ハンガリー映画「人生に乾杯!」。マイナーな映画と思うだろうが、これがとてもおもしろい。何しろ81歳の老夫と70歳の老妻が強盗をして回るという痛快な映画なのだ。年金では電気代すら出せないほど追いつめられたからだ。シビアな映画なのだが大丈夫。ユーモアあふれる作りだからだ。

 でも、よく考えれば社会主義から資本主義になり、物価は果てしなく上がり、年寄りは捨てられた状態なのだ。だからこそ、やがては国民が英雄視して応援し始める。はたしてこのまま逃げ切れるでしょうか。


FC2blog テーマ:ミニシアター系映画 - ジャンル:映画

【2010/05/31 23:38】 | 映画
トラックバック(0) |  ]