上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 都議選が、7月3日に告示されました。いよいよ日本の運命を左右する選挙の開始ですが、正直、東京都からあまりに離れているせいかまるで実感はない。これで自民党が大敗すれば麻生総理は終わりです。

 麻生総理は、戦略・戦術性というものがまるでなく、先日の党人事・内閣改造でも安倍元首相が進言したらふらふらとやろうとする。それで党内に怒られたらまたやめる。それで、形だけ閣僚兼務解消をして自分から党人事改造するとは一言も言ってないと逃げの言い訳をしてまた評価を下げる。こういう連続でほぼ首相として不的確の烙印を国民に押されたのです。
 しかし、麻生総理も、自民党の総意で総裁・首相に推されたという思いは強いでしょう。ここは総裁、執行部の強い権限を使って何とか居座ってぜひ解散していただきたい。

 まあ、これとあたかも連動したかのように「鳩山由紀夫を告発する会」と名乗る団体が、鳩山由紀夫民主党代表の政治資金報告書虚偽記載で、今日東京地検に告発しました。しかし、未だ代表者すらわからない。
 もしこれが謀略政治のためだとしたらなかなか見上げたものです。
 これまで多くの政治家により何度も政治資金報告書の訂正は行われてきて、今回も秘書がアホなことをしましてと訂正すればいいだけなのに、これを政治事件にしようとするのは朝日新聞と自民党くらいのものです。

 ぜひ、雑音に迷わされず東京都民は適切な選択を12日投票日にはお願いしたい。

 東京都は勝ち組の多いところでしたが、日比谷公園派遣村に多くの人が困窮して集まったように、今や明日の生活すらわからないところです。

 派遣村の元村長、湯浅誠さんが、言ってますが、昔はまず企業が労働者を不況でも抱えていた。行政も生活保護をして、労働者を守る法律もあり、様々の社会的なフォローがされていた。それで一時的に困ってもすぐ立ち直れた。しかもそれでダメなら、家族が支えていた。そして友人や同僚など周囲が助けることも多かった。失業しても何とか元の場所にはい上がれた。

 しかし、そういういざというときの「補助ベース」、湯浅さん言うところの「溜め」が社会にない。何か病気や、不況などの社会変動があると、企業が支えないですぐ振り払う。冷たい風を防いでくれる企業福祉や法律などなくて、あっという間に放り出されます。

 そして、周囲の人も助ける余裕がもはや無い。家族も期待できないか、ふるさとに帰りにくい。あっという間に困窮者に転落です。
 かつて東京都民は、小泉構造改革を「痛みも必要」と多くが支持しました。しかし、今はそれがダメだと実感できるのではないでしょうか。

 もう一度言いますがぜひ適切な選択を東京都民にはお願いしたいのです。これは離れていてなかなか直接皆さんにふれられない者の勝手なお願いです。でも皆さんの選択は日本の全員にかかってきます。

 知ったことか。そういわれる方も多いと思います。確かに勝手なことを申し上げていますそれはお詫びします。申し訳ないと思います。どうかご理解下さい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:2009東京都議選 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/03 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

承認待ちコメント
-


ちゃーっす
にほんじん
鳩山由紀夫を告発する会の中の人は
東京都議会議員を中心とした無党派の
全国議員連盟らしいよ

ブログとか小さなサイトの管理者とか
普通の人は知らない情報です^^
これからは無党派が政治を引っ張っていく時代です。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。