naratakasi

@araininn ③興福寺の出城といわれるのは、興福寺筆頭の『多聞院日記』永禄11年1568年奈良多聞院輩下の者が三好三人衆の三好政康に攻められて、鹿山城に逃げ込んだ。という記事のせい。しかし、当時、多聞院は松永久秀と同盟関係で、鹿背山城も松永久秀の城と推定されている。#奈良
03-09 16:33

@araininn ②同城の初出史料は、大和国人の成身院順宣が、加世山(鹿背山)に出陣した『大乗院寺寺社雑事記』文明11年1479年10月3日記事。同月21日には、大和出陣の木津氏が加世山に引く。ところが国人の城とは言えない規模なのです。
03-09 16:27

@araininn 興福寺に出城そもそも城はありません。朝日新聞「少し離れた場所からは16世紀後半まで使われたとみられる陶磁器も出土。戦国武将・#松永久秀(1510~77)が鹿背山城を出城として使ったとされ、市教委は「時期が重なり、根拠の一つになりそうだ」と説明している。」#奈良
03-09 16:09

関連記事

【2013/03/10 03:28】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック