上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森山直太郎の新曲ですが、かなりこたえてしまうような。ガツンとくるような。
論議はあるそうですが、「いっそ小さく死ねばいい」、「くたばる喜びとっておけ」等の言葉に。でも迫ってくる詩なのです。生きづらい世の中に、生きづらく思っている人に強烈に訴える歌だと思います。


生きていることが辛いなら by 森山直太郎

生きてることが辛いなら

いっそ小さく死ねばいい

恋人と親は悲しむが三日と立てば元通り

気が付きゃみんな年取って

おなじとこへいくのだから・・・・・

(中略)

何もないとこから 

何もないとこへと

何もなかったかのように

めぐっていく命だから

生きていることが辛いなら

嫌になるまで生きるがいい

歴史は小さなブランコで

宇宙は小さな水飲み場

生きていることが辛いなら

くたばる喜びとっておけ・・・・・・

生きてることが辛いなら 全文
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2008/07/30 17:16】 | 詩・文
トラックバック(0) |  ]
 神戸市灘区の都賀川の増水による子供たちの死亡事故が起きた。これは明白な人災だと思う。

 私は六甲山ハイキングで下ってきて武庫川沿いを歩いて市街まで出たことがある。別の時には今回の都賀川につながる六甲川沿いも少し歩いたことがある。そして何と特異な川だと思った。一級河川なのに狭くしかも全体が三面張りで溝のようだ。しかも急勾配で海へと抜け下っている。

 この形状の特異さは、行政側も認めている。
「都賀川を含めた六甲山の南側を流れる川のほとんどは、傾斜が急で川幅が狭く、短時間の集中降雨で一気に水かさが増す。都賀川は上流の支流の合流地点から大阪湾に流れ込むまでの約1.8キロで、47メートルの高低差を河口まで一気に下る。通常時の水位は10~20センチだが、事故時は10分間で約1.3メートル上昇していた。洪水時の流速が秒速8メートルと一般河川の2倍近くになるといい、兵庫県河川整備課は「特異なほどの急流河川」と認める。」

 今回の事故で今日朝日新聞夕刊の写真を見ると事故現場は親水公園ではないか。河川敷に降りられるようになっている。子供たちは行政が作った親水公園に遊びに来ていてあっという間に増水した川に飲み込まれ死んだのだ。しかも、この親水公園の箇所は、六甲川と境川の合流点から約900mと、いくらも離れていない。両河川からあふれるように流れ込み合わさった激流にまともにぶつかる場所なのだ。

大きな地図で見る

 それでいて実際に施工した神戸市の河川課の担当者は「公園化に際して、突然の増水による危険性などはあまり議論にならなかった」等と言っている。
しかも、
「同川を管理する兵庫県、神戸市とも事前に危険を知らせることは難しかったといい、「自ら危険を察知して逃げてもらうしかなかった」と説明している」と無責任きわまりない。

迂回水路でバイパスさせて水流横の河原に造って直接の水流からは当たらないようにするなど何らかの方法はありどうしても親水化したかったらそういう方法を考えるべきである。

 業務上過失致死罪に問うべきである。

朝日新聞 都賀川事故

FC2blog テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

【2008/07/29 17:56】 | 災害
トラックバック(0) |  ]
 24日買って『ハリーポッターと死の秘宝』を読み終わりました。
 あまりにも闇に陥っていた『ハリーポッターと謎のプリンス』から少し明るさを取り戻したような。

 文句を言う方はこれまでも多かったし最終巻もいろいろと厳しいご意見は多いと思うのです。実は個人的に言えば『指輪物語』が大好きですし敬愛しています。しかし、ハリーポッターシリーズも物語として歴史に残る大きな位置を占めたと思います。

 逆説的になるのですが、深く伏線を張り巡らしているにもかかわらず、書き方としてはわかりやすさと深みが無いように書くことこそがこの物語に多くの人が惹きつけられた原因の一つだと思います。作者のローリングは設定に5年間をかけ、どんな端役に至るまでその一生と家族関係と一族のすべてを決めています。その設定に伴いきちんと書くと、ハリーポッター各巻が数十倍になりブリタニカ百科事典並みになるそうです。第4巻から倍増しましたがあれは当初考えていたトリックが使用できないことが判明してその修正と整合性を合わすために書き足したそうです。それでこういう形で詳しく書いても受け入れられるということで以後の巻は同様に長くなったようです。

 わかりやすく書いたこの物語の最後もわかりやすく終わる。多くの人が死ぬわけですが何と作者ローリングはあれほど事前に言っていたことをひっくり返すわけです。どういう気持ちでしょう。
 ラスト近くまでおもしろかったのに、作者の肩すかしで巻末付近を未だ混乱して受け入れられないでいます。しばらく期間をおきたい。

 でも、この物語はすべてのこれまでのファンタジーのエッセンスを取り入れしかもそれをいっそう磨き上げたものです。いろいろ言っても多くの人に読まれたことで作者が勝つのです。とりあえず無事に完結したことに拍手を送りたいと思います。

FC2blog テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

【2008/07/28 18:45】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(0) |  ]
 神尾葉子の原作から離れてオリジナルストーリだということから不安になっていた映画「花より男子ファイナル」。それは的中、なんて下手な映画なんだろうとうんざりした。しかもラストも原作の二番煎じなのである。
 これが2日で10億円の興行収入となり、やがてはインディ4の40億円もぬく勢いだとか。わからないー。

 漫画の原作を愛していない脚本家なのだとわかる。つまりは原作を馬鹿にしているんだ。だからあんなどうでもいい枝葉の話となる。せっかくラスト以後のスペシャル編を集めた37巻がでているのだからそれを脚色すればどうなのか。

FC2blog テーマ:花より男子F - ジャンル:映画

【2008/07/16 12:40】 | 映画
トラックバック(0) |  ]
7月5日に環境サミットですさまじい市民弾圧があったことが判明した。雨宮処凛さんの報告。

 札幌市郊外でただG8環境サミット反対のピースウォークデモをしているだけでサウンドカーにいきなり警察が乗ってきて、何もしてないDJが警察数人がかりでひきずりおろされ、そのままはがいじめにされて連行。次に車の窓ガラスを割ってドアを開け警察が運転手を引きずり出し逮捕した。逮捕者は4人。

 それなのに新聞では、逮捕された理由は4人がデモ隊を扇動したなどと書いている。

 しかも、逮捕の瞬間に居合わせたマスコミは、嬉しそうな顔で「今連行されていきます!」とか興奮気味に伝えてた。「いい絵がとれた」からなのだろう、逮捕後はすっごい喜んでたマスコミの人もいたそうだ。あまりにも嬉しそうに伝えてるから、「マスコミだったら自分の目の前で起こった警察のめちゃくちゃなやり方をちゃんと伝えろよ!」と雨宮さんが抗議すると、その怒った私の顔を撮り続けた。「そうして「危険人物」として報道されるのだろう。」とのこと。

 市民を何と思っている。マスコミも最低だ。 権力監視がメディアの役割だろう。

雨宮処凛-信じられないメチャクチャな逮捕。の巻

 この件は、インターネット新聞JANJANでも報告があり、以下引用・参照しつつ記入します。
「サウンドカーが出発した直後、警備担当のえらい人でしょうか、ヘルメットも盾も持っていない、よくある制服ともちょっと違う服を着た人物が来て、機動隊の隊長らしき人物に「こいつらは悪いから要チェックだ」ということを言っているのを耳にしました。なんだか、ひどいきめつけだなと思いました。」
ということで、最初からでっち上げのためねらわれていたようです。
 そのためサウンドカー周辺だけが盾を持った機動隊に厳重に囲まれていたとのこと。

機動隊の暴力は、3点に及び、

「第1。出発時のサウンドカーには写真を見ても分かるとおり、横断幕が貼ってあるのですが、これを思いきり引き裂きました。この横断幕は2台の上に張ってあるものなので、ふつうに押し合いをしただけでは、なかなか破れるものではありません。まったくひどいことをするものです。

 第2。サウンドカーの運転者が逮捕されました。新聞報道などによると「警察官の制止を無視してトラックを前後に動かし、警察官にぶつけて公務を妨害した疑い」となっていますが、自分の見たかぎりでは、逆です。そのような危険運転をしていたようには見えませんでした。

 むしろ運転者は、車に周りに張りついている警察官を轢かないように、かなり注意して運転していたように思います。とくに逮捕直前には、危険運転をしたから警官が集まってきた、というよりは、警官が車の周りに大量にとりついて、それによって大変危険な状態になって、勝手に車にぶつかった、としか見えない状況でした。

警察官は当初、窓ガラスを拳で思い切り叩いていましたが、そのうち、2、3人が警棒を取り出して、それでガラスを叩き割り、中の人を引きずり出しました。ガラスを叩き割るときには、かなり破片が飛び散っており、ずいぶん危険な状態でした。中の人が怪我をしなかったか心配です。」

そして「車に警察官が乱入してからも、けっこうな時間、なにやら押し合いのようなことをしたあと、中の人を引きずり出し、大勢で抱えて移動。その後をプレスとデモの参加者が道を埋め尽くして追いかける、という、なんともすさまじい光景になりました。引きずり出された人はバンのような警察の車に連れ込まれ、なぜか一瞬、後部の扉が開いて中が見えました。

 その際に、自分は警察官に思い切りひきずり倒され尻から地面に激突、一瞬で空を見上げる状態になりました。これが暴力の第3です。幸い、後ろポケットに入れていた金属製の名刺入れが粉砕されただけで怪我はありませんでした。脇で見ていただけの人間にする行為ではありません。ただの無意味な暴力だったと思います。」

JANJAN 【G8】私は見た! 逮捕劇に警察暴力が炸裂

G8MediaNetwork TV・ピースウォーク 逮捕までの経過

 したり顔でよその国のサミット警備よりましだなんていわないでほしい。こんなことを許していたり、無感覚なら日本に民主主義はなくなる。

FC2blog テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/07/12 00:20】 | 市民監視
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。