世界が警戒していた鳥インフルエンザ、H5N1と違う、豚インフルエンザの人への感染がメキシコで確認され、すでに60人も死者が出た。そして人の往来が激しいアメリカのカリフォルニア州メヒカリでも死者は出てないが3人の感染が確認された。

 メキシコと米国カリフォルニア州のウイルスの遺伝子は同じであることが確認された。
しかも普通は老人や子供のような体力のないものががかかるのに、いずれもふだんは健康な若者や40代が死んでいる。
眠り豚

すでに人から人への感染は確認された。 これまでにない特殊な遺伝子を持っているようだ。大警戒が必要である。

 豚インフルエンザは普通は人には感染しない。種が違うからだ。

 人のインフルエンザの場合は、鳥、カモからニワトリへと移り、ニワトリから豚、人から豚へは感染して、豚の体内で人のインフルエンザの遺伝子組み換えが起こり、人の新型ウイルスが、中国のニワトリから豚を経由して生まれてきた。これが通常の人のインフルエンザのルートなのだ。

 しかし、今回はあくまで豚のインフルエンザウイルスであるH1N1型ウイルスが、豚の体内で特殊な組み換えを起こして種を飛び超えてブタから人へダイレクト感染してきたのだ。

 今のところ、最大の問題はH5N1用に用意してきたワクチンメーカーが、H1N1に迅速に対応できるのかということだ。H5N1でも二か月と言っていた。

 今のところWHOでは、人から人への感染が確認されたが、「現在の状況が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」という声明を発表してどの程度の患者増加がなるか情報を集めている。警戒レベルのフェーズ4への引き上げは見送った。

 評論家の日垣隆が言っていたが、種を超えないから新型インフルエンザが危険なわけがないと。
 一週間に30冊の本を読むという速読の大読書家のくせに、何を読んでいるのかとあきれた。インフルエンザとは先に書いたようにその存在と感染サイクルそのものが種を超えたものなのだ。

 パンデミック、新型インフルエンザによる大規模感染はいつか起きるのだ。

 、
WHO動物由来の人感染新型インフルエンザ大流行警戒度
フェーズ1豚鳥インフルエンザの豚鳥から豚鳥への感染が確認される。ただし、人への感染の危険性は低い。
フェーズ2豚鳥インフルエンザの豚鳥から豚鳥への感染が確認される。ただし、人への感染の危険性が高い。
フェーズ3豚鳥インフルエンザの豚鳥から人への感染が確認される。ただし、人から人へ感染する型のウィルスではない。
フェーズ4豚鳥インフルエンザが突然変異し、人から人へと感染する新型のインフルエンザウィルスが発生する。ただし、集団感染には至らない。
フェーズ5新型のインフルエンザが人から集団へ感染する。ただし、小さな地域限定である。
フェーズ6新型のインフルエンザが世界中で流行する。

豚インフル:「フェーズ4」の場合 政府は対策本部設置

http://mainichi.jp/select/seiji/news/
20090425k0000e010049000c.html?link_id=RSH01

政府は25日午前、米国とメキシコで豚インフルエンザが人に感染したことを受け、WHOが人から人への感染と新型ウイルスが確認された場合に出す「フェーズ4」を宣言した場合は、麻生太郎首相を本部長とする対策本部を設置することを決めた。河村建夫官房長官が明らかにした。

 また、政府は同日午前、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。同日午後には全省庁課長級会議を開催し、政府としての対応を協議する。【坂口裕彦】



米とメキシコのウイルス、同一の遺伝子 豚インフル
2009年4月25日13時56分

http://www.asahi.com/international/
update/0425/TKY200904250051.html
  

 【パリ=国末憲人】メキシコで発生した豚インフルエンザの問題で、世界保健機関(WHO)は24日、一部のウイルスが、米国の患者から見つかった豚インフルのウイルスと同一の遺伝子を持つとの調査結果を公表した。現地に専門家を派遣し、警戒を呼びかけている。メキシコ国内の死者は62人に達したという。

 通常、人に感染しにくいはずの豚インフルのウイルスが広範囲に広がったことが確認されたため、感染拡大がいっそう懸念されている。

 WHOが明らかにした発生状況によると、メキシコでインフルエンザのような病気は3月18日に最初に確認され、4月になって急増。メキシコのコルドバ保健相は24日の会見で、23日現在、首都メキシコ市でインフルエンザが疑われる例が1004件報告されたと明らかにした。肺炎が少なくとも854例報告され、そのうち59人が死亡した。WHOによると同国中部サンルイスポトシでは24例報告され、うち3人が死亡。米国国境のメヒカリでは4例が報告されたが、死者は出ていない。

 米疾病対策センター(CDC)は23日、全米で豚インフルエンザ患者が7人報告されたと発表していた。WHOによると、米国ではこのほか、新たに9例の疑わしい例が見つかっている。

 カナダの研究所が分析した結果、メキシコの例のうち18例は豚のA型インフルエンザウイルス(H1N1)と判明。さらに、12例のウイルスは米カリフォルニア州で見つかったウイルスと同一の遺伝子を持っていた。

 通常のインフルエンザはお年寄りや子どもが患う場合が多いが、今回の患者の多くは、普段健康な若者。地域的にも広がりが大きく、予測しがたい事態が起きているのでは、との強い懸念をWHOは抱いているという。

 WHOはメキシコに専門家を派遣するとともに、25日にも緊急会合を開き、対応を協議する。WHOのマーガレット・チャン事務局長は24日、滞在中の米国で米、メキシコ当局者と情報を交換した。

ロイター通信によると、現時点で米、メキシコ両国への渡航を控える呼びかけは必要ないと、WHOはみているという。


FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/25 21:32】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(1) |  ]


おねえたま
さー やってまいりました 
パンでミック!! 
そろそろ人間ちゃんの時代も終わっちゃうのかな~ 
なーんて言わずにみなさん頑張って監禁されましょう! 

コメントを閉じる▲
 4月22日にあった千葉県臨時県議会のビデオができました。前にも書きましたが議会運営・議事は閉鎖的で分かりにくいので参考に再度議事日程付きで上げます。

http://www.chiba-pref.stream.jfit.co.jp/chukei/rokuga/index.html

 しかし、緊急質問や議事進行は大変に聞きにくいです。

 その理由は、あきれたことに、千葉県議会は議員席にマイクが用意されていないのです。
一般質問など、事前に通告している議員席だけにその都度マイクを設置している、という信じがたい状態です。

 しかし、議会はいつでも緊急質問や議事進行が発生するものですが、マイクが用意されていないために集音がうまくできないで、本会議場での緊急質問者等の声が聞き取りにくいのです。
 千葉県議会のHPのビデオ録画のところに、

「※音声の一部に聞きづらいところがありますが、ご了承ください。」
と表示が出ますが、これは悪いジョークとしか思えません。

 もちろん、「市民ネット・社民・無所属」では、各議員席にマイクを設置するように、以前から議長に要請していますが、いまだされていません。これは首都圏の原始的な議会と言えますね。

≪日程≫

1. 千葉県知事選挙に立候補した前・県議「西尾憲一氏」の議員辞職の報告

2. 知事選挙と同時に行われた県議補欠選挙で2人の当選者を紹介

3. 補欠選挙で当選した2人のうち、1人は自民党、1人は民主党の会派に所属すると報告

4. 千葉県の幹部職員の移動にともなう人事紹介

5. 県庁幹部職員の議会への出席要求について

6. 「森田健作知事」あいさつ⇒吉川ひろし「知事へ緊急質問」(予定)⇒暫時休憩

7. 緊急質問に関して「議運」が開催⇒大野県議が質問要旨を議運で説明

8. 本会議で「緊急質問」の必要性を採決

9. 議席の指定および変更

10.会期決定の件(臨時議会を1日とする)

11.議案5号(副知事)、議案6号(教育委員)、議案7号(公安委員)の総括質疑

   討論(10分):共産党が副知事人事について、  

   討論(10分):「市民ネット・社民・無所属」の川本県議が教育委員人事について

12.上記議案5号~7号の採決

13.議案1号~4号総括質疑(県立公園などの指定管理者の専決処分について)
    ⇒暫時休憩⇒常任委員会付託⇒常任委員会および議会運営委員会が開催

14.各常任委員長から報告⇒採決

15.発議案(緊急事件の認定採決)

   ①「百条委員会の設置」について・・・民主、共産、「市民ネット・社民・無所属」3会派の共同提出(予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

   ②「八ッ場ダム等の公約違反に関する問責決議」・・「市民ネット・社民・無所属」が提出(大野県議予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

   ③「完全無所属等の説明責任を求める決議」・・・「市民ネット・社民・無所属」が提出(小宮県議予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

16.閉会

FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/04/25 12:52】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

コメントありがとうございます。
卵かけごはん
奈良たかし様

真摯なコメントありがとうございます。
「ネウヨ」と言われる連中が外国人参政権の問題で民主党叩きに躍起になっている反面、「自end」トラバではこの問題に関してほとんど反応が無いので、ちょっと煽る気持ちもあってエントリーをUPした次第です。

文中の友人の発言ですが、日本人との結婚を反対されて感情的になっていた時の彼の発言。あえてその時の発言を取り上げた自分に作為があるのであって、彼が在日と言うだけで受けてきた、日本人からの圧倒的差別や不条理を知らない訳ではありません。

在日のパチンコ経営者の方が言ってた話ですが
「まさかこんな産業になるとは夢にも思わなかった」との事。
結局利用して巨大産業にしたてあげたのは利権にからんだ官僚や政治家の面々、日本人の方ですから、ある意味とんだ言いがかりですね。

言葉不足で誤解を与えたかもしれませんが、失礼しました。これからも率直なご意見&ご批判、よろしくお願いします。m(__)m
リンクさせて頂きます。

T.K.G.

コメントを閉じる▲
 全国に波及する可能性が高いのだが、4月22日に奈良県立病院の産婦人科医師が二人、深夜勤務が全く平日通常勤務と変わらない過酷さと忙しさなのに、時間外勤務手当を出さず、わずかな当直手当1回2万円しかもらっていないと04、05年の時間外手当の支払いを求めて奈良県を提訴していた。その判決が奈良地裁であり、「分娩や救急外来など、通常業務と変わらない勤務実態をしていた」とほぼ全面的に訴えを認めた判決が出た。

 労働基準監督署の基準では、当直というのは「ほとんど労働する必要がなく、病室の巡回など、軽度で短時間の勤務」とされている。実態とはまるで違うのだ。緊急手術や急患に対応するために、宿直の医師は仮眠すら取れないケースが多い。前日朝から宿直を経て、翌日の夕方まで連続30時間以上という激務もある。

 奈良県では、提訴された2007年6月から、定額の当直手当のほかに、実働時間は時間外勤務手当の対象とするように規定を変更した。

 実は全国的にこれは行われている。サービス残業で産科が支えられている恐ろしい実態がある。なんということだろう。これでは産科勤務医師が辞めていくのも無理はない。
 奈良県が全国都道府県にしたアンケートでは、37地域から回答で、いまだ定額の当直手当のみが6団体、定額当直手当+実働といわれる時間外手当のセットが29団体。

 これを受けて奈良県側は、裁判では当直中の「通常業務」は平均で当直時間の24%程度、それ以外の時間は入院患者の急変などに備える待機時間で、労働基準法が適用されない「断続的労働」と主張していた。
 それも裁判所には、断続的労働とは「常態としてほとんど労働する必要がない勤務」と指摘して、原告の勤務は「一人で異常分娩に立ち会うなど、睡眠時間を十分に取ることは難しい」と批判された形である。

 奈良県健康安全局武末文男局長は、
「(当直時間について)すべて(時間外勤務手当を)払えというのは予想していなかった」「(背景は)産科、小児科は医師が少ない。金の問題より医師が集められず十分な体制が組めないひと控訴するかは「判決文を詳細に読んだ上で検討する」とのこと。
「根本的には2人当直にできない医師不足がある。また、自分が主治医をしている患者の具合が悪くなったら、どんな場所に居ても呼び出される慣習があった」「今後は当直勤務の翌日は休みが取れるような勤務態勢の導入を検討したい」と、言っている。

 実は、奈良県立三室病院も、昨年二人いた産科医師が辞めて一人になり新規患者の受付を止めた。医師の善意だけで支えられているなんて、なんという国だろう。

 そして平成21年4月1日より、三室病院では分娩の取扱を休止してしまった。いまだもう一人の産婦人科医師が確保できない。南部の吉野山間地のすぐ脇にある奈良県立五條病院もすでに産科がなくなり、今度は平地の人口密集地にある三室病院でも分娩の取り扱いができなくなる。もはや末期的な医療崩壊のただ中だ。
 よそのことだと思っておられたらそれは違う。これは医療崩壊の全国でも最前線で起きたことで、ドミノ倒しのようにあなた方のところにも同じようなことが起きるのだ。

http://www.mimuro-hp.sango.nara.jp/sinryo_sanfuzinka.htm

 医療費は、薬品費が圧倒的に高い。それは薬品企業を重視した医療行政のせいである。医療費の重点を変更して、医師の医療行為の支払いを高くすることで、医師への給与支払いができ、医師も育てることができる。これでかなりの医療問題が解決すると思うのだが。

 医師はせっかく、m3などという医師しか参加できない専用の掲示板など、ネット環境が整っていて参加者も圧倒的な率なのだから、くだらないネット暴走で人権侵害などに血道を上げていないで、どうか医療問題を専門家としてきちんと論議してほしい。ご存じない方に説明したいが大淀町の病院タライ回しで亡くなられた被害者を中傷したり、この事件をまともな報道をしていた毎日新聞を攻撃したりなどしてきたのだ。一部でまだやっている。

 そういう愚かな行為でなくとにかく国民的な議論が必要なのだ。

FC2blog テーマ:医療問題 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/25 00:03】 | 医療再生
トラックバック(1) |  ]