森田健作氏が千葉県知事に県民に「完全無所属」だと嘘をついて、千葉県知事になったときこのまま首都圏の知事が次々とポピュリストに入れ替わったら、たとえ自民党の危機でも、その知事たちが連合して新自由主義・タカ派のポピュリズム新党を作り、キャスティングボートを握る可能性があると思っていた。結局は政権交代の内実が破壊されることになる。

 今度の橋下大阪府知事の地方分権新政治勢力というものは、自民党や民主党に地方分権の政策を入れさせると言いつつ、このポピュリズム新党を目指したものだ。その「地方分権」はどこでも受け入れられる程度のもの。実質は自民党と連立して救済すると共に民主党の新自由主義への回帰と引きずりこみをねらったものだ。

 しかし、なぜ中田横浜市長が入っているのだ。少し意外には思う。今週の「週刊朝日」によると、中田市長の勉強会が母体となっていると報道されている。この勉強会で何らかの政治的アピールをしたほうがいいのではという意見が交わされ、こういう動きが出てきたそうだ。ただし、中田市長は橋下知事に比べると慎重派で、ずいぶん差があるようだ。

 しかも古賀誠自民党選挙対策委員長が、東国原宮崎県知事に総選挙の出馬要請をしたことからこの戦略が打撃を受けた。東国原知事の機会主義的で政治的センスのない面が露骨に出て、自民党に色気を見せておいてなおかつ総裁でならば、という趣旨の発言をしたことで、自民党内部からも大きな反発を呼んだのだ。
 このせいで橋下大阪府知事も東国原知事と別行動を提案した。
 東国原知事はテレビ出演をたび重ねて宮崎県の宣伝はするが宮崎の行政や経済的な面で何もしていない。


http://www.pref.miyazaki.lg.jp/
parts/000114916.pdf

21年度予算
投資的経費の縮減・重点化▲5億円
(1) 公共事業の縮減・重点化
・新直轄、維持管理経費を除き、前年度比▲5%
・新直轄、維持管理経費は所要額
(2) 必要性、緊急性が特に高いものを除き、施設の新規着工を凍結

特に平成21年度歳入不足 ▲337億円

収支改善の取組み(一般財源ベース)
(単位:億円)

1 人件費の削減         16
2 投資的経費の縮減・重点化  5
3 事務事業の見直し       58
4 歳入確保対策         18
計                  97


 不況下で何もできないのに、公共事業縮減もできず破綻している。むしろこのままでは破たんしてぼろが出るので中央政界へ逃げようとしているらしい。

 一方で、橋下大阪府知事も、この後大きなブレを見せる。地方分権を旗印にした新しい政治勢力結成を宣言して、まず大阪府内の市町村に呼びかけそして全国の自治体首長に参加するよう発言した。
 ところが、この勢力で既存政党の支持を決めようと6月29日に言い始め、大阪府市町村や石原東京都知事からも、政党支持に否定的な声が出た。これは当たり前でそんなことをするのは、無党派で当選している自治体首長の選挙まで影響して何らメリットはないのだ。

 そうすると、橋下知事は、独裁者として決めるわけにはいかないと、そう言ってるそばから、個人として一人で政党支持を決めると言い始めた。これでは実質橋下知事の政治思惑で引きずり回されることになりかねない。このまま行けば、新政治勢力そのものが空中分解する。橋下知事の政治センスそのものが突然おかしくなったのだ。

 しかし、私としてはこのまま雲散霧消することを願う。

FC2blog テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/30 18:05】 | 政治・経済
トラックバック(4) |  ]
 明日30日の火曜日に派遣村の実行委員会が解散する。もちろん、失業手当や公的な宿泊施設などの期限が切れる6月危機の中での解散で、まだ問題は山積みしています。しかし、別に公共予算が付いているわけではなくこれが限界のようです。もちろん派遣村村長の湯浅誠さんなどは相談活動の「もやい」や反貧困ネットワークなどの運動は続けるわけですが。

 しかし、国や公的な機関、自治体の動きはあまりに鈍い。またもや三重県桑名市で生活保護が打ち切られた53歳の男性が4月に餓死しました。憲法25条があるのにこれだけ問題が言われているのに飢え死にする人が出る。どうなっているのでしょう。

6月18日9時25分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=
20090618-00000108-yom-soci

同市によると、男性は昨年6月に清掃のアルバイトの仕事がなくなったといい、同8月から生活保護費を受け取った。しかし、男性が同12月に支給窓口を訪れなかったことから、担当職員が今年1月、自宅を訪問。この際、男性は「日雇い労働者の仕事が見つかったので、今後はそれで生計を立てていく」と話したため、市は以降の支給を打ち切った。

 同2月には、男性から「仕事が駄目になりそうだが、再受給は可能だろうか」と問い合わせの電話があり、市の担当者が「本当に駄目になったら相談に来てほしい」と伝えたが、その後、連絡がなく、4月26日に自宅で死亡しているのが見つかった。死亡は発見時の1、2日前とみられるという。


 朝日新聞の土曜別紙のbeの特集は派遣村村長の湯浅誠さんでした。どうしようもなく違和感がありました。予算の長期方針を定めた「骨太の方針」から社会保障費2割削減を社説であれほど批判した新自由主義どっぷりの朝日が取り上げるのです。生活保護の母子加算廃止も批判や調査もせず放置状態。
 湯浅さんや貧困問題もただ消費してしまうだけで忘れ去られたらと思っているような気がします。

 貧困や人権問題は飽きたですむ問題ではありません。

 ところが、雨宮処凛さんでもマスコミや世間にひしひしと消費していこうとする意図を感じるそうです。

 貧困問題は法的にはないことになっています。政治家は口先では「貧困対策」といいますが法律には「貧困」と書かない。書いたら対策しなければならないからです。また忘れ去るわけにはいかなくなるからです。
 これからの目的は貧困対策法の制定だと提案します。

 運動側は法律制定させ対応させることが苦手です。何かそういう発想と感覚がないのです。ところが今ほど必要なときはありません。総選挙の候補者に、法律制定をめぐって公開質問状を出せないでしょうか。

 また、生活保護を相談しているのに水際対策や消極的な対応で餓死した場合などは業務上過失致死で、その福祉事務所の実務責任者と所長を告発する必要があります。
 ええっとお思いになりますか。
 海水浴場で高波なのに危険警報や遊泳禁止措置を取らず、子供が溺れての死亡事故が起こり、役所の責任者が業務上過失致死で告発された例があります。このときは立件には至りませんでした。しかし立件されなくても、重大な圧力になります。

【2009/06/29 18:30】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 植草一秀さんの冤罪事件の実刑の最高裁判決が出た。

 2006年9月に走行中の京浜急行の電車内で女子高校生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元大学教授植草一秀被告(48)の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴判長)は27日までに、被告の上告を棄却する決定をした。懲役4月とした一、二審判決が確定する。決定は25日付。植草被告は「本当の犯人と間違われた」と無罪を主張していた。

共同通信


 ほぼ証拠などまるで考慮しないという形だ。これではいかなるでっち上げも可能だということになる。この判決に関して植草さんのエントリを転載する。

2009年6月27日 (土)
痴漢冤罪事件最高裁不当判決について

http://uekusak.cocolog-nifty.com/
blog/2009/06/post-0caf.html


 私が巻き込まれた冤罪事件について、最高裁第三小法廷が上告を棄却する決定を下した。言語道断の不当判決である。

もとより政治的な背景のある事案であるから、公正な裁判が行なわれるとは考えられなかったが、先般、痴漢冤罪事件で最高裁が逆転無罪判決を示したため、私のケースにおいても適正な判断が示されるのかどうかを注目してきた。

この事件でも、私を犯人とする証拠は被害者とされる女性のあいまいな証言だけであった。事件を目撃したという証人が出廷したが、警察に出頭した日付も公判での証言と事実が異なり、証言内容にも重大な矛盾が数多くあり、極めて信憑性の低いものであった。

公判では、もう一人の目撃証人が名乗り出てくれ、法廷で証言してくれた。この証人は、事件があったとされる時間帯に、私が何もせずに吊革につかまってぐったりしている様子を明確に記憶されていたことを克明に証言してくれた。証言の詳細な内容は事実に即しており、極めて信憑性の高い証言を示して下さった。

また、私の手指の付着物から採取された獣毛繊維数本が、被害者の着用していたスカート構成繊維と「類似している」との警察証言が証拠採用されたが、弁護側が私が駅事務室でもみ合った駅員の制服生地の構成繊維と比較する大学教授鑑定を行なったところ、手に付着した獣毛繊維が、駅員の制服生地の構成繊維と「極めて類似している」との鑑定結果が得られ、繊維鑑定からも私の無罪が推定されていた。

今回の裁判について、副島隆彦氏との共著『売国者たちの末路 私たちは国家の暴力と闘う』に以下のように記述した。

「私の裁判は現在、最高裁での上告審に移っていますが、こちらの主張を厳正に判断してくれれば、逆転無罪になる。ただ、私の場合は裏側に“政治”があると見ているので油断できないと思っています。」

予想通り、政治がこのような不当判決をもたらしたと考える。

事件の概要については、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』巻末資料に記述したのでご参照賜れればありがたく思う。

裁判所がどのような判断を示そうとも、真実はただ一つである。

私は嘘を言わない。私は天に誓って無実潔白である。したがって、心には一点の曇りもない。このような不当判決に遭遇して、怒りは沸騰するが、これが残念ながら日本の現状である。

幸い、多くの皆様が真実を見つめ、私の発する真実の声に真摯(しんし)に耳を傾けて下さっている。私を信じ、私の無実を確信して下さる方が多数存在する。

この皆様方の心を支えとして、私は自信を持って、今後も進んで参りたいと思う。

日本の命運を決する総選挙に向けて、微力ではあるが私もネットから全身全霊を込めて情報を発信している。そのタイミングでこのような不当判決が下されたことに対して、大変強い憤りを感じるが、いかなる弾圧に直面しても、節を屈せず、微力ながら一歩ずつ前進して参りたいと考えている。

多くの心ある人々の力を結集して、政権交代をあらゆる障害を乗り越えて達成しなくてはならないと考えている。

日本の警察・検察・司法制度の前近代性除去は、政権交代後の新政府の最重要課題のひとつになる。

なにとぞ、今後とも温かいご支援とご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/28 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 マイケル・ジャクソンが死亡したようだ。彼を意識したのは「今夜はビートイッツ」のミュージックビデオを見て、そのダンスの素晴らしさと新しさ、と音楽感覚のすばらしさに驚いてからだ。それは、「スリラー」で決定的になった。

 なお、芸能サイトだけでなく、米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)が、「マイケル・ジャクソンが呼吸停止状態でロサンゼルス市内の病院に運ばれ、死亡した」と、報じたので、ほぼ確定しつつある情報だと思う。

 一時代を築いたスター歌手が、亡くなったのだ。しかし、人生後半は様々なスキャンダルに彩られ、不名誉なままの死だったと思う。
 特に少年性愛者だったのではないかと虐待や監禁が疑われ、カリフォルニア州サンタバーバラ地方のトム・スネドン検察官に監視され、2回も起訴された。しかし、2005年にすべて無罪になった。ただし、米国では選挙で選ばれるため、この検察官の売名行為ではという指摘も高い。

 なぜ、彼ほどの成功者が名誉ある人生を送れず、孤独な後半生をおくらねばならないのか。アメリカ社会の、特にセレブたちの孤立した仲間内だけで完結するような病的な状態を、彼も知らずしらず取り込んで反映させてしまったのではないか。

 カナダから行ってハリウッドで子役時代に映画に出たテレビドラマ「アボンリーへの道」や映画『死ぬまでにしたい10のこと』、『あなたになら言える秘密のこと』などで知られる女優サラ・ポーリーが証言しているが、「ハリウッドは、まるで工場のようで、住んでいる人はほとんど業界の人たち。同じような話題、同じようなパーティーライフ。そんな大人たちの様子を見ていたら、なんだかとても不健康な気がしたんです」

 マドンナが成功後にイギリスに移住したというのも、そういうことが関係しているのかもしれない。

 彼は、少年時代に兄弟5人で、ジャクソン5の一員としてファミリーグループとして出てきて、私も若い頃にヒット曲は聴いていた。スターになった後に、その映像は見たが、顔はまるで違いショックを受けた。黒人らしい顔だったのだ。つまりは人工白人のために過激な整形手術と皮膚の脱色を繰り返していたのだ。
 彼は後に、"白人になりたいのではない、違うものを目指している"と弁明している。それならなぜ黒人の容貌と皮膚の色から変えたのだろう。やはり、どんなに弁解してもアメリカ社会が黒人のままではスタートしては完全に受け入れないからではないか。その無理が後半生の波乱につながったのではないか。

 今は、彼の業績をたたえ、その魂の安らかな眠りを祈りたい。

「マイケル・ジャクソンさんが心肺停止」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/06/post-e270.html

日本時間の26日午前4時ころ、歌手のマイケル・ジャクソンさん(50)の自宅(カリフォルニア州ロサンゼルス、ホーンビーヒルズ)から救急車の要請があり、地元の救急隊員が駆けつけたところ、マイケルさんは心肺停止の状態だった。救急隊員がその場で蘇生術を施し、救急車で病院へ搬送されたが、現時点(日本時間午前6時30分)、容体は不明。しかしハリウッドの芸能サイト「TMZ」は「救急隊員が到着した時、マイケルはすでに死亡していた。救急隊員が蘇生を試みるも、彼は無反応だった。搬送された病院でマイケルの死が伝えられると、ラトーヤは泣き崩れた。マイケルは3人の子供を残して死んでしまった」と、すでに死亡が確認されたことを報じている。(2009年6月26日)


FC2blog テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/06/26 07:30】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]

Re: 尋常性白斑では
奈良たかし
> マイケルは、Vitiligo(尋常性白斑)という病気で皮膚が白くなったんですよ。裁判時に、医師が提出した診断書にちゃんと書かれてます。
>

> それに整形は、鼻と顎だけです。

Jyona 様
 その裁判の診断書は知っていますが、尋常性白斑にかかったということだけです。

 ただし彼はアルバムで上半身裸のしかも真っ白の体の写真を前面に載せて誇示しています。白い斑点ができてもあれほど半身が完全な同一の白さになることはなくてこの病気をきっかけに完全に色を抜く薬剤治療をしたのではと日本の専門医が死後に週刊朝日で証言しています。

 みたところでは鼻と顎と頬ですね。しかも骨を削るような完全な整形です。そこまでする必要がどこにあるのです。


Jyona
マイケルは、Vitiligo(尋常性白斑)という病気で皮膚が白くなったんですよ。裁判時に、医師が提出した診断書にちゃんと書かれてます。

それに整形は、鼻と顎だけです。

コメントを閉じる▲
 自民党の古賀誠選挙対策委員長が、東国原宮崎研知事に、衆院選出馬を依頼したことについて、同党丸山和也参院議員が参議院議員総会で発言し、東国原氏が自らを総裁候補とすることを条件に挙げたことについて、「本当に情けない。(党には)人材はいっぱいいる。古賀さんの責任をきちんと追及すべきだ。場合によっては即刻辞任してもらうようなことがあっていい」と述べ、古賀氏を厳しく批判した。

 そのうえ、他の議員からも「そうだ」との声があがった。

 しかし、選挙対策委員長に就任した2007年10月以来古賀委員長は選挙態勢を固めるために各地を全国行脚している。その結果が人気のある東国原知事への依頼だったわけだ。もはや自民党が止めようもないくらい崩れ果てていることをあまりに知りつくしたのだろう。

 ところが、丸山氏は弁護士で議員になって地域から感覚が遠くなっているらしくてその自民党の惨状が理解できないのだ。しかも議員総会で賛同者がいたようだ。でも地域がわからない政治家なんてありえないだろう。もう自民党は内部からも崩壊しつつあるのではないか。

 崩壊への関門の一つが都議会選挙だ。麻生総理が高をくくっているのは、これが中選挙区制で、42選挙区、定数127で、平均で1選挙区3名程度。それで自民党が各地区でかなり一人以上当選するという観測があるからだ。それで第1党は長年譲ったことはない。
 逆にいうとここで負ければ自民党は崩壊の序盤に入ったということになる。

FC2blog テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/24 22:30】 | 政治・経済
トラックバック(4) |  ]


scotti
自民党の閣僚が、自民党には麻生さん以上の人材はいないって断言しているんだから、総裁を変えるには外部からって話になるのでしょうね。
でも宮崎県知事って、いつもでたっても視線は、そのまんま東のままじゃん。
難しい名前に変えなくてもね。
宮崎県を捨てたら、また、そのまんま東かな。
いまでも、県庁に要るより在京のテレビ局にいるほうが多いのかも?
異常に多いテレビ出演は一体誰の要請なんだろうね???
大阪の知事さんも、不思議。

コメントを閉じる▲
 日本郵政株式会社の西川社長が、佐藤勉総務大臣に業務改善命令に対する最終報告書を出してその日のうちに西川社長と現在の取締役全員の続投を認めた。ニュースで見て唖然として言葉もなくしばらく頭が真っ白になった。

 これほど批判されて一挙に内閣支持率と自民党への支持が落ちたのに何一つ影響もされずそのまま決めたのだ。西川社長は報酬の30%を、高木祥吉副社長も報酬の10%を各3カ月間返上というだけでそのまま認めた。
 批判は当然で、不動産価値で79施設の固定資産税評価基準額は856億円、それを109億円でオリックスに売却しようとした。他にも東京の不動産開発会社に1万円で売却された施設が、建物取り壊し後、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6,000万円で売却された。社会福祉法人は元が1円で売却されたと知って驚愕したとニュースで流していた。

 露骨な国民資産の横流しである。本来は全員逮捕されてもおかしくない。

 明治時代、元老の一人の黒田清隆は、北海道開拓使という役所の長官だったが、その役所の廃止直前に開拓使の工場や鉄道、牧場、鉱山などの膨大な国有財産をもとの部下に何十分の一の値段で払い下げようとして指弾を浴び、黒田は失脚した。これでは明治時代よりまだ劣る。

 日本郵政株式会社は長年の国民の財産により構成されている。それを守るため総務大臣に日本郵政株式会社の事業と人事権に許認可権が与えられている。それを正論を主張した鳩山邦夫前総務相を更迭して、形だけの処分ですませたのだ。
 国民無視もここまできた。

 これほど国民を馬鹿にした話はないだろう。正直心配になってきてなにかクーデターとか、別の手を考えているのではないか。そちらの方を心配する。

FC2blog テーマ:郵政民営化 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/24 21:25】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 菅家さんの再審開始が決定した。それはいいのだが、取り調べの問題点や冤罪を作られる過程、警察の問題点などの検証を求めていたのに、東京高裁は何もせずただ再審を開始してしまった。

 そんなごまかしをしていたら何度でも同じことが繰り返される。

 当初は八海事件のように戦後の混乱の中で冤罪は起こってそれで戦前の非民主的な警察体制が残存してそのせいだと信じられていた。

 ところが、島田ラジオ商事件のようにそうでない冤罪が出て警察の構造的な問題であることが判明した。その後も狭山事件、名張毒葡萄酒事件、土田ピース缶爆弾事件、甲山事件、志布志事件と、続々と冤罪事件は作られる。それなのに警察と法務省は逃げ回り何もしようとしない。

 これは菅家さん側が求める努力などしなくてもいい問題で、本来は国会などで第三者委員会や独立検察官などおいて率先して追及すべき問題だ。

 こういう場合の取り調べは、まず、強制迎合自白で、強制されて抑圧されて認めてしまい取調官相手に迎合してしまう。その後は当然知らないわけなのに捜査官が誘導する。「それは違うんじゃないか」「そうかな」とか捜査官がうその自白なのに事実関係を補強するのだ。

 菅家さんも、死体発見現場で「ここだ」と言うと、捜査官が「いや違う、もっと先だろう」と案内して菅家さんがそこが現場だと証言したことになってしまった。

 始めから犯人だと決めつけているから、全部思い込みと誘導で犯人にしてしまうのだ。菅家さんはまず犯行を認めたとき、抵抗できない自分が悔しくて泣いたそうだ。それも犯行を悔いて泣いたと解釈してしまう。

 それにたとえば連続殺害事件で起訴保留となった件で、昼12時から13時までしか休みがなくこの時間内で殺害したと自白までしたBちゃん殺害事件で、当日14時にBちゃんのNさん目撃証言があるとわざわざNさんのところに行き調書を無理強いして偽造修正してしまう。それがばれるとまずいので不起訴処分にする。とにかく犯人をスムーズに逮捕し自白させ起訴することだけが優先されて、事実は後回しで、そのためにいろいろ証拠偽造までしてしまうのだ。これでは冤罪が絶えないわけだ。
 そのうえDNA検査は、菅家さんとの型も違うし、もともと服に付いた体液と管家さんのDNAは同一でないというグラフまで出ており、はっきりしているのに、検査官自体が警察に迎合して、同じだとしてしまう。寄ってたかって冤罪を作っている形なのだ。

 自分と関係がないと思う人は、江川紹子さんのサイトの菅家利和さんのインタビューを見てほしい。警察が職場に来たため突然解雇されたのにその理由を問いただすこともできないような気の小さい普通の人なのだ。
「足利事件・菅家さんインタビュー」
http://www.egawashoko.com/c006/000290.html

 ある日突然家に警察が押し入ってきて、「子供を殺しただろう」と決めつけ「やってない」というと突然思い切り肘打ちでガラス戸に倒されガラスが割れる。そのまま強制的に対保証もないのに警察署に連れて行かれそれで何を言っても聞いてもらえず気の小さい管家さんは絶望して言いなりになってしまう。

江川紹子さんのサイトではほかにも、
「足利事件3 誰に最も責任があるか」 で、裁判官の責任を問うている。
http://www.egawashoko.com/c006/000292.html 
 裁判官は、最高裁で弁護側のDNA鑑定を示して、科警研鑑定のそのおかしさを申し立てたが、無視して上告から5年半もかけて何もせず上告を棄却して無期懲役刑を確定させた。最高裁の亀山継夫裁判長と、河合伸一、福田博、北川弘治、梶谷玄ら4裁判官は本当におかしい。

 足利事件の問題点を詳しく解説している。普通の気の小さい人が巻き込まれる状態をどうしたらいいか。
「足利事件から学ぶこと」
http://www.egawashoko.com/c006/000289.html

 真の謝罪となぜ起こったのか解明のために
「足利事件2 真の謝罪のために」
http://www.egawashoko.com/c006/000291.html

とにかく取調べをまともにして冤罪を防ぐために、
●取り調べには弁護士同席を義務付ける。
●代用監獄、警察署内の簡易留置場での拘留は冤罪の元凶であり廃止して必ず拘置所に収監する。
●冤罪捜査特別検察官を国会の手で任命して原因を捜査する。

 以上をただちに改正制定するように。

6月4日、プレスクラブ記者会見、55分 無料放送中
http://www.videonews.com/asx/
press/090604_sugaya_300.asx

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/23 23:50】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは

朝日新聞でも、NHKのクローズアップ現代でも、DNA鑑定は精度が低い(800人に1人の確率)ことに問題があったと言っています。
しかし、それは真実ではありません。真実を伝えたくなかったのでしょう。
本田教授は当時の鑑定方法で鑑定し直すと、科警研とは全くちがうDNA型が出てきました。
科警研のDNA鑑定は出鱈目だったということです。
鑑定を読み取ることができない、鑑定する技術に達していなかったと思います。
恐らく、数年間は鑑定は間違っていたでしょう。
その当時の鑑定はやり直さなくてはなりません。
飯塚事件など、取り返しがつかないことが分かってくるでしょう。
だから、裁判所も蓋をしたいのでしょう。

コメントを閉じる▲
 映画「ターミネーター4」を見てきました。

 これは、初回の「ターミネーター」がタイムマシンで送られてきた近未来の機械との闘いが始まっている時代の物語で、完成以前から何で今更そんなものをやるんだと疑問の声が高かったのです。見た結果としては、もう病気の映画ですね。まずなぜ社会全体と地球の表面すべてを破壊してまで、機械生命体が人間との闘いをしようとするのかわからない。人間より高い存在だと人工生命体であるスカイネットは思ったわけで人を絶滅させようとしているのに、そんな馬鹿なことをしても仕方ないのです。説明が付きません。もうそればかりの映画で中身がほとんどありません。

 その意味では、同じく人工生命体機械に人が支配された映画「マトリックス」とはまるで違う。彼らは人を支配しますが人間を生かしたまま眠らせ熱源として利用します。そして人は意識の中のみの世界「マトリックス」を生きるのです。
 しかし目覚めマトリックスから外へ出た人間たちが闘いを始めます。
 争った末に機械生命体は、争いの無意味さを認め、人間を解き放ち共生することを約束します。そしてこういいます。「本来エネルギーの確保には別の方法があるのだが人を使うこのような形にした。」
 そして、人間の代表が、「信じていいんだな」と言うと、機械生命体は「私を人間と一緒にしないでくれ」と言い放ちます。

 「ターミネーター」のお馬鹿機械とは何段も違う。人工生命体は、人よりは高い知性と位置にいると信じています。

 今回はアメリカ人の戦争と闘いしか知らない愚かな部分を、凝縮させたのが「ターミネーター4」ではないのでしょうか。闘いしか知らないからこんな荒廃の中で目的もかまわず争う映画になってしまうのです。それをおかしいとも思わない。

 「ターミネーター」と「ターミネーター2」は、人間の誇りと知性を感じました。愚かな闘いと荒廃を無くすためすべてを犠牲にして機械の攻撃と支配をはねのけようとする。

 それに比べて「ターミネーター3」では、およそ「9.11」テロ事件での被害妄想としか思えない駄作でした。絶えず闘いの中でしか生きられずそれなのにまた理由もなく攻撃される。それが文化そのものがおかしいのだとはけっしてわからない。あげくは自警団と連絡してリーダーとなるのです。

 その果てに、今回のアメリカ戦争中毒の荒廃の全面化である、この作品が作られたのだと思います。何しろ新三部作であと2作つくられる予定です。やれやれと思います。

予告編

FC2blog テーマ:ターミネーター4 - ジャンル:映画

【2009/06/22 23:40】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
 金曜日の日中、職場で暑すぎてちょっとノックダウン状態。軽い熱中症だったのでしょう。ところが夕方からどうしても映画上映会のスタッフで行かねばならず、行って若干やったが少しへたばってしまい横になっていました。それで上映が始まっても最初の20分間ほどは寝てはハッと起きるような夢うつつの状態。終わってホッとして帰りました。
 そうすると何と朝日新聞の夕刊に「小沢一郎、天の声の記事」。
「小沢秘書事情聴取で西松建設からの献金と認める調書」。
でももうしんどくて何もできず抵抗するという頭にならない。翌日の土曜日にも何もできないままでした。

 というわけでこれが西松建設前社長の国沢幹雄さんの裁判で直接関係がないので誰も反論せず、明らかな検察の反民主党のための宣伝の場として利用されたとわかるのですが、熱中症と同じように検察の言葉ということに抵抗できない人も多いので、かなり浸透したのでは。

 なんて汚いんだ、この自民党の番犬めと今日19日、日曜日になって腹をたてています。ただし民主党は、政権一歩手前で第三者委員会に検察介入だという形の国策捜査など厳しい批判をしないように言われたので、あまり激しい批判の声を出さない。それをいいことに何ということでしょう。
 私はこの批判をしないということには異論があります。やはり国策捜査で政権党の番犬と化していることはきちんと批判すべきでしょう。そうでないと逆に政権を取ったらそのように使うと見られてしまいます。批判してこそ、そんな私党のために使わないと国民にわかってもらえるのでは。

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/21 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 農地法が制定されたのは1952年で、戦前のように地主が自らは耕しもしないで小作人から過大な小作料を取り立て肥え太るという地主制を復活させないために、農地所有者は耕作者が望ましいという耕作者主義がうたわれ、、地域に住んで農地を実際に耕作する人と共同組織(農業生産法人)に農地所有と利用権の取得を認めていました。

 ところが昨日17日に制定以来という根本的な改正法が成立しました。今回の改正法は、耕作者主義を撤廃、外資を含めた株式会社や地域に住まない個人も農地の賃貸契約をした場合、原則として認められることになります。長年の経済界の要求だった一般企業の参入がついに認められたのです。

 しかし、農民は農業から実質的に離れ、しかも企業は利益を生まないとなるとただちに撤退して農業地帯は荒れ果てます

他には、
民法原則の20年を大幅に超える実質的な売却・所有に近い50年もの賃貸借期間を認めている。

小作地の所有制限を廃止して、貸借による農業経営の集中化が始まる。しかもその貸付地の第三者への売却も許可不要になりました。これは新たな地主制を復活させます。

 標準小作料の廃止も、年次などの賃貸借契約の基準がなくなり、一時的な一括払いにより農地を占有するようになり、一層の所有化に近い状態が起きる。

 民主党は修正させましたが、それは、
目的規定に、耕作者による農地所有の重要性や耕作者の地位の安定を入れ、

農地を利用する企業に役員のうち1人は農業に従事すること入れ、

家族農業経営に配慮する

というものですが、気休めの歯止めしかありません。

農民の大規模な農業離れと企業による農業支配と地主による大規模占有が始まるのです。

 農業の担い手がいなくなったのは既存の農民しか農地の購入が認められないという事実上農業という職業選択の自由が認められていなかったからです。しかし農業をやりたいという人は多いのです。

 また農業生産法人も近代化に立ち遅れ、いまや農業はサラリーマン農業がほとんどで、しかもその父親、つまりはおじいちゃんに指導されて個別にやっとしているという状態です。
 しかも、農業所得はどんどん下がっていく。
 米が下がるのなら需要の大きい小麦を作るなどの対策はほとんどすすめられていません。

 農家への、直接所得補償の導入をして、やり方を調べたり質問をしたり、連携するのに携帯電話サイトを活用する。各農業者の活力なしでは日本の自給率は決して上がりません。
 自民党のやっていることは、農業全体からの農業者放逐なのです。

FC2blog テーマ:農業ニュース - ジャンル:ニュース

【2009/06/18 23:55】 | 食・農魚業
トラックバック(1) |  ]


みき
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/

コメントを閉じる▲
 先週末に鳩山総務相更迭後の世論調査が実施され、麻生内閣支持率が激減したことが明らかになり、「首相にふさわしい政治家」でも、鳩山由紀夫民主党代表が34.6%となり、麻生太郎首相の23.9%を上回った。
 もう総選挙まで約一ヶ月を残すところとなり、打つ手がないことが誰の目にも明らかになった。
 任期の9月10日に解散したら、選挙まで40日間保てるなどとテレビでどこかの評論家が言ってましたが、任期満了による解散期日が近づくにつれて自民党の獲得票数が減ることを知らないのでしょうか。これ以上票数を減らしたくないのなら、7月末までにはどこかで解散する以外無いのだ。
●麻生内閣支持率( )内は前回
産経新聞 支持17.5%(26.2%)、 不支持70.6%(60.2%)
朝日新聞 支持19.0%(27.0%)、 不支持65.0%(56.0%)
毎日新聞 支持19.0%(24.0%)、 不支持60.0%
読売新聞 支持22.9%(29.5%)、  不支持67.8%(61.0%)
日経新聞 支持25.0%(30.0%)、  不支持65.0%(62.0%)

●政党支持率( )内は前回
産経新聞 民主党38.5%       、自民党19.8%
毎日新聞 民主党34.0%(30.0%)、自民党27.0%(29.0%)
朝日新聞 民主党29.0%(26.0%)、自民党22.0%(25.0%)

●首相にふさわしい政治家 時事通信
鳩山由紀夫民主党代表 34.6%
麻生太郎首相       23.9%

 麻生首相は今週も自爆政治に余念がない。

 鳩山総務相が西川日本郵政社長の後任リストの記述された手紙の公開をしたのに、「個人の間に出された手紙やら文章やらが、安易に外に出される方がおかしい」、リストを公開しないのかの質問にも「いろいろないきさつの話がある。その経緯を説明するのは聞こえがいいが、全部見せるのが正しいことか。」と否定した。

 しかも鳩山邦夫前総務相に近い古川禎久環境政務官が代議士会で、鳩山邦夫前総務相の辞任に言及した上で、「わが党は決定的に国民の信を失った。自民党はこの際、大政奉還を決断して国民の懐深く戻るべきだ」と叫んだ。民主党への政権委譲を求めるような苦し紛れの発言にも、麻生氏は古川発言について問われ、「なんの大政をどう奉還するのか正直意味が分からず、どういう意味かなあと思いながら拝聴していた」「若い方々には緊張感というものが非常におありになるんだなあと受け止めた」
 麻生さんは、一国の最高権力者であり指導者であると共に、自民党の総裁である。その自民党の中の人がこれほど困惑して述べていることに対し、愚痴のような発言や、のほほんとしたわからないとかのんきな感想はないだろう。もう政党の総裁ですらない。

 自民党の打つ手は二つしかない。
 一つはこういう自爆政治を続ける麻生総理を降ろして、名前の出ている舛添要一を後継総理に付ける。
 しかし、これは総裁の顔だけ替えてももう行き詰まっているのではないか。

 もう一つは、厚労省障害者偽証明書事件で民主党政治家を逮捕する。そのうえでマスゴミを使いまたもや大キャンペーンをする。しかし、西松事件での小沢前代表の秘書不当逮捕検に続く政治介入となると、検察に対する信頼は破綻して組織維持すらできなくなるので検察が応じない可能性が高い。
 ということでやはりもはや打つ手はない。

 もう民主党政権の交代は現実のものとなる可能性が決定的になったのでは。

 マスゴミも検察もそれを前提にした上でまともな分析と批判も含めた論評をした方がいい。自民党べったりはもうやめた方がいい。
 ただし、ひいきの引き倒しをしろということではない。
 民主党は批判したり、要求する部分は大きい。

 たとえば、この世論調査で私と同じく、政権交代が決定的になったと感じた鳩山由紀夫民主党代表は、1年後の参院選で社民党や国民新党との連立を解消するなどと愚かな発言をラジオでしたり。
 改憲に相変わらず熱心だったり。
 議員定数の比例区分を廃止しようとしたり。

 次期総理に対しての批判と要求をキチンとすべきだと思う。

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/17 18:00】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 待望の上橋菜穂子先生の傑作『獣の奏者』の続編、第3巻『獣の奏者 Ⅲ探求編』 第4巻『獣の奏者 Ⅳ完結編』、が今年8月11日(火)に発売されます。講談社も発表しました
獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編
(2009/08/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

獣の奏者 (4)完結編獣の奏者 (4)完結編
(2009/08/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


 紀伊國屋書店新宿本店、ジュンク堂書店池袋本店では、完結記念の上橋菜穂子先生の講演イベントがあります。末尾に転載します。

 しかし、アニメをちらりと見たり、評判だけを聞いて読んでない人も大人を中心に多いと思う。これは、長く厳しい話なのだ。こんな厳しい物語は上橋先生のこれまでの作品ではなかったような。これがどう続き、どのように完結するのか。と深い思いに駆られます。

紀伊國屋書店新宿本店 「獣の奏者」シリーズ完結記念 上橋菜穂子さんサイン会
■日時 8月23日(日) 14:00~15:00

■会場 紀伊國屋書店新宿本店 8階特設会場

■参加方法 ◎8月11日(火)10:00より、紀伊國屋書店新宿本店8階カウンターにて、『獣の奏者』第3巻・第4巻(講談社、税込各1,680円(予価)、8月11日発売予定)を2冊同時にお買い上げの先着100名様に整理券を配布いたします(お電話でのご予約もお受けいたします。 イベント当日までに対象書籍2冊をご購入の上、整理券をお受け取りください)。

※第3巻・第4巻を2冊同時購入で整理券1枚のお渡しとなります。

◎整理券の配布はお一人様につき1枚までとさせていただきます。

◎サインは『獣の奏者』第3巻または第4巻のいずれか1冊に入れさせていただきます。

◎色紙や既刊本などへのサインはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

■お問合せ 03-3354-0131(10:00~21:00)

◎イベントの期間・内容については急な変更等ある場合がございます。詳細は各店にお問い合わせください。

◎定員になり次第、整理券の配布を終了させていただきます。尚、当サイトでの整理券配布終了のご案内は遅れる場合があります。整理券の残数については各店にお問合せください。

http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/
event.htm#shinjukuhonten_02



『獣の奏者』完結記念 上橋菜穂子さんトークセッション~奏者の旅路~

『獣の奏者』完結記念トークセッション
「奏者の旅路」

上橋 菜穂子(作家)


■2009年8月27日(木) 19:00~ 満員御礼 お申込みありがとうございました。

『獣の奏者』待望の続編2冊同時刊行、とうとう完結!

決して人には馴れない、また馴らしてもいけない獣とともに生きる少女・エリンの物語に、待望の続編が登場します。「王獣」とコミュニケーションをとる方法を見出してしまったために、否応なく政治の渦の中に巻き込まれていったエリンは、その後どんな未来を選ぶのか。そして、人と獣という永遠の他者が奏でる未知の調べが響いたとき、いったい何が起こるのか…。さらにスケールが広がった『獣の奏者 Ⅲ 探求編』『獣の奏者 Ⅳ 完結編』について、著者・上橋菜穂子さんに語っていただきます。


◆講師紹介◆
上橋 菜穂子(うえはし なほこ/作家・川村学園女子大学教授)
作家。川村学園女子大学教授(文学博士)。専攻は文化人類学。
『精霊の守り人』にはじまる「守り人」シリーズ(偕成社)や、『狐笛のかなた』(理論社)で数々の賞を受賞。世界中で翻訳出版が始まっており、『精霊の守り人』はバチェルダー賞(米国で出版された翻訳児童文学の中で最も優れた作品に与えられる賞)を受賞。
『獣の奏者』は、2009年1月よりNHK教育テレビにてアニメ放送中。子どもからおとなまで楽しめる作品として多くの読者を魅了し、現在、フランス、ドイツ、スウェーデン、韓国、タイなどでも翻訳が進んでいる。
http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk.html


FC2blog テーマ:獣の奏者 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/17 12:20】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(0) |  ]
 遅ればせながら奈良市でも新型インフルエンザの感染者が確認されました。20代の女性です。
 とっくの昔に蔓延していて、感染者は一般化して多かったとは思うのですが。うっかりとウイルスのDNA検査に引っかかったようで。

 あわてて生徒を返してしまった学校もあったようで。そんなことしてなんになるのか。何と意味のないことをするのか。

 知り合いは、働きに行けなくなると保育所が休みにならないか怯えています。人が集まる集客施設や食品を扱う市場などの公共施設ではアルコール消毒液など用意し始めたようです。

 とりあえず役所関係の広報と報道資料です。報道資料が読みにくい、役所文書丸出しです。

 なお、これ以外に、感染した方は家事手伝いで勤務していないことがわかりました。また学校にもまるで関係がない。

 渡航歴もなく、両親、祖父母との5人暮らしで13日に自宅近くのスーパーに母親と自家用車で買い物に行った以外に遠出などはしておらず、家族にも発熱などの症状は見られない。どこで感染したのか謎です。しかし、近所におけいこ事には通っていたそうなのです。
 つまりは、感染経路などたどれないくらいに、ごく周囲に普通に大流行しているということでは。

奈良市役所WEB広報
新型インフルエンザ患者の発生について

http://www.city.nara.nara.jp/icity/browser?ActionCode=
content&ContentID=1245119458681&SiteID=
0000000000000&ParentGenre=1240821412034


平成21年6月16日(火曜)
奈良市新型インフルエンザ対策本部

 本日(6月16日)、奈良市保健所管内において、20代女性が新型インフルエンザに感染していることが確認されました。
 
 現在、患者さんは入院され、治療に専念していただいております。また、濃厚接触者につきましては健康監察を行っております。

 今回の新型インフルエンザは、早期に適切な治療を受けることで、多くの方は順調に回復されております。
 市民の皆様には、引き続き、手洗いやうがい、人ごみの中でのマスクの着用といった自らの予防策を実施していただき、正確な情報に基づく冷静な対応をお願いいたします。

 今回の事例は、発生した患者が児童・生徒等以外であることから、当面の対応方針は次のとおりとします。


学校、幼稚園、保育所、高齢者通所施設などの休業等の措置については、当面要請しないこととし、今後の推移を見て対応することとします。


公立施設の休業要請、イベント・行事等の自粛についても、現時点では、要請する段階ではないと考えます。
 今後、奈良市では、奈良県や関係機関と連携しながら、状況の把握を急ぐとともに、市民の皆様の健康を守るため、感染の拡大防止に努めてまいります。
 
 なお、発熱や咳、鼻水など、インフルエンザのような症状が見られた場合には、直接医療機関に行かれる前に、まず、発熱相談センターに、電話でご相談くださいますよう重ねてお願い申し上げます。


報道資料

新型インフルエンザ患者の発生について(第一報)


奈良県健康安全局 畑中、小山
奈良市保健所  前田予防課長


http://www.city.nara.nara.jp/www/contents/
1245119458681/files/influ_01.pdf


 本日午後、奈良県内において新型インフルエンザの患者が確認されましたので以下のとおり概要をお知らせします。

1 発生例 奈良市在住 20代女性

2 経緯  
  患者は6月14日(日)から咽頭痛があり、6月15日(月)に39゜Cの発熱があったため、一般医療機関を受診。インフルエンザ簡易検査の結果がA型陽性であったため、奈良県保健環境研究センターにおいてPRC検査を行ったところ、本日午後0時45分に新型インフルエンザ(A/H1N1)に感染していることが確認された。

3 現在の患者の状態
  昨日よりタミフルを服用中、今朝の体温36.8゜C、咳は軽度。現在容態は落ち着いている。
 奈良県立大学付属病院感染症センターに入院。

4 積極的疫学調査
  現在のところ、家族に発熱者はいない。接触状況の詳細については調査中。家族については自宅待機中、健康観察中。


FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/06/17 01:10】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(0) |  ]
熊谷ブログより転載

千葉市長熊谷俊人氏 千葉市長選で民主党推薦の31歳の2年間の市会議員の経験しかない熊谷 俊人さんが、5万3千票あまりの差で前副市長を破ってみごと当選した。
 これは、最大の原因は、前市長である鶴岡啓一前市長(69、自民推薦、公明支持)が収賄で起訴されて辞職。
 そのとき副市長だった林孝二郎候補が責任があると判断されたこと。
 また森田健作知事の当選後に県民を裏切るいい加減さと、自民党のあまりの政権担当能力が無くて見放されたことが相乗して今回の当選につながったと思う。

 これで、名古屋、さいたまの両市に続き政令指定都市市長選3連勝だ。

しかし、写真を見ても本当に若い。今日は議会の会派にあらためて挨拶したり大変だったようだ。順調にスタートを切った。

 だがおごらずしっかりと国民の政策を実現するため働いてほしい。
 政令指定都市は、名古屋市など、都道府県と並ぶほど比重がある。その゛政治的な力を高めて、しっかりと発言してアピールしてほしい。 格差社会をなくす。福祉と生活保護をきちんとして、貧困の罠に落ち込もうとする人を救いあげてほしい。財政難でもできることはある。

 

千葉市長選確定得票数

 

候補者名

確定得票数

 

推薦

当選

熊谷 俊人170,629無新[民] 
 林 孝二郎117,560無新[自][公]
 結城 房江30,933共新 
     

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/16 23:27】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 フェーズ6になったが、もはやだれも驚かないし、エントリにすらしないので私がしておく。弱毒性だし、日本国内は蔓延しているのに、情報が伝わらない。それは極端に、問診で絞り簡易検査で絞り込み実際のウイルスのDNA検査を抑えている。これではわからないわけだ。仮に蔓延していても季節性インフルエンザと何も変わらないのだからフェーズ5や6であっても何も怖くないのだ。というか他の先進国と一緒になった。

 ただし、問題は先進国で影響は軽くても、これから冬季に入る南半球の国の内で途上国は、実際の被害は大きくなる可能性がある。スペイン風邪も当時の世界人口は18億人、感染者は6億人、死者は5000万人と言われている。途上国の人口は現在52億人であり、もちろん同様の割合でなら死亡者は1億4千万人となるが、一定の医療水準はあるのでそこまでは被害が広がらない国も多いだろう。しかし、医療の貧困な国もまだまだ多い。メキシコでも高額なので実際の感染者は発表よりも数十倍と言われた。そのために途上国に対しては心配されている。
 WHOは、「6に上げたのは、途上国を含め世界が連帯して感染拡大を防ぐべきだという国際社会へのシグナルだ」と述べている。

 それに、数ヵ月後には、より毒性の高い第二波が襲うのは間違いない。
 
 いぜん、インフルエンザなどの対応のため厚労省を分割すべきだと書いたが、もう少し踏み込んでおきたい。舛添厚労相や、厚労省幹部が役にも立たないパフォーマンスのために水際作戦を行い莫大な無駄金が使われた。
 また舛添大臣が深夜あおったため国民に不安感ばかり広がった。

 こういうことを防ぎ、毒性の高い第二波に最適な対処を取り、途上国も応援したい。そのために、新型インフルエンザ責任官庁と責任者を明確にして専門職による対策をきちんと構築して実行する必要がある。
 その実現のために、国立感染研究所と本省の感染症対策の部門を分離して合わせて米国疾病予防管理センター (CDC) をモデルに日本版CDCを設立するよう提言する。

 なお、役に立たない幹部は本省で転勤してもらい、トップは岡田晴恵、実行部隊長兼報道官となる審議官は木村盛世さんを推薦する。

新型インフルエンザ:「警戒度6」でWHO局長、途上国支援呼びかけ
 【ジュネーブ澤田克己】新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げた世界保健機関(WHO)は11日、「第2の感染の波に備えるべきだ」(マーガレット・チャン事務局長)と警告するとともに、途上国への支援を呼び掛けた。

 チャン事務局長は11日の会見で、「ウイルスは医療体制が貧しい地域で広がっている」と、新型インフルエンザが途上国で重症化している点に憂慮を示したうえで、「6に上げたのは、途上国を含め世界が連帯して感染拡大を防ぐべきだという国際社会へのシグナルだ」と述べた。

 さらに各国に感染への監視を求め、感染がピークに達した国にも「第2の波」への警戒を要求。事務局長は「いくつかの国では感染者の2%程度が重症」としたが「今のところ死者数は少なく、重症者や死者が急増することはない」と予測した。

 ワクチンについては、季節性インフルエンザのワクチン生産は間もなく終わると想定、「生産容量全体が新型インフルエンザにあてられるだろう」との見方を示した。

==============

 ◇WHO事務局長声明(要旨)
 新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)宣言に関するマーガレット・チャンWHO事務局長の声明要旨は以下の通り。

 これまで74カ国で3万人近い感染者が確認された。人-人間の感染の広がりが追跡不可能な国もあり、今後のさらなる感染拡大は避けられない。パンデミックの科学的基準が満たされ、「フェーズ5」から「6」へと引き上げることを決断した。

 パンデミックの初期段階にある。重症度は中等度であると予想されるが、各国によってその程度は異なる。

 今のところ死者数は少ない。これから重症者や死者数が急増することはないだろう。

 ウイルスは若い人に感染しやすく、大半は25歳未満だ。いくつかの国の例では感染者の2%程度が重症で、しばしば致死性の肺炎を伴う。重症者の多くは、ぜんそくや心臓病、糖尿病などの慢性疾患、肥満を抱えていた。

 感染のピークを過ぎた国は「第2の波」に備えるべきだ。まだ広がっていない国は監視強化に努めてほしい。WHOは引き続き渡航の規制や国境封鎖をしないよう求める。ウイルスは医療体制が貧しい地域で広がっている。

 季節性インフルエンザのワクチン生産は間もなく終わり、生産容量全体が新型インフルエンザにあてられるだろう。
毎日新聞 2009年6月12日 東京夕刊


FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/06/13 23:55】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(0) |  ]
 鳩山邦夫総務相が辞任した。麻生総理日本郵政株式会社の西川善文社長を条件付きで続投させる考えを鳩山総務相に伝えた。鳩山氏はこれを認めなかったためであり、事実上の更迭である。
 聞いた時まさかと思った。麻生総理は小泉元首相の構造改革路線から離れる意向があったからだ。だから、指導力を見せつけて西川社長を首にして支持率アップに結びつけると思っていたのだ。

 自分を支えてくれるお仲間で、しかも麻生太郎を応援する議員たちの会である「太郎会会長」の鳩山邦夫を首にしたのだ。しかも今回は不祥事ではない。

 何ということだろう。もはや正常な政治感覚さえ麻生総理と自民党はなくなったのだろうか。加藤紘一でさえ、11日にはTBSラジオで麻生総理が決断して喧嘩両成敗で鳩山総務相と西川社長の両方をやめさせるべきだなどとわけのわからないことを言っている。西川社長はあれだけかんぽの宿や土地など国民財産の財界向けバーゲンセールをやっていたのだからやめさせるのは当たり前だ。鳩山総務相が辞めなければならないどういう理由がある。こんなバカなことしか言えないのか。しかも最もましな人がだ。
 自民党は、とうとう自爆作戦しか取れないようになったのか。

 それから、鳩山邦夫さんを持ち上げ過ぎるのは良くない。
 あの人は調子のいいことをぶち上げるが、いい場所を求めて無節操にそのたびに変遷していく人なのだ。そもそも民主党にいたのに鳩山兄と政策方針をめぐり対立が多くなると、1999年あっさりと離党して東京知事選に出馬した。それで落選するとなんと自民党に行ったのだ。あまり信念のある人ではなくふらふらとしているのだ。またどこ方面に行くかわからないところがある。顔を見ればわかるとおり野生の生存本能で動く面が強い人なのだ。

<鳩山総務相>辞表提出 「歴史が私の正しさを証明」と語る
6月12日14時20分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20090612-00000050-mai-pol


麻生首相に辞表を提出後、記者に囲まれる鳩山総務相=首相官邸で2009年6月12日午後2時4分、小出洋平撮影
 鳩山邦夫総務相は12日午後、日本郵政社長人事をめぐる混乱の責任をとって、麻生太郎首相に辞表を提出、受理された。首相は同日午前に鳩山氏と会談した際、西川善文氏の条件付き続投を認めるよう求めたが、鳩山氏が拒否したため事実上の更迭となった。後任の総務相は佐藤勉国家公安委員長に兼務させる。麻生内閣の閣僚辞任は3人目。事態収拾が遅れて問題が長期化しただけに、政権の求心力低下は必至だ。

【特集】鳩山総務相、辞表提出後の記者団とのやりとり全文

 鳩山氏は辞表提出後、首相官邸で記者団に「今の政治は正しいことを言っても認められないことがある。いずれ歴史が私の正しさを証明してくれる。自分が正しいと思ったことが通用しなかったので潔く政府を去った」などと述べた。また、「今回の首相の判断は間違っていると思う」とも語った。

 鳩山氏によると、首相は「信念を曲げられないということで本当に残念だがやむを得ない」と話したという。

 鳩山氏は「かんぽの宿」の売却問題が不透明だなどとして、西川氏の経営責任を追及してきた。29日に開かれる日本郵政の株主総会で西川氏の再任が議決されても認可しない考えを繰り返し示していた。

 これに対し自民党内では、小泉純一郎元首相や中川秀直元幹事長らが「(西川氏を交代させることは)郵政民営化の後退だ」などと反発。鳩山氏と西川氏のそれぞれを批判する意見の対立が表面化し、首相による早期の事態収拾を求める意見が強まっていた。

 麻生内閣の閣僚辞任は、昨年9月に成田空港の拡張が進まなかった原因を「(地元住民の)ごね得」などと発言して国土交通相を辞任した中山成彬氏と、2月に「もうろう会見」の責任を取って財務・金融相を辞した中川昭一氏に続き3人目。


FC2blog テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/12 18:20】 | 政治・経済
トラックバック(7) |  ]
政治資金問題を巡る政治・検察・報道のあり方に関する第三者委員会」が報告書を民主党に提出した。
本篇(623kb):
政治資金問題を巡る 政治・検察・報道のあり方に関する 第三者委員会 報告書
2009 年 6 月10 日(pdf ファイル)

資料篇(2,228kb):
政治資金問題を巡る政治・検察・報道のあり方に関する第三者委員会 報告書
資料編
2009 年 6 月10 日(pdf ファイル)

はじめに 当委員会の目的と課題
第1章 検察の捜査・処分をめぐる問題
 所管省である総務省に聞いても政治資金の記載についてきちんとした回答が得られない。その中で検察が法律解釈を勝手に変更する形となっている。
 また「新聞等では、これらの政治団体から寄附を受領した側の政治資金収支報告書には、これらの政治団体の所在地として「西松建設の本社所在地」が記載されている場合が多かったと報じられており、それは、寄附を受領する側が、実質的に西松建設と一体の団体と認識していたことを示しているだけでなく、両者の実質的に一体の関係が、関係者の間では既に周知の事実であったことを示している。」と容易に知りうるもので巧妙に隠していたと言うことを否定した。
 重大な政治的影響を生じさせた検察は大きな説明責任を負っている。


第2章 政治資金規正法のあり方について

第3 章 検察・法務省のあり方について
 任意聴取に応じた大久保秘書をそのまま逮捕する。この対応は疑問である。

第4 章 報道のあり方について

 検察のリークと見られる報道一色であった。

第5 章 政党の危機管理の観点からの分析
 国策捜査だと述べるのは司法介入だと見られかねない。
 政治家小沢個人と、政党である民主党が会見場所も政党本部の同一場所で行われ判然としなくなった。
 峻別して個人事務所ですべきだった。


第6 章 政治的観点から見た民主党の対応
 臨時代表を選出するなどすべきで、対応が不十分だった。代表に不測の事態が生じたときの体制をあらかじめ決めておくべきである。

おわりに
(補論)本件政治資金問題に関連する法解釈及び事実関係についての検討結果
【委員一覧】
飯尾潤(座長) 政策研究大学院大学教授
郷原信郎(座長代理) 名城大学教授、弁護士
櫻井敬子 学習院大学教授
服部孝章 立教大学教授

 郷原さんの影響が強いなと思う。しかし、国策捜査と述べないで、というのはとても了解できない。


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/12 01:25】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 年配の女性が駅前でビラを撒いていた。受け取ると何と幸福実現党のビラ。大川きょう子党首の写真と共に北朝鮮への攻撃と憲法9条改正、それに民主党批判を表面でうたっている。

 政策は防衛と憲法改正、対米協調自立外交。なかなか受けをねらっている。

 こういうブログを読まない人なら引っかかる人が出てくるかもしれない。それでいろんなところで書いてほしい。あの政党は大川隆法教祖の独裁をねらうもので他はすべてお飾りで何もない政党なのだ。本当は政党ですらない。すべてがキャンペーンのための幻影とまがい物なのだ。

 かつてオウム真理教も政党をこしらえて政界進出をしようとした。あれが政党だったかというとただの看板だけだった。今回も同じなのだ。教祖は「幸福実現党宣言」という本まで出して主導している。

FC2blog テーマ:幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/11 12:40】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 足利事件で、えん罪が判明した管家利和さんが、釈放されて初めてのインタビューに答えた。これは、末尾に掲載するが具体的な逮捕や取り調べ内容がわかった。

 足利事件と他の女児殺害事件をまとめる。
 足利市の栃木県境で女児が殺害されたという足利事件だが、これは同じ足利市内でほかに2件。県境を越えた群馬県尾島町でも一人が殺害されている。また群馬では桐生市でも1人殺害、太田市でも1人行方不明のままである。これは、栃木・群馬県足利市周辺連続女児殺害事件なのだ。しかも管家さんをえん罪に仕立てることばかりかまけていずれも未解決のままとなっている。

足利市内の残り2件も管家さんは自供させられているが物証がないと不起訴処分とされたが、実は一件に完全なアリバイがあるのだ。
 これは、その内の79年8月3日の事件ではB女児が行方がわからなくなった時刻についてだ。昼休みの正午から午後1時以外は勤務していて目撃者も多数いる。(「足利事件の菅家利和さんは無実です」足利事件年表HPから)

1979年8月3日午後2時過ぎ、付近の食堂の店員Nさんが、Bちゃんが同い年くらいの男の子と渡良瀬川の方へ向かって走り去って行くのを目撃。Nさんはすぐに警察へ連絡して、調書も作成された(これが行方不明になったBちゃんの、最後の目撃情報)。



 それで、県警側はどうしたか。

菅家さんが自供した直後、刑事がNさんを勤務先に訪問。菅家さんの自供と矛盾するNさんの証言を、考え直すよう説得され、後日足利警察署に出頭するよう言われる。そして菅家さんの自供と矛盾する12年前のNさんの調書の内容変更を要求される。そして、あろうことか目の前で警察官による調書改竄、捏造が行われた後、その捏造調書に捺印を要求され、しかたなく捺印。後日検事にも呼び出され、同様に捏造した調書に捺印させられる。

と目撃者の調書を改ざんしたのだ。それで不起訴処分にしたのだと思う。公判で調べ始められると調書偽造が分かり本件まで無罪となるからだと思われる。

 群馬県内の事件はいずれも群馬県警は管家さん取り調べへの捜査協力依頼を出さなかったようだ。筋の悪いえん罪だとわかったのではないか。

 とにかく、この足利事件の時これをモデルにアピールして科警研DNA鑑定導入が図られ、予算が付いたのだ。管家さんのDNA鑑定は間違ったのではない。無理に犯人に仕立て上げたのだ。管家和利さんは生けにえにされたのだ。どのように導入が事件の中で進んだのか表で示す。
足利事件の菅家利和さんは無実ですHP「足利事件年表」から。特定の言葉を「体液」に変更。

足利事件年表(DNA鑑定導入関連のみ着色)

月日

内容

1990年5月12日夕方7時頃、足利市内のパチンコ店から4才の保育園児Mちゃん行方不明となる。 
 5月13日渡良瀬川河川敷でMちゃんの遺体発見。ごく微量の体液の付着したMちゃんの半袖 下着、同川の水中で、泥だらけの状態で発見。同日夜、県警科学捜査研究所、Mちゃんの半袖下着に付着した体液斑を血液型鑑定し、B型と特定。
 10月科学警察研究所(科警研)がDNA鑑定を実用化へ
 11月末 聞き込み捜査により幼稚園バス運転手菅家利和さんマ-クされ、寺崎巡査部長、菅家さんの借家を訪問。捜査令状無しで室内を調査。勤務先へも刑事が聞き込み。以後彼のみが徹底的なマ-クを受け、逮捕まで約1年間も尾行され続ける。 
1991年3月勤務先への刑事の聞き込みが原因で解雇され、以後失業。 
 5月22日警察庁がDNA鑑定導入決定。 
 6月23日尾行中の刑事、菅家さんの捨てたゴミ袋を無断で押収。中に入っていた使用済みティッシュを押収。 
 8月21日科警研に半袖下着とティッシュをDNA鑑定依頼。 
 8月28日警察庁がDNA鑑定機器費用概算要求(1億1600万円) 
 11月25日DNA鑑定報告。一致との結果。(約2ケ月以上遅れて報告。意図的。) 
 12月1日早朝、警察は菅家さんを逮捕状もなく、足利警察署へ連行。同日夜中まで取り調べ。 
  夜半、自白。 
 12月2日未明、自供によりMちゃん殺害容疑で菅家さんを逮捕。 
 12月4日橋本警部、寺崎巡査部長、茂串清、手塚一郎警部補、福島康敏県警技官ら本 件捜査担当者8人を表彰。 
 12月5日科警研に菅家さんの血液の鑑定依頼。 
 12月13日渡良瀬川河川敷などを現場検証。 
 同日菅家さんの血液のDNA鑑定報告。 
 12月21日Mちゃん事件で菅家さんを起訴。 
 同日菅家さん、Bちゃん・Cちゃん事件も自供
 12月24日Bちゃん殺害容疑で菅家さんを再逮捕。
(ブログ注:23日拘留期限日)
 12月26日DNA鑑定機器予算が、大蔵省復活折衝で認可。 
1992年1月11日Bちゃん事件で現場検証。 
 1月15日Bちゃん殺害事件の捜査終了。起訴処分保留。

 

 

 

「刑事の声怖かった」 菅家さんインタビュー
2009年6月10日 10時45分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/
2009061090104550.html?ref=rank


 足利事件の再審請求で、17年半ぶりに釈放された菅家利和さん(62)が9日、本紙のインタビューに応じ、栃木県警の取り調べに対し、虚偽の「自白」をした経緯を振り返った。髪の毛を引っ張るなど暴力的な調べから自白に追い込まれたが、「やりました」と言った以上、説明しなければならないと考え、架空のストーリーを供述したという。

 【栃木県警は事件から1年以上、菅家さんを尾行。DNA型鑑定した体液の型が一致したとして91年12月、逮捕した】

 朝7時ごろ起きると、玄関をどんどんたたく音がする。「警察だ。菅家いるか!」って。ドアを開けたとたん、6人のうち3人がなだれ込んできた。「おまえ、子ども殺したな」と言われ、「殺してなんていませんよ」と否定すると、座った姿勢でひじ鉄を食らわされ、後ろにどーんと倒れた。むかつきましたよ、いきなり何をするんだって。

 【その日は日曜で、結婚式に出る予定だった】

 「そんなもん、どうでもいい」と怒鳴られた。警察署に連れて行かれて「子どもを殺しただろう」「やっていない」と押し問答を繰り返した。昼をはさんで午後も同じ繰り返し。夕飯後、また繰り返す。どうしても聞き入れてくれない。頭の毛を引っ張られ、け飛ばされた。それぞれ1回。

 【夜中になり、菅家さんは「やりました」と“自白”する。刑事のひざが涙でぐっしょり濡(ぬ)れた】

 とにかく怒鳴られて怖かった。イライラして、もうどうでもいいやという気持ちになった。早く楽になりたかった。刑務所とか死刑とか、家族のことも全然頭に上らなかった。なぜそんな心境になったか分からないけど、刑事の手を握り締めた。涙が止まらなかったのは悔しかったから。認めたら、刑事の態度が穏やかになってほっとした。

 【犯人にしか分からない犯行の詳細や遺体の遺棄場所などをどうやって供述したのか】

 現場検証のとき、遺体を捨てた場所が分からない。「ここです」とでたらめを言うと、警察は「違う、もう少し先だ」と言う。「そうかもしれない」と話を合わせた。合掌して、心の中で殺された女の子に「おじさんはやってないよ」と念じた。

 やりましたと言った以上、どう説明しようかと考え続けた。一生懸命想像して話を作った。ムラムラとして恥ずかしいことを夢想した後、女の子の首を絞めたことにした。女の子が裸だったことも、警察で「これが別に捨ててあった衣類だ」と見せられて初めて知った。それも、後から付け加えて供述した。

 【別の女児殺害事件2件(栃木県警が再逮捕後にいずれも不起訴)についても“自白”した。このうち、1件は被害者の遺体がリュックに入れられていた】

 警察から聞いて、リュックをごみ箱から拾った話を作った。そうしないと、取り調べに答えられない。1日中調べられるから苦しくて、何でもいいから早く終わらせたくて。自分の性格は、小さいときからおとなしくて、反論ができない。人さまに「そうだろう」と言われると「はい、そうです」と言ってしまう。

 【菅家さんは裁判が始まってから、犯行を否認したり、また認めたりすることを繰り返した。これも不自然だとされた】

 やっていないと言いたかったけど、刑事が傍聴していると思うと怖くて。(第6回公判で)否認したのは、その日は傍聴席に刑事がいない気がしたから。でも、その後また「どうせ聞いてもらえない」とあきらめて、認めてしまったりした。論告求刑で検察官が「極刑にしてほしい」という女の子の両親の言葉を読んだ。初めて死刑になる可能性に気付いて、「とんでもない」と思った。

 【求刑公判の後、見知らぬ人から手紙が来た】

 その人は支援者で、1カ月後に面会に来た。私のことを「信じる」と言ってくれたんですよ。家族も言わなかったのに…。それで強くなれた。やっていないと言おう、と思えた。

 【刑務所生活は過酷を極めた。それでも菅家さんは弁護士に「不自由はない」と話していた】

 6人部屋に入ったら、同じ房に悪いやつがいて「1週間で全部覚えろ」と言う。布団のたたみ方やトイレ掃除、食器の洗い方…。うまくできず、殴られて肋骨(ろっこつ)が折れた。水を張った洗面器に顔を漬けられ、殺されると思った。急所をけられ、他人の小便や大便を食えとも言われた。医務室の先生に「やられたか」と聞かれたけど、最初は「何もされてません」と答えた。弁護士の先生には言わなかった。言ったら、殺されてしまうと思ったから。

 【獄中の17年半を経て、これからやりたいこと】

 私が捕まったショックで父親は死んでしまったし、母親も2年前に亡くなってしまった。逮捕されるまで、交通違反も含め、一度も警察の世話になったことはない。警察は市民の味方だとずっと思っていた。

 今までの人生は返ってこないけど、これからは冤罪で困っている人たちを支援したい。自分も支援してくれる人たちがいたから、ここまでやってこられた。取り調べの録音・録画があれば、今回のようなことは起きなかったと思う。DNA型鑑定も、逮捕の時だけ使うのではなく、冤罪だと主張する人に再鑑定する制度を法律でつくってほしい。

 菅家さんは現在、住まいが決まっておらず、一時的に足利事件弁護団の主任弁護人、佐藤博史弁護士の自宅に滞在している。最近はレンタルビデオ店に行き、大好きな寅(とら)さんが出ている「男はつらいよ」と、時代劇「必殺仕事人」を借りた。佐藤弁護士と本屋に行った時は、レジで店員から「菅家さんですね、おめでとうございます!」と握手を求められたという。

 今回の再鑑定で否定されたDNA型鑑定が証拠になっていることを菅家さんが知ったのは、裁判が始まってから。「取り調べで、DNA型鑑定の決定的証拠を突きつけられて観念した」というもっともらしい話も、菅家さんの認識とは異なる。

 菅家さんは釈放後に出演したテレビ番組で、司会者に「こうして女の子の首を絞めて…」と虚偽の自白内容を説明した。佐藤弁護士は「実際は自白をさせられた場面を再現しただけだが、スタジオには『やはり真犯人か』と緊張感が漂った。弁護士も誤解しそうになるほど“完ぺきな自白”をしてしまう。だけど、ちゃんと話を聞けば誤解だと分かるんです」と話す。

 佐藤弁護士は言う。「冤罪の結果、女の子たちを殺した真犯人が逃げている。このおそろしい事実をどう考えるか」

(中日新聞)


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/11 00:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 自民党の河野太郎衆院議員が、とりまとめ役の主査をする若手議員を中心にした「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」が、国営漫画喫茶を不要だと批判したが、この議員のいずれもが補正予算成立前に何も言ってない。そして補正予算にも個別の項目に反対しづらかったと補正予算に賛成している。

 私は、河野太郎さんには何も期待しない。確かに市民相手にはいいことを言う。特に原発関係では、「ごまめのはぎしり」などのメールマガジンなどでは批判する。私の知り合いの市民運動の陳情者にもよく会ってくれてそういうことをいう。しかし、必ず最後に付け加えるのだ。「反対したいけど一人では何もできない」。嘘言ってるわけじゃなくて本当にこう言うのです。
 何かどうしょうもないひとでしょう。政治家一匹仲間を集めていろんなことをやるのが仕事だろう、おい。

 河野太郎議員は、そういう形で批判していることに対し具体的な政治行動は無きに等しい。
 今回こそプロジェクトチームに参加したから名前が出て発言しているが、それも例外なのだ。やはりすべてが、ただの演技なのだと思う。

 今回のことは、何も自分の経歴に傷が付かない、実際の影響はなく自民党でもやっていますという、そのふりだけだから参加しているのだと思う。あまりに「国営漫画喫茶」が評判が悪いので、自民党でもいろんな意見があるのだと言ってみて少しは自民党に対する支持率をよくしようというねらいだ。

 と、いうのは「箱ものより人材育成に投資すべきだ」というのもかなりおかしい。少し漫画協会や意見を言ってる「金色のガッシュ」の雷句さんや「ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰さんなどをヒアリングしてみたらそんな話になるわけがないからだ。結局関係者の話すらも聞いてないのでは。それでは、麻生総理と何にも変わらない。

売れっ子漫画家すらあまりの収入の悪さに困っている。

写真など著作権問題で困っている。

アニメータも給与水準が低すぎて産業が底割れしそうだ。

 はっきりいって人など産業さえ豊かなら勝手に育つものだ。

 漫画に対する愛が感じられないなあ。大切に思ってなどいない感じだ。

 この人が参加して何か発言している場合は自民党と自分の評価を上げようという単なるパフォーマンスだと見て間違いはないと思う。こんな人に騙されてはならない。

アニメの殿堂「百害あって一利なし」と自民・河野太郎議員

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090608-OYT1T01160.htm

 「百害あって一利なし。予算を凍結すべきだ」──自民党の「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」の河野太郎衆院議員が8日、都内で開いた文部科学省との公開討論会で、今年度補正予算に盛りこまれた「アニメの殿堂」とも呼ばれる「国立メディア芸術総合センター」にかみついた。

 文科省の事業の必要性を評価するための討論会には、河野氏のほか当選1回の議員7人が参加。補正予算に117億円が計上された同センターに対するチームとしての評価は「不要」。その理由として、「(アニメ分野には)箱もの建設より人材育成に投資すべきだ」と指摘した。

 補正予算審議で野党が無駄遣いの象徴としてやり玉に挙げた同センターに与党からも批判が出た形だが、河野氏らは補正予算に賛成している。「予算は一括して賛否を問われるから(賛成した)。与党の一員として肩身の狭い思いだ」と強調する河野氏に対し、ある党幹部は「自民党は言論抑圧しないから……」と言いつつも苦々しい表情だった。

(2009年6月8日23時21分 読売新聞)


FC2blog テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/10 06:25】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 2007年に「おにぎりが食べたい」と遺書を残して餓死した北九州市の生活保護の水際作戦のせいで死んだというか見殺しにされた事件を覚えておられる方は多いだろう。これは弁護士が告発し全国に報道され問題になったので改善されたと言われ、私もそれを信じていた。

ところがだ。

 朝日新聞が載せないものでちっとも知らなかったが、同じ北九州市で「職員は男性の健康状態が良好と判断。「働ける能力があるなら、幅広く仕事を探してはどうか」と言われ、男性は保護申請をしなかった。」と、明らかな水際作戦で生活保護申請を阻まれ、4月に病死したことが6月5日判明していた。ところが、朝日新聞は、このこと自体を取り上げなかった。健康であろうが何であろうが生活保護は受けられる。阻むこと自体が違法なのだ。

 下記の共同通信の配信でも厳しく批判してない。報道した毎日は九州版のみ。読売新聞は福岡版だけで、しかも健康なら働けばと水際作戦で阻んだことをいっさい載せていない。

 しかし、読売新聞九州版では、「署員が4月13日に部屋に入ったところ、男性は布団に横たわった状態で死亡していた。死体検案書によると、死後数日から十数日が経過。摂食の形跡はなく、病死とみられる。家主によると、部屋に食べ物はなく冷蔵庫も空で、電気も止められていた。」と、病死というがほぼ餓死であることがわかる。またもや人が生活保護を拒まれて飢え死にしたのだ。

 何の役にも立たない北九州市役所など廃止すべきだと思う。報道しない、全国報道しない、批判しないマスコミも最低だと思う。

 なぜ、同じことを繰り返す。しかも記者会見した阿高和憲・門司区役所保健福祉担当部長(門司福祉事務所長)は「区役所での面談では、申請意思のないことを確認しており、対応に問題はなかったと考えている」と開き直っている。あまりにひどい。

生活保護受けず無職男性が孤独死 「健康と判断」と北九州市 47NEWS

http://www.47news.jp/CN/
200906/CN2009060501000684.html


 生活保護受給の相談のため北九州市の門司福祉事務所を訪れた無職の男性(39)が、職探しを続けるよう事務所に勧められ、保護申請をしないまま4月に自宅で孤独死していたことが5日、分かった。

 北九州市では2005年から07年にかけ、生活保護を受けられなかった人が相次いで孤独死したため、制度の運用を見直したが、今回の件について市は「相談時の様子から健康と判断した。対応は適切で、経緯の検証などは考えていない」としている。

 市保護課によると、男性は同市門司区のアパートに一人で暮らしていたが、昨年11月、勤務していた飲食店が閉店し失業した。求職活動中だった今年1月、同事務所に相談したが、対応した職員は男性の健康状態が良好と判断。「働ける能力があるなら、幅広く仕事を探してはどうか」と言われ、男性は保護申請をしなかった。

 アパートの大家によると、男性と連絡が取れなくなったため4月13日、警察官とともに部屋に入ると男性は布団であおむけに倒れ、死亡していた。数カ月分の家賃を滞納していた。市によると死因は病死とみられる。

2009/06/05 18:49 【共同通信】


39歳無職男性が孤独死、北九州市に生活保護相談後

読売新聞福岡版

http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/
fukuoka/20090606-OYS1T00268.htm


 生活保護の相談で門司区役所を訪れた同区の一人暮らしの無職男性(当時39歳)が、約3か月後にアパートの自室で亡くなっていたことが分かった。

 北九州市によると、男性は今年1月8日、区役所を訪ね、生活保護の受給申請について約30分間にわたって相談。勤めていた飲食店が閉店し、最後の給料約6万円を受け取った後、職を探していることなどを話した。区役所職員が健康状態を尋ねると、「特に病気はない」と答えた。最終的に、申請書を受け取らずに区役所を後にしたという。

 ところが、昨年11月に家賃を受け取ったのを最後に連絡が取れなくなったとして、アパートの家主が門司署に連絡、署員が4月13日に部屋に入ったところ、男性は布団に横たわった状態で死亡していた。死体検案書によると、死後数日から十数日が経過。摂食の形跡はなく、病死とみられる。家主によると、部屋に食べ物はなく冷蔵庫も空で、電気も止められていた。

 記者会見した阿高和憲・門司区役所保健福祉担当部長(門司福祉事務所長)は「区役所での面談では、申請意思のないことを確認しており、対応に問題はなかったと考えている」と述べた。

 同市では2005~07年、市側に生活保護の相談をした3人が相次いで孤独死したことが発覚。これを受け、市は職員向けの面接業務手引書を改訂するなど、「申請書を渡さない」などと相談者側に不評だった従来の対応を見直していた。

(2009年6月6日 読売新聞)


社会:北九州でまた孤独死 生活保護相談、受給されず

毎日新聞九州版
http://mainichi.jp/seibu/news/
20090605sog00m040004000c.html


 北九州市門司区の男性(当時39歳)が1月に生活保護について市に相談しながら、受給できないまま、孤独死していたことが関係者への取材で分かった。

 男性が住んでいた民間アパートの家主(67)らによると、アパートには数年前から母親と住んでいた。その後、母親が病死し、以来、男性は1人で生活していたという。飲食店に勤務していたが、昨年末に閉店したのに伴い失業した。

 男性は1月8日、門司区役所を訪れ、生活保護の申請について相談。しかし、市職員に健康で働ける状態にあることなどを指摘され、申請しなかったという。

 2月ごろから男性と連絡が取れなくなったため、家主が4月13日、福岡県警門司署員と自宅に入ったところ、死亡していた。室内にあった財布の中は9円で、冷蔵庫は空、自家用車は車検切れだった。遺書などはなく、死亡診断書によると、4月初旬までに病死したとみられる。

 生活に困窮した市民3人が05~07年に相次いで孤独死したのを受け、市は生活保護行政の運用を改善。保護を受けられない人も、民生委員らが巡回するなどの仕組みを設けている。

 男性の孤独死について市保護課は「生活保護に関する相談は個人情報に当たり、明らかにできない」としている。【平元英治】


【2009/06/09 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


-
精神的に止めを点したのは役所の人間だね。
人殺し

生活保護
小倉。
北九州市の生活保護とか
コネがあれば誰でも簡単に受給されるよ。


俺の身内なんか
審査もなく家庭調査みたいなのもなく
不正受給して2年?3年?だしね。

家族分の書類を当人が字を微妙に変えて書いて
(役所の人間も事実を知ってて見て見ぬふり(笑))
可哀想だけどコレが現実。
身内の不正受給を知って役所の人間に「俺は書類にサインした覚えもねぇ!」って文句言っても
「今は担当の者がいないので・・・」って逃げるだけ。
北九州市だけじゃなくて全国・・・いや
世の中コネがあればどおにでもなるってのは昔から変わってねぇよ。

コメントを閉じる▲
 えん罪でなぜやってないのに自白するか。

 足利事件で管家さんがなぜ自白をしたのか。ピンとこない方も多いようだ。

 それは、テレビでの刑事ドラマに毒されているせいだ。正義の味方で犯罪を追求する。でも現実の一番ベテランとよばれる刑事たちは基本はそんなことを考えていない。ただカンだけでピンと怪しい人間を見つける。ところがこれがたいていはずれている。むしろ、新聞記者の方がこれは怪しいという勘は、あたるのではないか。
 それなのに、刑事はこのはずれた勘で犯人と決めつけた人間を何とか追い込もうとするのだ。それを「落としの技術」だとうぬぼれている。


 えん罪の人はまずやってもいないことをやったと取り調べられる。とんでもない間違いをしているだけだと思ってそう必死になって言うがけっして調書には書かれない。
 「お前がやったんだ」と怒鳴られる。髪の毛を引っ張る。足を蹴る。終わって机の角やドアのところが危険で、突き倒されてそこに当てられケガをさせられる。抗議するとお前が勝手に転んだと言われる。

 そして、それに対して抗議し続けると今度はもう一人なだめ役がいるのだ。「あいつもきついことばかりして本当にすまない」などと言われる。でもこれは役割分担で硬軟取り混ぜて被疑者を追い込むためにやっているのだ。

 そして問題は取り調べ後で、本来は警察外の拘置所に移されなければならないのだが、現在は警察署内の留置場、ただの監視された檻の中である代用監獄に収監されている。夜の灯もついたままで寝るときでさえ見張られたままだ。伸びをしたり少し体を動かすのも了解がいる。文句が付く。扇の要状の所に監視人がいて、檻が丸見え状態のところなのだ。ろくろく寝られない中でふらふらになりながら早朝深夜にもたたき起こされたりして取り調べが続く。

 そんな風な生活で毎日孤立無援で毎日お前がやったと言われ、せめられる。それで必死になって抵抗するが親や親族や友人もお前を犯人だと思っているとか言われる。そうすると精神的に参ってきて相手に依存する心理が働くのだ。
 もちろん取調官はよくわかっていてやっている。その上「ここで認めて楽になって裁判で争えば簡単だ」とか誘導される。普通の人はこれが罠だとわからない。「やりました」この言葉が出てしまうと取調官の思うがままだ。

 ところで、えん罪の人は事実関係を知らない。知っているのは取調官だけなので、異常な話だがクイズを当てるようにヒントを出されて誘導されて当てていく。お前がやったんだろう、なぜ言えないのだと攻められる。それでも当てていく。時により「そもそも、やってないんだから答えられるか」などと反乱を起こすが、なだめ役の刑事に、押さえ込まれる。時により林檎やチョコレートなどがこういうとき与えられる。本当にこういうふだんでは何でもないものに飢えているので崩れてしまう。

 管家さんも自白後に現場検証しても死体の場所を知らなかった。あちこちおかしなつじつまが合わないところが調書を始めとして出てくる。当たり前であり、やって無くて誘導されて答えているだけなのでそうなる。でも裁判官は自白偏重に偏る人が多く裁判になっても問題にされない。

 例えば殺したことを悔いて被害者を悼む句や短歌など、こしらえてしまう。
 今取り調べの可視化でビデオで撮るように言われるが完全可視化でないと一部だとどうみても犯罪をやったことを証明しているように見えてしまう。たちまちえん罪の大きな原因となる。
 ビデオ撮影と共に米国のように、取り調べは弁護士立ち会いでないとできないようにすべきなのだ。

 起訴を控えて拘置所に移されて初めて我に返る。なぜやってもいないことをこれだけ認めていたのか。
 ところが裁判で無罪を唱えてもあっという間に有罪だ。それを再審で覆すには何十年もかかったりする。

 そもそもなぜこんな馬鹿げた取り調べを警察がするか。戦前の国家警察の流れをくみ、とにかく役所として犯人さえ適当に捕まえればいいと言う、真実と犯人を見極めるという常識から外れた流れが存在するのだと思う。
 こういう取り調べと、それとセットとなった代用監獄をやめないとえん罪は今も生み出されていく。

 ちなみに、私にいかに、こういう警察の犯人としての決めつけがいい加減なもので、えん罪がひどいものかを知らしめたのが甲山事件でえん罪で逮捕された山田悦子さんだ。殺人の被疑者として逮捕されて無罪を勝ち取って、亡くなった子供の両親の上申で検察審査会による勧告で再度逮捕された。この時はアリバイ証言した人までわざわざ偽証だと同時に逮捕した。そしてまた偽証だと逮捕された人も含めて無罪になった。この上申は警察のあおりがあったように感じる。

 その山田悦子さんに講演に来てもらい打ち上げで話した。この人が殺人犯でないと言うことは話してみればすぐわかる。この間の山田悦子さんの言葉にならないような苦しみは何のためだと深く絶望し、怒らざるを得ない。

 管家さんの17年半の苦しみ、多くのえん罪は権力犯罪だと思わざるを得ない。単なる誤認ではなく治安優先、業績アップのためのごまかしを警察がして人々を地獄の中で苦しめているのだ。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/08 06:55】 | 市民監視
トラックバック(1) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、お久し振りです。

江川昭子さんのブログに、菅家さんのインタビューが載っています。
http://www.egawashoko.com/c006/000290.html
そこで、自白したことばどが書かれています。
菅家さんは、劣等感があり、人や社会を恐れ、その場が上手く行くことだけが、生きる術だったように思います。
相手が怒れば、自分を曲げて、相手に同調して、その場をやり過ごす、それが気の弱いものとしての、生きていくやり方と身についていたようです。
だから、警察に怒られないために、適当な作り話をしてしまったようです。
支援者が現れて、自分を出してもよいのだと気付かれたそうです。
それども、栃木県警本部長から面と向かって言われると、怒れない、弱いところが出てしまうのが見て取れます。

コメントを閉じる▲
 今、キムタク木村拓也と綾瀬はるかの出演するTVドラマ「MR.BRAIN(ミスターブレイン)」が、評判である。確かに見ておもしろい。いつも同じである悪評のキムタクなのだが、綾瀬はるかという若き名女優との共演が功を奏したのか、とてもいいのだ。
 舞台は、「警察庁科学警察研究所」、略して「科警研」である。さっそうと科学分析と調査に基づき犯人を示すこのドラマ「MR.BRAIN」で、スポットライトを浴びる科警研がもう一つ別のほうから注視の的になっている。

 それは、1990年に4歳の女児が殺害された事件の犯人としてDNA鑑定が決め手とされて菅家利和さんが17年半も服役されていた足利事件。その冤罪の証拠となったDNA鑑定の判断誤りでだ。

 足利事件の菅家さんの冤罪の原因となったDNA鑑定について、旧型の方法なので精度が低かったとそればかりNHKテレビニュースなどで繰り返す。それはうそである。

 なぜかというと、弁護側の鑑定人である本田克也筑波大教授が、旧鑑定と同じ「MCT118」の方法で鑑定して証言している。
①菅家さんのDNAの型そのものが違う。
②被害児の肌着に残された体液と菅家さんのDNA型が同じだとした。

①の型が違うのはDNA塩基の繰り返しパターンを調べて目視で435通りの型のどれに当てはまるか見る。確かに間違いやすく、これは「技術に限界がある頃の話で、責めるつもりはない」と本田教授も言っている。
 しかし、②の肌着の体液と菅家さんのDNAが同じだとしたのははっきりとグラフが違っており、当時の科警研の技師が、明らかに警察の取り調べに迎合した形跡があるのだ。

 これは、手法の精度が悪かったでは済む話ではない。科学的鑑定は公正なものとして絶大な信用力がある。高裁や最高裁でもこの科警研の鑑定を信用して弁護側がそのおかしさを指摘して求めた再鑑定を認めなかった。再審でも再鑑定をするにはこれだけ年月がかかったのだ。

 冤罪作りに積極的に警察庁科学警察研究所が加担していたのだ。この問題はなぜこのようなことが起きたのか原因も含めて、もっと詳しく追及すべきである。
 科警研は、率先してなぜこんな鑑定となったのか説明する義務がある。

 そして、この当時の「MCT118」法で検査した事件をすべて調査しなおさねばならない。

 科学に名を借りた冤罪つくりなど最悪である。

揺らぐ旧DNA型鑑定 分析自体のミス指摘

朝日新聞 2009年6月5日 金曜日夕刊 サイトになし

 旧手法「二重のミス」

 「科学的捜査」の代名詞だったはずのDNA型鑑定。足利事件で菅家利和さんを「有罪」とする根拠とされた旧鑑定は、約20年を経て、誤りだったことがほぼ確実となって。検察側は捜査員の汗などのDNA型を誤って検出した可能性も探ったが、ついに折れて釈放を決めた。他の事件への影響もささやかれ始めた。

 弁護側が推薦した鑑定人の本田克也・筑波大教授(法医学)が今春の再鑑定で最初に手がけたのは、91年に行なわれた旧鑑定と同じ「MCT118」という方法を、もう一度試みることだった。
 本田教授は当初、女児の肌着に残る体液のDNA型と菅家さんのDNA型は一致するだろうと思っていた。「これまでの裁判で、そう認められているのですから」

 菅家さんの型は「18-29」というタイプ。しかし何度実験しても、肌着の体液からは、そのDNA型が検出されない。むしろ「18-24」という別の型がはっきりと出た。
 自分が間違えているのではないか。鑑定書を裁判所に提出する前日まで実験を繰り返した。「国が一度出した結論を、簡単に『間違っている』と否定できるわけがありません。でも何百回試しても、一致しませんでした」 旧鑑定では、肌着の体液と菅家さんのDNA型はともに「16-26」で一致すると結論づけていた。

 有罪の決め手となったこの旧鑑定について、本田教授は「二重の誤り」を指摘する。
 一つは、菅家さんのDNA型の型番がそもそも違うこと。もう一つは、肌着の体液と菅家さんのDNA型を同じだとしたことだ。「前者じゃ、技術に限界がある頃の話で、責めるつもりはない。でも後者は、勇み足だったのでは」

 というのも、旧鑑定書には 一つは、DNA型を示す帯グラフのような写真が添付されており、これが判断の根拠とされていたが、写真を見た本田教授は「これでよく同じ型と言えたな」と感じたからだ。
 旧鑑定からの約20年間で、DNA型鑑定は精度が高まる一方、適用件数も増えてすそ野が広がった。

 「DNA型鑑定は革新的な手法で、多くのケースで正しい結論を導くことは間違いない。しかし、残された試料の量が少なかったり、質が悪かったりするケースでは、今でも判定が難しいことに変わりは無い。鑑定人の技能などで結論は左右される」と本田教授は話す。

--------------------------------------------------------------
MCT118  DNA型鑑定の方法の一つ。89年に国内で初めてDNA型鑑定を導入した警察庁科学警察研究所が当初採用していた。髪の毛根や皮膚など人間の細胞の中に必ず含まれるDNAの一部に着目。塩基という成分の並び方の繰り返しパターンを調べて、435通りの型のどれにあてはまるかなどを識別する。現在主流の方法に比べ、多くの試料が必要で、精度の低さが問題視されていた。


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/07 23:55】 | 市民監視
トラックバック(1) |  ]

科警研の責任重し
愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは
私も朝日の夕刊に出ていて、ブログを書こうとネットをみたら、その末尾の部分だけカットされていました。
警察の圧力によるものか、自己規制なのか、分かりませんが、現状ではこの事実が取り上げられていません。
科警研の鑑定は、菅家さんと女児下着の体液がともに16-26、しかし本田教授が当時の鑑定方法で行うと、菅家さんは18-29、女児下着の体液は18-24、科警研は、菅家さんと女児下着の両方とも、間違っていたとは、驚きです。
一つもあっていない、あまりに酷すぎますね。
科警研が菅家さんを陥れたということになります。
DNA鑑定を捜査手法として導入するため、自分のものとなっていないのに、先走ったように思います。
丁度、経験未熟な医師がマニュアルを片手に腹腔鏡手術した、患者を死なせたようなものです。
科警研の方から、何故それ程、杜撰だったのか、きちんとした説明が必要です。
科警研がMCT118という鑑定方法で行った事件は、すべて再鑑定すべきですね。


コメントを閉じる▲
 もうやめるだろうと思っていた「スタートレック」の映画新作ができて公開された。11作目だ。この映画シリーズが袋小路に入って観客が減っていったのは、テレビシリーズから始まって並行しつつ映画もつくられ、余りに長い間続きすぎているというシリーズの長期化のせいだということがある。

 それまで見続けてきた人で、世界観やそれぞれの来歴を知っている人でないと映画の物語そのものが理解できないのだ。
 だからアメリカほど知られていない日本では最近ではスタートレックという言葉そのものを何とか隠そうとして、7作目「ジェネレーションズ」とか8作目「ファーストコンタクト」、10作目は「ネメシス/S.T.X」などと映画タイトルをつけていた。しかし9作目では「スタートレック 叛乱」と、再びスタートレックを付けてみたりと試行錯誤が続いていた。

 アメリカでのテレビシリーズも「スタートレック:エンタープライズ」 (舞台年代2151年 - 2161年)
2001年9月26日 - 2005年5月13日全4シーズン、98話放映を最後に打ち切られている。映画も、もう作られないだろうと思ったのは無理もない。

 しかも、第1、2シーズンではアメリカでも初めてタイトルに「Star Trek」の名を冠しないで、ただの「Enterprise」の題名で放送された。ただし、第3シーズン以降では「Star Trek: Enterprise」に戻された。しかも第一テレビシリーズ日本題名「宇宙大作戦」以前の宇宙時代創世記の話なので、これまでの設定など知らなくても楽しめる形だった。ここにもシリーズ自体への重荷がある。
 しかし、この「エンタープライズ」が不評なのは、世界の人種を乗せた宇宙船で新しい世界を求めて冒険の旅をする設定そのものが、9・11以降揺らぎ、第3シーズンでは敵を副主人公のパイロットが暴走という形で拷問したりする。そんなのスタートレックではない。

 シリーズの歴史が重荷になる。隠そうとする。あるいは根本的なポリシーが揺らぐ。でも、これはかなり矛盾した話で、何のためにシリーズを作っているのか、これではまるで理解できなくなる。

 アメリカンコミックの世界では、そのために設定をリセットしてパラレルワールドなどという形で主人公周辺のキャラクターだけ同じでまったく新しい設定で話を始める。
 もっとも続いているスーパーマンでも過去にパラレルワールドとして、最初の設定をアース1にして、新しくマイナーチェンジした世界をアース2として始めた。時々はこのパラレルワールドを訪れて話をふくらませたりもする。しかしそれでも足らず、1993年には思い切っていったん死なせてしまい復活させてかなり違った設定にリセットして再度始めるという乱暴なことをした。
 この手法が映画・ドラマのシリーズで初めて取り入れられた。

 今回の映画「スタートレック」は、現代から125年後という最も未来から古くからの登場人物のスポックを元のシリーズのレナード・ニモイが演じて、タイムワープして未来が過去とつながる形でスポックも敵もやってくる。配役は同じでタイムパラレルワールドで、設定をリセットして、ジム・カークやスポックなどキャラクターはおなじみだが、若い役者で配役して新しいスタートレックを大きくずれた話にして始めからやり直そうとするものだ。それを未来からやってきた年老いたスポックが繋ぐ形だ。
 つまりは時間の道筋は多様なので、未来から干渉があったからという形で、ぜんぜん違った筋書きでスタートレックを始めからやり直そうとするものなのだ。

 しかし、私や知り合いの古くからのスター・トレックファンにとってあまりに戸惑いは大きい。商業主義のための再設定などするくらいなら潔く中止するべきだったと思う。
 しかし、アメリカではかなりのヒットスタートで評判もよくて、シリーズ第2弾の製作も決定したということだ。なんてことだ。もう見に行かない、ということもないかな。


FC2blog テーマ:スター・トレック - ジャンル:映画

【2009/06/06 23:55】 | 映画
トラックバック(1) |  ]
 最近、周囲で古い音楽CD-ROMが音飛びするようになったという声を聞いた。

 いよいよ、という感じがする。1980年に規格がソニーとオランダのフィリップス社の共同開発で決定され、1982年に発売されたが、当初は永久保存できるというふれこみだった。

 それに対し、ディスクの材料のポリカーボーネートは、吸湿性が低い材料と言うが、低いだけで湿気を吸う。しかも中の音源記録部はアルミ製なので、やがて錆びるので耐久性は意外に低い。20年~30年もたてば音源としてはダメになるのではという意見があった。

 その後はみごとにレコードを駆逐して「レコード屋」という言葉そのものが、時の向こうに消えようとしている。
 その中で、耐久性の問題がやはり出てきたのだ。
 ところがこの耐久性の話がメーカーの手により封印されているらしくみんな聞いたことがない。
 早いものでは7年くらいで音飛びしたとのこと。湿度の高いところでの保管の仕方もあるだろうが、それなら黙ってないできちんと広報すべきではないか。

 DVDも同様に、ポリカーボーネート製なので同様の運命だ。DVD+Rディスク、DVD+RWディスクは、反射膜に銀もしくは銀合金を使用しているので、CDよりは強い。

 実はDVDメーカー各社は下記のサイトで「暗く湿度の低い涼しい環境で保管しましょう」と呼びかけている。でもあまりにこっそりと。これはアリバイのためだけではないか。もっときちんとテレビで流さんかいと思う。

DVD+R/RWの正しい保管法
 
http://www.dvdrw.jp/media/hozon.html

ほとんどのDVD+Rディスク、DVD+RWディスクは、反射膜に銀もしくは銀合金を使用しています。(中略)接着剤でポリカーボネート基板に接しています。通常は、この接着剤に銀の保護機能を持たせていますが、接着剤の選定が不適切であるとその界面で化学反応を起こし、銀が腐食する可能性があります。

さらに、紫外線にさらされる事でこの化学反応は促進し、銀が反応触媒になる事さえあります(図5)。その為、この接着剤の選定も開発段階では非常に重要で様々な接着剤を試して加速試験を行い、腐食の起きないものを選んでいます。
 また、DVD+Rディスクの場合、基板として使用しているポリカーボネート材料は、わずかですが水分を吸収します。その上の色素も水分を透しますので、それにより銀が腐食する可能性があります。それを防止するために腐食しにくい銀合金を採用しているメーカーもあります。
 では、銀反射膜が腐食するとどのような影響が出るのでしょう。銀が腐食すると反射率が下がりレーザー光でディスクを読み取る際、光が正常に戻ってこなくなってしまいます。その結果、その部分は欠陥となります。わずかな欠陥であればエラー訂正機能が働き、さほど問題にはならないのですが、腐食が広がるとエラーだらけとなり、もはや正しい信号を読み取る事は不可能となってしまいます。


 しかも水分が多い場合は加水分解といってポリカーボネート自体が水で分解して白濁して終わりを迎える。

 思えば昔のレコードは丈夫だった。多少たわんでも何とか聞けた。もっと強い材料やシール方法を研究するのが筋だろうと思う。

FC2blog テーマ:DVD・CD・ビデオ - ジャンル:趣味・実用

【2009/06/05 18:57】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 6月4日に自民党党改革本部が世襲制限を、無期限の延期、つまりは事実上棚上げにした。

 武部勤党改革実行本部長の世襲制限案にしても次の総選挙で親族が継いで立候補してば当選すれば追加公認する。対立候補は立てないという甘いものだ。

 それを批判しているという菅義偉選挙対策副委員長の案にしても、次の総選挙に公認が内定している候補者は公認して新たな候補者が出れば親族と同一の選挙区で公認しないというものである。しかし、内定している世襲候補者は神奈川11区の小泉氏元首相の三男、進次郎氏と千葉1区の臼井日出男元法相の長男、正一氏だけだ。自民党は早くから候補者を内定しており、他に新たな候補者が出てくることはない。

 両者の案ですらもともと自民党参加への儀式に近いものだった。それすらも自民党内部から異論が続出して現状のまま行くことになったのだ。
 もう自民党は骨がらみダメである。かつての自民党はこんな誰が見てもおかしな政党ではなく優れた現状認識と調査能力による政策と方針転換が打ち出せる政党であった。

 だからこそ、日本はもっとも成功した社会主義国だとも言われた。事実上の社会民主主義の政策政党だった。

 そもそも党是の改憲ですら表に立って主張などしなかった。それをやったのは中曽根政権の時だけで、それすら最後には現状での改憲提案を国会で公式に撤回した。

 たまに改憲を政治家個人として主張する閣僚など出るが、ふだんは護憲ではないが単に日本国憲法を見まもる政党だった。今から思えば信じられないほど面倒見はよかった。農業は壊したがそれも金で解決しようとしてきた。

 それがこの体たらくだ。権力亡者と財界と官僚のためだけの政党だ。福祉も庶民の生活も何も眼中にない。国民などどうでもいいのだ。

 あきらかに国民は世襲を批判し、改善を求めている。だから形だけでも世襲制限をすると思っていた。私のこの観測すらはずれてしまった。

 麻生内閣で多くの失政が目立つ。
インフルエンザの異様な水際対策の失敗と無効。
117億円の国営漫画喫茶と官僚天下り先の独立行政法人の補助が大部分で新しい進路を見いだし作ろうとしない官僚の思いつきだけを束ねた景気対策補正予算。
厚労省の分離の支持と支持してないというぶれによる撤回。

 かつては振り子対応で新たな方針の首相が選ばれ違う政策がなされた。だが今の自民党に何らそんなことは期待できない。

 今も自民党を支持している人が4割くらいおられるようだ。あなたはなぜ自民党を支持しているのか。このような自民党の現状をどう思うのか。
 麻生内閣がダメでも次にそれを転換するような自民党首相が選ばれると思うのか。惰性だけで支持していないか。

 日本の新たな進路を決めるのにどうすればいいかそれで選挙の投票をするべきだと思いませんか。

FC2blog テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/04 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]
 幸福の科学のことは、1991年の講談社のフライデーの教祖大川隆法と教団の記事でもめたことで知った。
 このとき講談社へはFAXがまず次々と送られてくる抗議文で紙が無くなってしまう。そして「講談社フライデー全国被害者の会」(会長・景山民夫、副会長・小川知子)を結成して景山が広告塔として活動し、そして女優小川知子を先頭にヒステリックな社屋前での抗議運動、そしてシュプレヒコール。これで小川知子は女優としてほとんど終わってしまった。
 その後は名誉毀損で裁判に持ち込んだが2002年1月18日最高裁で掲載に公益性があると敗訴している。それは当り前で記事の内容は、幸福の科学側が気に入らなくても公益性のある事実だったからだ。反社会的なカルトとしての性格をあらわにした事件だったと思う。

 「幸福の科学」が、政党を設立して300小選挙区での候補擁立で総選挙に臨む。241人当選を目指すとのことだ。

 これでまず思ったのは、森田健作氏のこと。週刊現代の記事では以前から幸福の科学の応援を受けて、入信していたようだ。そして5月27日の知事記者会見では、3月の知事選に際し宗教法人「幸福の科学」(東京、大川隆法総裁)から支援を受けていたことを明らかにした。

 幸福の科学出版『ザ・リバティ』2009年6月号には、「貧すれば鈍した?『森田知事』告発者たちの“正体”」と言う記事が掲載され、「森田健作氏を告発する会」を攻撃した。あからさまなねつ造記事だが、森田知事の「完全無所属」については徹底して「問題なし」と擁護する一方、当会世話人メンバー吉川県議、大野県議、井代表については、いかにも怪しげな「左翼活動家」と描きあげる。これで電車の中吊りにまで広告された。
 自民党どころか、幸福の科学にまで応援されている。こんな形はおかしいだろう。

 週刊現代が、5月8日号に幸福の科学と森田健作氏との関係について掲載したとき少し書くのをためらった。それは自民党の政治家が形だけのつきあいで票をもらっていることを知っていたからだ。

 しかし、「幸福の科学」は、危険なカルトで、それが政治に乗り出してくることですべての民主主義の基本を破壊してしまう。これはきわめて危険なことなのだ。
 だいたい、大川隆法はもともと、改憲・再軍備・周辺国侵略(大東亜共栄圏実現)を主張する、国粋的な民族主義・侵略主義の人間だ。そして新著『幸福実現党宣言』でも第9条(戦争放棄)、第20条(信教の自由)等、憲法のなかの「改正すべき数多くの矛盾点」を書いて改憲を主張している。
 それに支援された森田健作も本当におかしい。「幸福の科学」の政治戦略の一環として森田健作を支援し両者は癒着しているといってよい。

 Wikipediaから、

日本で一般に説明される「カルト」とは少数であっても熱烈な信者が存在するような宗教的団体を指す。カルト教団、カルト宗教ともいう。教祖が絶対的な権威を持つカリスマであり、その教義に排他的な所や反社会的な内容があることが多い。また、教え自体が、教祖の宗教的な信念に基づく思想ではなく、経済的搾取等の自己の欲望のために信者を利用するための表向きの看板に過ぎないことも多い。

日本の各教団のその誘訪方法はほぼ同じで、まず美辞麗句で誘い、詳細を知らせず入信させ、実践させていくことで精神を変えてしまう、というもの。そして「辞めたら不幸になる」と脅される。」



 改めて考えてほしいのは、このように宗教団体が政治に介入し乗り込んでくるのは、憲法政教分離の原則への違反で憲法への挑戦だということだ。その意味で公明党と創価学会もおかしい。彼らが見過ごされていることで、政教分離の原則がおかしくなるのだ。しかも大川隆法は先に紹介したように著書『幸福実現党宣言』まで出して教祖自らが政党を主導している。完全な憲法無視である。

 フランスの下院がカルトについてまとめた「報告書」の定義は通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。

セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、「セクト構成要件の10項目」を定義した。

●精神の不安定化
●法外な金銭的要求
●住み慣れた生活環境からの断絶
●肉体的保全の損傷
●子供の囲い込み
●反社会的な言説
●公秩序の攪乱
●裁判沙汰の多さ
●従来の経済回路からの逸脱
●公権力への浸透の試み


そして、国民に警戒を呼びかけている。
 カルトの危険性は、その豊富な資金力で権力に浸透し国家を乗っ取りかねないところにある。

 「幸福の科学」政界進出は、きわめて危険であり警戒すべきで軽く見てはならない。

 1議席も与えてはならない。1議席でも取れば、それを基盤にして全国的に活動を始める。

 創価学会・公明党も併せて、憲法違反として政治活動を規制すべきである。

 そのきっかけとなった森田健作はただちに反省して「幸福の科学」と絶縁すべきである。

 そしてなることなら森田健作氏も辞職していただきたい。

【2009/06/03 11:30】 | 政治・経済
トラックバック(6) |  ]