上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 全国に波及する可能性が高いのだが、4月22日に奈良県立病院の産婦人科医師が二人、深夜勤務が全く平日通常勤務と変わらない過酷さと忙しさなのに、時間外勤務手当を出さず、わずかな当直手当1回2万円しかもらっていないと04、05年の時間外手当の支払いを求めて奈良県を提訴していた。その判決が奈良地裁であり、「分娩や救急外来など、通常業務と変わらない勤務実態をしていた」とほぼ全面的に訴えを認めた判決が出た。

 労働基準監督署の基準では、当直というのは「ほとんど労働する必要がなく、病室の巡回など、軽度で短時間の勤務」とされている。実態とはまるで違うのだ。緊急手術や急患に対応するために、宿直の医師は仮眠すら取れないケースが多い。前日朝から宿直を経て、翌日の夕方まで連続30時間以上という激務もある。

 奈良県では、提訴された2007年6月から、定額の当直手当のほかに、実働時間は時間外勤務手当の対象とするように規定を変更した。

 実は全国的にこれは行われている。サービス残業で産科が支えられている恐ろしい実態がある。なんということだろう。これでは産科勤務医師が辞めていくのも無理はない。
 奈良県が全国都道府県にしたアンケートでは、37地域から回答で、いまだ定額の当直手当のみが6団体、定額当直手当+実働といわれる時間外手当のセットが29団体。

 これを受けて奈良県側は、裁判では当直中の「通常業務」は平均で当直時間の24%程度、それ以外の時間は入院患者の急変などに備える待機時間で、労働基準法が適用されない「断続的労働」と主張していた。
 それも裁判所には、断続的労働とは「常態としてほとんど労働する必要がない勤務」と指摘して、原告の勤務は「一人で異常分娩に立ち会うなど、睡眠時間を十分に取ることは難しい」と批判された形である。

 奈良県健康安全局武末文男局長は、
「(当直時間について)すべて(時間外勤務手当を)払えというのは予想していなかった」「(背景は)産科、小児科は医師が少ない。金の問題より医師が集められず十分な体制が組めないひと控訴するかは「判決文を詳細に読んだ上で検討する」とのこと。
「根本的には2人当直にできない医師不足がある。また、自分が主治医をしている患者の具合が悪くなったら、どんな場所に居ても呼び出される慣習があった」「今後は当直勤務の翌日は休みが取れるような勤務態勢の導入を検討したい」と、言っている。

 実は、奈良県立三室病院も、昨年二人いた産科医師が辞めて一人になり新規患者の受付を止めた。医師の善意だけで支えられているなんて、なんという国だろう。

 そして平成21年4月1日より、三室病院では分娩の取扱を休止してしまった。いまだもう一人の産婦人科医師が確保できない。南部の吉野山間地のすぐ脇にある奈良県立五條病院もすでに産科がなくなり、今度は平地の人口密集地にある三室病院でも分娩の取り扱いができなくなる。もはや末期的な医療崩壊のただ中だ。
 よそのことだと思っておられたらそれは違う。これは医療崩壊の全国でも最前線で起きたことで、ドミノ倒しのようにあなた方のところにも同じようなことが起きるのだ。

http://www.mimuro-hp.sango.nara.jp/sinryo_sanfuzinka.htm

 医療費は、薬品費が圧倒的に高い。それは薬品企業を重視した医療行政のせいである。医療費の重点を変更して、医師の医療行為の支払いを高くすることで、医師への給与支払いができ、医師も育てることができる。これでかなりの医療問題が解決すると思うのだが。

 医師はせっかく、m3などという医師しか参加できない専用の掲示板など、ネット環境が整っていて参加者も圧倒的な率なのだから、くだらないネット暴走で人権侵害などに血道を上げていないで、どうか医療問題を専門家としてきちんと論議してほしい。ご存じない方に説明したいが大淀町の病院タライ回しで亡くなられた被害者を中傷したり、この事件をまともな報道をしていた毎日新聞を攻撃したりなどしてきたのだ。一部でまだやっている。

 そういう愚かな行為でなくとにかく国民的な議論が必要なのだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:医療問題 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/25 00:03】 | 医療再生
トラックバック(1) |  ]
前回書いたNHKスペシャル「医療再建」のことで、「医療情報の公開・開示を求める市民の会」世話人で、今は厚生労働省:中央社会保険医療協議会委員でもある勝村久司さんが主要コメンテーターの一人だったので、利用されたと書きました。
「NHKスペシャル「医療再建」の医師再配置のうそと財界広報化」
http://isiki21.blog45.fc2.com/blog-entry-52.html 

2008厚生労働省:中央社会保険医療協議会委員名簿
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/12/s1201-5.html

 まあ、それでこの「医療情報の公開・開示を求める市民の会」の「2009年 年頭所感」について「どのように読みますか?」と、番組参加者からコメントをいただいたので書いておきます。

 下記の引用は、あまりに段落が長いので、私のほうで適当に分けています。
http://homepage1.nifty.com/hkr/simin/hyousi.htm

2009年 年頭所感 (世話人 勝村久司)
 ここ数年は、医療改革にとっては「失われた数年」だったと総括すべきかもしれません。

 マスコミ報道が、それがまるで医療改革の切り札であるかのように、再三取り上げたことは、「病院の中に患者の苦情処理係や紛争処理係としてメディエーターとよぶ職業を新たに配置していこう」とか、「小児の夜間救急においてコンビニ受診を控えるような動きを広げていこう」とか、「医師賠償責任保険に加えて、新たに、過失があろうとなかろうとお金を支払う産科医療の無過失補償制度を導入するために出産一時金を引き上げよう」等、どれをとっても、医療の中身とは本質的に関係のない医療の外側のことばかりで、すべて、患者の言動を変えようとすることばかりです。まるで、医療の中身の議論をすること自体がタブーになったのか、と思わざるをえないような報道が続きました。「患者の声を打ち消す」「患者に我慢を強いる」「患者に裁判をさせないようにする」というだけでは、医療改革の議論はなかったも同然です。

 唯一「医師数と医療費の総額を増やす」という話がありましたが、これだけでは、歪んだ医療の形をそのまま相似形で大きくするだけで、「時間(救急)」「空間(僻地)」「種類(診療科)」「報酬(収入や単価)」そして「質(技術や倫理)」の格差を更に拡大してしまうことになります。医療の様々な格差を解消するために、医療システムのグランドデザインを描き、医療資源を健全に配置しようとする議論が不足しているばかりか、そのためのリーダーシップをとろうにも、現状の歪みや格差を知るための情報さえ蓄積されていません。医療は外側の形が歪んでいることはわかっても、その中身は高い壁によって遮られ、見ることさえできないのです。人口が減少していく時代に、右肩上がりで量を増やしていくだけで、いろいろな問題が自然に解決していく、と思うのは明らかに幻想です。今の社会はそのような歴史の負の遺産である開きすぎた「格差」をどうやって縮小していくかがテーマであるはずです。

 また、「訴訟リスク」「萎縮医療」という意味のわからない言葉も再三マスコミは報道してきました。そして「医師は刑事訴訟を免責すべきだ」という論まで広がりました。民事訴訟や刑事訴訟を減らすためには、患者や司法を変えるのではなく、あまりにもひどい医療事故や医療被害をなくすことこそが大切です。医療裁判に寄り添ったことがない、医療事故を見出しでしか知らないような人たちが、これらの言葉を使っているとしか思えません。

 長年、漫然と繰り返される医療事故の被害者たちは、医療裁判で、事実経過を争ってきただけです。病院側が情報を隠して、真実と異なる事実経過を、まるで真実であるかのように主張し始めるたびに、被害者たちは泣き寝入りか、真実を訴えるための裁判せざるをえないかの二者択一を迫られるところに追い込まれてきたのです。

 「ごく普通の医療が誠実になされていたら助かっていた命が失われ、一部の医療とはよべないような行為やあまりにもひどい不誠実な対応によって被害が繰り返されている」のに「医療は精一杯やっても結果が悪くなることがあるのに、それを理解できない患者が裁判をしている」という偏見を流布し続けてきた医療界。だから、医療の内部は何も改善する必要も変わる必要もなく、拡大をしていくだけでよい。さらに、医療事故の情報を蓄積する必要もないし、医療費の明細書を患者に手渡す必要もない。「変わるべきは医療界ではなくて患者の方だ」というだけでなく、「医療被害者が医療を崩壊させた」という本末転倒の誹謗中傷まで広がってしまっています。

 2009年も、このようなマスコミ報道が続き、それを見聞きした国会議員が、それが医療改革の議論だと勘違いし続けたら、日本の医療に未来はないでしょう。幸い、2008年は、私たちと同じ思いの健全なマスコミ関係者や国会議員、医師たちとたくさん出会い、励まされ、世の中は捨てたものじゃない、と思える年でした。11月末には、日本医学会会長が会長を兼任する「医療の質・安全学会」が、医療事故や医療費の情報開示を求め続けてきた「医療情報の公開・開示を求める市民の会」の10年間の功績をたたえ表彰してくれました。12月末には2時間近くのNHKスペシャル「医療再建」が、私に発言の機会をくれただけでなく、これからのあるべき議論の土俵の土台を作ってくれました。

 サイレントマジョリティである国民の多くに、溢れるデマや偏見ではなく、必要な情報を正しく健全に伝えていく必要があります。患者のために精一杯仕事をしているために過労気味になっている多くの医療者も、不本意な医療を受けてしまった患者も、その苦しみの体験や立場は違いますが、実は、「だから、こうすればよいのに」と考えることはたいてい同じなのです。反対側で苦しんでいる者どうしが、実は、同じ改革を求めているのです。

 だからこそ新しい年には、将来、医療者にも患者にもなる子どもたちのために、誰にとっても本当に意味のある議論を始めていく必要があります。そのためには、医療情報の蓄積、公開、共有が欠かせません。医療の壁を取り払い、医療の中身の議論と、医療の様々な格差を解消していくシステムの議論を始めていきましょう。



私は、「医療情報の公開・開示を求める市民の会」の機関紙も読んでいました。勝村久司さんのその誠実さと真剣さ、能力には疑いを持ちません。厚生省の追及をしたおかげて医療被害の行政がだいぶ進んだと思います。

 ではなぜあのような、番組のおかしさに気がつかないのでしょうか。正直キチンと問題点も含めて国民的議論をして、国民が認めるのなら、再配置もいいと思います。ただし実際には、かなりの制度変更と、医師の数を増やすという政策も同時並行でされると思います。

「患者の声を打ち消す」「患者に我慢を強いる」「患者に裁判をさせないようにする」と、いう議論ばかりなのは本当でしょう。

また、「「訴訟リスク」「萎縮医療」という意味のわからない言葉も再三マスコミは報道してきました。そして「医師は刑事訴訟を免責すべきだ」という論まで広がりました。民事訴訟や刑事訴訟を減らすためには、患者や司法を変えるのではなく、あまりにもひどい医療事故や医療被害をなくすことこそが大切です。医療裁判に寄り添ったことがない、医療事故を見出しでしか知らないような人たちが、これらの言葉を使っているとしか思えません。」

 それはそのとおりでしょう。だからといって原理主義的に国民に再配置を押し付けても困るのです。これは市民運動の陥りやすい傾向だと思います。
 国民は、やはり自由診療を捨てたくないという気持ちも強いのです。それがわからなくなっているのだと思います。
 それで、視野が狭くなり、気がつかないのでしょう。

 勝村久司さんに再三失礼なことを申し上げています。どうも申訳がない。でもあれだけ情報操作をしている番組に気がつかないというのは困るのです。

 この年頭所感のとおり、「刑事訴訟法の免責」などとんでもない話です。こういうことを言いだすのは、産婦人科医を中心として医師の確保が困難だからでしょう。だからといって安心な医療を行う国民への義務まで排除されてはたまったものではありません。

 とんでもないのは、他にも、2008年7月29日に自民党の「医療紛争処理のあり方検討会」で、救急医療を刑事免責しようと刑法改正の私案まで示されています。

 厚生労働省から独立した形で、医療事故調査委員会(仮称)を作り、国民からの調査要求を認めて、刑事訴追もできる権限を与える。こんな形ではどうでしょうか。もちろん、刑事訴訟法に枠をはめるわけではありません。警察も独自に動けるのです。委員会が調査していると連絡する規定を設けるだけでいいのではないですか。それで両者の調整が自然にとれると思います。警察がどうしてもこれは訴追せねばと思えば動けるし、その内容がおかしければ委員会も動ける。

 私はもちろんタダの国民に過ぎずあまりに勉強は足りないです。医師や市民運動側とは意見も違うでしょう。でも一人の医療にかかる国民としてまともな議論ができるようにお願いしたいのです。

FC2blog テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

【2009/01/12 19:54】 | 医療再生
トラックバック(0) |  ]
NHKスペシャル「医療再建」を見たが、かなり問題の多い番組だとわかった。医療被害を受けた参加者の柳原三佳さん(ジャーナリスト・ノンフィクション作家)のブログに詳しい。
http://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-485.html

 司会の高橋美鈴アナウンサーが、医師がいないという現象を示して「誰もが必要な時に必要な所で受けられるとされてきた日本の医療への信頼が崩れ始めている」と言って始まる。
もう一人の司会は岩本裕科学文化部記者。

まず嘘がある。
内容は、3つのセッションに分かれ、
第1セッション 必要な時、必要なところに医師がいない~拡大する“医師偏在”・東京編~


VTR①
  ●深刻化する診療科間の医師数の格差
  ●夜の医療を担う医師がいない(医師の昼夜偏在)
◇スタジオ②;拡大する“医師偏在”の実態と背景
  ◎“医師の偏在”(診療科、地域、昼夜)をどう考えるか?
  ◎新医師臨床研修制度について>



 臨床研修の改正による各診療科巡回研修化による弊害として、形成外科など楽な診療科に医師が集まり、勤務の厳しい小児科は医師数が減っている。厚生労働省のグラフも出た。

ところがそれは、

診療科の偏在を、小児科以外の診療科では、医師の総数(勤務医+開業医)の減少で示し、小児科については、小児科医の総数は、実は増えているにもかかわらず、その点には一切触れず、小児科医の総数ではなく、勤務している小児科医数の減少(グラフ)で示していた


と、インチキなのだった。

 この後、

第一セッション後の休憩時間に、小生と尾身さん、外口(引用者補完 厚生労働省医政局長)さんの3人で意見が一致したのが、地域の100~200床の病院で総合内科医を育てることであった。また第二セッションで、外口さん、尾身さんおよび複数の医師から、地域の医療ニーズに合う総合内科医の育成について医療再建に取って実に貴重な発言があったが、すべてカットされた。


と、発言カットを繰り返す。

第2セッション 適正な医療体制をどのように実現するか

VTR②
  ●イギリスの計画的な医師配置
  ●適正な医療体制の実現に向けた奈良県の取り組み
1.VTR②の流れた後に、イギリスの医師配置の管理システムを紹介したビデオについて、小生が、イギリスは日本とは医療制度が異なり、とくに人口2000人に一人のGP(総合医)が配置され年間契約でかかるGPが決まっていること、市民は病気になると契約しているGPにまずかかり、病院へはGPの紹介状がないと受診できないこと、フリーアクセスの日本とは全く異なる事を明確に話し、VTRの使い方に問題があることを発言したが、完全にカットされた。

2.医療崩壊の本質の一つは、中堅クラスを中心に勤務医が次々に退職したことによる勤務医不足である。医療再建にはこの点が不可欠で、地域病院の事例を挙げ具体的に説明した発言は完全にカットされた。



セッション3 適正な医師配置の実現に向けて


  ◎誰が医療のグランドデザインを描くのか?
  ◎医師の適正配置をどのように実現するか?
  ◎医療再建のために、今、何が必要か

 休憩時間中に、外口さんが、医療再建について厚生労働省としては自分の所管業務に限定され、総務省や文科省には口を出すことができないと話されていました。この点には小生も全く同感で、事前に担当ディレクターに伝え、是非発言してほしいと要請された最も重要な発言、「今日、最も重要なことは、医療再建に政府が取り組むのにあたって、たとえばITの医療分野での国家戦略は厚労省・総務省・経産省の3省を組織横断的に束ねる内閣官房IT戦略本部が担うように、医療再建については、卒後研修や医療制度を担当する厚労省、卒前教育を担当する文科省、自治体病院を担当する総務省の3省横断的な組織、すなわち医療再生戦略本部を内閣官房に設置することを強く求める」は、ついに全面カットされた。



 つまり、勝村久司氏(中医協委員)を中心にして、医師の計画的配置を強調し、そのため小児科医の医師数の不足と、イギリスの医師配置制度の紹介の前提となる家庭医制が抜かされ、多くの貴重な意見もすべてカットされた骨抜きとウソ番組になったというのだ。しかもその意見者には厚生労働省医政局長も含まれている。勝村久司氏は家族が被害者となりそれ以来の真摯な医療問題の活動家で、今回は利用されただけだろうが。

 しかも医師会副会長の竹嶋氏は医師の自律性が重要であると主張したが、岩本裕司会者がしつように「医師会が主体となって計画配置を進める」との言質を取ろうとし、最後は「医師会に宿題として持ち帰ります」と言わされ、雰囲気としてはそれで検討し進めるというような感じにされた。岩本裕司会者は鬼の首を取ったような物言いだった。

 ここで必死に隠されたのは、再配置というのは実は、患者となる国民に対しても大きな制限を伴うものだという事実だ。冒頭で高橋美鈴アナウンサーが言った「誰もが必要な時に必要な所で受けられる」という自由は実はなくなる。
 なにしろ、病院の専門医にかかるにも、地域の特定の家庭医に見てもらい承認が降りないとできないのだ。その家庭医の医師がヤブ医者やだめで嫌な医者だから他の家庭医にかかるというわけにはいかなくなる。不満なら他の家庭医にかかることができると法律に書けばいいと言われる方もいるだろう。現実にずっとその家庭医につきあわねばならないのにそんなことができるだろうか。

 奈良県奈良市内の脳外科もセンター2か所に集めることになる。医師を選ぶ自由はなくなる。
 それを隠してはいけない。

 なぜこんなことをしているのだろうか。おそらくは医師を増やすという政策の方向転換は財界・日本経済連にとって余計な国民への財政支出を増やし好ましくない。それで情報操作がすべてで番組が作られたのだろう。その決められたレール以外はいっさい行けないのだ。

 こんなことをやるのなら、NHKは解散したほうがいい。財界広報局とでも名前を変えたらどうか。

FC2blog テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

【2008/12/24 00:05】 | 医療再生
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。