naratakasi

ホームレスだった吾妻さんに1回目で声をかけた警官はファンで驚き、「先生がなぜ」。それに「いや描けないんだよ」。それで家族に連絡される。その後の重度のアル中だった時の漫画『アル中病棟』も、後に発表している。ものを生み出す仕事の大変さを自ら体現して描く。
10-21 19:10

【吾妻ひでおが亡くなった、ナンセンスギャグマンガのころから読んでいて、『失踪日記』で大変なその後を知る、発表後に「大変なのでギャグ漫画をやめる」と宣言したがギャグ傾向の漫画を発表し続けたその因果、壮絶な人生だと思う】ギャグ漫画で行詰り家を飛び出し4カ月2回https://t.co/T5vHMqd4yt
10-21 19:10


【2019/10/22 04:07】 | 映画
トラックバック(0) |  ]