フィリピン台風被害の情報です。



CODE海外災害援助市民センターです。
既に報道されておりますように、甚大な被害が出ている
フィリピンの台風被災地への支援を開始します。
ご協力よろしくお願い致します。

☆2013・9フィリピン台風救援募金にご協力下さい
◆郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
 通信欄に「フィリピン」と明記してください。
◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
https://mp.canpan.info/code/

※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。

--------------------------------------------------
CODE海外災害援助市民センター

〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10
tel +81(0)78-578-7744 fax +81(0)78-574-0702
e-mail:info@code-jp.org 
【災害救援情報、セミナー情報は・・・】URL http://www.code-jp.org/
【災害から見える暮らしの情報は・・・】URL http://www.code-jp.org/wv

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.5 2013年11月14日 木曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明朝、スタッフの頼政良太と上野智彦の2名を現地に派遣する。マニラにて現地の事情に詳しい方々から情報収集を行い、セブ島、パナイ島の被災地の調査を行う予定だ。まだ若いスタッフではあるが、東日本大震災以降、少しずつ現場経験も積んでおり、海外の被災地を自分の目で見て、感じて、被災者に丁寧に話を聴き、ひとりひとりの声を復興支援につなげていく事を大切に活動してくれるだろう。

そしてKOBEや東北の被災者の方々が一針一針縫った壁掛けタオル「まけないぞう」も一緒に連れてフィリピンに向かう。彼らが「まけないぞう」を通して日本の人々のメッセージを被災地に伝えてくれるに違いない。東日本大震災の現場で支援する中で、たくさんの若者が被災者や被災地から学び、育てていただいてきた。今度はその経験を海外の被災地で生かす時が来た。若い彼らの感性と行動力に期待したい。

さて、台風被害から6日が過ぎ、14日6時の時点で、死者は2357名、負傷者3853名、行方不明77名と国家災害対策本部が発表した。また日本人93名の安否も不明のままである。多くの被災地では、依然物資も不足していることから略奪や治安が悪化しているとの報道があるが、被災者たちが生きる為に仕方なく他を押しのけざるを得ないのだろう。一刻も早く衣食住を安定供給させ、安心・安全を確保するしかない。大統領が「死者1万人は多すぎる。」と言った事が影響しているのか、日本でも報道の数も徐々に減少しつつある。反面、レイテ島タクロバン以外の被災地の状況も少しずつ見え始め、本格的な救援がより一層求められている。

YMCA関係からの情報によるとセブ島の被災者の人たちは、セブ島に避難しているそうで、セブ島のYMCA CEBUも現在、200人以上の受け入れ対応に追われ、パナイ島のYMCA ILOILOでも州内の支援にうごいているという。また、パナイ島をフィールドに調査研究を行っている人類学の研究者からもパナイ島西部のアンティーケ州や島中央部の村でも半数の家屋の被害が出ているとの情報も入っている。声なき声を拾い、支援につなげていかなくてはいけない。
(吉椿雅道)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.4 2013年11月13日 水曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピンの被災地は6つの島の41州にまたがっていることや、被災地までのアクセスが困難なことから未だ救援物資が被災者の手元に届いていない地域が多い。フィリピン国家災害対策本部は、現在のところ、死者1833人、負傷者2623人、行方不明84人と発表している。アキノ大統領は、「死者は2000人から2500人くらいの数字になる」、「世界22カ国以上の国々からも支援の申し出が来ている」と語っている。全人口約9671万人のフィリピンでこの台風災害によって1割以上の約1100万人が被災している事からその救援の困難さが想像できる。

サマール島に在住経験もあり、現在、首都マニラにいる関係者Oさんからの情報では、レイテ島タクロバン以外でも島の東側の太平洋沿岸の町は壊滅的な状況だという。また、サマール島の東サマール州キヴァンやパナイ島のアクランやカピス州、ルソン島のパワラン州コロンなどの町も大きな被害を受けているそうだ。そのほか10月中旬に地震の被害を受けたボホール島でも、地震後の避難生活の中、この台風で再び被災したとの情報も入っている。

CODEが発足したのは、1995年の阪神淡路大震災の際に被災地KOBEに対して世界70数か国の国々から支援をいただいた事がきっかけである。KOBEもまだまだ大変な時期であったが、被災者自らが「困った時はお互い様。お返しをしよう!」と立ち上がった。2011年の東日本大震災でも支援を頂いた世界174カ国の国、地域の中にはアジア、アフリカなどの経済的には決して豊かではない国や地域も含まれている。そんな人々が自分の持てるものを出来る範囲で提供してくれた。

フィリピン政府も東日本大震災の際には医療チームを派遣していただき、貧しい地域の子どもたちも1ペソ(約1.9円)、1ペソを寄付してくれたという。
今度は、再び日本からフィリピンにどれだけのお返しができるかを考えなくてはいけない。
(吉椿雅道)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.3 2013年11月12日 火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11日夜、フィリピン国家災害対策本部は死者1744人、負傷者2487人、行方不明82人を確認したと発表した。だが、レイテ島の被害が甚大でまだまだ詳細が把握されていない状況を見ると今後も死傷者数は増えていくだろう。

台風30号は中国名、海燕(Haiyan)、フィリピン名ヨランダという名前が付けられているが、フィリピンで猛威を振るった後、11日午前にはベトナムに上陸し、その後、中国南部を通過した後、熱帯低気圧に変わった。ベトナムでもクアンナム省やクアンガイ省で死者13人、負傷者81人の被害を出し、中国海南島などでも6人の死亡、51戸の家屋倒壊が確認されている。

台風31号は、フィリピン中部のレイテ島やサマール島を西へ横切るように横断し、レイテ島のタクロバン周辺で大きな被害を出したが、メディアの報道も同じ映像が繰り返し流されているところを見ると被災地での陸路のアクセスや通信状況の悪さによるものだと思われる。ましてやセブ島北部のバンタヤン島やマラパスクア島などのリゾート地、パナイ島北部のなどの情報はなかなか見えてこない。ある情報では「セブ島南部は通常通りだが、「北部は停電で電話も通じない」という。またパナイ島の北部ロハスでも救援物資が足りないという報道もある。

日本のNGOもレイテ、セブ、バナイにスタッフを派遣し始めている。CODEも阪神淡路大震災からこれまで培ってきたネットワークを最大限に生かして、情報収集を行っている。数日後にはスタッフを現地に派遣する予定で現在、調整している。

現在、フィリピン南東沖で熱帯低気圧、ゾライダが発生しており、台風30号とほぼ同じ進路をとり、12日、13日頃には上陸すると予想されている。レイテ、セブ、バナイなどの島々で再び被害が発生することが懸念されている。被災者はもちろん支援者にも最大の注意が求められる。
(吉椿雅道)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.2 2013年11月11日 月曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 甚大な被害をもたらした台風30号は、史上最大級の規模の猛威を振ってフィリピン中部を東から西へと通過していった。ここまで被害が拡大したのは、暴風による家屋倒壊よりも高潮による事が大きかったようだ。「津波のようだった」、「2階まで水が押し寄せた」、「スマトラ津波の被災地のようだ」などという高潮の恐ろしさを語る被災者の声も報道されている。

フィリピンでは、2011年12月にミンダナオ島では台風で死者1200人以上の被害を出し、2012年12月にも同様に台風で死者・行方不明1800人の被害が出ている。報道を見ていると高潮被害から命を守り抜いた人々がずぶ濡れになって、何もなくなった被災地をさ迷い歩いている姿が映っている。フィリピンは熱帯気候で年中、高温多湿であるが、あのようなずぶ濡れの状態では低体温症にもなりかねない。そしてその後の高温による感染症も懸念される。一刻も早く生存者の落ち着ける場所や衣類、食料の確保が求められる。

 今回、被害の最も深刻なタクロバン市は、毎年の台風で町の歴史を記す古文書さえも残っていないというくらい台風の常襲地域であるそうだ。東ヴィサヤ地方(レイテ島、サーマル島、ビリラン島の3島)最大の都市であるタクロバン市は、人口22万人の貿易港で、農業や軽工業の集積地でもあり、日本、韓国、台湾の外資も入っている。一般的にフィリピンの公用語のタガログ語が使用されているが、主要言語はワライ語であるといい、かつてスペインの植民地であった事からスペイン人と華僑などの中国系との混血も多いという。第2次大戦では米軍がタクロバンに上陸し、日本軍との激戦地となったのがこのレイテ島であることは有名である。また、東ヴィサヤ地方で政治、商業、観光、文化、教育の中心地でもあり、大学などの多くの教育機関も多く、市内の学生だけでも4万人いるという。

 現在、CODEでは、各NGOや国連などの支援活動やフィリピンとつながりのある関係者などから情報収集を行っている。支援から取りこぼされるであろう地域、島々にスタッフの派遣を検討している。 

(吉椿雅道)

-----------------------------------------
被災地NGO恊働センター 代表
CODE海外災害援助市民センター 事務局長・理事
 村井雅清(むらい・まさきよ)
 e-mail:murai@code-jp.org
関連記事

FC2blog テーマ:フィリピン - ジャンル:政治・経済

【2013/11/14 17:26】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック