箸にも棒にもかからないひどい映画。こんな映画がアメリカで空前の大ヒットで、公開後10日間で興収9000万ドル(約96 億円)を突破した。

 マーク・ミラーのグラフィックノベルの映画化だが、中身はいくらアクション映画でもここまでというくらい何もない。
 千年続く織物ギルドから生まれた暗殺団。そこにふつうのサラリーマンだった青年が巻き込まれ肉親との関係で覚醒するというお話。

 かつて中央アジアにあったアサシン団からヒントを得たのだろう。天涯の山奥にこもる暗殺教団という一度は聞かれたことのある話。でもあれは本当の話で倒したのは世界一強大だったモンゴル軍で、それでも2年者間兵糧責めにしてやっと力つきた。周囲の王国は貢ぎ物をする以外無かったのだ。

 こんどの暗殺団は織物の織り誤りから殺害する人物名を読みとって殺していくという変な集団。これにアジア的神秘なるものを感じとるのだろう。

 でもアンジェリーナ・ジョリーやモーガン・フリーマンのような演技達者をそろえておきながら、深い演技をする場面が一つもない。ただ、薄っぺらな駆け引きと嘘がやりとりされるだけ。

 実は、20世紀フォックスやワーナーなど洋画大手5社の今年1月~7月の興行収入累計が昨年同時期の約4割減の大幅な落ち込みを記録している。2005年から減ってきてついになだれ的に崩壊した。アメリカでも2005、6年と落ち込んだが2007年に復活した。しかし日本ではそのまま落ち込みが続きついに今回の事態となった。

 しかし、これは日本人の感覚の方が正しいのではないか。『ウォンテッド』を見ているとしみじみそう思う。
 こんな貧困な映画が空前のヒット第一位になるなんてもうアメリカハリウッド映画も終わりだ。

FC2blog テーマ:ウォンテッド - ジャンル:映画

【2008/09/15 19:00】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
 異様な話が伝わってきた。パキスタンの国家内国家といわれるパキスタンの情報機関、ISI(三軍統合情報部)が、伊藤さんをねらった行動だったというのだ。

「パキスタン情報機関が伊藤さん拉致を計画か」(世田谷通信)

アフガニスタンで活動中だったNGO「ペシャワール会」の伊藤和也さんが拉致、殺害された事件で、捜査してるアフガニスタンの情報機関NDSが、日本時間の3日、逮捕した犯行グループのパキスタン人、アディル・シャー容疑者の供述を発表した。シャー容疑者は、現在逃亡中のアフガン人、アフマド容疑者から「パキスタンの情報機関、ISI(三軍統合情報部)から、ペシャワール会の日本人技術者を拉致してくれば100万パキスタンルピー(約143万円)を支払うと言われた」と今回の犯行の話を持ちかけられたと供述している。この供述が真実だとすれば、場あたり的な犯行ではなく、隣国の情報機関による国家的な犯行ということになり、また、初めから「ペシャワール会の日本人技術者」を狙っていたことになるため、日本政府も厳しい対応を迫られるだろう。(2008年9月4日)



きっこのブログ-パキスタン情報機関が伊藤さん拉致を計画か

AFP記事

 まだ不確定である。

FC2blog テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/09/04 01:27】 | 戦争と平和
トラックバック(0) |  ]
アフガニスタンで米軍の戦死者数が500人を超える(CNN)-暗いニュースリンク
 上記の「暗いニュースリンク」CNN情報では、

2001年の軍事侵攻以来、アフガニスタンで戦死した米軍兵士の数が先週9月2日土曜日で500人を超えてしまった。いつの間にか再興したタリバン軍の猛攻により、駐留連合軍全体では940人の兵士が戦死している。米英連合軍側は、8月に行ったアフガン南部総攻撃で、連合軍戦死者数の4倍を超えるタリバン兵を殺した、と戦況の好転を強調している。

アフガニスタンでは、8月18・19日の戦闘でフランス軍兵士10人が戦死し、21人が負傷した件でサルコジ大統領への批判が高まっている。この事件については、仏ルモンド紙が、現地で負傷した兵士の談話として、NATO軍(米空軍)の誤爆と地上軍の誤射によるものと報道しており(仏軍当局は否定)、最新世論調査によればフランス国民の55%が戦場からの撤退を求めている。

 また8月下旬には、アフガン北部クンヅスの検問で、一般市民の乗る車両にドイツ兵が発砲し、女性1人と子供2人が殺害され、子供4人が負傷した事件が発生し、ドイツ国内でもアフガン撤退の声が高まりつつある。



 しかし、「連合軍戦死者数の4倍を超えるタリバン兵を殺したと戦況の好転を強調している」といってもこれは紛れもない戦争状態である。なぜこれが日本国内で報道されないのか。自衛隊を現地派遣したいからなのか。

FC2blog テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/09/04 00:14】 | 戦争と平和
トラックバック(0) |  ]
 アニメ映画『スカイ・クロラ』を見たが、CGを使って現実写真を取り込み加工しているのだろうか。
 空中描写ではリアル間と広がり、飛行機の空中戦では現実とアニメの中間的な味わいがあり、今のところ世界一ではないだろうか。感心した。

 ただし、アニメとしての基準ではどうかというご意見はあるだろう。一つの技術の方向として認めるべきだと思うが。
 

 戦争請負企業がすべてを委託され、企業同士が戦争して社として戦争する。国の名前はもはやニュースにも出てこない。これは異様さをとても感じる。
 戦闘の中心は、古めかしい単発プロペラ機での機関銃による撃ち合い。大型戦闘爆撃機も出てくる。第二次世界大戦に戻ったような印象を受ける。
 そして、空軍兵士が問題で、「キルドレ」というバイオ技術で作られた子供のまま成長せず死なない人間が戦うのだ。しかも死んでも記憶を入れ替えて再生し戦闘能力を活用する。
 若手の伊藤ちひろが脚本を担当しているが、気になるセリフ。
「実際に戦って殺し合いニュースで流さないと人々が満足しないから戦争をしている」と究極の人間不信と民衆が戦争を起こす原因だなどという。
 何しろ長いシリーズ原作で脚本はあちこちからピックアップしているのだが、今のところ全部読んでないが原作にも出てこないのでは。
 世界設定やテーマとも関わる。解明が必要だ。

 世界に戦争がないと人が満足しないだって。
 戦争というのは政治の延長なのだ。1832年に『戦争論』でクラウゼビィッツが喝破しているじゃないか。財界や政治家など上部機構の支配者に戦争をやりたいやつがいるから戦争は起こされる。幼稚なことを言うんじゃないよ。
 日本でも江戸時代1638年の島原の乱以後1863年長州藩による外国船砲撃まで225年間戦は起こっていない。民衆は戦争を欲していないのだ。
 もっと古い話だが、縄文時代の1万年もだ。中国から移民してきた戦国時代(中国)の人たちが戦争を教えた。

 これがなければまともに戦争を見据えた映画なのに。
 どうも、押井守がそういう考えでらしい。


 押井守が、ベネチア映画祭での海外での反応と印象を語る。


 『スカイ・クロラ』の記者会見では、押井の戦争観、社会観への質問が相次いだ(関連記事)が、海外プレスとの個別インタビューでは、その傾向がさらに顕著に出たようだ。

 「80パーセント以上は、戦争の話。スイトが言うように『戦争は永遠になくならない』という僕の世界観に対して、社会学的な質問がくる。キルドレって大人にならない子どもたちのことよりも、全体の世界観への質問が多い」

 海外プレスの反応は、日本ではなかなか触れられることのない、押井の奥深い哲学をくすぐったようだ。



ヴェネチア記者会見は重厚な質問続出

 「日本では戦後60年にわたる平和が、人間の進化を麻ひさせているということなのか」との質問に、押井監督は「戦争の時代は“大人の時代”、冷戦のように戦争の形が限定された時代が“子どもの時代”だと思っている。『スカイ・クロラ』で描いた世界は日本だけのことではなく、先進国なら同じ現象が起きていると思う」と説いた。

 「人間にはいつの時代も衝突が必要」という作品全体のメッセージを指摘する声には、「人間が人間である限り、戦争はなくならないと思うし、あり方が変わるだけ。人間が1度でも“平和”を実現したことがあるか? 僕は、そこから世界を考える」と国際舞台でも変わらぬポリシーを披露した。


FC2blog テーマ:スカイ・クロラ -The Sky Crawlers- - ジャンル:映画

【2008/09/03 00:34】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
 福田康夫総理が辞任した。この方の母方従妹の夫が太田誠一農水大臣である。
 このままでは、臨時国会に入れば乗り切れないし、縁戚の太田さんを切るのもいやだったのではないか。

 何しろ、問題の事務所の秘書宅の隣人がアルファーブロガーで秘書実体がないと国会でも証言するといっている。
太田誠一氏の「政治団体事務所」は隣の家だった

 しかも公明党は露骨に福田政権離れをしている。それが内閣改造を終えてすぐの、このようなだらしのない政権放り出しにつながったのではないか。しかし、最悪である。自民党の生き残りの選挙しか考えていない。

 記者会見を見ていても民主党と周囲が悪いという愚痴しか言わない。これが一国の総理のいうことか。
 麻生氏が、後継として当然のように手を挙げたが、もう自民党って政権担当能力がないのでは。
 麻生氏が総理になるのなら、やるのは、解散総選挙をすぐにやるべきだ。

FC2blog テーマ:福田首相辞任 - ジャンル:政治・経済

【2008/09/02 00:25】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 食品が世界で値上がりして、母子家庭の中では、食べ盛りの子にあげるために自分の食を削ってあげている。若いのにとか、住むところがあるなどという法律違反の理由で生活保護を拒絶されて毎年何人もの人が餓死している。
 そのうえ、原材料や資源がどんどん値上がりして、このままでは工業製品を作っても食物の輸入もできなくなりそうな具合。それでも食料自給率は、最低の39%、このままではみんな食料一揆を起こさねばならないなどと考えていますこのごろ。みなさまどうお考えになりますか。

 それで、自給率を増やさねばと思いますが、政策と手法でずぶの素人でも農業に参加はできそうな。これはNHKテレビで見たのですが、携帯でどういうことをやったか記録しておけば、コンピュータが具体的な次をやることを指示してくれるそうです。どうしてもそれでは困難なときは、人に変わってもらいアドバイスを受ける。

 それでも自給率はある程度はあがるのですが、よく考えると最大のネックは、水資源にありそうな。

2004年(平成16年)の日本の水使用実績(取水量ベース)は約835億m3/年(年間約八百五十二億立方メートル)
生活用水約162億m3(約百六十三億立方メートル)、工業用水約121億m3(約百二十三億立方メートル)、農業用水約552億m3(約五百六十六億立方メートル)。つまり農業用水の使用量は全体の水使用量の3分の2とめちゃくちゃ大きいのです。
 実は、自給率を100%にしようとすれば、2.6倍になります。後1.6倍分の農業用水はどこからか持ってこなければということになります。つまり食料自給率を100%にというのは空論で無理なのです。

国土交通省-日本の水資源の現状

 それで、せめて、少しでも上げて、WTOの農業をつぶそうとするラウンドなど、抵抗して行かねばなりません。確かにこれまで世界自由貿易体制の受益者でした。でもこれからはまず食糧の確保を考えねば日本人は生きていけなくなります。
 
 締めとしては少し大風呂敷なのですが、世界に対する政治力が必要なのです。

FC2blog テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

【2008/09/01 00:44】 | 食・農魚業
トラックバック(0) |  ]