です。 http://t.co/E0bYm21QNZ
07-31 13:25

RT @sarukame999: さっきのドライブウェイの写真の白い看板の見えるところが、若草山への管理用通路の入り口です。 http://t.co/i5XKK7JOkG
07-31 13:25

RT @sarukame999: さて、突然若草山モノレール案の代替として、「管理用通路を活用したバス運行」がクローズアップされましたが、現地はどう言うところか、撮りためた写真でお見せしましょう。1)新若草山ドライブウェイの旧十国台の少し先がこの写真です。 http://t.…
07-31 13:25

関連記事


「続き」を閉じる▲

RT @sarukame999: 5)-2 山頂へ車で来たり、春日山遊歩道を上がってきたりした場合は、このボックスで入山料150円を払って、二重目や一重目に入ることができます。バスだと、そのまま山麓まで降りることができますが、車の場合はまた駐車場まで戻らねばなりません。
07-31 14:37

RT @sarukame999: 5)二重目側から見た山頂方面ですが、白いボックスが「山頂側入山ゲート」で山頂から降りてくる道は急な階段ですが、左手の「鶯塚古墳北側通路」なら、階段はありません。手前の二重目方向の道も、斜面の緩急はあっても、階段はありません。 http://t.…
07-31 14:37

RT @sarukame999: 4)この辺り、山頂側入山ゲートからみた「鶯塚古墳北側通路」ですね。そんなに傾斜もなく、段差もありませんから、さっきの柵が開いていれば、車イスでも通れる通路です。 http://t.co/V5WxAYwzz7
07-31 14:37

RT @sarukame999: 3)先の続きの通路はこういう良い道が整備されています。所々に、山火事対策のドラム缶がおかれています。これも右手が鶯塚古墳、手前が山頂側入山ゲートです。 http://t.co/TpIVkVGOGW
07-31 14:37

RT @sarukame999: 2)さっきの柵のところ、実は山頂側から一度、入山ゲートに来て「あそこ通れないんですか」と聞いたら、「知ってる方は皆、柵の外側を通っておられますね」と言う答えが返ってきます。で、さっきと反対側から。右手が鶯塚古墳の斜面。 http://t.co/
07-31 14:37

RT @sarukame999: じゃあついでに、山頂から階段無しで、二重目>一重目に下りるルートの写真を。1)山頂駐車場から、左へ曲がる山頂への道ではなく、まっすぐ来るとこの柵があります。「立入禁止」の看板がありますが、柵の外側の斜面を迂回すれば、中に入れます。 http:/…
07-31 14:37

RT @sarukame999: .@hiramatu50 なので、@naraphoto2010 さんも主張するように、山頂の駐車場から階段無しで山頂ゲートや二重目>一重目に行ける「鶯塚古墳北側通路」をちゃんと開放する(併せて山頂までの定期バス運行)が、若草山を楽しんでもらうた…
07-31 14:36

RT @sarukame999: .@hiramatu50 いえ、この道の先は通行禁止の「行き止まり」になっています。たぶん、入江さんの古い写真にも出てくる「十国峠からの道」の一部かもしれません。若草山のネックは、山麓から一重目トップまでの急な坂(階段道)ですが、それ以外は楽し…
07-31 14:36

RT @hiramatu50: @sarukame999 @naratakasi 絶好のハイキングコース❗️こんな道が有るんですね。歩いて登る方が良い感じ。こどもの頃、正面から直登して転げ落ちるのが楽しかった。
07-31 14:36

RT @sarukame999: 6)そして、二重目の「尾根道」を下って、一重目へ。 http://t.co/NmBTNPFO5t
07-31 13:36

RT @sarukame999: 5)-3 この立て札が二重目のトップです。管理用通路からバスを入れるなら、ここで右に曲がることになります。 http://t.co/l4iEwpy1YY
07-31 13:36

RT @sarukame999: 5)-2 その反対側はこんな「道」です。上り坂の先が二重目のトップで、右へ曲がると一重目に下るスロープ、左へ行くと山頂側入山ゲートを経て頂上&鶯塚古墳へ。 http://t.co/mTrWDCL2JG
07-31 13:32

RT @sarukame999: 5)報道では、管理用通路>二重目>一重目とバスでとなってますので、一応、その先も辿ってみましょう。この写真の向こうが管理通路の出口、右手にはナラノヤエザクラが植わっています。 http://t.co/rK94jW6jD5
07-31 13:31

RT @sarukame999: 4)ということで、こちらが若草山二重目の側の「管理用通路」の入り口。これ、今通ってるのは軽トラックなどですが、バス通すの? http://t.co/AlsTl2FJZo
07-31 13:25

RT @sarukame999: 3)その反対側の、若草山の側から見るとこんな感じのようです。「狭いところで4m」って、そもそもそれ以下じゃないかな。この辺りは、現在立ち入り禁止です。 http://t.co/E0bYm21QNZ
07-31 13:25

RT @sarukame999: さっきのドライブウェイの写真の白い看板の見えるところが、若草山への管理用通路の入り口です。 http://t.co/i5XKK7JOkG
07-31 13:25

RT @sarukame999: さて、突然若草山モノレール案の代替として、「管理用通路を活用したバス運行」がクローズアップされましたが、現地はどう言うところか、撮りためた写真でお見せしましょう。1)新若草山ドライブウェイの旧十国台の少し先がこの写真です。 http://t.…
07-31 13:25

関連記事

【2014/08/01 03:15】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック