官房機密費をあちこちにお祝いやマスコミ対策などにばらまいているといううわさはありましたがそのとおりだと野中元官房長官がテレビ番組でばらしました。情けない。情報収集などいくらでも政治を良くするために使うところはあるでしょう。

「(政治)評論をしておられる方々に盆暮れにお届け」と明らかにしたのは重大な話で、もっと究明されなければならない。
 やはり、30年間で使途は全部公開とすべきなのだと思う。


自民党
前官房長官・河村をビビらせた野中広務の告白 (ゲンダイネット)
http://gendai.net/articles/view/syakai/123424

●新築祝いに3000万円!?
 自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという。河村は政権交代直後の昨年9月に2億5000万円もの官房機密費を引き出したとして、大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている。この問題に関連し、思わぬところから新証拠が飛び出した。野中広務元官房長官がテレビで官房機密費の使途を洗いざらいブチまけた一件だ。

河村を告発した原告代理人のひとりで弁護士の辻公雄氏はこう言う。
「野中氏の発言で、官房機密費があらためて情報収集に使われていないことが分かりました。野中氏の発言を載せた記事を基に先週、東京地検に証拠資料の請求をしました。河村議員の件が訴訟になれば、野中氏を裁判の証人として呼ぶことも検討したいと思います」
 野中の衝撃告白は、先週放送された「官房機密費の真実」(TBS系)。番組で野中は、官房機密費の使途をバクロした。

「総理の部屋に月1000万円。衆院国対委員長と参院幹事長に月500万円ずつ持って行った」「政界を引退した歴代首相には盆暮れに毎年200万円」「外遊する議員に50万~100万円」「(小渕元首相から)家の新築祝いに3000万円要求された」と次々に明らかにしたのだ。「これはもう公私混同どころのレベルじゃなく、税金ドロボー、公金横領ともいえる驚愕の実態です。告発されている河村はもちろん、自民党の歴代首相や官房長官はみな泡を食っています」(司法ジャーナリスト)  野中証言にはもうひとつ注目発言があった。「(政治)評論をしておられる方々に盆暮れにお届け」と明かしたことだ。「テレビに出ている政治評論家やタレントが数百万円を提示されてマスコミ工作をお願いされたという話もある。この人たちが“毒まんじゅう”を食べていたと仮定すると、官房機密費のニュースに触れない理由が分かります」(民主党関係者)

 鳩山政権が、歴代政権の官房機密費の使途を完全公開すれば、政界と大マスコミは一気にガタガタだ。(日刊ゲンダイ2010年4月26日掲載)

FC2blog テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/30 23:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 以前NHKで見たメディアの代表者とインターネット評論家の出た番組を見ていたら、新聞はこれほど部数を減らしながらまるで自己批判がなく、専門的な知識のある記者を育てて、きちんと取材していい記事を書いているからこれでいいと、のたまっていた。

確かにアメリカの新聞と比べると宅配制度が整っているから足腰は強い。しかし、アメリカの新聞もインターネットの影響が感じられなかったのは3年ほど前のことだった。ところが米国の新聞は70~80%を広告に頼っていた。それで3年間に広告費が43%も下落し部数も低迷。嵐のようなネット旋風に破たんする新聞が続出している。日本の新聞も加速度的に崩壊し半分以下になるかもしれない。

 またテレビもあまりの質の低下に若い層から始まって全く見ない人がすごく多くなってきている。しかし上記NHKの番組では、民放の日本民間放送連盟の代表はなぜ見ないのかわからないと憮然としていた。

 つまりはなんらの危機感もないのだ。

 私は時々休みながらも、何としてもブログを続けたいと思うのはこういうマスゴミの崩壊現象が起ころうとする中できっとネット側が今のマスゴミに代わってアジェンダ、社会的な問題や検討課題の方向性を決める機能がここ数年間でマスゴミからネット側に移ってくると思うからだ。ブログを書かれる人にお願いしたいのは休止期間があってもいいからしつこく粘って書き続けてほしいということだ。

 韓国で女優がネット上のうわさで自殺したことを覚えておられるだろうか。韓国では日本と違ってもともと新聞への不信感が強く、ネット上にアジェンダ設定機能が移っていて、ネット上の大きなうわささえ甚大な被害を与えるのだ。
 いわば2ちゃんねるが社会的な課題を決めるようなものなのだ。日本でもそうなる可能性がある。それは恐ろしく危険なことであり、しっかりとネットの役割の拡大を支えていかねばならない。もちろん宅配制度に支えられた新聞はそう簡単に衰退はせず共存する形になるだろう。私たちはネット側の柱となりたいのだ。

 どうか、一時的な忙しさやしんどさからブログをやめないでしばらく休憩して続けてほしい。私たちのステージは後わずかでとても大きくなる。

FC2blog テーマ:ネット社会 - ジャンル:コンピュータ

【2010/04/28 00:35】 | メディア
トラックバック(0) |  ]
 今日の沖縄県民大会の録画動画です。

 ただし上の動画(1)は、180分と長いうえに、冒頭103分30秒は、オープニングイベントの画像です。画面下のタイムバーを触ることで飛ばせますので興味がない方は、途中から再生してください。
回線などでブログ表示が難しい場合は、次のURLで直接見てください。

http://www.ustream.tv/recorded/6425928

 下の動画(2)は、18分と短いですが、大会共同代表の大城節子(女性代表)さんが、決議文を読んでいます。

http://www.ustream.tv/recorded/6429358

◎録画(1) 4・25「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会


◎録画(2) 4・25「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/25 18:33】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
普天間基地沖縄県民大会の主催者側発表では9万人。1時間30分のライブを見ていて実際に県民大会に参加したように多く感銘を受けました。

 確かに、仲井真県知事の県民大会への参加はすごいことなのですが。

普天間高校の女学生たちの、夢を持って普天間高校に進学したのに、授業や校内で基地の騒音に悩まされ空に「うるさい!!!」と叫んでいたのに、フェンスの外側を歩く不気味さの毎日に逆にフェンスに囲まれているように感じ始め、いつの間にかあきらめかけていた、との言葉に涙ぐみました。

私たちは心を一つにして普天間基地を無条件撤去させなければと思います。 政権交代後のエクアドルやフィリピンのように。

 USTREAMで、ここまでできるということに多くの視聴者が驚きとすごさに感想を述べていました。

 しかし、その一方でライブ中継した3つのうち、完全に成功したのは1つのみ。

よみたんFMはカメラがうまくいかずステージが写せないで客席を横からのみ。

 沖縄タイムスは12時試験放送の当初から音声が出ずに停止。かなり後半に再開していましたが。
 
 ということで完全中継は琉球新報のみ。

 その手軽にできるという力と、完全な機材等の準備のまだ難しさの対比が印象的でした。

「普天間」は国外・県外へ 4・25県民大会
2010年4月25日 沖縄タイムス

http://ryukyushimpo.jp/news/
storyid-161314-storytopic-1.html


「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、県内移設に反対し国外・県外移設を求める県民大会」(主催・同実行委員会)が25日午後3時から、読谷村運動広場で開かれた。県内外から9万人余(主催者発表)が参加し、日米両政府に、県内移設断念と同飛行場の早期閉鎖、返還を訴えた。「県内移設を断念し、国外・県外に移設するよう強く求める」とする決議案と日米地位協定の抜本的改定などを求めるスローガンを採択した。

 1996年に日米両政府が普天間飛行場の返還に合意後、県内移設に反対する超党派の県民大会は初めて。仲井真弘多知事や高嶺善伸県議会議長、翁長雄志那覇市長の両共同代表、普天間飛行場のある伊波洋一宜野湾市長、キャンプ・シュワブのある稲嶺進名護市長、政府案として浮上した勝連沖を抱える島袋俊夫うるま市長らが出席。過重な基地負担の解消や国外・県外移設を訴えた。

 会場やその周辺には、高齢者から子どもまで幅広い年代が訪れ、会場までたどり着けない県民で道路は大渋滞となった。県内各地で大会に参加できない県民も統一カラーの「黄色」を身に着け、県内移設反対の意思を示した。


FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/25 17:26】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
琉球新報がステージ側をライブしています。
http://www.ustream.tv/channel/ryukyushimpo

FMよみたんは、ステージを撮影できないようです。

沖縄タイムスは今止まっていました。

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/25 15:23】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 沖縄県民大会の様子は複数のメディアでライブ配信されます。現在「FMよみたん」では13時からのオープニングライブステージをいま配信中です。私も今視聴しています。

 舞台映像が出ないですね。舞台横からのFMよみたんサテライトスタジオ的映像となっています。舞台は15時からの本大会までにはということです。

http://www.fmyomitan.co.jp/index.html



県民大会中継は、
米軍普天間飛行場の国外・県外移設を求める県民大会」(琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/page-148.html

http://www.ustream.tv/channel/ryukyushimpo

琉球新報は25日に読谷村で開かれる「普天間飛行場の国外・県外移設を求める県民大会」を生中継し、会場の熱気を発信します。
中継は大会開始の午後3時から終了まで。
(天候や回線の状況により中継できない場合もあります)

4.25県民大会 生中継(沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/
special/kenmintaikai_live/


http://www.ustream.tv/channel/3934266

4.25県民大会を読谷村の会場からUSTREAMで生中継します!
午後3時から1時間半程度。
(回線や天候により中継できない場合もあります。ご了承ください。)

FMよみたん

http://www.ustream.tv/channel/fmyomitan-tv


FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/25 13:53】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 沖縄は遠い。それは距離だけではなく、私たちの心、そしてメディアの中心からもあまりに遠い。だからすべての日米関係の負債である米軍基地を狭い沖縄県に日本の75%も集中させ、その被害と負担を覆いかぶせ、私たち日本人は知らんふりをしている。沖縄の人は普段抑えつけられ声が上げられない。今のように政権交代で沖縄の人が面を上げ、声を出し問題になったときにはメディアはアメリカの御用機関となり、沖縄さえよけいなことを言わねばいいのにというあからさまな態度を示す。それでいいのだろうか。私たちは沖縄の声と犠牲を知らなければならない。世界一危険な普天間基地は無条件で返還されるべきである。日本政府とアメリカ政府はこの声にこたえるべきである。


米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会20100425普天間基地県民集会チラシ


略称 4・25県民大会

3 大会日時

2010年4月25日(日) 午後3時開会 (雨天決行)

4 開催場所

読谷村運動広場

5 主催

同実行委員会

6 実行委員会の役員

〈共同代表〉
高嶺善信(沖縄県議会議長)
翁長雄志(市町村代表)
大城節子(女性代表)
ほか、「労働界代表」「経済界代表」
---------------------------------------------------------------------------------
県民大会が生中継されます。

「米軍普天間飛行場の国外・県外移設を求める県民大会」(琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/page-148.html

http://www.ustream.tv/channel/ryukyushimpo

琉球新報は25日に読谷村で開かれる「普天間飛行場の国外・県外移設を求める県民大会」を生中継し、会場の熱気を発信します。
中継は大会開始の午後3時から終了まで。
(天候や回線の状況により中継できない場合もあります)

4.25県民大会 生中継(沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/
special/kenmintaikai_live/


http://www.ustream.tv/channel/3934266

4.25県民大会を読谷村の会場からUSTREAMで生中継します!
午後3時から1時間半程度。
(回線や天候により中継できない場合もあります。ご了承ください。)

FMよみたん

http://www.ustream.tv/channel/fmyomitan-tv

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/25 08:31】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
のだめカンタービレ(23) (KC KISS)のだめカンタービレ(23) (KC KISS)
(2009/11/27)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

「のだめカンタービレ」ではのだめのピアノ演奏は飛び跳ね楽譜と違う演奏をする。つまりは即興性があるのだ。
 17世紀初頭から18世紀半ばのバロック音楽は、特にバッハに代表されるが、通奏低音といって、楽譜には数字だけ示され、ピアノの先祖のチェンバロは即興で和音を付け加えて演奏していた。作曲と即興とがきっちりと分離していなかったのだ。

 19世紀まで演奏者の主観的な解釈や編曲が受け入れられていた。現在のようなうるさいことは誰もいわなかったのだ。

 ジャズはソロでの即興演奏が特色だ。楽譜と違うとみんな怒らない。

 のだめはクラシック音楽に自由を求めて即興で演奏しようとして叱られる。その軋轢と自由の中でどう音楽を深め求めるかという物語なのだ。それがはっきりと言葉で最終巻23巻95ページで表明される。と、いってももっと面白がるだけでもいいのだが。あらゆる楽しみ方がある。

FC2blog テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/04/24 16:36】 | 漫画・アニメ
トラックバック(0) |  ]
上海万博PRソング「2010君を待っている」への盗作が問題になっていた岡本真夜さんの曲「そのままの君でいて」が、中国側が事実上盗作を認めた形で19日に曲の使用申請を岡本真夜さん側の事務所に出したのだ。そして「協力できるのが誇らしくうれしい」と盗作にはふれず承認し、オトナの対応をしたことで無事解決した。盗作から岡本真夜さんの作曲の正式なPRソングになったのだ。

上海万博事務協調局によれば、「同PRソングは2004年に行われた公開募集の際に応募があった楽曲で、上海万博の公式テーマソングではなく、あくまでも開幕まで残り30日をPRするためのPRソングである」ということだ。しかし、中国の著名な作曲家である繆森氏が公募の際になぜこんな事をしたのだろうか。

 それは、2004年というだいぶ以前だということにポイントがある。たとえ盗作がわかってもネット世論もなく動画サイトも普及していない時代だし、中国政府はシラを切るし、別に日本で岡本真夜のプロダクションと一部の人が騒ぐだけになると踏んでいたのではないか。極めて悪質というほかない。

 現に、今回も14日に上海万博事務協調局が、音楽関係者を代理人に立てて、盗作問題は伝えずに、上海万博のPRのため、岡本真夜さんの曲のカバー、そのうえ上海万博の期間だけに限定して全曲の権利を譲渡してほしいと岡本真夜側のプロダクションに申し出ていた。明らかに中国の政府機関によるもみ消し工作である。カバーは承認したが、権利譲渡は曲の指定すらもなく論外だと断っていた。
 その後盗作が明らかになってからの、今回の使用承認に、「2010 等你来」(「2010君を待っている」)は類似曲ではなくはっきりと岡本真夜の曲として契約した。名実ともに岡本真夜の曲となった。

 なにしろ繆森氏は、これまでの中国側の報道では「部屋を歩き回り、足でリズムを取りながらインスピレーションを得た」と語っていたのだ。白々しい。これで1番と2番目の間のハーモニー部分のみ違う99%同じ替え歌状態になるわけがない。中国政府側が事実上、盗作を認めたことで、香港のニュースネットサイトは、繆森氏に電話取材を試みたもののつながらないそうだ。

 この盗作問題は中国国内でネット上で国民側が指摘したのだ。両曲を聞き比べる動画も動画サイトにアップされた。「99%同じで恥ずかしい」「メンツがつぶれた」「世界に恥をさらした」などという声が上がり大きくなり、それで盗作だという事を押さえられなかったのだ。

 そういうことが、公募された2004年には考えられなかったのだろう。そういう意味では、共産党独裁、そしてコピー天国の中国ですら、実は大きく変化しているのだ。

 確かにもっと著作権など権利関係を尊重することは必要だが。

 よく言われるように中国が経済発展により民主化への道を急速に歩むという希望的観測はすぐにはないだろう。それはとても長くかかる。でもネット世論ではなく中国にふさわしい民主主義への歩みを続けてほしい。

 もう一つ、上海万博で岡本真夜さんのコンサートを開けないだろうか。「そのままの君でいて」と中国語で「2010君を待っている」を歌ってほしいのだ。中国の人はメンツを大切にするから今鮮血が吹き出ているような状態なので難しいだろう。でもオトナの対応をしてほしいのだ。


◎岡本真夜&上海万博(世博)ソングを比較検証 あまりに同じ曲で分かりにくいでしょうが同時に二曲を流しています。


◎上海万博PRソング 「2010 等你来」

FC2blog テーマ:中国経済 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/21 20:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 元阪神タイガース選手の掛布雅之さん(54)が、自宅競売決定で立ち退きの危機となったことが、4月13日判明した。現在は野球解説者、その大阪府豊中市の自宅が、兵庫県尼崎市の金融機関が競売を申し立て、大阪地裁が競売開始を決定していたのだ。

 掛布さんには飲食事業の失敗などによる多額の借金があるようだ。それで、昨年9月には借入金を巡る訴訟で約1億5千万円の支払いを命じる判決を受けている。

 私は野球は見ないが、掛布選手引退の際にスタンドに「夢をありがとう」の横断幕が掲げられ、それを見た掛布さんがさんざん不調の時ファンからやじられていてずっと嫌な気持ちがあったのに、本当にここまでやっていてよかった、と語っていたことを思い出す。

 しかしだ。野球関係やスポーツ事業の失敗ではなく、「飲食事業の失敗」で1億5千万円の借金とは。

 藤田まこと氏の奥さんによる過去の京都嵐山の焼肉店の失敗、それに続いての最近の破たんなど、飲食事業により有名人が巨額の負債を抱えることが増えている。
 しかし、よく考えれば変な話で、藤田まことさんは俳優、掛布さんは元野球選手で現解説者。何の関係もない分野に手を出して失敗している。

 確かに成功している人は、松本紳助など数人いるがそもそも経営能力がある人だけだ。いくらなんでも素人が突然日銭の客商売、中でも困難な飲食事業に手を出して成功するわけがない。
 これで考えるのは、20年以上前、あるタレントの経営する飲食店が破たんしたと伝えられたときに、ちょうどその夜の生番組に出演していた当のタレントが司会に聞かれて、「あれは名義貸しで実際の経営や負債に一切関係ないので大丈夫です」と答えたのだ。

 当時は何年間もの期間にそういう倒産が数件あったが、すべて名義貸しで本人には害は及ばなかった。つまりは本人は名義貸し料をもらっていただけなのだ。

 ここからわかるのはそういう飲食業のようなことをあっせんする会社が存在するということだ。そして過去の名義貸しでの倒産の被害を被ったことで、どうやら今はタレントや有名人に対して自ら経営するように持ちかけ、昔とは逆にコンサルタント料を得ているのではないか。
 その結果として有名人たちは営々と築き上げてきた名声や財産を失う結果に陥っているわけだ。

 かつてのシブがき隊のメンバーであった本木雅弘さんは、結婚愛児誕生を経て、生命を考えるようになり、原作に出会って映画「おくりびと」の企画を提案して実現し主演も務めた。

 スポーツでは日本メジャー選手の先導役となった野茂英雄選手が現役時代からスポンサー探しもして若手育成のためのスポーツクラブを運営し、高い評価を得ている。

 そこまでいかなくても、自分を高め投資することで新たなステータスを切り開いている芸能人は多い。

 貫地谷しほりさんは、週一回演技のレッスンを受けてみてもらい指導を受け、現在のような演技で定評がある役者になった。

 
 田中麗奈さんは、英語と中国語のレッスンをずっと続けている。最初の連続テレビドラマ出演は中国で、そのとき友人となった女優とは中国語で日常会話が電話でできるようになった。

 みんな夢をかなえるために、他者に夢を与えるために自分を広げている。

 掛布さんやその他の方にお願いしたい。どうか夢をかなえてほしい。夢は今も続いている。自分のこれまでやってきたことを展開するなかでそれを実現してほしい。

 皆さんの夢は、飲食業で日銭を稼ぐことでは絶対にないはずなのだ。

FC2blog テーマ:芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

【2010/04/19 15:23】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]
私の家では何も起こらない (幽BOOKS)私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
(2010/01/06)
恩田 陸

商品詳細を見る

大好きな恩田陸の本なのに、雑誌「ダ・ビィンチ」にインタビューが載って楽しみにしていたのに。

 何か媚びていて、グロテスクにしていたら受けるんじゃないかという感じが露骨なのだ。
 たとえば、古代の塚の上に建っているというのならもっといろいろ書くことがあるはずなのにそれもない。

 これは恩田陸の書くような話ではない、しみじみそう思う。

FC2blog テーマ:恩田陸 - ジャンル:小説・文学

【2010/04/19 01:18】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(1) |  ]
 日本は太平洋戦争前に覇権国になろうとして無理をして敗戦した。それ以来周辺国なんだという認識で戦後出発して現在まで来ている。しかし、そうだからといって、這いつくばるだけが日本の生きる道ではない。

 日本にとって世界とはアメリカのことなのだろうか。マスコミ、新聞記者たちの異常なアメリカのご機嫌ばかりうかがう態度を見ているとそう言いたくなる。あんまりではないか。

 特に朝日新聞。政権交代後の記事はなんなのだ。日本の私たちにとって普天間基地が、世界で最も危険な基地でありそれをアメリカ自身も分かっているから返還することになった。それを何で代替ばかり言う。代替基地がないとアメリカ様が返還しないでつづくだと。そうじゃないだろう。それは交換条件じゃない。

普天間基地が都市部のすぐ近くに迫って存在しているのは実は米軍の責任だ。戦前には今基地があるところに市街地があった。それを艦砲射撃と爆撃で壊滅させ占領した後そこを基地にしてしまったのだ。戦後戻ってきた住民は仕方なくその周囲に住まざるを得なかった。行き場所もなく土地のゆとりもなく、緩衝地帯を作れない世界一危険な基地はこうして生まれたのだ。

 無条件返還が大原則なんだ。そしてそれだけでは困るというのなら少しは協議していい。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/04/18 19:20】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
いよいよイスラエルはパレスチナ人追放政策を本格化したようです。

[CMLから転載]
パレスチナで個人的に平和活動しているめぐみさんから
昨日、4月13日からイスラエル国防軍が「新たなる軍令」
を発効させ、「パレスチナ人追放」に 本格的な段階に
突入した! との緊急メールが届きました。

それに寄れば、
  「イスラエル軍の滞在許可証を持たずに
     パレスチナ・エリアにいる者は、
     其れがイスラエル人でも
     パレスチナで生まれ、育った者でも、
     NGOのボランティアであろうとも
 例外なく、逮捕し、3年から7年間牢屋にぶち込む」とある。

 さらに、今後一切、「イスラエル軍は滞在許可証は発行しない」
 そんな「軍令:1650号」を執行し、取締りをはじめた。

現地のパレスチナの人々の人権が強制的に破壊されています。

友人・めぐみからのメールを転送します。
転送・転載、歓迎。

FC2blog テーマ:イスラエル・ユダヤ - ジャンル:政治・経済

【2010/04/14 22:56】 | 中東、ユダヤ、パレスチナ
トラックバック(0) |  ]
4月10日タイのタクシン派と治安部隊との衝突の騒乱を取材していたロイター通信日本支局の村本カメラマンが射撃されて死亡した。なんということだろう。

 タイは仏教国だが、かつて1976年から1991年までの軍事政権時代の最後に学生運動のデモ隊が軍隊による鎮圧で何人も死んでいる。軍事政権はそれでつぶれたが。過去にはそういう軍事的な弾圧があったが、その後は政治対立にも力の衝突はなかった。そして政治的な争いには最後の調停役として、プミポン国王の存在が大きかった。だからメディア関係者もまさかという気持ちがあったのだろう。日本人の多くがショックを受けていると思う。

 ところがかつての政治争いは伝統的な支配政治家層の中の争いだったが今ははっきりと位相が違うのだ。

 タイはバンコクは首都圏として繁栄し南部はプーケットなどリゾート観光地として富んでいる。しかし、北部は格差が大きく、中でも東北部農村地帯は貧困の中にある。

 タクシン元首相は客家系の華人でありチエンマイの名家、チナワット家出身で確かに伝統的支配層に属する。しかし、新興企業家として成功し、国民民衆にたいして開発事業による利益の約束や福祉政策、貧困層の救済で人口の6割の大きさを占める北部、東北部農民層の支持を集め2006年首相となった。そして北部に対する再配分政策を行った。それが伝統的な財界政治家層と対立する原因となった。アジアの経済成長のなかで貧困層など庶民が政治的な集団として登場したのだ。

 まず政府大臣には大企業の株主はなれないという法律により首相就任前に株式を売り払っていた。このとき節税策で税金があまりに少額で脱税行為ととがめられた。バンコクの辞任要求デモでいったん国王に申し出て辞任した。しかし院政をしていた。それが問題となり伝統的支配層による反発により、国王の最側近のプレム・ティンスラーノン(元首相、元陸軍司令官 1920年生まれ)枢密院議長による示唆で軍事クーデターが起こされイギリス亡命となった。国王は暫定的な軍事政権を認め次に反タクシン派の首相をつけた。この時点で国王側は反タクシン派の核となっていることを見せつけたのだ。

 その後2007から2008年にかけて下院上院選挙が行われたがやはりタクシン派が勝利し2008年1月、タクシン系のサマックが首相に就任。サマック首相はテレビ出演を巡るスキャンダルが取りだたされ辞任。そして10月にタクシン元首相の義弟ソムチャーイが首相に就任したが、またもや憲法裁判所が選挙違反を理由に与党人民の力党の解党を命じ、ソムチャーイまで失職した。
 そしてまたもプレム枢密院議長の先導で12月反タクシン派の民主党のアピシットが首相となった。

 選挙をすれば東北部農民人口6割を押さえるタクシン派が勝つが、伝統政治家国王財界軍含めた旧支配層が失脚させ強引に反タクシン派の政権を作る。その繰り返しとなり、街頭でのデモと治安部隊との直接的な対立となる。これで安定したタイの社会と政治などは霧のかなたに消えいつまでもいつまでも争乱と血の弾圧と反撃・戦闘が続くことになる。

 その果てで村本カメラマンが射撃で亡くなったのだ。私はタイに親近感を持つ。小乗仏教が深く社会に生きているタイが好きだった。

 やはり社会が古すぎ旧支配層と経済成長での新しい政治集団が対立しかできない。日本が戦後したように農村にも社会政策と利益を配分する国民和解政党と和解政府ができない限りこれは続くと思う。

 もしかするとまたもや軍事クーデターによる軍事政権か。そうなると今度はかなり長期によるものになるかもわからない。

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2010/04/14 15:45】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]