高速増殖炉もんじゅ
 1995年のナトリウム漏れ事故で14年5カ月間も止まっていた高速増殖炉もんじゅの運転が再開された。
 これだけ、長い年月停止されていた原子力発電所の運転など世界でも例がない。

 民主党政権になって無駄遣い分を削って「税金の無駄遣いの根絶」など歳出削減で9・1兆円、埋蔵金の活用や租税特別措置見直しなど歳入増で11・4兆円の計20・5兆円を 捻出するとしていたが、事業仕分けでの捻出もわずかのものでしかない。

 これは、政策変更とそれによる予算そのものを組み替えていないからなのだ。無駄削減だけではそれほど出ない。昨年の第1回事業仕分けで運転再開は問題に上げたのに民主党から異論が出て取り上げられなかった。

 もんじゅ再開と運転など無駄以外の何物でもない。もんじゅは、高速増殖炉を開発するための実験炉から2番目の原型炉だが、次の実証炉は2025年の建設だが、もんじゅとは違う型式になることがすでに決まっている。今までに9千億円もかけている。そのうえ運転すればこれからも今年230億円、そして毎年200億円以上かかるのに、それだけ金をかけて再開しても何もならないのだ。無駄の極致といっていい。

 それに、増殖といっても、30年かけて実は2倍にしかならない。つまりは本当にこれだけ金を使っても実際に経済的に合理的にあうのか疑問なのだ。

 一般の公共事業と同じ、ただの、これまでの政策だから継続するという官僚的な政策にすぎない。

 これでまた事故が起こればあまりに危険だ。ナトリウムは水に合えば爆発する。なぜ原子炉内では危険かというと原発はほとんどコンクリートでつくられている。床や壁など一般物はその60~55%は、実は水分なのだ。コンクリートを触ってみればしっとりしている。それは水分が多いせいなのだ。コンクリートだらけのところでナトリウムに当たれば、コンクリート自体が爆発状態になる。そしてまたナトリウムがそれで漏れる。

前回のナトリウム漏れの際はどうなったか。実は床には厚さ8mmの鉄板が敷かれていて、それがナトリウムで溶けて1mmの薄さとなり穴が開く寸前で幸いなことに止まって事故が拡大するのを防げた。いつもこうなるわけじゃない。

 本来は炉全体に窒素を充てんしなければならないのだが、もんじゅはそういうことはしていないし、完全に造り直さねばできない。

 あまりに非合理な再開は、やめるべきである。 

FC2blog テーマ:原子力発電 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/06 20:11】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
4日の沖縄での鳩山総理へのぶら下がりインタビューで、マスゴミが珍しく核心に触れる質問をしていたのに、答えていない。いったい海兵隊の抑止力とは何か。


--総理、海兵隊の抑止力は何でしょうか?一体、ここにいなければならない理由は何でしょうか?

 「…」(答えず立ち去る)



 これだけ問題になっているのになぜ答えないのか。

 以前テレビで見ていたら普天間基地がガラガラでどこに行っているのかナレーターが聞いたら、アフガニスタンに行っているというのだ。海兵隊というのはローテーション制で海外任務についていて、しかも海外演習にも出かける。1年のうち半分以上いないのだ。これが抑止力になんでなるのだ。

 また、中国が台湾へ侵攻するなどの時に出撃するという人もいる。まず長崎県佐世保の揚陸艇艦に乗らないと出撃すらできないから沖縄にいる必要がない。また、第一そういう争いに海兵隊など介入したら宣戦布告したのと同様で米中で戦争になってしまう。抑止力どころか戦争誘発部隊になるのだ。

 今年2月17日午前の東京・赤坂の米国大使館での、日米の防衛当局幹部による非公式会合で、米太平洋海兵隊のスタルダー司令官が「現行計画」と「公式発言」ばかりするのでもめた後、司令官は発言したが、「実は沖縄の海兵隊の対象は北朝鮮だ。もはや南北の衝突より金正日(キムジョンイル)体制の崩壊の可能性の方が高い。その時、北朝鮮の核兵器を速やかに除去するのが最重要任務だ」。しかし、北朝鮮に行くのならわざわざ沖縄にいる必要はない。

 そもそも、海兵隊司令部はグアムに移転することになっている。海兵隊もそれに合わせて多くが移転し主力は沖縄にいなくなるのだ。グアム島が米軍にとっての軍事拠点になる。

 したがって、くい打ち方式で造られるという滑走路は、新たに配備されるという垂直離着機MV22オスプレイに使用され、全く海兵隊に関係がない新たな軍事目的に使われる可能性が高い。
今回鳩山首相は、「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と述べたがアメリカの勝手な都合だけで辺野古に滑走路を造ろうとするのをごまかしているのではないか。ただし鳩山総理は、ウソをついているのではなく党内の米国派や官僚に丸め込まれているのではないか。

 沖縄を犠牲にする発想は鳩山政権、政府官僚やマスゴミもいい加減やめるべき時だ。

  

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/06 17:52】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]