(官邸HPから引用)
0809iwao-uruma.jpg 内閣官房副長官(事務)が、内閣人事局長まで兼務することが決まった。そもそもこの内閣人事局長というのは官僚の人事を握ってしまう。600人に及ぶ幹部職員の人事も左右する。しかもそれを防衛庁(当時)の情報機関の室長までした情報官僚で国策捜査を指揮する漆間巌氏が兼ねるのだ。

 これは恐ろしい話だ。

 漆間氏は人間的には小人物だ。それはわかっている。
 しかし、戦争狂みたいなブッシュ前大統領だって、一度にA4一枚のことしか理解できないからとまとめさせていた知性のない小物だった。
前回まとめたものを読んでほしい。
http://isiki21.blog45.fc2.com/blog-entry-200.html

 それと、下記はこのことについての報道である。

●(日刊ゲンダイ2009年3月25日掲載)

あの漆間官房副長官が霞が関のドンになる悪夢
*いつのまにか内閣人事局長兼任へ
 西松建設違法献金事件で「自民党には捜査は及ばない」と口を滑らし、袋叩きに遭った漆間官房副長官。少しはこたえて、おとなしくしているのかと思ったらとんでもなかった。来年4月に設置される「内閣人事局」の局長ポストでもチョロチョロと動き回っている。大暴言のあとは公務員改革潰しにシャカリキなのだ。

内閣人事局長は霞が関の幹部600人の人事を左右する強力なポスト。自民党の改革派は政治主導で各省庁の抵抗を抑えつけるために、『内閣人事局長は事務次官以上の位置付けで新ポストを設置』という方向性を出していた。新局長は民間人という話も出ました。ところが、今年1月に『事務の内閣官房副長官が兼任』という案になり、それが押し戻されると、3月には『事務次官レベル』に格下げになった。スッタモンダの末、またまた官房副長官の兼任に戻るドタバタです。この流れをつくったのが官僚トップの漆間。政治家やその息のかかった民間人に人事権を奪われたくない霞が関の後押しも受け、強硬に官邸に働きかけたのです」(与党関係者)

自民党の中馬弘毅行政改革本部長は「副長官クラスの独立ポスト」に押し戻そうと麻生首相に直談判したが、のれんに腕押し。漆間の“毒”が回っている麻生は23日に事務の官房副長官が兼務するよう河村官房長官らに指示。31日に閣議決定し、国会提出という運びになる。

「本来、官房副長官の役割は政策面での官邸サポート。ところが、警察官僚の漆間は政策調整などにはまったく興味がなく、関心は人事だけ。当初から初代人事局長をやるつもりでいたのです。16日の会見でも『政治家を内閣人事局に入れるべきではない』と何度も口にしていて、この頃から自分の兼任という落としどころを想定していたようです」(永田町関係者)

西松の一件でクビが飛んだっておかしくはない漆間に仕切られている麻生官邸は、改めてどうしようもない。[2009年3月28日10時00分]



 実は、もっと問題は大きなもので事務の官房副長官は官僚のトップで、その副長官が人事権まで一身に握る。こうなると官僚の闇王国が出来上がる。官僚を政治的に動かすのも難しいほどになる。
 それに漆間巌のような「情報官僚」の道を歩んできた人がつけば、政治家を超えた力が振るえる。検察や警察を従えたやりたい放題になるのではないか。漆間巌はいつまでも副官房長官ではない。しかし彼をその「情報官僚」の道に進めたように、代々「情報官僚」として育ってきた人間が付けば私たちの民主主義は大きく損なわれる。

 しかも過去にも警察の裏金問題で国策捜査の原型となるような動きをしていることがわかった。
そんな人がなればこのままでは警察検察国家へまっしぐらだ。これは続けて書く。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/28 23:43】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 今年もメーデーの時期が近づいています。
昨年話題になったインディーズ系労働組合の全国メーデーも動き始めています。
その中でも東京で例年行われる「自由と生存のメーデー」の概要がほぼ決まったようなのでお知らせします。

 なお、公式サイトは以下です。
http://mayday2009.alt-server.org/

----------------------------------------------------------
  自由と生存のメーデー 09 --- 六十億のプレカリアート
----------------------------------------------------------

―生きることはよい。生存を貶めるな!
―低賃金・長時間労働を撤廃しろ。まともに暮らせる賃金と保障を!
―差別、排除、分断を許すな。やられたままで黙ってはいないぞ!
―殺すことはない。戦争の廃絶を!
メーデーを抵抗と連帯と創造の日に!

| 呼びかけ/連絡先:フリーター全般労働組合  |
| 主催:自由と生存のメーデー09実行委員会 |
| 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階 |
| 電話/fax:03-3373-0180 e-mail:union(at)freeter-union.org |

派遣村が大きく報道をされた
深刻な景気や雇用情勢が取りざたされている
政治家や官僚やニュースキャスターは「新自由主義の行き過ぎ」だといっている
誰もが判った様な顔で「セーフティーネットが必要だ」といっている

だが、たったいま、首を切られたらどうすればいい
寮を、アパートを、追い出されたらどうすればいい
相談できる友や同僚や肉親がいない者がいる
国や自治体などろくな手を打っていないではないか

働けない私の明日を誰が考えているというのか
働いても競争という綱渡りを強いられるだけではないか
意味のない仕事に意味を見つけ、上司の顔色をうかがい、自分を責めるしかないのか

そんな日々を終わりにするために、私たちは、あなたに呼びかける

私たちをだまし、嘲笑し、酷使し、搾取した奴らに反撃しよう
押し潰されそうな誇りと生活を励ましあって取り戻そう
公園やホテルやショッピングモールを開放しよう
街路や山々や渓流は、誰のものでもない、私たちのものだ
金持ちの子に生まれただけで金持ちになれることを許すな
貧しいもの同士が憎しみあい、争いあい、殺しあう世界を終わらせ、パンと薔薇を奪い返そう

不安定な生を強いられる60億の仲間<プレカリアート>たちの想像/創造はすでに始まっている

私たちは、あなたに呼びかける

生きることはよい
まともに暮らすために、全てをよこせ

さあメーデーをはじめよう

2009年3月5日 自由と生存のメーデー09実行委員会

<実行委運営上の確認> 警察官と警察への協力者、および政治的立場の違いを暴力によって「解決」することを実践し、その行為と思想を正当化し続ける人びとの参加はおことわりします。

【スケジュール】
<プレ企画>
○2009年3月21日(土)品川メーデー
 時間 19時-21時
 場所 品川区立総合区民会館(きゅりあん)第三グループ室 (品川区東大井5-18-1)
 交通 JR京浜東北線大井町駅下車 徒歩2分
 資料代 500円

○2009年5月1日(金)メーデー前夜イベント
 時間 未定
 場所 未定
 交通 未定

<六十億のプレカリアート
○2009年5月2日(土)
[集会]
 時間 13時-21時
 場所 東京ウィメンズプラザ・ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
 交通 JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
 都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

[デモ]
○2009年5月3日(日)
 時間 未定
 場所 都内

<アフター>
○2009年5月3日(日)デモ終了後

【2009/03/28 00:00】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]