上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを続けるために、
ブロガー燃え尽き症候群にならないため、皆さんはどのような方法をとっていますか?

 厄介なのは、社会派ブログであること。割とネタが必要で、

情報をどう集めてくるか

あるいはどう評論し分析するか

とても、時間がかかります。

そして、私たちの日々の生活と付き合いの範囲はとてもせまい。だから集める情報に限界があります。それに私たちは専門家でないから何とか勉強して知識を得る必要もあります。

行き詰り、更新ができない場合。

1. 休む。 ブログを一日二日あるいは一週間以上休む。私の場合仕事や用事が忙しくて自然と離れることが望ましいが。

2. 休憩や一時停止をする。来場者に休暇を取ることを宣言する。これも負担になれば突然家出してしまう。

3. 通常と違うことを書く。やはり社会や政治ネタでは飽きて行き詰ってしまうのです。ところが、パソコンの前に座ると、頭がもうそういうことしか考えられないように自動的になってしまうのです。積極的に意識して違うことを書きましょう。ある程度思い切りが必要です。

4.よそのブログでコメントを書いてみる
 これは、色々なヒントや違う道を示してくれます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:更新を続けるポイントは? - ジャンル:ブログ

【2010/06/27 15:34】 | 総合
トラックバック(2) |  ]
八ッ場ダムに反対し、八ッ場のよりよき未来を拓くための活動を続けている八ッ場あしたの会が参院選アンケートを実施して公開しました。その中で昨年8月に結成されたみんなの党に、今回初めて公開アンケートを送付し、〆切後の6月25日に回答が届いたそうなのですが。

 実に驚くべきことに、下記の通りみんなの党が八ッ場ダムの事業推進を表明したのです。


http://yamba-net.org/modules/news/
index.php?page=article&storyid=947


八ッ場ダム事業には、事業の目的、安全性など様々な問題がありますが、費用便益計算によって事業継続の可否の結論を出すべきとしており、どのような前提条件で費用便益計算をしたのかは不明ですが、関連事業を継続し、本体工事を着工するとしています。本体工事の着工を支持しているのは、自由民主党とみんなの党という結果でした。



 みんなの党は官僚政治からの脱却を唱え、民主党の事業仕分けに対しても、表面的な変更にすぎないから無駄を絞れず財源を作れない、事業全体の本質的な組み換えと変更をしなければならないと言ってます。当然公共事業にももっと大きくメスを入れるべきと主張しているのです。それ自体は理解できます。

 それが、無駄そのものというべき八ッ場ダム計画の事業推進を表明するとは。言ってることと、やっていることが、180度違うではないですか。本体工事の着工を支持したのは自民党とみんなの党だけです。自民党が化石と化して古めかしい愚かしい本体工事して作るべきだというのはある程度筋が通っていてわかりますが、そういう古い政治を批判しているみんなの党が、言うとは。呆れてものが言えません。

 この党がやはり偽物だという何よりの証拠ではないでしょうか。

FC2blog テーマ:2010参院選 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/27 14:04】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 防衛省の那覇防衛施設局長が、2003年業者に辺野古への基地建設の反対運動への対応を約22億円もの巨額で追加契約した。これは、当初民間企業4社に海底地質調査を発注したのに、まったく違う警戒船の発注など、契約以外の作業が追加されたのだ。当然経費は当初予算を大幅に超えた。しかし施設局は追加の業務について契約を変更せず、支払いを拒否したため業者側と裁判になり、結局、22億円を支払って和解が成立した。

 違法な税金を使った市民弾圧だが自衛隊は実に軽い「注意」のみとした。これに対し会計検査院は07年度決算検査報告でこの問題を指摘して、責任者の元局長2人を、09年12月に懲戒処分の「戒告」にするよう求めたのだ。省庁への懲戒要求は57年ぶりだった。しかし、今回自衛隊は処分しないと回答したことが分かった。これで軍暴走と市民弾圧体質は自衛隊全体の問題へと広がった。

 もはや、自衛隊は国民のためのものではなくへ軍暴走してなんでもやるという組織になった。業者に巨額の税金を使って市民運動妨害をさせたのにほとんど不問にするとは。


自衛隊法施行規則(http://is.gd/d3tn1)第68条が、「何人も、隊員に規律違反の疑があると認めるときは、その隊員の官職、氏名及び規律違反の事実を記載した申立書に証拠を添えて懲戒権者に申立をすることができる」と定めている。

 自衛隊法第46条は「隊員たるにふさわしくない行為のあつた場合」(2項)には懲戒処分の対象となることを定めている。22億円もの税金を市民の反対運動封じ込めに使ったことが「隊員たるにふさわしくない行為」に該当することは普通の感覚ならイエスだろう。したがって、懲戒処分として、免職、降任、停職、減給又は戒告の処分を求めることができる。

 そして、この申立をした場合、同施行規則によって、

「懲戒権者は、隊員に規律違反の疑があると認めるとき、又は前条の申立を受けたときは、直ちに部下の隊員に命じ、又は特に必要がある場合は他の適当な隊員に委嘱して規律違反の事実を調査しなければならない」うえ(69条)、

「懲戒権者は、当該事案につき懲戒処分を行うべきでないと決定したときは、被審理者及び申立人にその旨を通知するものとする」(77条3項)とされている。

 これしかないようだ。

防衛省:検査院の懲戒要求応じず 沖縄防衛局の元局長2人

http://mainichi.jp/select/seiji/
news/20100625k0000m010057000c.html


 米軍普天間飛行場の代替施設建設を巡り予算措置に重大な過失があったとして、会計検査院が那覇防衛施設局(現・沖縄防衛局)の元局長2人を懲戒処分にするよう防衛省に要求していた問題で、防衛省が「懲戒処分は行わない」と検査院に通知していたことが分かった。

 同施設局は03年3月、地質調査などの業務委託契約を民間4社と約8億円で締結。その後、潜水調査や建設に反対する地元住民の阻止行動への対応など追加業務を実施させたが、契約変更をしなかった。4社は追加分の費用も求め、施設局は計約30億円を支払った。

 検査院は07年度決算検査報告でこの問題を指摘。防衛省が責任者だった元局長2人を「注意」と軽い処分にしたため、09年12月に懲戒処分の「戒告」にするよう求めた。省庁への懲戒要求は57年ぶりだった。

 防衛省は6月3日付で検査院に「改めて検討した結果、処分は妥当であり、これを取り消して懲戒処分は行わない」と通知。検査院の要求に拘束力はなく、検査院は「懲戒処分が厳し過ぎる事案ではなく、防衛省の対応は遺憾だ」としている。防衛省の対応については09年度決算の検査報告に掲載する。【樋岡徹也、桐野耕一】

毎日新聞 2010年6月24日 19時39分




◎参照ブログ
「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)」
【拡散熱望】防衛省、22億円無断支出した那覇防衛施設局元局長への懲戒処分請求を拒否!~放置できるか?

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/
d0d6f3f640a1f313a56997e63386aa67

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/26 18:26】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 作家の豊島ミホさんが2009年末で休筆した。理由は本が売れないことと、自分が書きたい本の分野と売れて求められている小説分野が大きくずれているのではと思ったこと。

 でも、豊島さんの本は順調に出ている。小説家を目指す人は多くてあまりのことにショックを受けた人は多いのではないだろうか。だいたい休筆するために、2008年5月から一切の仕事を断り続けていたそうなのだ。2009年の中ごろまで執筆が続き、それで山形に帰ったのだが作品はその後も出て2009年12月の休筆まで1年7カ月もかかったのだ。それくらい継続的に仕事の依頼はあったわけだ。これから小説家になろうとする人、豊島さんより売れていない小説家はいっぱいいたわけで冗談じゃないという気持ちになっただろう。

 休筆前最終刊のエッセイ『やさぐれるには、まだ早い!』(2009年12月)を読んでみると、
小説を書くことがあまり好きではなく、職業として選んだ、
死ぬほど働いてもみ合うほど売れない。
賞など何も選ばれず評価されない。

と書かれていた。それで仕方ないかなと思ってしまった。

 ところがである。最近豊島さんの最後の小説である『リテイク・シックスティーン』(2009年11月刊)をしばらく前に読んでみて、その文章や構成のすばらしさに打たれた。私が豊島ミホ作品で他に読んでいるのは高校生活をつづった『底辺女子高生』だけだが、大きな進化が起こっていた。女子高生が生き生きとして現実の中をさまよい、抜け出していく。休筆時にまだ27歳。これからも大きな進展があったはずなのに。

 それで心の中で大きく叫んでしまった。なぜ、こんなすばらしい小説を書ける人が休筆せねばならない。
 それと、高校生の話だけを書いていきたいのかな、それだけでは難しいのではという気持ちはあったが、それは若者の範囲を広げていくことで何とかなる。現にそういう小説家はいる。

 だが、努力して書いても見合うほど売れないということ、小説を書くのが好きでないことにどうすべきかわからずモヤモヤは続いていた。

ところが、森博嗣『小説家という職業』を読んで、大きなヒントを得た。

 これで驚いたのは、森博嗣さんほどの売れっ子の小説家でも、小説を書くのが嫌いだし、1年に一番読んだときでも30冊くらい、最近は3冊ぐらいしか読まないということだ。大学の工学部の研究者で学生教育も担当している。

 書き始めたのは1995年37歳で職業的なウイークポイントにあって、まず娘に読ませたいと書いた。ためしに講談社のメフィストという雑誌の編集部に送付してみたら、ぜひ出版したいと言われた。その時にはシリーズ2作目も書いていてやがて3作目も書いて渡した。すると、まだ書いていない次の4作目を出版したいと言われた。それで4作目『すべてがFになる』が初出版となり、後から1、2、3作が出版された。

 過去のような1冊が大部数売れることはないが、ノンフィクションと比べて一人の小説の愛読者は大量に読むことが多いのでやはり小説は他の本に比べて売れる。ただし小粒になったので数で勝負し、たくさん出す。英語圏に比べると市場はせまいが、シリーズものを出すことで人物造形などで効率化が図れる。それに書いていると次々と発想は浮かぶので書くことはできる。小説を読む人口は数十万人にすぎずマイナーなものである。

 ネット時代の対応。
早くに自分のサイトを設けていた。

 メールアドレスを公開し、読者のメールには必ず返事を12年間続けて2008年の最近まで返信していた。読者をつかんでいく方法なのだ。
現代はネットで出版社や編集者より作家自身が、要望や感想、思いなど読者との距離は近い。だが、その通りせずある意味で裏切ったものを出していく。今までにない新しいもの、珍しいものはマイナーであるが必ずニーズがある。しかし、マイナーであっても必ずネットで伝わり売れる。

 批判や悪口も来るがそれは読んだから来るのであってそれに負けていたら作家の創作などできない。ブログに書かれた感想もできるだけ読んでいる。出版社は所詮は自分たちで書いているのではなくすべて原稿からデザイン印刷製本まで外注するいわば商社なのでユーザーの感想など集める努力をしていない。

 ネット時代は、作品の謎を完成させず本ではわからないままや複数に考えられるままにしておいていい。ネット上で読者が討論したり考えられる。それがまた作品の世界を広げる。
 なるほど。それで『スカイクロラ』シリーズなどみごとにはまってしまい謎を追及しているわけだ。

 ブログソフトができる以前に日記という形で「近況報告」を自分というものを公開していた。どうしても作家がどんな人か読者には気になるからだ。知ってもらうことでまた小説を続けて読んでもらえる。日記は続けて18冊、日記以外に10冊出版した。

 将来に向かって3年先からもう少し10年くらい先までいつまでに何を書きシリーズはどう展開するのかだいたいの方針を作る。そして締め切りは必ず守る。

 新聞やテレビ広告では実験してみたが本は売れない。だから10万部売れる本を作るのは難しいが、1万部売れる本を10冊作ることは何とかできる。方法としては地道に本をたくさん出すことしかない。

 ここには、小説を書くことを愛するのではなく、小説を書くのが嫌いでも職業として小説家になった人の冷徹な判断と方法がそこにある。森博嗣さんがこういう方法を公開したのは後4冊くらいで小説家として引退することを決めているからだ。

 そういう意味では、豊島ミホさんは、「告知版としま」http://fengdao.exblog.jp/として一方通行のブログは作っていたが、コメント欄もなく、アドレス公開もメールフォームしていなかった。連絡方法がない。もちろん作家というのは小心で傷つきやすいから批判や悪口がいやだったのだろう。でも今は作家と読者がこれだけ近いのだから、本を売るためには読者とのアクセス方法を設けるのは大切なのではないだろうか。それならメールフォームよりは、メールアドレス公開がいい。あまりにいたずらがひどい場合はその人のアドレスだけブロックすればいいのだ。
それに豊島さんが気にした編集者のつかんでいる読者の求めている傾向などあてにならない。押しつけられはしなかったと豊島さんは書いていたが雑談などでやんわりと示されたと思うからだ。しかし読者に一番近いのは作者自身なのだから。しかもそれを裏切ってマイナーな方向に行かねばならない。しかし、これは豊島さんにぴたりではないのでしょうか。

 前に、直木賞作家の絲山秋子さんが、出版社は作家を育ててくれるのでこれで安心だとWEB日記に書いていたが、森博嗣さんに言わせるとそんな余裕は今の出版社にはなく目先のことで精いっぱいだそうだ。

 作家は電子出版のことも含めて、フォローは受けながらも自分で進んでいく時代に入ったのだと思う。
 豊島ミホさんは、幻冬舎に見いだされた作家だが、基本的なフォローはなかった。別に大金を社員に使い込まれて余裕がなかったせいだけではないようだ。自分で進まねばならないようだ。

 豊島ミホさんは故郷の山形に帰って家事手伝いをしているが、何年か他の職業に就いたうえで、森博嗣さんのアドバイスを参考にして戻ってきて売れる作家になるよう再挑戦してほしいとしみじみと思ってしまう。

リテイク・シックスティーンリテイク・シックスティーン
(2009/11)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/12/02)
豊島ミホ

商品詳細を見る


小説家という職業 (集英社新書)小説家という職業 (集英社新書)
(2010/06/17)
森 博嗣

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:小説家 - ジャンル:小説・文学

【2010/06/24 00:00】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(1) |  ]
普天間基地問題で鳩山政権が行き詰るだろうと菅直人、仙谷由人、枝野幸男、岡田克也、前原誠司は、予測し、まったく公約や国民との約束を無視した新自由主義政策を行おうと準備していたのではないでしょうか。

 自民党がだめだから日本を新自由主義政策ではなく新たな政策をして立て直そうと政権交代をしました。これはマニフェスト以前の選挙時の国民との約束です。だからマニフェストに全面賛成ではなくても国民は民主党を選んで政権交代をさせました。

 それが今やマニフェストに書いたこともほとんど無視状態です。消費税は鳩山政権成立するときに4年間は上げないとはっきりと約束しています。

 首相が変わっただけで、国民との約束をこうも簡単に踏みにじる連中には鉄槌を下さねばなりません。

財務省の官僚と財界日本経団連の日本破滅化グループで国民無視が続いています。今新たな成長戦略で新産業を起こさねばならないときに古めかしい新自由主義と財務省の目先の緊縮財政増税路線と企業減税のみ。まさに異状政策です。

 ほかに選ぶ政党がないなど多くの国民はためらいがあります。しかし、消去法でもいいから社民党や共産党でもいいです。地方区で候補がいなかったらやはり白票しかないか。

 とにかく菅内閣打倒しかありません。

FC2blog テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/23 19:09】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
仕事学のすすめ・選 秋元康 ヒットを生み出す企画力 <全4回>という教育テレビの勝間和代が聞き役で秋元康の仕事術を特集した番組が今日20日午後3時から4時36分まで4回まとめて放送された。

 第1回 あえてリサーチしない発想法
 企画はリサーチしない、最大公約数になって自分の色は出せない。日常の中から自然に拾っていく。生み出すのではなく気づく。

 第2回 マーケティングは役立たない
 予定調和をこわす。通常のマーケティングは役立たない、多くの人のニーズを満たそうとすると、一般的なものに埋没してしまい、それは目立つものにはならない

 第3回 負けても目立つ自己プロデュース
 企画会議で自分を演出する方法。自己プロデュースは全身で行う。企画を通すために強引な説得はしない。深追いしない。「コツコツと実績を積み上げるなかで、相手も自分を信用してくれるようになる」その信用のために、あえてリスクやマイナス面も説明し、ウソはつかない。「企画には正解がないのだから、自分の企画に自信を持ち、価値観がぶれないことが、何よりも重要」
 こういうことがやりたいとよくいろんなところで人と雑談で話す。夢は語らなければ始まらない。賛同者が集まるまで待つ。パーティで名刺を配るなど無駄。人脈術などない。人脈は普段の生活で振り返ると人生の中でできている。仕事は企画と机の上で生まれる。何をやるかだ。仕事をしてない人と無駄話をする。
 失敗したらバットは短く持ち確実に当てるようにする。映画がうまくいかないときホラー映画なら当てやすいので作る。

第4回 仕事の壁は乗り越えるな
 特別な人はいないし強く生きられない。乗り越えることはできない。少し動けば切れ目はあり入ることができる。無理なことはすぐあきらめる。できたことの98%は運で才能と努力は各1%。ほとんどは運。才能は変わらない。手を伸ばして自分は運・ジャンケンが強いと思いこめば手は届く。

 実に面白い。多くの人が見られてなるほどと思われたでしょうあるいは人から聞いたりこういう風にネットで読んで見たいと思われたかも。

 ところがである。私も面白かったが勧めない。

 これは、才能のある特別な人のことなのだ。末尾のwikipedia「秋元康」からの引用をもう一度じっくり読んでほしい。いかにすごい才能のある人かわかるではないか。それを言葉巧みに語るものだから誤解を招く。私にもできると思い込ます番組なのだ。

 みんな凡人だからリサーチしてそれをひねる。あるいはマーケティングして少し違うものを出す。あるいは企画会議と売り込みで粘る。秋元さんのように自然体で日常から企画を取り出せ育てられるのは特殊な才能なのだ。

 凡人の雑談交じりの提案にだれが耳を傾け、気にかけてくれるだろうか。

 勝間和代さんの著作や言動に煽られて、努力しさえすればステータスアップすると信じて疲労困憊して燃え尽きてしまうという信じがたいカツマー症候群の女性が増えたので、精神科医の香山リカさんは『しがみつかない生き方』という本で、「勝間和代を目指さない」と一章を設けた。そして努力さえすれば勝間さんのようにだれでも成功するわけではないのだから勝間和代さんに喧嘩を売って批判した。

 ところがもっと大規模に勝間和代に秋元康を加え最強コンビでNHKがテレビで宣伝するわけだ。これは真似したら秋元康マニアと名づけたがそういう病気で多くの人が燃え尽きる。だから勧めない。見るにしてもそういうもので特別な人のものだということを忘れないことだ。しかし、実に罪深い番組だ。

 ただしである。「パーティで名刺を配るなど無駄。人脈術などない。人脈は普段の生活で振り返ると人生の中でできている。」それだけはわかる。異業種交流やパーティでの名刺配りなどほとんど何もならない。人脈などそれでできない。

wikipedia「秋元康」より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E7%A7%8B%E5%85%83%E5%BA%B7


●人物
中央大学附属高等学校2年生だった1973年の冬、受験勉強に集中出来ず、何気なくニッポン放送「せんだみつおの足かけ二日大進撃!」を聴いていたところ、『この程度なら自分にも書ける』と、受験勉強用に用意したはずのノート20数ページに渡ってせんだを主人公とした平家物語のパロディーを書き上げた。同級生の友人の薦めにより、その
ノートをニッポン放送へ送ったところ、当時ニッポン放送社員であった亀渕昭信と大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属していた奥山伸の目に止まりその才能を見出され、ニッポン放送へ遊びに来るように言われ、出入りするようになるうち、奥山の弟子となり、大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属。当時17歳の高校生でありながら放送作家として活動を開始したのが、この業界に入ることになったきっかけとされる。

高校卒業後は、中央大学文学部へ進学したが、放送作家としての活動は継続しており、大学にはほとんど通っておらず、単に籍を置いていただけであった。やがて、放送作家一本で生きていくことを決意、大学は中退している。後に、高校生・大学生としては異例なほどの収入があった、と当時のことを回想している。

その後、放送作家に物足りなさを感じていたところ、1981年、Alfeeの楽曲の「通り雨」のB面の曲を作詞する機会を得て、坂崎幸之助と高見沢俊彦が作曲した「言葉にしたくない天気」で、作詞家デビューを果たした。これを機に、作詞家としても活動を開始するようになった。翌年には、筒美京平が作曲した稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」の作詞をし、作詞家・秋元康として世にその名を知らしめた。

放送作家・作詞家になったきっかけやエピソードについては、1988年発刊の自伝小説『さらば、メルセデス』にて書き上げている。

放送作家として「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」を手掛けたことで知られる。とんねるずやおニャン子クラブの仕掛人とも言われるが、おニャン子クラブについては共同作業であるとし、自分は仕掛け人ではないと説明している[1]。また、作詞家として、とんねるずやおニャン子クラブなど数多くのアーティストの楽曲の作詞を手がけるほか、作家や映画監督など多くの分野でも活躍している。

2005年4月、京都造形芸術大学芸術学部教授に就任。2007年4月1日より、同大学副学長に就任した。

●作詞家
作詞家としての作品の総売上は、4,000万枚を超える。
作詞家として最もヒットしたシングルは、とんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」(ミリオンセラー、オリコン調べによる)である。
作詞家としてのデビュー作品は、大杉久美子の「タコローダンシング」(アニメ『とんでも戦士ムテキング』の挿入歌。1981年1月25日発売のLP『とんでも戦士ムテキング ムテキングとんでもジョッキー』収録)である。
作詞家としては、とんねるず、稲垣潤一、崎谷健次郎、石川優子、少女隊などに20曲以上提供するなど、ジャンルの異なるさまざまな歌手に詞を提供し、メッセージソングやパロディソングばかりでなく、美空ひばりの「川の流れのように」など、シリアスな曲も多数書いている。また、猿岩石の楽曲とアニメソングの作詞を担当する際に「高井麻巳子は良妻」をもじった高井 良斉(たかい りょうさい)のペンネームを用いている(ただし、アニメ『ケロロ軍曹』関連の楽曲の作詞では、秋元康の名を使っている)。
新潟県のテレビ局、新潟テレビ21のかつてのテーマソング「いとしのキャサリン」の作詞も手がけた。現在、作詞した作品では唯一の放送局のテーマソングである。

●小説家、映画監督
放送作家、作詞家活動以外に、小説、映画監督、ドラマ脚本などを手掛ける。また、構成作家として番組参加をしていた『夕やけニャンニャン』出演時には「天才!秋元康の〜」とタイトルがつく自分がメインのコーナーを持っていた。
映画監督あるいは企画者として、手堅いキャストに当時のトレンドを盛り込んだ多くの作品を世に送り出した。
小説家としては、恋愛物を得意としていたが、産経新聞紙上に連載され、2006年に単行本として出版された『象の背中』で、従来の著作から大きく飛躍し、作家としての力量と才能を改めて示した。末期の肺癌で、余命半年と診断された48歳のサラリーマンの心情と生き方を描いた本作は話題を呼んだ。
また、マンガの原作も手掛けており、『OH!MYコンブ』や『あずきちゃん』が主な作品である。『OH!MYコンブ』には、海苔巻きのかぶりものをかぶって料理対決などの司会をする「秋本おすし」なるキャラクターが登場する。モデルはもちろん秋元本人である。

●エッセイ
恋愛に関しては独特のスタンスを持ち、恋愛に関するエッセイや恋愛論を語る自らのラジオ番組などで、持論を展開している。

●プロデュース業
おニャン子クラブの成功の後、いくつかのアイドルユニットのプロデュースを手がけ、奇抜なプロモーション戦略で話題を作る。2005年に「AKB48」を仕掛け、世間の話題を集める存在に成長させた。
1998年、家庭用ゲーム機メーカーのSEGAが社運を賭けて開発したドリームキャストの宣伝戦略プロデューサーを担当し、SEGAの社外取締役にも就任した。自虐的なテレビCMが話題となる。
2004年11月、ライブドア傘下のコンテンツ配信会社サイバーアソシエイツの取締役に就任した(ライブドアに一連の不祥事が発生したため、辞任)。
2005年、日本郵政公社の「手紙ドキドキプロジェクト」の総合プロデューサーになり、オリジナルネットシネマやキャンペーンソングの作詞を手がける。
2005年5月、東京ドームで行われた、韓国人俳優イ・ビョンホンのイベントの総合演出を行う。2007年秋に、日本全国4ヶ所で行われた、イ・ビョンホン『アリーナツアー』の演出を担当。

 

FC2blog テーマ:企画 - ジャンル:ビジネス

【2010/06/20 22:20】 | 社会、考えたこと
トラックバック(0) |  ]


taka
凡人が雑談でいくら提案しても気にかける人間など居ないとのことだが貴方の様な凡人と非凡な人間との違いはそこに有るのではないだろうか
自分が到達したい目標とは時には人の力や縁に頼らないと実現できない物だと思う
そこで自分の夢を人に雑談交じりに語ると云うのが生きてくるのでは?
秋元氏は別に才能に恵まれた天才等ではないのでは?
優秀なビジネスパーソンとの印象だが・・・
確かにあれ程実績を積みながら己の成果に胡坐をかくことなく全く己の事業や利害に関わらない人間に対しても異常なまで低姿勢で居られるのは非凡とも言えるであろうし才能でも有るだろう

マスコミやネットの情報のみで批評するのは
とても危険では?
それに秋元氏と勝間女史がセットになり凡人を誤った方向へ扇動しているかの様な記述が有るが私の私見では秋元氏は勝間女史の発言に対し賛同し共に扇動して居る様に見えないのだが・・



コメントを閉じる▲
 今日、江川紹子さんを降板させたことで話題になっているTBSのサンデーモーニング。実はかなり見ている。今日も見た。そうすると怒ったはずの張本勲さん他所にいるとかでバーチャル映像出演だった。問題になったときの「喝」という文字付きのうちわまで映像で出していた。つまり、テレビを見ていると一見出ているようで、スタジオにはいない。コメンテーターたちの視線が怖かったのではないか。なんということだ。

 ことの始めは、先週6月13日の放送だった。このサンデーモーニングは、報道ワイドショー。三部構成で第1部は40分は評論家と岸井成格(毎日新聞特別編集委員)などのコメンテータによる時事情報コーナー。そして第2部はスポーツコーナーで、野球を中心に、野球解説者の大沢啓二と張本勲が「球界のご意見番」としてスポーツを話題に、憤りを感じるネタには『喝』、素晴らしいネタには『あっぱれ』と付ける。関口がそれぞれ「喝」、「あっぱれ」のワッペンを項目フリップに貼り、辛口コメントして番組を進行していく。第3部は「風をよむコーナー」で世相を分析していく。
 問題は、第2部のスポーツコーナーで起きた。
まず発端の江川さんのTwitterの引用から。

https://twitter.com/amneris84
出演予定だった6月20日のサンデーモーニングにできなくなりました。5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようTBS側に求めたためです。TBSは、張本氏の主張を受け入れ、私を出さない、と決めました。7月も同様の理由で出演できません。詳細は後で
https://twitter.com/amneris84/status/16438871905

ちなみに、張本氏は楽天の岩隈投手について「カツ」を叫び、「無責任」と断じました。それに対して、私が驚いて「え~っ」と声を発したことが許せないのだそうです。
https://twitter.com/amneris84/status/16438992813

ちなみに、サンデーモーニングはTBS報道局の番組です。話し合いの中で、私は「TBS報道局にとって、何が大事な価値観か、よく考えて欲しい」と述べてきました。その結果が、これです。非常に落胆しています
https://twitter.com/amneris84/status/16440917821


岩隈の途中降板を岩隈が自ら申し出たと張本さんは「腕がちぎれるまで投げろ」という古めかしい精神論を説き、江川さんは現代的なファンとして納得できず「えー」と抗議の声を出した。そして本人の申し出かどうか「監督と岩隈のやり取りを聞いてないのにわからない」と穏やかに答えた。その当然のリアクションなのに、「そりゃもうシロートの人には分からないからね!」と張本氏は答えた。これは別に険悪な雰囲気ではなく普通のやり取りだったのです。

 そのうえで番組後に張本氏の要求は、コーナーの時に江川を出すなではなく、番組から降板させろというもの。20日に江川さんを出演させれば、それ以外の日も、張本氏は出ないと主張。しかも期限は無期限というひどいもの。実はこの張本氏による降板要求は2回目で前回は司会の関口宏が間に入ってとりなしたのですが、今回は関口さんにも譲れないだめだということ。まさに横暴そのものです。

しかも、TBSは、このことを江川紹子さんが張本さんに失礼があったのならあってお詫びしたいと言ったのに会うこともできない。ところがTBSは「両者らを交えて何度か話し合いの場を設けた」と嘘までついてしまう。

 江川さんは、「謝罪なんかいいんです。普通に発言をしたり普通のリアクションしたりしただけで、こういうことにならない、ということを約束していただければ」と述べている。

 こんなことがあたりまえになったら、だれも電波芸人以外の評論家やコメンテーターは存在できない。何も言えなくなる。特に事実関係について、TBSや張本勲さんは嘘までついてるのは許せない。

しかし、張本勲という人は、もう70歳の、輝かしい経歴と栄光の大選手で大御所といっていい野球評論家なのになんという人物だ。今日もバーチャル映像などでコソコソとかくれず、きちんと出て事実関係を話して、正しければ正しい、悪ければ反省しているときちんとコメントすればいいではないか。江川さんにも来てもらえばいいのだ。それを裏でごちゃごちゃと動いて降板させる。本当に心根の小さい卑怯者の卑劣漢だ。

 TBSも、電波芸人しか出られないようなことをしてまともに情報番組をする気があるのだろうか。反省を求める。それと嘘をつくなということだ。

FC2blog テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/06/20 17:06】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
 菅直人首相が、18日に消費税10%アップに言及し、しかも社会保障の自然増をこれで賄うと主張した。ほとんど第二自民党といっていいほど見解が同じだ。

 国民新党の亀井静香代表は首相発言を批判、「まず国民生活を豊かにすることだ。国民が物を買う余力がなくなったら、消費税を上げても税収は上がらない」「民が生活に苦しんでいっている中、民から税金をさらに取り上げようなんて考えること自体、これは基本的な政治姿勢として間違っている」と発言民主党が正式に消費税率を上げるのであれば、連立離脱もあり得ると発言。

今日20日には国民新党の森田高政調会長は、国会内でこれを批判し、
消費税増税でGDP(国内総生産)が下がったら、所得税や法人税の税収が下がり、むしろ税収全体が減る可能性すらある。今は増税の時期ではなく、3年間程度は景気回復に集中すべきだ」
「税収やGDPの根拠もなく言ったのであれば、四国をもう1回、お遍路さんで回って頭を冷やした方が、国民のためにも本人のためにもいい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20100618-00000557-san-pol


 この国民新党の亀井静香代表や森田政調会長の批判はごく当然のことだと思う。菅総理は何を言っているのだろう。
 また企業減税を参院選政策で突然打ち出し日本経団連自体が今まで疎遠なのに急に擦り寄られて驚いているという状態だ。この新自由主義不況の中第2小泉政権をめざして日本を破滅させる気か。今必要なのは金持ち増税と社会的な施策が不足していることで起こる格差を是正することで、最低限でも英国ブレア政権の第三の道路線を取らねばならないのに何を狂ったことを言っている。

消費税10%、自民の考え方同じ」―18日の菅首相 2010年6月19日0時46分

http://www.asahi.com/politics/
update/0619/TKY201006180615.html

http://www.asahi.com/politics/
update/0619/TKY201006180615.html


 (秘書官「すみません遅くなりました。短時間ですが、よろしくお願いします」)

 ――総理、よろしくお願いします。

 「はい、どうも。はい」

 ――まず、代表から消費税について3点うかがいます。

 「はい」

 ――昨日のマニフェスト発表会見で、消費税率について自民党が掲げる10%を一つの参考にすると発言した。この10%の根拠は何か。社会保障など必要な金額を積算した上での数字か、それとも自民党が言っているからなのか。

 「あの、元々ですね、予算総則というのがあって、もう10年ぐらい前からですね、予算総則では、消費税の国の分は、あの、福祉の、特にあの、高齢者にかかる費用に充てるというのが決まってるんですよ。で、それが今、5%の現行消費税で言えば、国の分が約7兆なんですね。ま、しかし、実際に、あのー、充てることになっている高齢者の福祉にかかるものが、約17兆かかってるんです。ですから、現在でも10兆ぐらい、そこに充てるとされてるものに足らないんですね。で、まあ、これはあのー、毎年、あのー自然増とか、あるいは社会保障の、より強化で増えていく数なもんですから、それを念頭に入れて考えるとですね、やはりこの程度の財源が必要になると、そういうことで申し上げたんです。で、あの、自民党の資料もよく見てみました。ま、自民党の考え方もほぼ同じような考え方で、やはり、あのー、福祉について、あの、予算総則を超えて必要なものがあるので、その程度の税率になるということも書いてあって。ま、考え方の基本は、その部分でも同じですね。

 ――増税分の使途は、社会保障に限るということか。

 「いや、元々そういう考え方になってるんです。あの、しかし今は足らないから、それ以外の税収でまかなってるわけです。ですから、もっと言えば、税収が足らなければ赤字国債でまかなっているわけです。それが、今のような形で考えれば、少なくとも、ほぼ、その総則ですでに言っているように、高齢者にかかる福祉の費用を、おー、新しい税率のですね、消費税で、ほぼまかなえるようになるということです」

 (秘書官「そろそろ参ります」)

 ――消費税率について、民主党の高嶋参院幹事長が「選挙に悪影響を及ぼすと考えざるをえない」と発言するなど、党内議論が不十分だとの声が上がっているが、どう考えるか。

 「ま、あのー、政策論をどこまで、あの、議論の広がりで、あの、決めていくかですが、ま、少なくともマニフェストはかなり議論をして、ある時期までは高嶋さんにも、確か入っていただいてたと思います。で、まあ、あの、今回の場合、政調会長とか、あの、私から見て、あの、この政策的に担当している主立ったメンバーには、あの、ま、相談をしてですね、最終的にそれでいこうということになりましたから。ま、たぶん、わたくしが記者会見した後も、そういう皆さんがきちんとフォローしてもらったものだと、こう思ってます」

 (秘書官「はい。すみません。参ります。ありがとうございました」)


FC2blog テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/20 12:40】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]
 第94代首相に指名された菅直人とは何者か。意外に知らない。少なくとも一見して思うようなハト派ではないが右翼でもない。新自由主義については明確な新自由主義者ではないと思う。しかし、財政再建を掲げて菅財務官僚に取り込まれたので間接的に新自由主義的な政策をとる可能性がある。

 まず彼が有名になったのは、1996年の自民社会さきがけで連立した自社さ政権の第一次橋本内閣に厚生大臣として入閣し、熱処理しない血液製剤で国民が多数エイズに感染した薬害エイズ事件。その時に生物製剤課長郡司篤晃がまとめていた事務記録である「郡司ファイル」を、既に保存年限が切れて廃棄されていると主張していた官僚たちを押し切り、プロジェクトチームを組ませ、いくつかのグループで省内を探させる競争をさせることで、内部で発見させた。その官僚を使いこなす大きな手腕で日本中から注目を浴びた。

 また1996年に厚生大臣在任中に岩波新書で著書「大臣」を発刊した。行政は内閣が総括し責任をとるものだと憲法上の構成の指摘と、自民党政権下での、政府という形でのその官僚の暴走を暴いた。

 憲法改正論議に対しては、前回の野党「民主党」自由党合併時の代表時代に「日本の国のあるべき姿を示す新たな憲法を作る」とした「創憲」を唱えて、「憲法発布から60年目に当たる2006年までに国民的運動を集約する形で民主党として新たな憲法のあり方を国民に示せるようにしたい」と発言。改憲論者であることを示した。「日本の国のあるべき姿を示す」とはどういう意味がもっと右翼的なものなのかわからない。


 首相の在任期間について「首相というのは少なくとも4年間は同じ人物が続けるべきだ。常々、鳩山首相にも言っている」鳩山政権の時に述べた。

 2009年12月28日に、民主党内の民主党での小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長、山岡賢次国対委員長らが、日本と米国、中国の関係は対等であるべきだとする「正三角形論」を主張していることも踏まえたのか、TBSの正月用番組収録で日米関係について、「政治的には日米同盟が果たしてきた役割は大きかったし、これからもアジア、世界の安定のために最も重要な関係だ」と述べた。

 しかし、防衛問題では、鳩山政権で副総理として、基地問題と距離を置いて発言しなかったと記者会見で述べるなどはっきりした主張を聞いてない。

FC2blog テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/04 17:25】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 先ほど2時半すぎに衆議院参議院首相指名選挙で菅直人民主党代表が第94代首相に選出された。
 国民新党と連立政権を組む。

 沖縄の負担軽減と辺野古埋め立て凍結のため努力していただきたい。

◎衆議院首相指名選挙結果

菅直人(民主党)  313票

谷垣禎一(自民党) 116票

山口なつお(公明党) 21票

志位和夫(共産党)  9票

福島みずほ(社民党) 7票

渡辺善美(みんなの党)  5票

平沼赳夫(たちあがれ日本)5票   

舛添要一(新党改革)   1票

◎参議院首相指名選挙結果

菅直人(民主党) 123票

谷垣禎一(自由民主党) 71票

山口なつお(公明党) 21票

志位和夫(日本共産党) 7票

福島みずほ(社民党)   6票

舛添要一(新党改革) 6票

平沼赳夫(たちあがれ日本) 2票

渡辺善美(みんなの党)   1票


菅直人政権で仙石由人官房長官が内定している。これも平野前官房長官よりはるかに能力があるだろう。正直平野さんは無能の極みで比べるのも難しいが。

組閣完了は8日(火)になる予定。党役員人事は、7日(月)に両院議員総会を開いて決定する予定。

FC2blog テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/04 15:06】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
民主党は今日4日開かれた先ほどの両院議員総会で、辞任した鳩山首相の後継代表(9月まで)に菅直人副総理・財務相(63)を選出した。

 党所属国会議員423人(衆院307人、参院116人)のうち、422人が投票。有効投票は420票
菅直人         291票、
樽床伸二衆院環境委員長 129票、
無効            2票。

 今日衆参両院での首相指名を経て菅直人首相が誕生する。菅直人さんはとりあえず鳩山前首相よりは指導力があるだろう。
代表選出後のあいさつ

 まず、私からノーサイドの宣言をさせていただきたいと思います。樽床さんに投票され応援された方も、私に投票いただいた方も、これからはまさに一体となって今の難しい政治、そして目の前に迫っている参議院選挙に一致結束して戦いぬく、そのノーサイドの宣言をさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。(拍手。樽床氏と握手)

 さきほどのあいさつで二つと言ってあの言えなかったの何ですかと聞かれたもんですから、やはり私たちは政権をあずかっている。代表はこの後も指名、国会の決議で総理大臣という重責を担わければならない。そういう意味で私は民主党の代表の役割の一つは内閣総理大臣として、この国を立て直すこと、それが第一の仕事であり、同時にもう一つの役目として先ほど申し上げたように、この民主党が全員が、おれたちも一緒にやっているんだと、自信を持っていえるような全員参加だと、そういう党にしていくんだ、この二つを申し上げたかったわけです。(拍手)

 まだ国会開催中であり、多くの重要法案もまだ審議中であると同時に参議院の選挙を前にして、財政の問題やマニフェストの問題など全党的な議論が進んでいるわけであります。そういった意味で私はまずはこの参議院選挙に向けてしっかりした政策、あるいは日本の立て直しの案をこのマニフェストとともに皆さんと一緒になって作り上げ、そして、今すでに公認をされているすべての参議院候補全員に皆さんひとりひとりがまさに当事者である方はもちろん、いうまでもありませんが、自分の選挙の番でない参議院議員、さらには衆議院議員議員も自らの選挙のときと勝るとも劣らない活動を私自身先頭にたつ覚悟でありますので、皆さんひとりひとりもその覚悟でのぞんでいただきたい。そして鳩山内閣のあとを、鳩山総理の思いを参議院選挙の勝利のなかで実現ができるこの本格政権をともに築いていきたい。どうか皆さんのご協力よろしくお願いします。ありがとうございました。(拍手)


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/04 13:17】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 たるとこ伸二さんが民主党代表選に対抗馬として名乗りを上げた。これで初めて知った方も多いだろう。しかし、20名の議員推薦人が必要なのだが、民主党内最大勢力である150名の小沢グループ中心に支持する人がいて昨日の集会には30名以上集まり、推薦人集めの壁は楽々突破できた。

 このたるとこ伸二という人は、50歳で民主党衆議院議員で通算5期をかさねている。もはや中堅というところで渡部恒三が指名した「七奉行の会」にも名を連ねている。昨年当選後は衆議院環境委員長にも就任している。今回の出馬で次期のリーダー的な存在として認知される可能性が高い。

 ところがだ。この人は典型的な小泉改革を信奉する新自由主義者なのだ。
 松下政経塾出身で、高市早苗や山田宏、中田ひろしとともに「松下政経塾出身政治家の会」をつくり、「新しい日本―サッチャーからの提言」という新自由主義礼賛の本まで出している。

新しい日本―サッチャーからの提言新しい日本―サッチャーからの提言
(1997/12)
マーガレット サッチャー高市 早苗

商品詳細を見る


今までの政策提案でも「地域主権の確立」、「国家の自立」、「個人の自立」をあげ、小さな政府で個人は勝手に自立してやってくださいという格差社会つくりによる日本社会の破壊を平気で主張している。

 民主党はこんな政治家しか上昇してこないのか、うんざりとする。

 今回の代表選出馬でも、
1.世代交代。
2.衆院の定数80減。
3.次の衆院選に、社会保障分野の抜本的制度改革を作り、消費税率引き上げを国民に提示する。
4.日米共同声明(普天間基地の辺野古移転など)を守る。

と、世代交代は自分が上に出たいためだし、後は民主党の悪い部分だけのろくなことしか言わない。

なお、末尾の引用は、「たるとこ伸二 オフィシャルサイト」が、出馬準備に批判引用を避けるためか「現在リニューアルのため工事中です (2010年6月オープン予定)」としかキャッシュも含め表示されない。それで2007年2月の少し古いものとなった。しかし、これもなんというケツの穴の小さい政治家だと思わざるを得ない。

http://www.tarutoko.jp/

キャッシュhttp://webcache.googleusercontent.com/
search?q=cache:bvsN2RbuUv8J:www.tarutoko.jp/
+%E6%A8%BD%E5%BA%8A%E4%BC%B8%E4%BA%8C&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


政策表明

http://www.tarutoko.jp/policy/

明治維新から1世紀半もの歳月が流れました。
「坂の上の雲」であった欧米諸国に「追いつけ、追い越せ」を合言葉に、「富国強兵」「殖産興業」に尽力してわが国を近代国家へと生まれ変わらせた先人達。
しかし、その成功体験に酔いしれたために、日露戦争以降、第二次大戦終結に至るまで、日本は転落の一途を辿ることとなりました。
敗戦後、再び「欧米並み」を実現すべく、経済中心の国家政策を推し進め、高度成長期に象徴される「右肩上がり」の成長を成し遂げることができました。

その後、1989年のベルリンの壁崩壊によって「資本主義vs共産主義」というイデオロギー対立の時代は終わりました。
世界全体の構造が激変したのです。
しかし、その激変の最中、わが国はバブル経済のピークにありました。
世界の変化に対応すべきまさにその時に、成功の絶頂にあったため、かつてと同様、“Japan as No.1”的な成功体験に酔いしれ、バブルの崩壊に始まる低迷期を再び体験することとなったのです。

人は努力によって成功できます。
もちろん失敗もするでしょう。
失敗から何かを学びとって成功の糧とすることは難しいです。
しかし、それ以上に難しいのは、成功体験から脱却することです。
過去に通用した成功体験を、そのまま未来にあてはめることで大失敗を犯してしまう例の、何と多いことか。

明治維新、敗戦復興、いずれの成功も中央集権化を土台としていました。
しかし、社会が成熟すれば、生活レベルの向上や嗜好の多様化など、社会は複雑化せざるをえません。
複雑な社会を集権的なシステムでコントロールしようと考えても、それは実現不可能です。

今後の改革の方向性は何か。
一言でいえば、集権化とは正反対の「分権化」です。
「地域主権の確立」こそが改革の本丸。
今こそ、過去の成功体験と訣別する勇気を持たねばなりません。

私が政治家を志した頃は、憲法改正に代表されるように「改革か、現状維持か」が最大の政治課題でした。
しかし、今や「改革」は当然のことであり、政治上の争点は、改革の方向性や中身へと移行しました。
私自身の改革の主眼は、上記の通り「地域主権の確立」です。
近代以降、わが国おいては、改革の見本は、常に欧米でした。
明治維新の際にドイツを、第二次大戦後にはアメリカを、それぞれ改革の手本としたように。
しかし、今後の改革は、これまでとは異なり、欧米を手本とするだけのものではありません。
過去の成功体験とは大きく異なります。
日本が優れている点は、他国の文明(法制度や技術など)を取り入れ、それをわが国の風土や文化にあった形に消化し、独自のものに創り上げていく能力にあります。
敗戦後半世紀以上を経て、経済をはじめとして社会全体は成熟化しました。

後は、日本が独自の力で、独自の成功モデルを構築していくほかありません。
そして、そのことは、「未来への責任」を果たそうとする私たち一人ひとりにかかっています。
「地域主権の確立」において「国家の自立」「個人の自立」が求められる理由は、まさに、そこにもあるのです。


FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/04 10:31】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 イスラエルがガザへ支援物資を運ぶ支援船を襲撃し死傷者を出して世界から非難されている。国連全保障理事会は1日に議長声明で非難したがイスラエルに対し名指しの非難はしないという甘い対応である。国連人権理事会は2日に事件に関する国際調査団の派遣決議を採択した。

 この事件で682名を拘束したが、イスラエルは2日全員を解放したと発表した。しかし、まだ数名が拘束されたままである。それと気になるのは、船団が運んでいた1万トン余りの支援物資は、イスラエル軍によるとトラックでガザ南部のケレム・シャロム検問所からガザへ搬入したとしている点で、本当に実行されたのだろうか。事件後日本では続報がほとんど入らないが[CML]から解放者の情報が入ったので下線後に転載する。

 なお、アイルランド籍の第2の支援船が5月31日にマルタを出航して現在ガザへと向かっているが、アイルランド政府が妨害しないように要請したにも関わらず、イスラエルはなおも封鎖を解除する気がない。イスラエル当局は、またも「イスラエルが積み荷を届ける」として、ガザ入りを拒否している。
 第2の支援船は、アイルランド出身のノーベル平和賞受賞者メイリアド・マグワイア氏や元国連幹部など約15人が乗船している。

URLは英語ページです。
転送・転載歓迎。


Subject: [wsfj 10716] 捕虜解放:続編
From: "コリン@パリ"
Date: 2010/06/03 6:56
To:

コリン@パリです。(転載歓迎)

イスラエルは、すべての外国人の拘束者は国外追放にした、と発表しました
が、私たちの仲間トーマと他のフランス人たちは、ベン・グーリオン空港の
収容センターで拘束されたままです。弁護士を通して情報を確認中です。た
ぶん、不法入国したという証書にサインをさせられるのを拒否しているせい
かも知れません。その証書にサインした多くの参加メンバーは帰還していま
すが、4人のイスラエル・アラブ人の消息が知れません。彼らは複数の罪状
で嫌疑をかけられており、少なくとも8日まで拘束されるようです。

乗員の内訳:全乗組員:682名 42カ国の国籍
トルコ人:380名
ギリシャ人:38
イギリス人:31
ヨルダン人:30
アルジェリア人:28
スエーデン人:11
フランス人:9
アイルランド:7
イタリア:6
カナダ:3
その他、モロッコ、クエート、バレーン、シリア、マレーシア、アゼルバイ
ジャン、インドネシア、パキスタン、モーリタニア、イエメンなど

45名は既に国外追放。大半のアラブ系の人たちは、アレンビーからヨルダン
方面へ、トルコ人は、テル・アヴィヴ空港から帰還。

http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2010/06/01/
israel-face-aux-temoignages-des-militants-et-a-la-colere
-de-la-communaute-internationale_1366352_3218.html



今回のフリー・ガザ船団に乗り込んでいたバラド党ハナン・ゾアビ国会議員
(アラブ系イスラエル人)が今日の国会で、イスラエル政府の行為は海賊行
為と同じであると非難すると、<ガザにいけ!売国奴!>と右派の議員から
猛烈な勢いでヤジが飛んでいます。右派の女性議員からは、ゾアビ議員が二
重の罪を犯している。すなわち、<テロリストのグループに合流し、イスラ
エル国家に対して倫理的な罪を犯している><言論の自由を狭めるつもりは
ないが、これは言論の自由とは関係がない。フリー・ガザ船団はテロリスト
の船団であり、ゾアビ議員は罰せられるべきだ。クネセットにトロイの馬は
必要ない>と。
http://www.rue89.com/2010/05/31/
plusieurs-morts-apres-lattaque-par-
israel-dun-bateau-humanitaire-152958

ヴィデオ画像で国会討議が見れます。ヘブライ語のみ


帰還した乗組員の証言例:
ヘニング・マンケル(スエーデン人の有名な推理小説家)
<我々は、公海とガザ領海の境界で問題が起こるだろうと予期していたが、
間違った。問題はその境からはずっと前の公海上で起こったんだ。彼らはし
知性のある武器を使いながら攻撃することを全く躊躇しなかった。…私が
乗っていた船には武器など何もなかった。唯一のものは、私のひげ剃りだ。
そしてそれを取り上げた。我々は、どんな次元にいたか分かるよ。…我々は
海賊にあったんだ。そしてさらわれたんだ。我々の誰一人として、イスラエ
ルに行くつもりなどなかった。我々はまさに拉致されたんだ。そして、イス
ラエル当局は、イスラエルに不法侵入したと非難している。
http://www.liberation.fr/monde/0101639101-des-tirs-sans-
sommation-de-pirates-en-haute-mer



スエーデンみどりの党国会議員メフメット・カプラン
<私たちは、床に乱暴に押し倒されて、身体に上乗りになって頭を押さえつ
けられました。顔は引っ掻き傷だらけになり、手を縛られ、連れて行かれま
した>

モロッコ国会議員アブデルカデール・アマラ
<起こったことは信じがたい。イスラエル兵たちが、我々を殴り、冷血にト
ルコの活動家たちを殺したやり方はホーラー映画そのものだ。彼らは捕まえ
ることができたはずだ。イスラエル兵たちは実弾を使い、我々は全く武器も
持っていないのに、世界の狂気と野蛮さをみせた。イスラエル兵たちはある
乗員を銃床でなぐり、その上、殺した。船に攻撃してくる前に何の予告もし
なかった。全く悪夢だった>
http://www.liberation.fr/monde/0109639101-des-tirs-sans-
sommation-de-pirates-en-haute-mer



ドイツ国会議員、アネット・グロット(デア・リンケ党)
<私たちは全く戦争の中にいるようだった。特殊部隊からのこれほどの暴力
と粗暴さを誰も予測していませんでした。
同上、ノルマン・パエチ
<乗組員たちは、誰も暴力を行使しませんでした。なぜって、イスラエル兵
たちに勝てるわけがないからです>
http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2010/06/01/
selon-des-rescapes-allemands-il-n-y-avait-
pas-d-armes-a-bord-du-bateau-turc_1366251_3218.html#ens_id=1228030

FC2blog テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/03 22:21】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
鳩山総理はやめて当然だ。アメリカという手ごわい相手とその味方ばかりするマスコミはいた。でも政治は結果が全てである。鳩山首相は沖縄と国民を裏切ってしまったのだ。
 しかも今週の「週刊朝日」6月11日号によると、3月頃には県外移設が行き詰っていたことが田原総一朗が鳩山首相から直接聞いている。だのになぜ動かない。鳩山総理は沖縄へお詫びとお願いに行きたかったが、周りが沖縄へ行かなくていいと言ったからだそうだ。
 鳩山総理よ。あんたは指導者であり子供ではないのだ。これほど頼りなかったら辞職は無理もない。

 だがなぜ小沢一郎がやめねばならない。議員総会で鳩山首相が金の問題で辞めてほしいと言ったが、そもそも金って小沢一郎には何も問題がないじゃないか。2カ月間政治資金報告の期日がずれていただけだ。土地の登記日に合わせただけなのだ。検察が3カ月間調べても何もなかった。それでやめたら悪例になってしまう。

 次の総理は、菅直人副総理らしいが、このままアメリカは首相が変わっても政府としての合意だと辺野古移転をすすめろと早くも打ち上げている。
 残る手は日米安全保障条約をいったん解消を通告してゼロベースですべてを始める以外ない。交渉し残すものは残して新たに決めるべきものは交渉して作り直すのだ。沖縄もそれでほとんどの基地と訓練施設を廃止する。グアムを米軍のアジア中東作戦基地の基本とすればいいのだ。

 日本防衛は、自主防衛が基本で、思いやり予算はやめて自主防衛をその分増額する。
 日米間の新条約で米軍は第7艦隊と横須賀基地だけを基本として必要なものだけを配置する。これしかない。
 しかし民主党にはそんなことできっこないと思う。結局は下駄の雪のようにアメリカについていくしかないのか。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 22:55】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
午前10時より開催中の民主党両院議員総会で、鳩山首相が20分間発言し辞任を表明した。
「昨年の国民の選択と政権交代で日本の歴史が大きく変わった。普天間基地の問題、県外へと努力したが届かなかった。しかも社民党に政権離脱というつらい選択をさせた。お金の問題に巻き込まれクリーンな政権をけがした。この二つで辞職する。
 お金の問題で小沢幹事長にも辞職するよう伝えた。小林千代美議員も北海道教職員組合からの違法献金でやめてほしい」と、壇上から伝える。

そして両院議員総会から退出した。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 10:32】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 鳩山総理大臣は、普天間基地の移設問題で社民党の連立離脱を招いて国民の政権への信頼を損ねたとして総理大臣を辞職すると民主党幹部に伝えた。手続きはまもなく開かれる民主党の両院議員総会で行う。総会で進退について発言し協議する。

 昨日までの小沢幹事長との協議では辞任拒否をして続投への強い意向を示していた。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 09:45】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
[CML]から、今回のガザ支援船を突然襲ったイスラエルの暴力性と異常性を伝えるメールが公開されました。
文中の「シャヒード」とは、「自らが信じる祖国や思想などの大義のために身を犠牲にした者」という意味だそうです。

 国連安全保障理事会でのトルコからの制裁の求めに対し、アメリカ政府は調査のみ実施すると主張し、明らかにごまかそうという姿勢を今も続けています。

私たちは非武装で無抵抗のガザへの支援船を襲い殺害したイスラエルを許すことはできません。
どのような言い訳をしようともしてはいけないことを続けているのです。

 直ちにガザ封鎖を解除し、イスラエル政府としての謝罪と襲撃命令を出した関係者のすべてを特定し処分することを求めます。
http://list.jca.apc.org/public/cml/
2010-June/004248.html


………………………転送・転載歓迎/重複失礼…………………………

友人のみなさま

こんにちは
清末愛砂@島根です。

すでにニュース等で耳にされておられる方もいるかもしれません。
本日の未明、ガザ包囲に反対し、ガザ住民へ支援物資を運んで
いたガザ・フリーダム運動の6艘の船(世界中の市民活動家約600人
が乗船。1万トンの支援物資を運ぶ途中)が、イスラエル軍(海軍)
に襲われました(公海上)。複数のニュースによると、10人以上
の市民活動家が殺され、60人以上が負傷している模様です。
フリーダム・ガザ運動は今回、アイルランドから船を出し、その後、
ギリシャとトルコで他のフリーダム・ガザ運動の船と合流し、ガザに
向かう途中でした。陸から64キロ離れた地点で起きたようです。
亡くなった心ある、勇気あるシャヒードを心から追悼したいと思います。

イスラエルによる厳しい封鎖により、ガザには正式なルートでは
物資が入らず(トンネル経済が動いていること自体、その異常性を
示している)、また、人がガザを出入りすることも厳しく制限されて
います。2008年年末から2009年初頭にかけてのガザに対する
攻撃から約1年半。ガザはいまだに封鎖され、人々は窒息状態にあり
ます。世界がこのような状況を許しているなかで。90%にものぼる
ガザ住民が貧困線以下の生活を強いられ(それはあまりにも屈辱的な
こと)、国際機関からの援助に頼らずには(その物資にも大幅な制限が
かけられている)生活が成り立たないなかで、フリーダム・ガザ運動は
物資を届けようとしたのです。

5月26日にもガザでイスラエル軍による空爆がありました。ガザでは、
散発的にイスラエルが軍事攻撃をかけています。封鎖した上に攻撃をする
という信じがたい卑劣な行為を繰り返しているのです。今にいたっても。

ガザだけではありません。ヨルダン川西岸地区も壁や入植地やユダヤ人
専用道路や検問所や道路ブロックやトンネルにより、小さく小さく分断
され、人々はその分断された中で生きることを余儀なくされているのです。
ヨルダン川西岸地区内のヨルダン渓谷は、95%にも及ぶ土地を完全に
イスラエルの支配下に置かれているのです。西岸には完全にアパルトヘイト
体制が確立されたといっても過言ではない状態です。渓谷の住民たちは
家を破壊され、土地を奪われ、水源を奪われ、テントや小屋ですら壊されて
いる状態におかれているのです。

イスラエルによって勝手に併合された東エルサレムも同じです。
入植地の建設が進むと同時に、パレスチナ住民は激しい家屋破壊の被害に
あっています。

イスラエル政府はさっそく、今回のフリーダムガザ運動への攻撃に対し、
いろんな言い訳を始めています。「活動家たちが斧やナイフや棒で襲って
きた、船の中から武器が見つかった、フリーダム・ガザ運動側が実弾を
発した、挑発してきた」等。そんな見え透いた言い訳が通るはずがありま
せん。覆面をして船に乗り込んできたイスラエル兵たちの映像を観るだけで、
挑発うんぬんの言い訳が嘘だということがはっきりするにもかかわらず、
ここまで厚顔な言い訳をするとは。

イスラエル政府は世界で徐々に盛り上がってきているBDSキャンペーン
(ボイコット、イスラエルからの資本の引き揚げ、イスラエルへの
制裁を求める運動)に敏感に反応し、脅威に思っています。そのなかで
今回の攻撃が起きたと考えるのが自然でしょう。占領者はそれに反対する
人々を怖がっているのです。脅威に思うのなら、さっさと占領をやめれば
いいのです。

今回の事件を含め、私(たち)は、イスラエルによる国際人権法・人道法
にすら違反する不正義(犯罪)をただし、責任をとらせるよう、動かなければ
なりません。

一刻も早くガザに対する封鎖が解かれるようイスラエルにプレッシャーを
かけるだけでなく、パレスチナが解放されるよう、運動を進めていかな
ければならないと思います。

そうしなければ、占領下で殺されたシャヒードも、ガザ・フリーダム運動
に参加して亡くなったシャヒードたちも浮かばれることはありません。

ロンドンでは緊急抗議デモが予定されています。ヨルダン川西岸地区でも
各地で抗議行動が計画されています。ヨルダン川西岸地区の壁の建設に
よって大きな影響を受けているビリン村の人民委員会の委員長から世界中で
抗議行動を行うようにと呼びかけるメールが届きました。

パレスチナで起きていることを多くの人々に知らしめるとともに、イスラエル
大使館、イスラエル政府に抗議することが求められています。また、同時に
日本政府にもイスラエルの占領や軍事攻撃に抗議するよう呼びかけていきたい
と思います。

今こそ連帯を。パレスチナ解放を求めて。

長いメールになりました。失礼します。
清末愛砂 拝

FC2blog テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/01 15:46】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

Re: イスラエル軍の支援船襲撃について
奈良たかし
>  イスラエルはまだそこを分かっていないとしかいえません。
>
>  この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来てくださいませ。
アジシオ次郎 様

 コメントありがとうございます。

 彼がアラブのパレスチナの地に「シオンの丘に返るんだ」とシオニストとしてパレスチナの土地を軍事蜂起して占拠して国民を虐殺。その噂をばらまき大量のパレスチナ難民を生み出してパレスチナという国家そのものを崩壊させました。
 彼らユダヤ人としてナチスの被害者でしたが、外へ出てやったことはまさに白人として人種差別主義者の虐殺思想を引き継いだのです。最近になりますますそれは強まったのではないのでしょうか。
 ガザとパレスチナ人をゆっくりと消滅させたいのだと思います。
 第2のガザ支援船が世界から注視の的となっていますがどうなるか。危惧しています。

イスラエル軍の支援船襲撃について
アジシオ次郎
 初めまして、コメントさせていただきます。

 イスラエル軍によるガザ支援船への奇襲、支援団体スタッフ9人が死亡、数十名が負傷するという大惨事、正直イスラエルは何がしたいんだ!? と思います。

 イスラエルによる封鎖により困窮が続くガザの現状、人道的支援をしようと行動したのにイスラエル軍が突然奇襲、一般人に対する攻撃に他なりません。
 単純な解釈だと、イスラエルは対イスラエル逃走を続けるイスラム原理主義組織「ハマス」を壊滅しようとガザ全体を「兵糧攻め」しているといえます。何の関係もない一般人が犠牲となるのにイスラエルはそれを分かっていないとしかいえません。

 今回の支援船襲撃だって、何でもかんでもハマスとつながっていると解釈してこのような行為に及んだのだと思いますね。何でもかんでもハマスと結び付けたいのか!?

 国連安保理でも問題としているこの事件、ここでアメリカがまたイスラエルを擁護すればアラブ諸国における反米感情の火に油を注ぐだけですし、また各地で反イスラエル感情も高まるでしょう。

 当のイスラエルは「正当防衛だ」としているけど、どう見たって「過剰防衛」に他ならない。襲撃を受けた団体だってハマスとは無関係なのに・・・?

 正義は我にありと大鉈をふるい、軍事力でパレスチナを制圧しているイスラエル、今回の支援船襲撃及び拿捕はこの前の北朝鮮による韓国の哨戒艦沈没事件と並ぶレベルですね。またイスラエルの行き過ぎたパレスチナ政策及び軍事攻撃を見るたびに「ドイツはもうユダヤに謝罪する必要はないんじゃないか!?」と思うのです。
 2008年末の大規模なガザ侵攻であれだけ国際社会からの反発食らったのに、イスラエルはまだそこを分かっていないとしかいえません。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来てくださいませ。

Re: イスラエルをめぐる心の痛み
奈良たかし
> イスラエルをテロ国家指定するべきではない
> でしょうか。
 賛成ですが。イスラエルをめぐってはナチスのジェノサイドの後に大国と軍産複合体の道具になっていると激しい心の痛みがあります。なぜこんなことになってしまうのか。



通りすがり
イスラエルをテロ国家指定するべきではない
でしょうか。

コメントを閉じる▲
 社民党が、福島みずほ大臣罷免後の全国幹事長会議でも圧倒的多数で離脱を決議して、連立政権から離脱した。

 辻本清美国交副大臣は、前原国交相に辞表を出し「さびしいしつらい」と泣いていたことをテレビ放映された。「利権の巣窟と思ったがみんな変えようと思って努力してくれた」と国交相官僚に対して甘いとしか言いようがない。確かに辻本は小党と化した社民党で自社さ政権後は不遇で、それが働く場を与えてくれたことで大きな喜びではあったのだろう。でももっと厳しく律していないとただの官僚の操り人形と化す。
 辻本はそんな女ではないと信じてはいるが鳩山総理が普天間移設・辺野古埋め立てに決めたのに連立離脱には反対だったのかな。
 その後、辻本発言をテレビを見ていて思ったのは評価が高いし明らかに党を移ってはという勧誘があったようだが、それでもとどまり辞任したのだからやはりそういうことはない原則の政治家だなと思った。

 ただし、社民党もいばらの道だ。社民党は連合が民主党支持に転換して労組が引き上げた後に、始めは選挙のやり方も知らなかった高齢の党員に支えられている。組織轍な活動力やダイナミズムにかけているのだ。しかも党首に人事や組織的権限が何もなくイメージや権威のみで動かさざるを得ない。全国秘書体制などの直属スタッフもいない。旧弊な組織的病というべき欠陥がある。

 それで選挙のたびに2割ずつ得票数を減らしている。これでは後3回くらいで消滅である。社民党は党首権限や体制など本気で選挙のための組織改革に取り組むべきである。社民党は今度の連立政権とその離脱の過程で存在感を示した。まだいろいろと役割がある。もう一回り大きくなってほしいしその力はあると思うのだ。

FC2blog テーマ:社民党 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/01 11:32】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。