イラクのマリキ首相が退陣を表明した。5月汎イスラム過激派「イスラム国」ISISが大攻勢、第二の都市モスルとティクリートが陥落した非難を受けてのものだ。事態は深刻でバクダッド侵攻の恐れも。オーストラリアの大使館は陥落を想定して機密書類を整理した。すでに現実味を帯びている。
 汎イスラム過激派「イスラム国」はイラクとシリアを跨ぐ国創設を志向している。やがては全てのアラブ国境と政府の撤廃を提唱する。これまでのイラク戦争からの米国戦略と軍事は全て破綻した。介入による死者と費用は全て無効になった。「世界」2014年8月号。
 6月には国家樹立を宣言した。インターネット動画サイト「ユーチューブ」で配信されたISISの声明によると、ISIS最高指導者のアブバクル・バグダディ師をイスラム教開祖ムハンマドの後継者を意味する「カリフ」に任命した。そして、「シリア北部のアレッポから(イラクの)ディヤラまで」を「イスラム国」とし、「世界中のイスラム教徒」に対し、バグダディ師をカリフとして認め、忠誠を誓うよう求めている。ISISはシリア東部からイラク北部のモスルやティクリートを制圧し、バグダッドの北東60キロのディヤラ州に進出している。現代のイスラム過激派の、一定の実態を伴った広域の史上最初の国家樹立宣言であり、空前の事態である。これに対し、オバマは「イスラム国」へ限定空爆を決定した。

 今のイラク北部の混沌状態を作ったのは、紛れもなく米国の指導者とその協力者たちの軍国主義とネオコンだ。だが当時の責任者たちは、イラク戦争批判から威勢を取り戻し、チェイニー元副大統領「オバマはイラクを見捨てた」、英国ブレア元首相「イラク戦争がこの事態を招いたとの考えから我々を解放する必要がある」などの発言で、軍国的な攻勢をかけている。

 元のイラクはフセインは独裁者だが、世俗的で医療や福祉も整ういい社会だった。ヒジャブ(スカーフのような布で頭髪を隠すもの)すら、バクダッドでは着けない女性が多かった。イスラム原理主義からは異端視されアルカイダと無関係で、大量破壊兵器も無い。それを無理に戦争を仕掛け、全てを破壊した。それでISISによる攻勢に、またもオバマも限定空爆をかける軍事的なものに傾き、やがては派兵など泥沼化の危険が見える。

 この軍事主義の米国の全てを破壊する悪行に、今や日本も集団的自衛権と称して同調し武器輸出まで始めた。何もならないのは、今のイラクで一番よくわかるではないか。米国の軍国主義は悪夢の世界しか作らない。そして何も反省しない。日本が平和主義を捨てて悪夢の道に加担してはならない。

FC2blog テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

【2014/08/15 22:39】 | 軍事支配
トラックバック(0) |  ]
宜野湾市オスプレイ反対
宜野湾市はオスプレイ反対市民大会の参加を呼び掛ける懸垂幕を設置した=宜野湾市役所


民主党県連は7日午前、記者会見で、非政治家としてはじめて選任された新任の森本敏防衛相に辞任を求める緊急声明を発表した。そして「沖縄県民蔑視以外の何ものでもない」と抗議の意を表明した。

 森本敏大臣は、5日の閣議後の会見で、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの県内配備をめぐり、モロッコでの墜落事故の米政府の日本側への調査報告が「配備前が望ましいが、必ずしもそうならないことはあり得る」と述べ、米軍普天間飛行場への配備後にずれこむ可能性もあるとした。

 沖縄県内ではオスプレイの安全性に問題があるとして、宜野湾市が17日に配備反対の市民大会を予定するなど反発が強まっている。冒頭写真のように庁舎に垂れ幕まで掲げている。

 当り前で、普天間基地は、戦前の市街地を米軍に当初から基地にするため艦砲射撃と爆撃で焼かれ、占領初期に米軍に強制収用で基地とされたために住民は基地に接するように残りの土地を市街地にして暮らしている。緩衝地帯もなく世界一危険な基地周辺市街地なのだ。

 そこに開発段階で2回墜落。初期生産でまた2回、これで計30人死亡。本格配備で2010年にアフガニスタンで4名死亡。そしてこの4月にも上記モロッコで墜落4人死傷。

 「未亡人製造機」と呼ばれるのも無理はない状態の欠陥機を配備しようとする。オスプレイはプロペラ部回転翼の角度が変更できてヘリコプターのように垂直に離着陸できる垂直離着陸機という飛行機だが極めて不安定で操作が困難なのだ。そう考えようとする者たちの人格を疑う。
320x214オスプレイPD.jpg写真を見ただけでその不安定かつ難しさがわかる。一番事故の多い離陸着陸の時に、空中でプロペラ部回転翼の角度を変え、次の動作に入らねばならないのだ。

 この発言に対し激しい怒りの声が沖縄から上がっている。

 民主党の会見では、県内の怒りをかわすためか瑞慶覧長敏衆院議員が「覚悟、決意の表れ」だとランニングシャツ姿で登場し嘘涙を流し批判した。

 なにしろ野田佳彦首相が沖縄全戦没者追悼式が営まれる今月23日の慰霊の日に沖縄入りして仲井真弘多知事に直接、普天間飛行場へのオスプレイ配備について説明申し入れしようとしている。これもわざわざなぜ慰霊の日にすると激しい批判と反発が起きている。

 そしてダメを押すような、森本敏国防相の報告遅延発言だ。

 オスプレイの墜落事故の原因について
「暫定的かつ中間的な感触だが、少なくとも機械的なミスではないと(米側から)通報を受けている」。

 事故の原因究明については「新たに開発されたシステム、特に航空機は事故が起きた場合の調査は技術的、総合的な観点から調査しないといけない。常識的に考えてかなり時間がかかる」と解説し、究明前の配備の可能性に言及した理由を説明した。

 さらに、「兵器の開発は当初困難をいくつか乗り越えて徐々に運用ができるようになる、本質的にはそういうもの」と指摘。米側からの最終的な情報提供について「少し時間がかかるのではないか、という感触を得ている」とした。

 県内に配備する際の輸送については「安全性を重視し沖縄に配備されるよう、(輸送の)どういうルート、方法があるのかわれわれも部内でも検討している」と説明。米側は那覇軍港への海上輸送を検討しているものの、「最終的にすべてが決まっているとは聞いていない。例えば(海上から)陸揚げし、飛び立つことが本当によろしいかどうかを含めて検討している」と述べた。

 つまり兵器としての技術的な理由だけで遅れると知識をひけらかし、心配するのはオスプレイの沖縄への輸送方法だけなのだ。

 これでこの大臣の欠陥があらわれている。アメリカだけがだいじで平伏し、自分の知識は日米軍事の重要さがわからない無知な国民に説明するためにある。そういう態度なのだ。

 もともと、そういう無責任な評論家、大学の先生にすぎないのだ。沖縄がどれだけ苦しんできてなおも被害を押し付けようとされ呻吟している現実と歴史が何一つ理解できない。

 米国への阿諛追従しかできないのならさっさと辞めるべきである。もう欠陥機も欠陥大臣もごめんこうむる。


オスプレイの写真は、Wikipediaのパブリックドメインである。

FC2blog テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/08 01:11】 | 軍事支配
トラックバック(0) |  ]
 中国が不安定になったら困るからチベットが1950年に地中化人民共和国により軍事占領され1959年の抵抗闘争が起こったことは知っているが、「ファナティックな右翼のイデオロギーの増長充満と跳梁跋扈という日本の思想的現実を意識することなくチベット問題を論じることはできない。」チベットが独立したらウイグル、内モンゴルも独立するからチベットの抵抗も支持しない。

 と、言ってはわるいが、ナチスの生存圏もどきのようなことを言ってる人がいる。生存圏とはつまりはよその国土が自分たちの生存にとって必要なんだと範囲を決めることをいう。ナチスはスラブ民族の東欧やロシアをアーリア人種の人口増加率からみて生存にとって必要な国土として侵略してやがては植民していこうとした。戦前の日本もまねをして朝鮮半島に設定しやがて満州へと広げ、次は蒙古も含めた満蒙へと言った。

 別に侵略しようというわけではないが発想は同じであり、もともとはリベラルな人なのだが、まるきりずれてしまった。

 正直そんな国家主義的な視点で、世の中を見ていたらダメだと言うことだ。
 大国による軍事支配をいやがる人を大国的な視点で不安定になるからというのではいかなる人々の願いもわかることはない。太平洋戦争前にもどったような。

 正直、三自治区が仮に独立を求めるなら仕方ないと思う。ウイグルが本当に独立を求めるかどうかわからない。内モンゴルとなるともっとわからない。これらはチベットとは歴史的な経過が違うのだ。

 それに、あまりに漢民族中心主義で歴史を見ている。中国は漢人中心では歴史は理解できない。漢民族と周囲の騎馬民族のせめぎ合いと支配と分離のくり返しが、実は中国の歴史なのだ。

 もともと、秦の始皇帝時代に中国は国家として統一される。しかし、国土は今の4割に過ぎない。
 秦の後に漢が建国され、新、後漢を過ぎて分裂する。しかしすぐまた統一され、隋唐が建国される。
 しかし、これらの国の皇帝がどういう出自かだ。

 唐の太宗、李氏の血筋を明らかにして処刑された学者がいたのでこれは分かりやすい。鮮碑という騎馬民族からの血筋だった。祖父は鮮碑と漢族のハーフだった。

ところが遣隋使に「日没するところの天子」と国書を送られて怒った煬帝で知られる隋皇帝、楊氏は、元々の性を「普六茹」といって突厥の血筋だった。隋は突厥とも戦っているのにだ。中枢部まで騎馬民族の係累は及んでいる。それだからこそ力を持て出世できたということなのだ。

 そして元も清も別に侵略しに行ったわけではない。向こうから中国を占領しに来て混じり合ったのだ。だから別に独立したいという声は大きくない。

 征服戦争は明の永楽帝が大規模に実施、そして清の乾隆帝の時にもっとも行われ最大版図となった。今の中国はチベット以外はその時の領土そのままである。チベットのように近代になって新たに征服した所でいやだというものは分かれても仕方ないではないか。

チベット問題を論じる前提 - セーフティネットとしての小平路線国家

FC2blog テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/26 00:57】 | 軍事支配
トラックバック(0) |  ]
 アムネスティが、声明とニュースを出しています。ニュースは貴重です。


アムネスティ日本支部声明 : 中国当局はチベット人抗議者たちに自制をもって対応を

アムネスティ・インターナショナル日本(理事長・搆美佳)は本日付で、中国当局のチベット人抗議者への弾圧に抗議する書簡を、駐日中国大使館の孔鉉佑臨時大使代理宛に送付しました。

-------------------------------------------------
中華人民共和国大使館
臨時大使代理 孔 鉉佑 殿

中国当局はチベット人抗議者たちに自制をもって対応を

私たちアムネスティ・インターナショナル日本は、世界中の220万人以上にのぼるアムネスティの会員・支援者とともに、チベット自治区と隣接するチベット人居住地域における人権状況について深く憂慮し、自制をもってこれに対応することを貴国に要請します。

非暴力の抗議行動に参加した人びとへの中国当局による厳しい弾圧は、チベットの首都ラサで3月10日に行われた400人にものぼる僧侶のデモに始まり、現在も拡大が懸念されています。抗議行動の発端は、ダライ・ラマの非難を紙に書かせることを強制するなどの政治的プロパガンダ・キャンペーンを緩和するよう要求する僧侶たちのデモ行進で、平和的な方法による訴えでした。 これにより50人以上の僧侶が路上で拘束されました。後日、捕らわれた僧侶たちの釈放を求めて集まった群集に向けて警察と軍は催涙ガスを発砲、電気棒などを使用して抗議行動参加者を殴打し、群集を解散させるために実弾を発射しました。 

中国当局は厳戒態勢を徹底し、警察と軍隊によって包囲されたラサにある3つの主要な僧院では僧侶たちが院内に監禁され、外出禁止令下にある市内全域では市内への立ち入りを武装車両や武装警察部隊が封鎖しています。その一方、ラサ市内の一部では散発的な抗議行動が続き、隣接する青海省、甘粛省、四川省にまでチベット人の抗議活動が拡大していると報じられています。チベット自治区と上記3省のチベット人居住地域では当局との衝突により多数の死傷者を出しながら、依然不安定な状況が続いていると報告されています。

アムネスティ・インターナショナルは、当局が非暴力の抗議活動に参加したチベット人に対して過剰な武力を持って弾圧したことを強く非難し、継続中の抗議活動に対して自制をもって対応するよう貴国に要請します。抗議行動に参加する人びとには平和的に反対の意を表明する権利があり、集会の自由と表現の自由を認めない中国の姿勢は国際人権基準の違反行為であり、許されるべきではありません。

私たちアムネスティ・インターナショナル日本は、今回のチベットにおける人権の危機的な状況を深く憂慮し、事態の改善を求め貴国に以下を申し入れます。

1.抗議行動の弾圧において、ラサやチベットのそのほかの地域で拘禁された人びとの消息を明らかにし、自らの意見や表現の自由、集会・結社の自由を主張したために拘禁されたすべての人びとを速やかに釈放すること。

2.中国当局は、ここ数日の同地域の封鎖と、長期にわたってチベットの人権状況の調査が制限されている状況を特に踏まえ、現在チベットで起きている事件について、独立した国連の調査を受け入れること。

最後に私たちは、チベットの人びとの根本的な不満や憤りを生み出した政策の問題について、貴国が真摯に取り組む必要があることを、お伝えいたします。

2008年3月18日

社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
理事長   搆 美佳
アムネスティ日本支部声明


そのほかのアムネスティ国際ニュース
-----------------------------------------------------------------------
中国 : チベットへ独立した国連の調査が必要

「中国当局は、ここ数日の同地域の封鎖と 長期にわたってチベットの人権状況の調査が制限されている状況を特に踏まえ、先週末にチベットで起こった事件について、独立した国連の調査を受け入れるべきである」。15日、アムネスティ・インターナショナルはそのように述べた。「国連人権理事会も、現在の会期中に、このチベットの状況について取り組むべきである」。


アムネスティは、中国当局に対して、継続中の抗議行動に対して自制をもって対応するよう要請する。また、先週行われた抗議行動への弾圧において、ラサやチベットのその他の地域で拘禁されたすべての人びとの消息を明らかにし、自らの意見や表現の自由、集会・結社の自由を平和的に主張したために拘禁された人びとを釈放するよう要請する。

「また、中国当局は、チベットの人びとの根本的な不満や、人びとのそうした憤りを生み出した長期にわたる政策の問題に取り組む必要がある。」アムネスティのアジア太平洋部長キャサリン・バーバーはそのように述べた。今回表面化した長期にわたるチベット人の不満には、経済発展の利益から排除されているという認識と、宗教活動が制限され、チベットの文化や民族的アイデンティティが中国政府の政策によって弱められているという問題がある。

背景情報:
抗議行動は、先週月曜に約400人の僧侶がデプン寺院からラサの中心部に向かって、政府が強制したキャンペーンを緩和するよう要求する行進を開始したことから始まった。このキャンペーンは、ダライ・ラマへの非難を書くよう僧侶に強制し、政府の政治的プロパガンダに従わせようとするものである。50人以上の僧侶がラサ市内の路上で拘束された。それに続く抗議行動は、その他の僧侶たちが拘束された僧侶を支持して起こしたもので、ラサやその他のチベット全土で一般の人びとが参加し、全面的な騒乱に発展した。隣接する青海、甘粛、四川の各省でチベット人による抗議行動が報告されている。

警察と軍は催涙ガスを群集に向けて発砲し、抗議行動参加者を殴打し、群集を散会させるために実弾を発射したと報道されている。金曜日にはラサでの抗議行動が激化し、一部の抗議行動参加者が警察車両に火を放ち、特に中華系企業を対象に焼き討ちするなど暴徒化した。中国の当局筋によれば10人が死亡し、その大半がラサの実業家であると伝えている。より多くの犠牲者がいるとの未確認情報もある。

外出禁止令が市内全域に出され、全ての店舗が閉鎖されていると伝えられている。市内への立入りは市周辺の検問所で封鎖されており、ラサのいたるところに武装車両や武装警察部隊がいる。報道によれば、本日も市内の一部で散発的な抗議行動が続いているという。

警察及び軍隊がラサ地域にある3つの主要な僧院を包囲し、僧侶を院内を監禁し、外に出ようとする者を殴打している。セラ寺の僧侶たちは、僧院からの軍隊の撤退を求めてハンガーストライキを始めたと伝えられている。

今週は、ネパールやインドでも、チベット人による平和的抗議活動が行われている。インドでは、中国国境まで行進しようとした抗議行動参加者たちが制止命令を受けて拘禁された。ネパールでは、カトマンドゥで行われた抗議行動が暴力的に散会させられ、一次的に拘禁された抗議参加者は殴打され、または劣悪な処遇を受けていると言われている。

アムネスティ国際ニュース発表
2008年3月15日
アムネスティニュース中国 : チベットへ独立した国連の調査が必要



中国 : チベット人抗議者たちへの弾圧に高まる懸念

アムネスティ・インターナショナルは本日、チベットの首都ラサで非暴力の抗議活動に参加した人びとに対して厳しい弾圧が行われたことを非難する。目撃者の報告によると、3月11日、前日の抗議で捕らわれた僧侶たちの解放を求めて集まった500人を追い払おうと、中国の警察は催涙ガスと電気棒を使用したという。

アムネスティ・インターナショナルは本日、チベットの首都ラサで非暴力の抗議活動に参加した人びとに対して厳しい弾圧が行われたことを非難する。目撃者の報告によると、3月11日、前日の抗議で捕らわれた僧侶たちの解放を求めて集まった500人を追い払おうと、中国の警察は催涙ガスと電気棒を使用したという。

3月10日には、9人の僧侶を含む11人の抗議行動参加者たちが、ラサの中心にあるツクラカン大聖堂(ジョカン寺・大昭寺)の外で激しく殴打され拘禁されたと報告されている。参加者たちは、中国の支配に反対して行われた蜂起が失敗に終わり、ダライ・ラマがチベットから亡命して49周年を迎える日を記念して、抗議行動を行っていた。同様に約50人の僧侶が首都全域で拘禁されている。

「抗議行動に参加する人びとには平和的に反対の意を表明する権利がある。集会の自由と表現の自由を認めない中国は国際人権基準に違反している」と、アムネスティ・インターナショナル・アジア太平洋部のティム・パリット副部長は述べた。

「人権侵害が北京の路上で起ころうがチベットの山中で起ころうが、アムネスティ・インターナショナルはその行為を非難する」

アムネスティ・インターナショナルは、平和的に自らの権利を行使しただけで拘禁された人びとを速やかに解放するよう、中国に要求する。

アムネスティ発表国際ニュース
(2008年3月12日)
アムネスティニュース中国 : チベット人抗議者たちへの弾圧に高まる懸念

FC2blog テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/24 00:51】 | 軍事支配
トラックバック(0) |  ]
 チベットは、秘境というイメージでしか知らなかった。それが身近に感じたのはチベットの歌手で日本人と結婚した「こんにちはバイマーヤンジンです。」 (バイマーヤンジン著)という本を書かれた歌手バイマーヤンジンさんのすばらしい歌を聴いてそれからこの本を読んだ時。
こんにちはバイマーヤンジンです。

 もちろん、本ではチベットの置かれた事情など何も語ってはいないけれども、とてもチベットを身近に感じた。
 彼女は、チベットの遊牧民出身だが、北京で教師をしていて日本人に出会い、結婚して日本に来た。ヤンジンさんは、日本人に「遊牧民、気楽でいいじゃないですか」と言われて、返答するそうだ。
 彼女は、遊牧がいやでいやでたまらなかったそうだ。雷が鳴り始めるとどこにも隠れる場所が無く、そのままでいると落雷する。羊の下に必死で隠れる。
 また羊を馴らすのも本当に大変で、零下の中で乳搾りも凍える手でやらねばならない。それで遊牧民からは脱したかったが、それは教師になる以外無い。ところがチベットに学校はなく北京などの中国の大都市で教師になるしかない。
 彼女は日本の歌手活動と講演、募金で、私立学校をチベットに作っている。バイマー・ヤンジンさんは書いてないが、中国は学校すら作ろうとしないのだ。それは利口になったら困るからだろう。
バイマー・ヤンジンのホームページへようこそ

 チベットは、清朝の一時期に中国に占領されたけれど、それ以外は貢ぎ物はしていたが周辺にある他の国と同じく、独立国だったのだ。ところが清朝を倒して共和制となった中華民国でも支配しようという国家としての動きが止まらず、ダライラマの即位式に来た代表団が居座り始めたので、退去させた。

 そして、民族自立を掲げた共産中国の中華人民共和国になってもそれはやまず、軍事侵攻して占領してしまった。その後も漢民族の移住を奨励してとうとう漢民族の方が多くなった。言っちゃ悪いけど、国を占領して丸ごと乗っ取ろうという腹としか思えない。今回も平和的なデモを弾圧したところから始まり、家一軒ずつ捜索してどんどん逮捕している。ゴーモンと処刑をやめろ。

 中国のためにも、チベットの即時の独立を要求する。それが、中国の今後のためでもある。
 中国にはとても隣人として関係が深くて思いがある。日本の問題はほっといて自己陶酔で言うつもりはない。人のふり見てわがふり直せというではないの。日本のためにも言いたい。

●軍事で他民族を脅かしたり占領してはいけません。
●周囲の国ともうまくつきあわねばいけません。
●大きな国になればなるほど責任も重くなります。
●友好と外交が何よりも大切で、軍事ばかりに頼っていてどうして尊敬される国になれるのでしょう。
Wikipediaチベット

22日東京・港区で行われた。約900人(警視庁調べ)の在日チベット人や支援者たちが集まり、六本木の街頭や中国大使館前で「チベットに自由を」などとアピールした。(動画時間:5分31秒)
 なお、ずっと見ていくと、アホ右翼みたいなのが叫んでいるが、私の本意ではない。

22日東京・港区での「チベットに自由を」デモ

3月10日以降続いているチベット「弾圧」について、ダライ・ラマ法王日本代表事務所(東京)の文化・広報担当官であるルントック氏の話。

「チベット「弾圧」、印象操作に騙されてはいけない」

ルントック氏の話(動画ニュース:14分45秒)

FC2blog テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/23 19:21】 | 軍事支配
トラックバック(0) |  ]