森田健作氏は自民党支部長で政治献金をもらっただけでなく、違法政治献金まで当時禁止されていた外資50%以上の企業から受けていた。これはすでに「きっこのブログ」をはじめとして多くのブログで指摘されている。やっと報道された。

 しかし、周知の事実となった今、返せばすむのだろうか。これは、小沢一郎氏の政治資金の献金先の記載事項では別に相手先がどこから集めたか調べるようになっていない。そのまま献金相手を書けばいいのだ。

 しかし政治資金規正法には、外資50%以上の企業からは禁止とはっきりと規定されている。海外資本が規制されるのは当たり前だ。調べる必要があったのに調べていない。これは小沢一郎氏の件とは訳が違う。法的な公平からいっても逮捕する必要が明らかにあるはずだ。

 何もしなければますます国民の不信と失望が高まることを検察は十分に知るべきだ。

森田健作氏に違法政治資金、献金禁止企業から1010万円
4月3日11時19分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090403-00000398-yom-pol

 千葉県知事選で当選した森田健作氏(59)が支部長を務める自民党東京都衆議院選挙区第2支部が2005年と06年に、当時の政治資金規正法が禁じた企業から計1010万円の政治資金を受けていたことが3日、分かった。

 森田氏側は、返還を含めた対応を検討している。

 献金したのは、ディスカウントストア大手「ドン・キホーテ」(東京都新宿区)。政治資金規正法は06年12月の改正で外資規制が大幅に緩和されたが、それ以前は、外国人や外国法人の株式所有割合が50%を超える企業からの政治献金を禁止していた。

 有価証券報告書や同支部の政治資金収支報告書によると、ドン・キホーテは同割合が50・62%だった05年に計650万円、51・82%だった06年に計360万円を同支部に寄付していた。

 双方とも同法の規定を知らず、森田氏の事務所は、「返還の要否などを専門家と相談し、適切に対応したい」とコメント。ドン・キホーテも「専門家に相談した上で適切な処置をしたい」としている。


FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/04/03 18:30】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

逮捕して欲しいですね
もとい
森田氏以外に投票したのも、彼では自民党の政治になると危惧したからですが・・・

返還とかそういう問題ではないし、れっきとした犯罪をおかしているんだから、取り締まるべきでしょう。


コメントを閉じる▲