上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 元阪神タイガース選手の掛布雅之さん(54)が、自宅競売決定で立ち退きの危機となったことが、4月13日判明した。現在は野球解説者、その大阪府豊中市の自宅が、兵庫県尼崎市の金融機関が競売を申し立て、大阪地裁が競売開始を決定していたのだ。

 掛布さんには飲食事業の失敗などによる多額の借金があるようだ。それで、昨年9月には借入金を巡る訴訟で約1億5千万円の支払いを命じる判決を受けている。

 私は野球は見ないが、掛布選手引退の際にスタンドに「夢をありがとう」の横断幕が掲げられ、それを見た掛布さんがさんざん不調の時ファンからやじられていてずっと嫌な気持ちがあったのに、本当にここまでやっていてよかった、と語っていたことを思い出す。

 しかしだ。野球関係やスポーツ事業の失敗ではなく、「飲食事業の失敗」で1億5千万円の借金とは。

 藤田まこと氏の奥さんによる過去の京都嵐山の焼肉店の失敗、それに続いての最近の破たんなど、飲食事業により有名人が巨額の負債を抱えることが増えている。
 しかし、よく考えれば変な話で、藤田まことさんは俳優、掛布さんは元野球選手で現解説者。何の関係もない分野に手を出して失敗している。

 確かに成功している人は、松本紳助など数人いるがそもそも経営能力がある人だけだ。いくらなんでも素人が突然日銭の客商売、中でも困難な飲食事業に手を出して成功するわけがない。
 これで考えるのは、20年以上前、あるタレントの経営する飲食店が破たんしたと伝えられたときに、ちょうどその夜の生番組に出演していた当のタレントが司会に聞かれて、「あれは名義貸しで実際の経営や負債に一切関係ないので大丈夫です」と答えたのだ。

 当時は何年間もの期間にそういう倒産が数件あったが、すべて名義貸しで本人には害は及ばなかった。つまりは本人は名義貸し料をもらっていただけなのだ。

 ここからわかるのはそういう飲食業のようなことをあっせんする会社が存在するということだ。そして過去の名義貸しでの倒産の被害を被ったことで、どうやら今はタレントや有名人に対して自ら経営するように持ちかけ、昔とは逆にコンサルタント料を得ているのではないか。
 その結果として有名人たちは営々と築き上げてきた名声や財産を失う結果に陥っているわけだ。

 かつてのシブがき隊のメンバーであった本木雅弘さんは、結婚愛児誕生を経て、生命を考えるようになり、原作に出会って映画「おくりびと」の企画を提案して実現し主演も務めた。

 スポーツでは日本メジャー選手の先導役となった野茂英雄選手が現役時代からスポンサー探しもして若手育成のためのスポーツクラブを運営し、高い評価を得ている。

 そこまでいかなくても、自分を高め投資することで新たなステータスを切り開いている芸能人は多い。

 貫地谷しほりさんは、週一回演技のレッスンを受けてみてもらい指導を受け、現在のような演技で定評がある役者になった。

 
 田中麗奈さんは、英語と中国語のレッスンをずっと続けている。最初の連続テレビドラマ出演は中国で、そのとき友人となった女優とは中国語で日常会話が電話でできるようになった。

 みんな夢をかなえるために、他者に夢を与えるために自分を広げている。

 掛布さんやその他の方にお願いしたい。どうか夢をかなえてほしい。夢は今も続いている。自分のこれまでやってきたことを展開するなかでそれを実現してほしい。

 皆さんの夢は、飲食業で日銭を稼ぐことでは絶対にないはずなのだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

【2010/04/19 15:23】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]
 マイケル・ジャクソンが死亡したようだ。彼を意識したのは「今夜はビートイッツ」のミュージックビデオを見て、そのダンスの素晴らしさと新しさ、と音楽感覚のすばらしさに驚いてからだ。それは、「スリラー」で決定的になった。

 なお、芸能サイトだけでなく、米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)が、「マイケル・ジャクソンが呼吸停止状態でロサンゼルス市内の病院に運ばれ、死亡した」と、報じたので、ほぼ確定しつつある情報だと思う。

 一時代を築いたスター歌手が、亡くなったのだ。しかし、人生後半は様々なスキャンダルに彩られ、不名誉なままの死だったと思う。
 特に少年性愛者だったのではないかと虐待や監禁が疑われ、カリフォルニア州サンタバーバラ地方のトム・スネドン検察官に監視され、2回も起訴された。しかし、2005年にすべて無罪になった。ただし、米国では選挙で選ばれるため、この検察官の売名行為ではという指摘も高い。

 なぜ、彼ほどの成功者が名誉ある人生を送れず、孤独な後半生をおくらねばならないのか。アメリカ社会の、特にセレブたちの孤立した仲間内だけで完結するような病的な状態を、彼も知らずしらず取り込んで反映させてしまったのではないか。

 カナダから行ってハリウッドで子役時代に映画に出たテレビドラマ「アボンリーへの道」や映画『死ぬまでにしたい10のこと』、『あなたになら言える秘密のこと』などで知られる女優サラ・ポーリーが証言しているが、「ハリウッドは、まるで工場のようで、住んでいる人はほとんど業界の人たち。同じような話題、同じようなパーティーライフ。そんな大人たちの様子を見ていたら、なんだかとても不健康な気がしたんです」

 マドンナが成功後にイギリスに移住したというのも、そういうことが関係しているのかもしれない。

 彼は、少年時代に兄弟5人で、ジャクソン5の一員としてファミリーグループとして出てきて、私も若い頃にヒット曲は聴いていた。スターになった後に、その映像は見たが、顔はまるで違いショックを受けた。黒人らしい顔だったのだ。つまりは人工白人のために過激な整形手術と皮膚の脱色を繰り返していたのだ。
 彼は後に、"白人になりたいのではない、違うものを目指している"と弁明している。それならなぜ黒人の容貌と皮膚の色から変えたのだろう。やはり、どんなに弁解してもアメリカ社会が黒人のままではスタートしては完全に受け入れないからではないか。その無理が後半生の波乱につながったのではないか。

 今は、彼の業績をたたえ、その魂の安らかな眠りを祈りたい。

「マイケル・ジャクソンさんが心肺停止」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/06/post-e270.html

日本時間の26日午前4時ころ、歌手のマイケル・ジャクソンさん(50)の自宅(カリフォルニア州ロサンゼルス、ホーンビーヒルズ)から救急車の要請があり、地元の救急隊員が駆けつけたところ、マイケルさんは心肺停止の状態だった。救急隊員がその場で蘇生術を施し、救急車で病院へ搬送されたが、現時点(日本時間午前6時30分)、容体は不明。しかしハリウッドの芸能サイト「TMZ」は「救急隊員が到着した時、マイケルはすでに死亡していた。救急隊員が蘇生を試みるも、彼は無反応だった。搬送された病院でマイケルの死が伝えられると、ラトーヤは泣き崩れた。マイケルは3人の子供を残して死んでしまった」と、すでに死亡が確認されたことを報じている。(2009年6月26日)


FC2blog テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/06/26 07:30】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]

Re: 尋常性白斑では
奈良たかし
> マイケルは、Vitiligo(尋常性白斑)という病気で皮膚が白くなったんですよ。裁判時に、医師が提出した診断書にちゃんと書かれてます。
>

> それに整形は、鼻と顎だけです。

Jyona 様
 その裁判の診断書は知っていますが、尋常性白斑にかかったということだけです。

 ただし彼はアルバムで上半身裸のしかも真っ白の体の写真を前面に載せて誇示しています。白い斑点ができてもあれほど半身が完全な同一の白さになることはなくてこの病気をきっかけに完全に色を抜く薬剤治療をしたのではと日本の専門医が死後に週刊朝日で証言しています。

 みたところでは鼻と顎と頬ですね。しかも骨を削るような完全な整形です。そこまでする必要がどこにあるのです。


Jyona
マイケルは、Vitiligo(尋常性白斑)という病気で皮膚が白くなったんですよ。裁判時に、医師が提出した診断書にちゃんと書かれてます。

それに整形は、鼻と顎だけです。

コメントを閉じる▲
 奈良県出身で県観光大使にもなっているキンキキッズの堂本剛くんが、テレビ番組で奈良町の店を回った。今年2月の話なのでもう影響はないだろうとその内の一店「あしゅーら」にひさしぶりに行ったらまだまだ。3、4、5月の休日には門前にずっと行列が並んだそうだ。今日ですらとにかく全部売り切れてグルテンカレーしかなかった。困ったことに仕込みが手作りの部分が多くて店主がヒーヒー言って用意しているが急激には増やすことができない。おかげで売り切れたら何と言ってもおしまいなのだ。特に人気は堂本剛君が食べたのと同じメニュー。なお、写真は残念ながら撮ってはいけないと言われたそうだ。

 ここで食べて「おかる」というお好み焼きの店に行き、またもう一店「カナカナ」。よく食べられるなという感じだが、東京から新幹線に乗って毎週奈良に通勤している方もいるそうだ。インド製一人用座りゴザのどれにすわったのか、どのテーブルにいたのか。わからないから全部座ってみたらどうかしらと言ったら座って回っていた。

 「県民だより」に一枚小さな写真が載っているのでそれを手に入れようともう大変。常置きしてあるあらゆる公的な場所から消えてしまい、もちろん各家に配布されているだろうから、あしゅーらから帰るときに道筋の家をピンポンと呼び鈴を押して500円くらい出して譲ってもらおうかなどと言ってたということだ。いくら何でも怪しい人に思われるよと言ったそうだが。
 知り合いから集めてこれはと思った人にはただで渡していたそうだ。もうないかも。

 4月9日(木)、10日(金)に奈良百年会館でコンサート、しかし10日は堂本君は家族と吉野山でお花見。そうするとまたファンが吉野山まで行ったそうだ。
 それと彼は平城宮跡が好きでいつも行くところは特定の建物跡で決まっていてそこでは誰も周りにいないから。

 ところが、百年会館コンサートの時はまた来るんじゃないかとそこにずっと人がいたそうだ。で近頃は必ず人がいるそうで堂本君の憩いの場が無くなってしまった様子。

 彼が酷使に耐えてこれからも能力を開花できるか、丈夫で長持ちして大成できるか。なんてあしゅーらで話していました。

FC2blog テーマ:堂本剛 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/05/13 01:00】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]
 テレビで刑事ドラマ「BOSS」を見ている。天海祐希さんが光り輝いている。だらしのないやる気を失った部下たちを励まして叩きなおし事件に向かう。

 天海祐希さんは、自分に率直に生きようとする素晴らしさが伝わる稀有な人だと思う。
 彼女にかなり注目している。
 天海祐希さんを知ったのは、95年に宝塚からの退団が発表されて新聞に載ったとき。何しろ宝塚など見たこともないので。10年に一人の逸材がやめるという記事だった。こんな風に新聞にまで載るなんてすごい。
 出演している天海さんを見たのは、
大河ドラマ 「利家とまつ 加賀百万石物語」(2002年、NHK) 助演
「離婚弁護士」(2004年、フジテレビ) 主演 ちらりと見る
「女王の教室」(2005年、日本テレビ) 主演 見たのは2007再放送時
映画「バッテリー」(2007年)  母 役
「Around40 注文の多いオンナたち」(2008年4月-6月、TBS) 主演
 見たのは少ないが評価し存在感がある。

 それは、自分を偽らない正直さを感じるからだ。特に著書の『明日吹く風のために もっと遠くへ』(2001年10月 講談社+α文庫)を読むと、本人が自己客観視できて実に正直で普通の人であり、周りのことも考え発言していく人であることがわかる。だからスターだからと自分や周りが見えなくなるなどということがない人なのだ。

 彼女は普通の家庭で育ち中学2年までなんら宝塚に関心がなかった。背が高いので宝塚ファンの担任の先生が薦めたことで宝塚への道が開けた。宝塚劇団に注目されスター路線も劇団側が用意し戸惑う中で歩んでいったが普通の人であることは忘れなかった。
 ここで、感じるのはファンもかなり注意せねばならないということだ。ただ熱狂しおだてあげるだけではその人をダメにする。天海さんも宝塚時代にはかなりファンとの関係を注意している。あれをやるなこれをやるなと文句をつけている。出待ちしないでくれ、何でもないのに登場しただけで盛大な拍手しないでくれとか。

 スターになることでもすっかりダメになる人は多い。しかも歓声だけでなく、ねたみのように嘘でたらめなウワサを立てられることで反発するとともにますます増長満になり人が腐ってしまう。それで世界がせまくなるのだ。

 普通の人であることを忘れないと共に、宝塚では研二のころから発言し、宝塚トップの時はその責任を感じ劇団にもちゃんと改善を申し入れている。
 多くの日本の責任ある立場の人はなぜ天海さんのようにできないのかと思っている。

 天海さんは41歳になった。女優はこれからが難しい。彼女が映画にあまり出なくなったのもわき役が多くなったからではないか。「千年の恋 ひかる源氏物語」(2001年)での光源氏役以外主役をやっていないし、今年7月18日公開の「アマルフィ 女神の報酬」の準主役以外、脇役やチョイ役ばかりだ。
 現代日本の映画界では、スター役者には20代など極端な若さを要求するのでは。見ている観客は30代から40代始めが中心なのにだ。もっと大人の見る映画を作っていいと思うのだ。
 小泉今日子のように年齢とともに演技力と魅力が増す存在でいてほしい。そして映画テレビドラマともに主役を張ってほしいのだ。

FC2blog テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/05/07 23:55】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
 テレビ番組「探偵ナイトスクープ」などを通じてすごく人気のタレント芸能人の北野誠が所属する松竹芸能から無期限謹慎に追い込まれた。しかもである。理由が生活の不祥事などではない。番組で特定芸能人を批判したことが原因なのだ。

 発言したというラジオの人気番組「誠のサイキック青年団」は突然の終了。他のテレビ朝日系「やじうまプラス」、同局系「探偵!ナイトスクープ」(関西ローカル)、TBS系「噂の!東京マガジン」、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」とラジオ番組(名古屋ローカル)など 計5本のレギュラー番組は降板で今や廃業の危機である。

なお、特定団体所属の人を批判したという噂はあるがこれがわからない。ただの噂なので載せない。それから、アナウンサーとのやりとりがネットの文字情報として流れているが、あの番組「誠のサイキック青年団」は北野さんが作家の竹内義和氏と二人でしゃべる番組でアナウンサーはいない。したがってガセだ。

 さらに、北野誠のブログまで消滅した。
 彼はテレビでは言わないが、著書やラジオでは社会的な憂慮を述べたりする。
芸能界に言論の自由など無いのか。

竹内義和のどきどきブログ
http://takeuchi2.otaden.jp/
「 いろをな書き込みの中で、誤解されてるのがあるので、ひとつだけ言わせてください。僕のブログタイトルが今回の謹慎に結び付けられてるようですが、完全な誤解です。何も考えずに付けただけなので。僕は、個人的に宗教はあまり好きではありませんし、宗教の矛盾点を声だかに訴えたりもしますが、宗教活動や宗教を信じる権利は全力で守りたいし、守るべきだと思います。謝ってばかりですが、誤解を与えてごめんね。」

「誠のサイキック青年団」最終回 #01 (2009年03月08日放送)



J-CASTニュース「北野誠「不適切発言」の中身とは ネットで様々な憶測広がる」
http://www.j-cast.com/2009/04/13039363.html

FC2blog テーマ:北野誠 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/04/13 01:35】 | タレント・芸能人
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。