2日前の神戸市の感染した高校生に与えられた薬はみんなリレンザだった。タミフルは登場しない。それは、今年1月19日の国立感染症研究所の発表があり、国内での今シーズン発症したインフルエンザのN1H1型ウイルスがみんなタミフル耐性で効かないタイプだったのだ。しかも今シーズン分離されたH1N1型ウイルスのうち、米国では97%、欧州連合(EU)諸国では95%、オーストラリアや中米、アフリカ諸国では80-100%がタミフル耐性だった、というのだ。
 これが影響していると思う。

 ところが、 2009年4月26日の米国CDCからの対策の翻訳を掲載している国立感染症研究所のホームページの「豚インフルエンザに関する対策」では、タミフルとリレンザの双方を推奨している。私もニュースで国はタミフルとリレンザをすすめているのを聞いた。これは本当なのだろうか。

ブタインフルエンザの治療薬はありますか?

ブタインフルエンザの治療薬はあります。CDCはブタインフルエンザウイルスの感染の治療や予防にオセルタミビル(訳註:商品名タミフル)またはザナミビル(訳註:商品名リレンザ)の使用を推奨しています。



2009年1月19日 22時57分 エキサイトニュース 医療介護情報CBニュース

インフルエンザH1N1型、98%がタミフル耐性

 今シーズン日本で分離されたインフルエンザのH1N1型ウイルスの98%が、タミフルの効かない耐性ウイルスであることが1月19日、国立感染症研究所の発表で分かった。全国の地方衛生研究所から国立感染症研究所に送られ、解析が完了したH1N1型ウイルス52株のうち、51株がタミフル耐性ウイルスだった。

 タミフル耐性ウイルスは、遺伝子の突然変異でインフルエンザのH1N1型ウイルスを構成するタンパク質の一部が変質したことにより、タミフルへの耐性を得たもの。2007年に北欧で増加傾向が確認されて以来、世界的に増加している。今シーズン分離されたH1N1型ウイルスのうち、米国では97%、欧州連合(EU)諸国では95%、オーストラリアや中米、アフリカ諸国では80-100%がタミフル耐性だった。

 同研究所などは昨シーズン、日本におけるタミフル耐性ウイルスの流行状況の緊急調査を行ったが、タミフル耐性ウイルスは1734株中45株で、全体の2.6%にすぎなかった。だが今シーズンは、現時点で既に18道府県でタミフル耐性ウイルスが分離されており、H1N1型ウイルスのほとんどがタミフル耐性であることから、同研究所では「(タミフル耐性ウイルスが)全国的にまん延していることが推測される」としている。
 
 同研究所によると、このタミフル耐性ウイルスについて、現在のところ抗インフルエンザ薬のリレンザに対する耐性は確認されていない。また、今シーズンのワクチンもタミフル耐性ウイルスに対して有効に働くと期待されるため、「インフルエンザ罹患時に重症化や入院などのリスクが予想される場合には、今からでもワクチン接種が推奨される」としている。タミフル耐性ウイルスが通常のインフルエンザウイルスと比較して重篤な症状を引き起こすなどの違いは確認されていないという。

 今シーズン検出されているインフルエンザウイルスは、A型インフルエンザウイルスの亜型であるH1N1型、H3N2型とB型で、全体に占める割合はそれぞれ、36%、45%、19%。H3N2型とB型では、タミフルへの耐性は確認されていないという。

 今シーズン確認されたタミフル耐性ウイルスは、昨シーズンから欧州を中心に出現しているタミフル耐性ウイルスと同じ北欧系統。昨シーズンは米国や日本でハワイ系統のタミフル耐性ウイルスが検出されたが、今シーズンは見つかっていないという。


FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/05/18 23:24】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(1) |  ]
 今日で兵庫県と大阪府で一気に139人の感染者となった。アメリカ、メキシコ、カナダに次いで、世界で4番目に多い人数だ。

 大阪八尾市では小学6年生女児も感染が確認された。神戸市の5歳男児と60歳男性と、様々な世代にわたる。
でもやはり若い世代に多い。年配者にはどうやらソ連A型や香港A型の免疫が残っているようだ。

 一番気になるのは他府県の状況で、奈良県によると、奈良県内の中学生と高校生1,068人がインフルエンザのような症状を訴えて、学校を休んでいることがわかった。20日には、結果が判明するそうだ。もし感染が確認されればいよよい広域に感染が広がったことになる。

 なお、米国疾病対策センター(CDC)のダニエル・ジャーニガン博士は、感染者が4,700人だった15日に実際の感染者は10万人くらいではと推計した。把握されていない軽症者が大量にいるというのだ。この数式でいくと、日本では 2,450人くらいいることになる。
 
 現在の対策は鳥インフルエンザの強毒性のH5N1を前提にして徹底するようになっている。現在の豚インフルエンザの弱毒性で季節性インフルエンザと変わらないならもっと緩和すべきだ。

 実は、小学校の休校で、働いている女性は多くて困っている。仕事を休むか職場にともに行くかという状態になっている。
 早く解決しないとどうにもならない。まあこれは弱毒性でも同じだが。何か方法はないだろうか。

 家庭での対策は下記の記事がまとまっている。

【新型インフル】国内流行に身近でできる予防策
5月16日23時13分配信 産経新聞

http://sankei.jp.msn.com/life/body/
090516/bdy0905162246036-n1.htm


 新型インフルエンザといっても、予防策は季節性インフルエンザと大きくは変わらない。

 ウイルスは主に患者のせきやくしゃみのしぶきを通じて広がる。そのため、マスクの着用や帰宅時の手洗い、うがいは基本だ。特にマスクは自分への感染を予防するだけでなく、自分が感染した場合、他人への感染拡大の防止にも役立つ。マスクは「不織布製」が推奨されている。

 手洗いも、ドアノブや手すりなどを触った手で食事したり目をこすったりして感染するリスクを軽減できる。せっけんを使い、最低15秒以上が望ましい。

 せきやくしゃみのしぶきが飛ぶ範囲は1~2メートルといわれており、繁華街や人込みは極力避けるべきだろう。満員電車も感染リスクを高めるため、政府は時差通勤・通学や自転車の利用などを呼びかけている。

 蔓延(まんえん)したときに備えて、自宅に食料や生活必需品を備蓄しておくことも大切だ。特に慢性疾患を持つ人は、感染した場合に重篤化しやすいといわれており、主治医に薬を多めにもらっておくことが有効だ。

 食料や生活必需品についても2週間分の備蓄を勧めており、農林水産省のホームページでは備蓄食品の例を紹介している。

 日ごろから健康管理に努めることも大切だ。栄養バランスのとれた食事と十分な休息をとることで抵抗力をつけることができる。


週内にも対策切り替え=「季節性と変わらず」-新型インフルエンザ・舛添厚労相
5月18日18時14分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000128-jij-soci

 新型インフルエンザの感染者が急増した18日、舛添要一厚生労働相は同省内で記者会見し、政府の専門家諮問委員会から新型インフルエンザは季節性と大きく変わらないとの報告を受けたとして、週内にも対策を切り替える方針を示した。軽症患者の自宅療養などを検討する。
 舛添厚労相は、致死率の高い鳥インフルエンザを前提とした政府の行動計画は実態に合わないとし、「軽めの症状に合わせた形の対応に変えたい」と述べた。
 行動計画は現在の「国内発生早期」段階では、軽症者も含めて患者全員の入院を定めているが、今後は軽症者の自宅療養を認める方向。また、感染の疑いのある人が発熱外来だけでなく通常の病院を受診できるようにすることや、感染者と接した人にタミフルを予防投与する原則の見直しも検討する。 


FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/05/18 22:38】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(0) |  ]


散策
お大事になさってください。

>実は、小学校の休校で、働いている女性は多くて困っている。仕事を休むか職場にともに行くかという状態になっている。

神戸のブログをやっているかたが、保育園の例で同じことを書いていました。

コメントを閉じる▲