上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 沖縄の普天間基地の返還をめぐり、沖縄に鳩山総理が「公約ではない」その政権政党が例えば「地方に行けば普天間というのは雲の上の話で子供手当は自分たちの生活の話だ。」と山岡健次国対委員長が言う。沖縄の人たちをないがしろにしている。これまでの沖縄への迫害の歴史、琉球処分を繰り返さないことだ。

 琉球処分とは、すなわち占領による国内植民地扱いのことである。

 江戸時代始めまで、沖縄が琉球王国という独立国であった頃、日中の貿易の仲介をすることで国を成り立たせていた。

 これを強引に江戸時代の薩摩藩が軍事的に侵攻することで占領してしまった。薩摩藩に付属する小国として存在させた。植民地化である。現実に他の国を支配したと江戸幕府に届けている。珍しい風俗の女性たちも江戸に送っている。これを琉球処分とよんだ。だが国としての独立性を保ち薩摩藩と中国両方に朝貢して両属していた。

 だが、江戸幕府から明治政府になってから明治12年についに琉球王国を廃し沖縄県を設置し県令を置いた。これが第2の琉球処分である。

 しかし、もっともひどいことをしたのが、太平洋戦争末期から敗戦後である。沖縄は本土を守るための一島を要塞として米軍を迎え撃ち、地獄の地上戦の舞台となったのだ。しかも日本軍は集団自決を指導していた。それで多くの人がさらに亡くなることになった。

 米軍は多くの市街地を攻撃して占領した。それが普天間基地を始めとする現在の沖縄の米軍基地に繋がる。
 敗戦後も日本政府からの切り捨ては続き、米軍の沖縄軍事占領の状態のまま占領統治を認めた。昭和天皇もアメリカ政府に対し沖縄の軍事利用を勧めている。やがて昭和27年の日米平和条約の締結にも、アメリカは沖縄に琉球政府を設立し、軍政を敷いた。特に朝鮮戦争の時に民有地も占領継続のまま周囲を接収し、各地に大規模な米軍基地が造られ東アジアの軍事的な要石として扱われた。これが、一部で第3の琉球処分とよばれる。

 アメリカ政府は全く返還する気はなかったようだ。沖縄は日本ではなく本土に占領された島国だとして、グアムのように永久支配する気だったのだ。

 しかし、沖縄の粘り強い祖国復帰運動と、米軍兵士の犯罪から沖縄中に満ちた怒りから起こったコザ暴動をきっかけに日本への返還を認めるようになった。

 しかし、占領の既得権を残そうとした。そして日本政府も迎合して、核持ち込みや施設撤去費用などの密約を結んだ。
 アメリカの意識は、米軍基地の呼び名にも表れている。「キャンプシュワブ」、「キャンプハンセン」、他にも「…レスター」、「…コートニー」、「…マクトリアス」この名前は、沖縄戦での海兵隊功労戦死者の名前を付けているのだ。今だ意識は占領状態だということなのだ。

沖縄の米軍基地マップhttp://earthhopper.syuriken.jp/
mashups/okinawabasesJ.html


 そして今もなお日本の0.6%の県土の沖縄に、全国の75%の米軍基地を集中させ負担と被害を押し付け、迫害しているのは、米国政府と日本政府の犯罪で、国民もマスコミも見て見ぬふりでそれに加担している。

 山岡国対委員長が漏らしたように、世論調査をすると普天間基地返還問題は3%しか問題点として上げないという。沖縄通を自認する山岡さんは、実は本当のことを言ってしまったのかもしれない。でもだ。それでいいのだろうか。

 私たちは、平等に沖縄の人に暮らしてほしい。多くの琉球処分の歴史はあった。だが現時点でなお日本に復帰したことを悔やんでほしくない。そんな日本政府の政策に加担したくない。

 鳩山総理と政権は、問題点を暴きだし、沖縄の人々が声を再び上げる状況を作った。その功績は認める。だが人々の声をくみ上げ、問題の解決にほとんど失敗したように思う。対米従属の姿勢を何ら変えられない。

 実は、鳩山政権と民主党にブログ論壇の影響は大きいと思う。

 かつて70年代のころ、革新自治体で問題な重要政策をしても贔屓の引き倒しで労組をはじめとした支持勢力は批判しなかった。全体のためだとひどい政策をしても擁護発言ばかりした。
 それが、放漫財政問題をきっかけに自民党・自治省官僚に奪い返される結果となった。

 本当に今後のことを思えば重大な誤りをしたときはきちんと批判せねばならない。今は自民党が何をしても政権へ選ばれていた時代ではなく私たちは、政権交代を成し遂げた。

 私は、近日「過渡的政権だと覚悟」と書いた。何か評判が悪いようだが、本当に自分たちの民主的で平和で平等な政策を行う政策と政権を作るための過渡期だという意味だ。贔屓の引き倒しをして何も言わないのでは決していい政策と政権はこない。
 国民に見放され、橋下的ポピュリズム政権が生まれるだけだ。ただし誤解しないように。今鳩山首相が退陣すべきだと言っているわけではない。
 鳩山首相は、国外移設、最低でも県外移設を望んでいるということは明らかだが、鳩山首相民主党にそういう能力がないのだろう。尻を叩くべきである。

 機密費で違法買収された御用評論家と、権力と化したマスゴミを批判するとともにきちんと自分たちの政治を作り上げる努力をしようではないか。

 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/09 16:08】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。