民主党への総選挙以来の追い風は全く止まっていない。神奈川静岡参院補選は、序盤から民主優位でそのまま当選した。

 これで参院は過半数まであと一議席となり連立相手の社民党、国民新党の影が薄くなってきた。正直民主党の暴走を心配している。

 しかし、小沢一郎の選挙に対する力はたいしたものだと思う。ほとほと感心する。

参院補選神奈川静岡で民主2勝 鳩山政権に追い風

http://www.47news.jp/CN/200910/
CN2009102501000031.html


 政権交代後初の国政選挙となった参院統一補欠選挙は25日、神奈川選挙区でエコノミスト金子洋一氏(47)、静岡選挙区で医師土田博和氏(59)の民主党2新人=いずれも国民新党推薦=が自民党候補らを破り当選した。民主党は参院会派が過半数まであと1議席となり来夏の参院選で目指す単独過半数へ前進。発足後1カ月余の鳩山政権は結果を追い風に行政の無駄排除などを推進する方針だ。谷垣禎一総裁の新体制で党再生を図る自民党は衆院選大敗に続き退潮を止められなかった。

 両補選勝利で民主党の参院議員は115人となり、民主党単独での過半数122(定数242)獲得まであと7議席。民主党系会派「民主党・新緑風会・国民新・日本」は議席数120となり、江田五月議長を除く採決時の過半数121まではあと1議席に迫った。

 民主会派に加わっていない一部無所属議員の協力を得れば、連立相手の社民党の同意がなくても法案を可決できる可能性が高まった。米軍普天間飛行場移設問題などで社民党と意見対立した場合、民主党が連立与党の枠を超えた国会運営に踏み出す展開も想定される。

 投票率は神奈川が28・67%で、2005年10月の同選挙区補選を4・07ポイント、07年参院選を27・65ポイント下回った。静岡は35・64%で、07年参院選より22・77ポイント低くなった。明確な争点を欠き、序盤から「民主優位」のムードが漂って投票率は上がらなかった。

 神奈川では、金子氏が衆院選の勢いを生かし、鳩山由紀夫首相や閣僚らの応援を得て無党派層にも支持を広げた。自民党の元横浜市議角田宏子氏(42)は組織固めに力を入れたが伸び悩んだ。共産党の党県常任委員岡田政彦氏(43)、政治団体「幸福実現党」の幹事長代理加藤文康氏(47)は及ばなかった。

 静岡は、土田氏が業界団体などの組織票を固めて逃げ切った。自民党の富士常葉大非常勤講師岩井茂樹氏(41)は、衆院選惨敗の影響で選挙運動の核となる地元選出衆院議員が不足し、公明党が自民党候補への党本部推薦を見送ったことも響いた。共産党の元衆院議員平賀高成氏(55)、幸福実現党の党特別顧問矢内筆勝氏(48)は支持が広がらなかった。2009/10/25 23:57 【共同通信】


FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/26 00:51】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

■参院補選:民主2勝 神奈川、静岡 会派過半数に2議席-21世紀の日本国民の幸福は多様な非営利組織の興隆にかかっている!!
yutakarlson
こんにちは。参院選補選の結果は、予想通りのものでした。やはり、民主に有利で、自民には逆風の結果だったと思います。私は、これをみていて、衆院選が終わってからしばらくたったので、自分なりのこれからの選挙戦のあり方や、政治対する考え方などがまとまったような気がしました。私自身は、これからの日本国民の幸せは、政治主導で行われる筋合いのものではないと思います。やはり、国民一人一人が努力するものであり、政府から棚ボタ式で提供されるものではないと思います。しかし、日本には、なお、制度的に欠けている面があり、これを創出していくことは、政府の大きな役割でもあると思います。ここにコメントしていると長くなってしまいますので、詳細は、是非私のブログをご覧になってください。


コメントを閉じる▲