橋下大阪府知事と民主党の連携の動きが止まらない。道州制とか政策に入れ始めた。
 これは関西財界の言うことをそのまま受け入れている橋下知事だから言うことでそれを無批判に受け入れようとするとは何事だ。

 府庁のWTCへの移転も府議会に否定されたら、しばらくして関経連-関西経済連合会が主張し始めた。黒幕が自分たちであることを明らかにした。しかもこれは道州制の州庁となることをにらんだものだ。
 道州制で市町村も跡形もないほど合併させ、福祉施設や公共政策を切り捨てる。

 こうなると橋下知事が押し進めた、国際児童文学館を閉めるのもドーンセンターを公立から外すのも、いろんな福祉分野や補助金を切り捨てるのも、全部関西財界の意向だということになる。普通の人や貧乏人に使う金など無駄だという政策なのだ。

 橋下のいうことを聞いていたら格差政党になってしまう。民主党は愚かなまねを止めることだ。

 かつて大阪府民は黒田革新府政を成立させるなど、中央に対して自らの道を歩む見識があった。それが今やテレビ政治で、橋下が叫ぶとそのまま言いなりだ。対東京・反中央で何かしたいというのなら、自らの自立性と政策を持つべきだ。相も変わらない橋下氏にふらふらついて行くだけで、結局関経連のいいなりではどうしょうもないではないか。

 橋下氏は選挙の時、大阪府は夕張市と同じで破産しかけているとふれ周り、危機感をあおって当選した。主力の石炭産業が潰れた22万人の地方都市と大都市大阪府と比べるほうがおかしい。それなのに今も騙され続けている。もうこんなウソには引っかかってはダメだ。

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/08 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

見識ある府政を再び
I love Osaka
タレント知事の橋下にかっさいを送っている
マスコミの姿は、まさに劇場政治そのものだ。
古代ローマ時代の「パンとサーカス」
を思い出させる。
若くして頂点に上りつめた超勝ち組知事の
頭の中には、自分が皇帝のように君臨して
いるという意識が巣食っているのだろう。
かつては、まさに黒田革新府政のような
見識ある地方政治が息づいていた大阪。
成熟した民主主義の下では、政治は、
市民の声を取り入れて粛々と進むものだ。
今や、有権者も橋下と同じくらい幼児化
してしまったのだろうか。
橋下の大向こうを当て込んだ派手な
パフォーマンスにだまされないように
今後ますます気をつける必要がある。

コメントを閉じる▲