上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKが、直木賞候補にもなった辻村深月さんの小説「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」をプレミアムチャンネルでのBSドラマ化を企画し著作権管理委託者の講談社が昨年2011年11月許諾した。だが原作者が脚本チェックしてNHKとも修正の話し合いしていたが納得できないと撮影開始直前の今年2月に許諾を取り消した。
 訴状によると、すでにキャスティングも主演の長澤まさみをはじめとして決まりキャンセル料が発生した。脚本も完成、美術製作も終わり、莫大な損害と撮影開始直前の中止は例が無くドラマ制作での信用が低下したと、NHKが講談社を相手取り約5,980万円の損害賠償を求め、2012年6月21日東京地裁に提訴した。
「テレビドラマができるまで」 http://www.tohogakuen.ac.jp/enta/tv.php 撮影本番まで凄く手間がかかっている

 両社間で書面での契約書は作成されてなく、NHK側の主張では、”テレビドラマの制作では番組完成後に契約書を作成する慣行がある”とし、「担当者間の口頭の了承があり、契約は成立している」という。

 講談社側は、主人公とその母親の関係の表現方法など「原作の改変が著者の意向に大きく反していたことから、NHKと話し合いを続けていましたが、合意に至らず、ドラマ化を見送りたいと、お伝えしました。このような事態になり、大変残念です」とコメント。確かにドラマ化の内容をめぐるトラブルは多いが提訴までするのは異例だ。いったいなぜこんなことに。

 大した問題ではないと思う方もいるだろうが、数多くの賞に輝くNHKドラマ「ハゲタカ」を絶賛する方は多い。外資ファンドと日本の銀行の金融の世界の利益至上主義の酷薄さを鋭い視点で描き、娯楽性も高水準にある。この真山仁の原作発行元は講談社なのだ。あるいは近代歴史ドラマとして評価の高い浅田次郎原作「蒼穹の昴」も同社刊。このまま両社の亀裂が修復ならねば数多い講談社刊行小説のドラマ化は難しくなってしまう。

 NHKと講談社は、最近の2010年に放送された池井戸潤さん原作の「鉄の骨」まで良好な関係が続いていたのだ。
 他の民放では、これらの大型ドラマの制作など考えられない。日本最大の出版社である講談社とドラマ制作に長けたNHKは良質な作品を多く生み出してきた。この二社の争いはあまりに文化的な損失が大きく不毛なのだ。

 このトラブルはNHKから今年2012年1月10日から3月13日にかけて放映された、この時は「角川書店」が出した、辻村深月さん原作の「本日は大安なり」のドラマ化がきっかけになっていると思う。
 原作は、第24回山本周五郎賞候補作になったように、結婚式という人生の大事な節目の儀式に向かい合う4組のカップルと関係する人たちの哀歓をしっとりと描いた秀作なのに、ドラマは安っぽいドタバタのサスペンス調コメディーに改変されていたのだ。しかもお世辞にも良作ではなかった。

 以前のドラマ化でも、漫画原作の神尾葉子さんの傑作「キャットストリート」集英社刊、犯罪的なものや暗い部分などの重要な設定が完全削除され、情緒的な波はあるが、ただのこじんまりとした元気物語に改変されてしまい、かなりその良さが損なわれた。
 柳沼行さん「二つのスピカ」メディアファクトリー刊、明暗部分はなくなり宇宙飛行士への成長ドラマに。
 そして「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」原作は幼馴染が人を殺す話でそれをNHKでやろうとするとかなり脚色は入る。

 だから辻村深月さんの原作と違うという怒りはよくわかる。でもそれを超えて言いたいのは、原作とドラマは別だ、ということ。原作者が脚本チェックして、完全に脚色するなというのは無理がある。あくまでも原作とそれを使用したドラマとは別作品なのだ。したがって、話し合いし修正した、というNHK側に理があると思うのだ。辻村深月さん、何とか怒りを抑えてドラマ化に協力し、NHKと講談社の和解に尽力いただけないだろうか。この硬直状態が続くのはあまりに問題が大きい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:NHKドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2012/06/22 16:21】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
 今日、江川紹子さんを降板させたことで話題になっているTBSのサンデーモーニング。実はかなり見ている。今日も見た。そうすると怒ったはずの張本勲さん他所にいるとかでバーチャル映像出演だった。問題になったときの「喝」という文字付きのうちわまで映像で出していた。つまり、テレビを見ていると一見出ているようで、スタジオにはいない。コメンテーターたちの視線が怖かったのではないか。なんということだ。

 ことの始めは、先週6月13日の放送だった。このサンデーモーニングは、報道ワイドショー。三部構成で第1部は40分は評論家と岸井成格(毎日新聞特別編集委員)などのコメンテータによる時事情報コーナー。そして第2部はスポーツコーナーで、野球を中心に、野球解説者の大沢啓二と張本勲が「球界のご意見番」としてスポーツを話題に、憤りを感じるネタには『喝』、素晴らしいネタには『あっぱれ』と付ける。関口がそれぞれ「喝」、「あっぱれ」のワッペンを項目フリップに貼り、辛口コメントして番組を進行していく。第3部は「風をよむコーナー」で世相を分析していく。
 問題は、第2部のスポーツコーナーで起きた。
まず発端の江川さんのTwitterの引用から。

https://twitter.com/amneris84
出演予定だった6月20日のサンデーモーニングにできなくなりました。5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようTBS側に求めたためです。TBSは、張本氏の主張を受け入れ、私を出さない、と決めました。7月も同様の理由で出演できません。詳細は後で
https://twitter.com/amneris84/status/16438871905

ちなみに、張本氏は楽天の岩隈投手について「カツ」を叫び、「無責任」と断じました。それに対して、私が驚いて「え~っ」と声を発したことが許せないのだそうです。
https://twitter.com/amneris84/status/16438992813

ちなみに、サンデーモーニングはTBS報道局の番組です。話し合いの中で、私は「TBS報道局にとって、何が大事な価値観か、よく考えて欲しい」と述べてきました。その結果が、これです。非常に落胆しています
https://twitter.com/amneris84/status/16440917821


岩隈の途中降板を岩隈が自ら申し出たと張本さんは「腕がちぎれるまで投げろ」という古めかしい精神論を説き、江川さんは現代的なファンとして納得できず「えー」と抗議の声を出した。そして本人の申し出かどうか「監督と岩隈のやり取りを聞いてないのにわからない」と穏やかに答えた。その当然のリアクションなのに、「そりゃもうシロートの人には分からないからね!」と張本氏は答えた。これは別に険悪な雰囲気ではなく普通のやり取りだったのです。

 そのうえで番組後に張本氏の要求は、コーナーの時に江川を出すなではなく、番組から降板させろというもの。20日に江川さんを出演させれば、それ以外の日も、張本氏は出ないと主張。しかも期限は無期限というひどいもの。実はこの張本氏による降板要求は2回目で前回は司会の関口宏が間に入ってとりなしたのですが、今回は関口さんにも譲れないだめだということ。まさに横暴そのものです。

しかも、TBSは、このことを江川紹子さんが張本さんに失礼があったのならあってお詫びしたいと言ったのに会うこともできない。ところがTBSは「両者らを交えて何度か話し合いの場を設けた」と嘘までついてしまう。

 江川さんは、「謝罪なんかいいんです。普通に発言をしたり普通のリアクションしたりしただけで、こういうことにならない、ということを約束していただければ」と述べている。

 こんなことがあたりまえになったら、だれも電波芸人以外の評論家やコメンテーターは存在できない。何も言えなくなる。特に事実関係について、TBSや張本勲さんは嘘までついてるのは許せない。

しかし、張本勲という人は、もう70歳の、輝かしい経歴と栄光の大選手で大御所といっていい野球評論家なのになんという人物だ。今日もバーチャル映像などでコソコソとかくれず、きちんと出て事実関係を話して、正しければ正しい、悪ければ反省しているときちんとコメントすればいいではないか。江川さんにも来てもらえばいいのだ。それを裏でごちゃごちゃと動いて降板させる。本当に心根の小さい卑怯者の卑劣漢だ。

 TBSも、電波芸人しか出られないようなことをしてまともに情報番組をする気があるのだろうか。反省を求める。それと嘘をつくなということだ。

FC2blog テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/06/20 17:06】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
 この2年くらいテレビドラマが面白くない。さっぱりだ。 秋からのドラマでまあ比較的おもしろかったのは「キイナ-不可能犯罪捜査官」(脚本:吉田智子)くらいだった。でも傑作と言えるようなドラマが見たい。

 やはりこれだけ面白いドラマがなくなったのはオリジナル脚本を書ける人が少なくなったせいではないか。オリジナル脚本のコンクールの応募者が4割も減ったそうだ。それは漫画や小説など原作ドラマや映画ばかりやっているせいだ。オリジナル脚本のドラマは立ち上がりが遅いし、こけたらアウトでリスクが高い。その点、原作ドラマはもともとのファンが見てくれるし、外す可能性は低い。

ところが春からの新ドラマは半分以上はオリジナル脚本だ。ドラマ化出来る漫画のタネが少し尽きたらしい。

 なにを言ってる、もっと探せといいたいところだが、とりあえずいい方向だと思う。
期待作は
フジテレビ
「アタシんちの男子」堀北真希主演、脚本:武藤将吾

http://www.fujitv.co.jp/atashinchi/

「BOSS」天海祐希主演、脚本:林 宏司
http://wwwz.fujitv.co.jp/BOSS/index.html

NHK
「遥かなる絆」脚本:吉田紀子 原作はあるが中国残留孤児の娘の手記をドラマ化。
http://www.nhk.or.jp/drama/
dramalist/kizuna.html


「ゴーストフレンズ」福田沙紀主演、脚本:高橋留美 他 見たが、少し軽いなと思う。「QED証明終了」のほうがよかった。
http://www.nhk.or.jp/
drama/dramalist/ghostfriends.html


 なお、漫画原作ドラマなら、故杉浦日向子 の「百日紅」(さるすべり)をぜひしてほしい。葛飾北斎と娘お栄のお話だ。時代劇と妖怪幽霊が混然とした傑作なのだ。制作はもう困難極めるだろうね。でも見たいのだ。

 ちなみに、「この2年くらい」というのは「のだめカンタービレ」より後ということだ。上野樹理の、のだめを愛している。だから「ラストフレンズ」の岸本瑠可役になじめないし(かっこいいとは思う)、ドラマもDV、自殺とイタクて私としては評価できないのだ。

FC2blog テーマ:テレビドラマ 2009年春 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2009/04/02 23:55】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
 平原綾香の「カンパニュラの恋」をテレビで初めて聞いて衝撃を受けました。あまりに深く素晴らしい歌だったのです。彼女が大学を卒業して本業の歌手となってわずか1年半余りでここまで到達したのですね。

 何しろテレビはニュースか特定の番組、少数のドラマしか見ません。調べるとドラマ「風のガーデン」の挿入歌で、ショパンの名曲「ノクターン」を元に作曲・編曲して歌詞を付けたものでした。この原曲「ノクターン」に英語の歌詞をつけたものが、「風のガーデン」のエンディングソングだったことを初めて知りました。

 「風のガーデン」は、見なかったのでわからなかったのです。実は、緒形拳さんの晩年のドラマはあまり見ていないのです。NHKの「帽子」は、初回も追悼放映も録画したが、見ないまま消してしまいました。ましてや、遺作ということで避けてしまったのです。

 私は緒形拳さんのドラマは、1965年1月3日から12月26日のNHK大河ドラマ「太閤記」、1969年7月17日から1970年1月8日までの「豆腐屋の四季」から見ているのですが、あの緒方さんしか出せないぎらぎらとした野生としかよべない演技にたえず魅了されてきました。ドラマでは特に、「必殺仕掛人」の藤枝梅安、「必殺必中仕事屋稼業」の知らぬ顔の半兵衛役が、最高だと思います。必殺仕掛人は映画でも同役でよかった。

 「豆腐屋の四季」の原作者、故松下竜一さんは、これが作家になる前の若い時に書いた作品で緒形さんももちろん若い時の主演なのです。松下さんが言っておられましたが、いつも気にかけて作品の感想など手紙で貰ったし、確か記念パーティにも、わざわざ東京から大分まで来てくれたそうです。人間としても素晴らしい人だと思います。

 だから晩年の演技を見るのがつらかったのです。緒形さんらしい演技は2005年の映画「蝉しぐれ」の父親、牧助左衛門役が最後では。原作にあるように、とても素晴らしい、そしてどっしりと頼りになり尊敬できる父親を、みごとに演じておられました。

 しかも、平原綾香が演技するというのでこれも見ない原因でした。彼女は2007年5月のNHK「SONGS」で、3月に大学を卒業したのでこれからは歌一筋です、とはっきりと宣言していたのに何てことだろう。ゲスト的な歌手芝居では困る。そう思ったのです。
 しかし、今回あまりに気になり、友人が録画していたものの1、2回分を借りて見ました。

 緒形拳さんの演技は静かでしたが、あの父親の深い思い。患者によせるやさしさ。自殺した義娘と原因になった浮気な息子に見せた激しい怒り。最後の燃えるようなものが込められ、緒形さんの気持ちがすべてに満ちていて感心しました。ドラマのできばえもいい。全部見たいと思いました。

 そして、問題の平原綾香さんです。無名の歌手、氷室茜役ですが、挿入歌と、エンディングソングに関係するための時間は短いが重要な役でした。ところがすぐれた演技力を持っていることがわかりました。みごとです。おやおやっと思ったら、放送後のスペシャルライブで女優の引退宣言をしたと知りました。
 これは、きわめてもったいない残念なことですが、やむを得ないと思いました。「風のガーデン」を見て、おそらく、ドラマ、映画のオファーが押し寄せたことだと思います。
 すぐれた映画企画を選べば2009年の映画新人賞はおそらく間違いなし、という感じですが、そうなれば歌一筋の仕事に障害になります。まだ24歳、しかも30代で歌をやめて役者にはならないでしょうし、これから30年くらいは歌手として一線で続けるであろう人なのです。

 劇中で、平原演じる氷室茜が、ショパンの「ノクターン」に歌詞を付けたバラード「カンパニュラの恋」がカナダで大ヒットしていて、それを日本でカバーさせてもらえることになったと言いました。それで本気にして、そうなのかと探しましたが、そんなものはありませんでした。日本で、「ノクターン」を元にして作曲・編曲をして、そして平原綾香自身が作詞したのでした。
 大学時代の「ジュピター」はホルストの組曲「惑星」の第4曲「木星 」に歌詞をつけて歌うというのは平原綾香からの提案でした。今回はどうなのでしょう。
 次の「カンパニュラの恋」の映像は画面は個人のもの、音楽はYoutubeは、JASRACに昨年から著作権料を支払っているので違法映像ではないと思います。

 緒形拳さんの冥福を祈ります。そして平原綾香さんのいっそうの歌の道での活躍を期待します。


FC2blog テーマ:風のガーデン - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2009/01/13 19:57】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
 NHKの「2009アニメ先取りスペシャル」を見たところだ。注目は「獣の奏者エリン」。1月10日からの新番組アニメだ。

 これは、私も守り人・旅人シリーズで熱烈なファンである上橋菜穂子先生が新たな着想を得て書かれた、すでに傑作との評価が高いファンタジー「獣の奏者」のアニメ化なのだ。

 NHKの前アニメ化「精霊の守り人」には神山健治監督が細心の注意を払いストーリーを練り、すぐれたアニメとしての世界を築き上げたことでファンにも何の不満もなかった。ところが今回は制作は同じプロダクションIGでも監督は「テニスの王子様」の浜名孝行監督に代わり不安の声がある。

 つい先ほど、NHK「2009アニメ先取りスペシャル」で「獣の奏者エリン」の概要を見た。
 世界観や背景、キャラクター設定エリン、闘蛇や王獣も含めて問題なく、声優や音楽もスキマスイッチ でいい。
 今回は、1年間という期間なので、原作では描かれなかったエリンと母の生活と親娘の情愛もたっぷりと描かれるようで楽しみだ。

 しかし、不安が残るのは、プロダクションIGは、神山健治監督以外はストーリー展開が弱くて、「精霊の守り人」SPでも言及されていたほどだ。

 ところで、かつてTBS「BLOOD+」プロダクションIG制作アニメで問題になったのが今回もシリーズ構成担当の藤咲 淳一氏である。映画『BLOOD THE LAST VAMPIRE』はよかったのに、ストーリーを改めてのテレビ化では、藤咲氏がシリーズ構成を担当して、だらだらとおもしろくなく、視聴率もこの枠では珍しく2%と凋落してしまった。
 はたして今は別会社のトランスアーツに所属する浜名孝行監督がうまく引っ張っていけるのか、不安でいっぱいだ。

 ただ、他は問題ないので、脚本がうまくいってなければまだ全部できあがっているわけでもなく、みんなで申し入れるという手もあるかなと思う。
wikipedia「獣の奏者 エリン

FC2blog テーマ:獣の奏者エリン - ジャンル:アニメ・コミック

【2008/12/31 14:55】 | テレビ
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。